どんなときもwifi 通信障害。 どんなときもWiFiが故障?【エラーコード12・コード14】障害回復の4つの方法|モバイルWi

download.pocketinformant.com光Fitを契約した話①|どんなときもWiFiの通信障害で乗り換え編

どんなときもwifi 通信障害

実際にわたしもどんなときもWiFiをメイン回線として利用していますが、通信障害の影響で不便を強いられています……。 どんなときもWiFiの運営会社からもお詫びのメールが届いており、通信障害自体の把握はされているようです。 どんなときもwifiですが、コロナウイルスの影響で設備不具合の改善ができないとのこと。 3月1日には復旧の目処らしいですが、まさかこんなところにまで影響があるとは……。 めちゃくちゃ遅い。 けど、NEXTモバイルは平常運転なので助かりました。 Twitter上で「どんなときもWiFi」と検索してみても、けっこうな方がどんなときもWiFiから他サービスへの乗り換えを検討している方が多かった印象。 今回は どんなときもWiFiから他社への乗り換えを検討されている方向けに、他サービスを比較検討してみることにしました。 じゃあ、どのプランにしよう? どんなときもWiFiと同じように大容量のデータ通信を使え、価格帯も同じ、1日の通信制限もないプランを10以上比較検討してみた結果、結局3つのプランしかパッと来ませんでした。 どんなときもWiFiと同じく、「クラウドSIM」かつ「通信無制限」をうたっているサービスは多々ありますが、 運営会社がよくわからない会社のものが多いため、そちらは省いています。 通信品質やサポート面など、さすがに不安です。 FUJIWiFi・快適!クラウドプラン(容量無制限) 実際には100GBプランを2年ほど使っていましたが、 通信品質とサポートに関してはまったく問題なく満足していました。 (乗り換えの理由は当時使い放題プランがなかったから) FUJIWIFIは25GBから細かくプランがあり便利です。 中でも、「 快適!クラウドプラン」は月のデータ通信容量無制限で利用することができます。 月額は税抜3,980円と他社のプランと比べ割高ですが、12ヶ月まとめて先払いすることで実質月額「税抜3,480円」まで下げることが可能です。 正直、月額プランは割高過ぎるので先払いがおすすめです。 ただし、まとめて41,760円先払いすると途中で 解約してもお金は帰ってこないので、それが最大のデメリットでもあります。 NEXTMobileは一時的に『使い放題プラン』の新規受付を終了しました。 現在は20GB、30GBプランのみ受け付けております。 ギガゴリWiFi・50GB超プラン(容量無制限) 東証一部上場企業GMOグループが運営しているモバイルWi-Fi「」が第一候補です。 やはり親会社の信用は絶大だと感じております。 一点、気になるのは「 2年目以降の月額が高い」というところでしょう。 仮に満足できていても、1年経ったら解約するのが賢明な感じ。 通信品質的にはソフトバンク回線を利用しているため、FUJIWIFIやNEXTMobileと変わりはありません。 1年目の月額料金はNEXTMobileよりも(50円ですが)安いので、ひとまず1年間利用するのであれば最善の選択肢です! ギガゴリWiFiは一時的に『使い放題プラン』の新規受付を終了しました。 現在は20GB、30GBプランのみ受け付けております。 あくまで三大キャリアの回線を借りて運営しているサービスなので、 安定性に欠けるのは当然のこと。 それを大切な仕事用の回線として使うのはナンセンスっちゃナンセンス。 こればかりは利用者側にも責任というか、格安モバイルWi-Fiを契約するのであれば、これくらいのリスク管理は必要なんだなと再認識させられました。 「仕事で使うなら固定回線を引いておけよ」と言われたらそこまでです。 やはり、安定性を求めるなら「」ですよね。 実家には光回線を引いているのですが、速度は常に60Mbps以上ですし、途切れることもありません。 より、エリア判定ができます。 対象の場合は、 24時間WEB申し込みができるので、この機会に光回線への移行も検討されてみてはいかがでしょうか? 対応地区ではなかった場合 対応していないエリアも電話回線を利用した「ADSL」という手段はありますが、正直、速度も遅く安定していません。 それなら、まだモバイルWi-Fiの方がおすすめです。 モバイルWi-Fiの対抗馬として、「WiMAX」という選択肢もありますが、 WiMAXも対象エリアがかなり狭く、田舎だと十分に電波が入らなく、あわよくばモバイルWi-Fiよりも速度が遅くなる場合もあるのでおすすめしません。

次の

(S)どんなときもWiFi返金メール!口座登録で利用料金が返金!

