ゆうちょ 銀行 振込 土日。 銀行振込の入金が遅い?土日は?反映されるタイミングを知っておこう

ゆうちょ銀行(郵貯)は日曜祝日に窓口で振込可能?手数料や入金反映はいつ?

ゆうちょ 銀行 振込 土日

スポンサードリンク ゆうちょで土曜日でも振込できる? ゆうちょで土曜日に振込をする場合、郵便局にあるゆうちょATM、もしくはネットバンキングのゆうちょダイレクトから振込ができます。 平日ならゆうちょの窓口でも対応がありますが、 土曜日は基本的にATMからになります。 ゆうちょが使えるATMは大きく三種類に分けることができます。 郵便局などにあるゆうちょATM、ファミリーマート内にあるATM、その他のATMです。 このうち 振り込みができるのはゆうちょATMかファミリーマート内にあるATM。 その他のコンビニなどにあるATMからは平日、休日問わず預入、引出、残高照会のみになります。 ゆうちょATM及びファミリーマート内にあるATMであれば、稼働時間内なら振り込みをすることができます。 ただし、ファミリーマート内のATMではキャッシュカードを利用しての振込になります。 ゆうちょATMはキャッシュカードか通帳で振り込みをすることができます。 土曜日にゆうちょへ現金振込をする場合は? 自分の口座から振り込みをする場合は土曜日からでもATMを利用して振り込みをすることが可能ですが、自分がゆうちょ銀行の口座を持っていなくて、相手のゆうちょ銀行の口座へ振り込みたい場合、つまり現金振込をする場合はどうすればいいのでしょうか? 現金振込は平日であれば、窓口とATMの二つの方法がありますが、土曜日は基本的に窓口が開いていないため、ATMからのみとなります。 現金振り込みに関してはファミリーマート内のATMにはその機能がないため、 ゆうちょATMのみとなります。 土曜日もゆうちょ銀行のATMから 9:00~17:00の間なら現金振り込みをすることができます。 平日と違い、それ以外の時間はATMが稼働していても利用できません。 小難しい話:通常払い込みと電信払い込みと電信振替の違い 現金振込に関連して、少しややこしい話になりますが、 『通常払い込み』と『電信払い込み』と『電信振替』のちがいについてご説明します。 「とりあえず、土曜日でも現金振込ができることがわかればいい!」と言う人は スルーしてOKです。 ゆうちょ口座への現金振込には通常払い込みと電信払い込みと電信振替と言う3種類があります。 どちらも振り込むことは変わりませんが、自分の支払元と払込先の口座の種類と手数料が変わります。 このうち自分がゆうちょの口座を持っている、相手も郵貯の口座を持っている。 という場合にやるのが『電信振替』です。 これは口座間のやり取りになります。 手数料も安く、入金も基本的に即時反映なので、便利です。 お互いゆうちょ同士の口座を持っているなら、この電信振替一択です。 通常払い込みとは振替口座への入金になります。 一般の方が持つことは少なく、商売をやる方が開設する口座になります。 その名の通り、振り込まれるための専用口座をイメージすればわかりやすいです。 そして、送金をする側は現金での送金になります。 実際に現金をもってきて、窓口、あるいはATMで処理するイメージです。 キャッシュカードや通帳は使いません。 この通常払い込みは入金の手数料が安いというメリットがあります。 その代わり、入金反映に時間がかかることもあります。 