コント レール 馬。 【急募】ダービーでコントレイルに土をつける馬

コントレール

コント レール 馬

いつもありがとうございます。 オルフェンズの仔管理人です。 blog. また変更した独自ドメインにてシーサーブログ様への移転を予定しております(10月中旬。 移転後も下記の新しい独自ドメインで運用します)。 お手数かけて申し訳ありませんがURLとRSSは下記のように変更になるので登録し直していただけるとありがたいです。 お手数かけて申し訳ありません。 気づいた時でいいのでよろしくお願いいたします。 独自ドメイン変更とシーサーブログ移転(現独自ドメインにてシーサーブログ様の誘いがありました事により)にて今までより検索エンジン流入やシーサーブログ様からのアクセス流入などで移転後は今まで以上にアクセス送れるよう頑張ります。 変更は下記のとおりです。 blog. blog. rdf 下記に変更になります。 rdf 記事は今まで通りRSS取得されていますが逆アクセスで反映されないため下記の新しい変更後のRSSに切り替えていただけるとありがたいです。 またお世話になってるアンテナサイト様には 独自ドメイン移籍による他の作業などでいろいろ立て込んでいてアクセスを送る数が以前と比べて少なくなってしまい申し訳ありません。 シーサーブログの方に誘っていただき手伝っていただいていて、移転後(10月中旬以降)には今までの水準以上にアクセスを送れるよう頑張りますのでどうかよろしくお願いいたします。 すいませんがよろしくお願いいたします。 キタコレ.

次の

コントレイル (競走馬)

コント レール 馬

無敗の2冠を狙うコントレイル以上と評価したのが皐月賞6着のダーリントンホール。 「背中の厚みにおいて勝る」とぞっこんの評価で逆転可能とみた。 皐月賞1、2着馬の比較では距離適性で2頭の差はさらに広がるとの見立てだ。 皐月賞で2強と称されたコントレイルとサリオスには、当時で半馬身差の明暗が分かれたが、距離延長となるここではこの差が広がるだろう。 外見上の大きな違いは後ろの方の肋骨(ろっこつ)の形状だ。 コントレイルが後ろまで幅を取って体幹を広く保っているのに対して、サリオスは幅においてコンパクト。 体幹をすらっと見せている。 肋骨が形作るスペースは胸腔(きょうくう)。 中にはもちろん肺が入っている。 胸腔容量は、そのまま肺の容量、すなわち肺活量を示す。 長距離戦への適性を決める大きな要因がスタミナだ。 肺活量はこれに直結する。 肺活量の差は血液に酸素を取り込む能力、換気能の差としてスタミナを左右する。 皐月賞から2Fの延長をコントレイルがむしろ味方につけるのに対し、サリオスにとっては挑むべき壁になるだろう。 腰周りのしなやかさや、トモの厚みにおいてもコントレイルは実績に違わぬ馬っぷりの優駿だが、見た目においてこれを上回るのがダーリントンホールだ。 背中から腰に掛けての稜線(りょうせん)がコントレイル同様に滑らかな弓形をつくるが、こちらの方がやや真っすぐ。 ダーリントンホールの方が背中の厚みにおいて勝るためだ。 トモの厚みや肋骨の形に規定される胸腔容量は互角。 背中の厚みが利いてくる条件では、皐月賞馬を上回れる可能性がある。 脊柱にそって走るのが最長筋群と呼ばれる筋肉。 牛や豚では「ロース肉」がこれにあたる。 肥育されれば辺縁に良質の脂をたたえて美味な肉となる部分だが、基本的には赤身が豊富でステーキ向きなのはご存じの通り。 関節を動かす筋肉ではないが、アスリートたるサラブレッドにとっては走行時の体幹安定性を下支えし、背中のバネ性能に関与する。 バネは力を加えられないと弾まないが、良質なバネはひとたび力を加えられれば、そのエネルギーを長く保存して伸び縮みし続ける。 競馬においてはトップスピードの持続力の源になる。 四大レース場では最も小回りな中山よりも、広くて直線の長い府中でのびのびと走らせて真価を発揮するだろう。 このほか、ワーケアは胴が長めのバランスで肺活量を確保している。 駆動力の源であるトモの背側が顕著に厚い。 サトノフラッグもこれと似たバランスで肺活量が大きいが、トモは前縁が厚くて、後蹄の振り出し幅を大きく取れるのが強みになる。 ビターエンダーは前後のバランスは、やや詰まり気味でマイラータイプに見られそうだが、コントレイルのように肋骨が後ろまで広く、適性距離は長いだろう。 ヴェルトライゼンデも胸腔容量が広そうだ。 後駆背側が目立って厚く、駆動力も高そうだ。

次の

【競馬】急募・・ダービーでコントレイルに土をつける馬

コント レール 馬

競馬の3歳馬の頂点、日本ダービーを制した大山育ちの若駒コントレイルが地元に凱旋した。 デビュー以来・無傷の5連勝。 4月の皐月賞に続き無敗で3歳馬の2冠に輝いた史上7頭目の偉業。 あれから1週間。 鋭気を養う場所である鳥取県伯耆町にある放牧場大山ヒルズに帰ってきた。 大山ヒルズ齋藤さんは「一番人気。 勝ってくれてほっとしている」と話した。 コントレイルは今や、伯耆町の有名人ならぬ有名馬だ。 朝、厩舎を訪ねると、全然起きる気がない。 前髪を引っ張っても全く動く素振りを見せない。 ただ眠いから寝ているだけだが、カメラには興味深々の様子。 獲得賞金がすでに4億7000万円になった日本一の競走馬もまだ3歳。 ヒトでいえば高校生くらいとあって、愛らしい表情を見せてくれたが、それでも寝たまま。 やはり日本一、肝が座っている。 大山ヒルズコントレイル担当の黒柳さんは「僕らの夢を背負って3冠馬になってほしい」と、期待をかける。 次の舞台は10月の菊花賞。 史上3頭目の無敗の3冠馬に向け大山での調整が続く。

次の