どんなときもwifi 通信障害

タップできる目次• 継続の場合も補償を受けるには申請が必要なので必ず申請を! 先に重要なこと!! 継続の場合も「次月の月額料金1ヶ月分を減額」の補償を受けるためには、専用フォームから申請しなければなりません。 大切なことなので、もう一度言います。 継続の場合も、補償を受けるために必ず申請してください!!! 初見では、「解約する場合のみ申請すればOK」と思っていましたが、そうではないのでご注意くださいね……! 申請の方法については、この先の方で実際の写真と共に解説いたします〇 乗り換えを考える良い機会 わたしは今回の不具合を、どんなときもWiFiより400円ほど安い、 に乗り換えるチャンスだと思っています!! どんなときもWiFiが出たばかりの頃は、『月のデータ容量無制限』『直近数日間のデータ規制無制限』というプランはありませんでした。 完全にどんなときもWiFi一択だったんですよね。 しかし、現在は『月のデータ容量無制限』『直近数日間のデータ規制無制限』をうたっているプランの方が多くなってきましたし、この1年間で25GB・50GBという中容量のモバイルWi-Fiの月額も平均して 500円ほど安くなっています。 端末のIMEIを入力する はじめに端末情報として「 端末のIMEI」という数字15桁の番号入力を求められます。 わたしの端末の場合、裏面にSSIDやパスワードと共にIMEIもシール付けされていました。 端末によってはカバーをこじ開けないといけないものもあるようです。 パスワードよりも更に小さな字で書いてあるため、注意して番号入力してください! IMEL番号より先の項目は、「契約者名のカナ」「電話番号」「通信不具合の発生期間」を入力するだけだったので、スクリーンショットでの説明は省略します。 最後に「補償内容」を入力して、申請完了です。 3分もかからない内容だったので、サクッと終わらせておきましょう! 3月20日までに個別メールが届く(追記) 申請後は、 2020年3月20日までに契約時に登録したメールアドレス宛に個別メールが届くようです。 この先の流れはまだわからないので、メールを待ちましょう。 解約時の注意事項• 3月分の月額は発生する• 端末を返送する送料はこちら負担• 端末本体と個装箱を発送• 2020年4月10日必着でないと、税抜18,000円を請求されてしまう 正直、3月分の月額が発生するのは不満を感じます。 送料はあるあるなので仕方ないと思いますけども。 アナウンスがあったのは3月2日でしたが、不具合自体は2月の後半から長期間続いていたんです。 その間、早めにアナウンスしてくれていたら2月中にも解約するという選択肢もあったわけですからね。 なんか、わざと月初めにアナウンスした感もあって、株式会社グッド・ラックには悪印象です。 わたしも実際に予備回線として契約しているも同じ会社なので不安感があります。 あまり求めすぎるのは良くないかもしれませんが、一つの意見としてここに書かせていただきました。 解約申請後も月末まで「どんなときもWiFi」使えます 3月分の月額が請求されるので、 解約申請後も3月末までどんなときもWiFiを通常通り利用することができます。 もちろん、光回線は外出先への持ち出しはできないので、あくまで家のみでの利用に限ります。 その代わり、通信不具合はめったに発生しませんし、速度も爆速。 お仕事でインターネットを利用される方は、今回の通信障害をきっかけに『』の導入見直されてみても良いかと思います。 ただし、光回線は契約できるエリアが限られています。 より、エリア判定ができるので、まずはチェックしてみてください〇 どんなときもWiFiの「違約金無料」という補償に関しては満足よりですけど、解約を迫られている気持ちにも。 ネクストモバイルをもう1回線契約する計画もありますが、運営会社が同じというのがネック……。 どこも似たり寄ったりのモバイルWi-Fiだからこそ、運営会社選びは大切だと思っています。