ちなみに手数料はATMからの場合、5万円未満が80円、5万円以上が290円です。 一方で 電信払い込みとは総合口座・振替口座への入金になります。 総合口座とは入金も引出もできる一般の人が持つ口座ですね。 総合口座は入金の反映が基本的に早く完了しますが、手数料が高めです。 5万円未満が540円、5万円以上が756円となります。 電信払い込みとは言いますが、これも現金をもって処理することになります。 手数料が安い方がいい場合は通常払い込み。 入金反映が早い方がいい場合は電信払い込み。 相手が振替口座しかない場合は、通常払い込みだけ。 ものすごくざっくり言うとこういう違いです。 インターネットショッピングなどで購入したものの支払いの場合、通常払い込みのこともよくあります。 逆に、遠方に住んでいる子供や知人に現金振込をする場合は電信払い込みになることが多いですね。 ややこしいです(笑) スポンサードリンク ゆうちょで土曜日に振込するときの手数料は? ゆうちょで土曜日に振り込みをする時の手数料は ゆうちょ同士の振込であれば、 月に3回まで手数料が無料です。 ゆうちょ銀行から他行への振込手数料に関しては、5万円未満が216円、5万円以上が432円です。 これも平日・土日祝ともに変わりません。 基本的にゆうちょ銀行の振込の手数料に関しては、平日でも土日でも手数料は同じと覚えておきましょう。 窓口での振込依頼のほうが高くなる ただし、上記の手数料はATMを利用した場合の手数料金額です。 ゆうちょ窓口で振込をお願いした場合は、ゆうちょ同士の場合でも1回目から144円の手数料がかかります。 また他行あての振込の場合は、5万円未満が648円。 5万円以上が864円の振込手数料となります。 た、高い…。 基本的にはATM利用、もしくはゆうちょダイレクトを使ったほうが手数料的には断然お得ですね。 ゆうちょで土曜日に振込したら入金反映はいつ? ゆうちょで土曜日に振り込みをした場合、 入金の反映に関してはゆうちょ同士の振込か、他銀行への振込で変わってきます。 ゆうちょ同士の振込であれば、原則として 即日即時反映されます。 これは土日祝でも即時反映です。 便利ですよね。 しかし、 ゆうちょ銀行から他銀行への振込の場合は、入金反映が 翌営業日となります。 月曜日が平日であれば月曜日に。 月曜が祝日であれば、次の営業日(火曜が平日なら火曜日)になります。 また、ゆうちょ銀行への現金振込も入金反映は翌営業日となります。 ゆうちょ同士の口座間振込なら即時反映、それ以外は翌営業日ということですね。 土曜日のゆうちょの振り込みまとめ ゆうちょ銀行の口座を持っている場合は、ゆうちょ銀行ATMかファミリーマート内のATMから振り込みをすることができます。 ゆうちょ銀行ATMではキャッシュカードか通帳、ファミリーマート内のATMではキャッシュカードが使えます。 現金振込の場合は、土曜日は窓口が閉まっているので、ゆうちょ銀行ATMからのみとなります。 手数料に関しては、土曜日だから特別高くなるわけではなく、振込回数や振込先によって変化します。 入金の反映はゆうちょ同士の振込であれば、土曜日でも即時反映です。 逆にそれ以外の振り込みは翌営業日になります。 土曜日だと出来ないことが多いイメージですが、ゆうちょの振込は意外と土曜日でも出来ることや条件は平日とほとんど同じです。 やっぱり便利ですね、ゆうちょ。