次の

突如の回線休止!一連の「どんなときもWiFi」の騒動や通信障害の原因について考察

どんなときもwifi 通信障害

実際にわたしもどんなときもWiFiをメイン回線として利用していますが、通信障害の影響で不便を強いられています……。 どんなときもWiFiの運営会社からもお詫びのメールが届いており、通信障害自体の把握はされているようです。 どんなときもwifiですが、コロナウイルスの影響で設備不具合の改善ができないとのこと。 3月1日には復旧の目処らしいですが、まさかこんなところにまで影響があるとは……。 めちゃくちゃ遅い。 けど、NEXTモバイルは平常運転なので助かりました。 Twitter上で「どんなときもWiFi」と検索してみても、けっこうな方がどんなときもWiFiから他サービスへの乗り換えを検討している方が多かった印象。 今回は どんなときもWiFiから他社への乗り換えを検討されている方向けに、他サービスを比較検討してみることにしました。 じゃあ、どのプランにしよう? どんなときもWiFiと同じように大容量のデータ通信を使え、価格帯も同じ、1日の通信制限もないプランを10以上比較検討してみた結果、結局3つのプランしかパッと来ませんでした。 どんなときもWiFiと同じく、「クラウドSIM」かつ「通信無制限」をうたっているサービスは多々ありますが、 運営会社がよくわからない会社のものが多いため、そちらは省いています。 通信品質やサポート面など、さすがに不安です。 FUJIWiFi・快適!クラウドプラン(容量無制限) 実際には100GBプランを2年ほど使っていましたが、 通信品質とサポートに関してはまったく問題なく満足していました。 (乗り換えの理由は当時使い放題プランがなかったから) FUJIWIFIは25GBから細かくプランがあり便利です。 中でも、「 快適!クラウドプラン」は月のデータ通信容量無制限で利用することができます。 月額は税抜3,980円と他社のプランと比べ割高ですが、12ヶ月まとめて先払いすることで実質月額「税抜3,480円」まで下げることが可能です。 正直、月額プランは割高過ぎるので先払いがおすすめです。 ただし、まとめて41,760円先払いすると途中で 解約してもお金は帰ってこないので、それが最大のデメリットでもあります。 NEXTMobileは一時的に『使い放題プラン』の新規受付を終了しました。 現在は20GB、30GBプランのみ受け付けております。 ギガゴリWiFi・50GB超プラン(容量無制限) 東証一部上場企業GMOグループが運営しているモバイルWi-Fi「」が第一候補です。 やはり親会社の信用は絶大だと感じております。 一点、気になるのは「 2年目以降の月額が高い」というところでしょう。 仮に満足できていても、1年経ったら解約するのが賢明な感じ。 通信品質的にはソフトバンク回線を利用しているため、FUJIWIFIやNEXTMobileと変わりはありません。 1年目の月額料金はNEXTMobileよりも(50円ですが)安いので、ひとまず1年間利用するのであれば最善の選択肢です! ギガゴリWiFiは一時的に『使い放題プラン』の新規受付を終了しました。 現在は20GB、30GBプランのみ受け付けております。 あくまで三大キャリアの回線を借りて運営しているサービスなので、 安定性に欠けるのは当然のこと。 それを大切な仕事用の回線として使うのはナンセンスっちゃナンセンス。 こればかりは利用者側にも責任というか、格安モバイルWi-Fiを契約するのであれば、これくらいのリスク管理は必要なんだなと再認識させられました。 「仕事で使うなら固定回線を引いておけよ」と言われたらそこまでです。 やはり、安定性を求めるなら「」ですよね。 実家には光回線を引いているのですが、速度は常に60Mbps以上ですし、途切れることもありません。 より、エリア判定ができます。 対象の場合は、 24時間WEB申し込みができるので、この機会に光回線への移行も検討されてみてはいかがでしょうか? 対応地区ではなかった場合 対応していないエリアも電話回線を利用した「ADSL」という手段はありますが、正直、速度も遅く安定していません。 それなら、まだモバイルWi-Fiの方がおすすめです。 モバイルWi-Fiの対抗馬として、「WiMAX」という選択肢もありますが、 WiMAXも対象エリアがかなり狭く、田舎だと十分に電波が入らなく、あわよくばモバイルWi-Fiよりも速度が遅くなる場合もあるのでおすすめしません。

次の