次の

他の金融機関との振込の即時入金時間拡大および サービスの一時休止のお知らせ-ゆうちょ銀行

ゆうちょ 銀行 振込 土日

土曜日の振込は可能 振込の予約になる 土曜日に振り込みを行うことは振込の予約のようなもので、反映されるのは翌営業日となるケースが多いです。 また、同じ銀行間であるか、他行への振込になるかによっても振込先へ反映される時間は変わってきます。 他行への振込であると、平日であっても15時以降の振込は翌営業日となる銀行がほとんどです。 つまり他行への土曜日の振込は「振込の処理自体の受付はできても、振込先へ反映されるのは翌営業日(月曜日が祝日でなければ翌週の月曜日)となる」と覚えておくとよいでしょう。 ネットバンクなら即反映も可能 同じ銀行間であれば24時間振込可能のシステムを構築中の銀行も最近では多いようで、その場合はリアルタイムで反映されます。 一部のネットバンクでは、同じネットバンク間の取引であれば、土日祝日であってもリアルタイムに振込が反映できます。 りそな銀行とゆうちょ銀行も同じ銀行間であればすぐに振込が確認できるようです。 代表的な銀行の土曜日の振込手数料 ATMからの振込み ATMからの振込は、銀行のATMでもコンビニのATMでも土曜日に振込することが出来ます。 注意すべき点は、コンビ二のATMでは振込予約となり、処理の受付はできても反映されるのは翌営業日となることがほとんどです。 加えてコンビニATMでは基本的には現金での振り込みができないため、銀行口座からの振込になるため一度口座に預入れをしてから振込するようになります。 手数料はおおむね土日は216円が多いようですが、手数料に加えてATM利用料としてプラス108円がかかるケースもあります。 対応している時間も24時間対応もあれば、夜間21時~翌朝8時までは使用不可などさまざまです。 コンビニATMはローソンでは使えてセブンイレブンでは使えないなど、コンビニに置いてあるATM機の種類で使用できる銀行カードが異なりますので覚えておきましょう。 三菱東京UFJ銀行 三菱東京UFJ銀行では、自行他店あてに振り込みをする場合、自行ATMでは1回あたりの振込金額が3万円未満でも3万円以上でも手数料は108円となっています。 土曜日は8:45~21:00まではATM利用料は無料ですが、その他の時間帯は手数料108円となります。 ネットバンキングの三菱UFJダイレクトのおいては、自行他店でも振込手数料は無料で、他行あては3万円未満が216円、3万円以上が324円です。 ゆうちょ銀行 ゆうちょ銀行同士の振込は平日と同じように、土日祝日も振込後にすぐに確認が取れます。 ATMを使えば手数料は月に3回まで無料です。 ATM利用で月に4回目からは123円の手数料がかかります。 なお窓口の手数料は毎回144円です。 ネットバンキングは、5回まで無料でその後は113円となります。 他行への振込は平日も土日祝日も、5万円未満は216円、5万円以上は432円でとなっています。 ゆうちょ銀行のATMは土曜日には使えないところが多いですが、ファミリーマートはゆうちょ銀行が使えるため、土日祝日にはファミリーマートが便利です。 みずほ銀行 みずほ銀行は土日祝日にATMで振り込むためには、現金の振り込みはできずキャッシュカードが必要になります。 土曜日の0時~22時、日曜日の8時~21時までが振込のできる時間です。 それ以外の時間帯では振込はできません。 手数料は、8時~22時までは108円、0時~8時までは216円のATM手数料がかかります。 振込手数料は、自行他支店は3万円未満は108円、3万円以上は216円となり、他行あては3万円未満は216円、3万円以上は432円です。 三井住友銀行 三井住友銀行の土日祝日の振込は、ATMとネットバンキングを利用する方法となります。 ATMはローソン銀行やファミリーマートのイーネットATMが利用できます。 土日祝日の振込が反映されるのは、自行ATMまたはローソンATM、イーネットATMを使い三井住友銀行同士の振込みであれば、即反映されます。 それ以外は、振込の予約のようなかたちで、振込先の入金対応時間で変わってきます。 手数料はATM手数料と振込手数料がかかります。 自行同一支店内は無料ですが、自行他支店への振込手数料は108円です。 他行への振込の場合、3万円未満は216円、3万円以上は432円です。 イオン銀行 イオン銀行は自行への振込の場合、いつでも0円で振込ができます。 また、ローソンやファミリーマートでのATM利用の場合も月に5回までは手数料無料です。 以降は200円となります。 他行への振込手数料はATM利用の場合、5万円未満であれば432円、5万円以上は648円、ネットバンキング利用の場合は金額に関係なく216円の手数料となっています。 楽天銀行 楽天銀行は自行の場合は、ATM手数料も振込手数料も0円です。 特徴的なのはハッピープログラムという楽天銀行を利用するとポイントが貯まるようになっています。 そのポイントによっては、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートでは月7回までATM手数料は無料になります。 振込手数料も同行あては無料、他行あてはハッピープログラムのポイント数によって変わりますが0~3回までは無料で、以降3万円未満は152円、3万円以上は238円となっています。 土曜日の振込の反映 土曜日に振り込みをしたときの反映は、銀行によって異なります。 これは、振込をした銀行だけでなく振込先の銀行によっても変わってきます。 振込の予約という形で振込の処理を受付できても、即時反映されるのは限られた銀行の中の同一支店内などが多いです。 おおむね、翌営業日に反映される銀行が多いため、もし振込の締切が必要な場合は、前日までに振込を済ませておくのが良いでしょう。 ネット銀行がお勧め ネット銀行は、ATMや窓口に行かずパソコンを使いインターネットを通して取引が行えます。 そのため24時間365日、入出金や取引履歴の確認などができます。 振込に関しては同じ銀行同士であれば土日祝日でも、振込が即時に反映できることもあります。 他行への振込となると翌営業日になるケースが多いですが、手数料が安いという点も魅力です。 同行であれば、ネット上で口座の確認がするできるため、きちんと振込がされているかのチェックも簡単に行えます。 ネット銀行は実店舗がない点が不安という声もありますが、コンビニATMに対応しているネット銀行が多いため、実店舗よりも利便性は高いという見方もあります。

次の

銀行振込が24時間365日対応に拡大!夜間や土日祝日も振込可能に!

ゆうちょ 銀行 振込 土日

土曜日の振込は可能 振込の予約になる 土曜日に振り込みを行うことは振込の予約のようなもので、反映されるのは翌営業日となるケースが多いです。 また、同じ銀行間であるか、他行への振込になるかによっても振込先へ反映される時間は変わってきます。 他行への振込であると、平日であっても15時以降の振込は翌営業日となる銀行がほとんどです。 つまり他行への土曜日の振込は「振込の処理自体の受付はできても、振込先へ反映されるのは翌営業日(月曜日が祝日でなければ翌週の月曜日)となる」と覚えておくとよいでしょう。 ネットバンクなら即反映も可能 同じ銀行間であれば24時間振込可能のシステムを構築中の銀行も最近では多いようで、その場合はリアルタイムで反映されます。 一部のネットバンクでは、同じネットバンク間の取引であれば、土日祝日であってもリアルタイムに振込が反映できます。 りそな銀行とゆうちょ銀行も同じ銀行間であればすぐに振込が確認できるようです。 代表的な銀行の土曜日の振込手数料 ATMからの振込み ATMからの振込は、銀行のATMでもコンビニのATMでも土曜日に振込することが出来ます。 注意すべき点は、コンビ二のATMでは振込予約となり、処理の受付はできても反映されるのは翌営業日となることがほとんどです。 加えてコンビニATMでは基本的には現金での振り込みができないため、銀行口座からの振込になるため一度口座に預入れをしてから振込するようになります。 手数料はおおむね土日は216円が多いようですが、手数料に加えてATM利用料としてプラス108円がかかるケースもあります。 対応している時間も24時間対応もあれば、夜間21時~翌朝8時までは使用不可などさまざまです。 コンビニATMはローソンでは使えてセブンイレブンでは使えないなど、コンビニに置いてあるATM機の種類で使用できる銀行カードが異なりますので覚えておきましょう。 三菱東京UFJ銀行 三菱東京UFJ銀行では、自行他店あてに振り込みをする場合、自行ATMでは1回あたりの振込金額が3万円未満でも3万円以上でも手数料は108円となっています。 土曜日は8:45~21:00まではATM利用料は無料ですが、その他の時間帯は手数料108円となります。 ネットバンキングの三菱UFJダイレクトのおいては、自行他店でも振込手数料は無料で、他行あては3万円未満が216円、3万円以上が324円です。 ゆうちょ銀行 ゆうちょ銀行同士の振込は平日と同じように、土日祝日も振込後にすぐに確認が取れます。 ATMを使えば手数料は月に3回まで無料です。 ATM利用で月に4回目からは123円の手数料がかかります。 なお窓口の手数料は毎回144円です。 ネットバンキングは、5回まで無料でその後は113円となります。 他行への振込は平日も土日祝日も、5万円未満は216円、5万円以上は432円でとなっています。 ゆうちょ銀行のATMは土曜日には使えないところが多いですが、ファミリーマートはゆうちょ銀行が使えるため、土日祝日にはファミリーマートが便利です。 みずほ銀行 みずほ銀行は土日祝日にATMで振り込むためには、現金の振り込みはできずキャッシュカードが必要になります。 土曜日の0時~22時、日曜日の8時~21時までが振込のできる時間です。 それ以外の時間帯では振込はできません。 手数料は、8時~22時までは108円、0時~8時までは216円のATM手数料がかかります。 振込手数料は、自行他支店は3万円未満は108円、3万円以上は216円となり、他行あては3万円未満は216円、3万円以上は432円です。 三井住友銀行 三井住友銀行の土日祝日の振込は、ATMとネットバンキングを利用する方法となります。 ATMはローソン銀行やファミリーマートのイーネットATMが利用できます。 土日祝日の振込が反映されるのは、自行ATMまたはローソンATM、イーネットATMを使い三井住友銀行同士の振込みであれば、即反映されます。 それ以外は、振込の予約のようなかたちで、振込先の入金対応時間で変わってきます。 手数料はATM手数料と振込手数料がかかります。 自行同一支店内は無料ですが、自行他支店への振込手数料は108円です。 他行への振込の場合、3万円未満は216円、3万円以上は432円です。 イオン銀行 イオン銀行は自行への振込の場合、いつでも0円で振込ができます。 また、ローソンやファミリーマートでのATM利用の場合も月に5回までは手数料無料です。 以降は200円となります。 他行への振込手数料はATM利用の場合、5万円未満であれば432円、5万円以上は648円、ネットバンキング利用の場合は金額に関係なく216円の手数料となっています。 楽天銀行 楽天銀行は自行の場合は、ATM手数料も振込手数料も0円です。 特徴的なのはハッピープログラムという楽天銀行を利用するとポイントが貯まるようになっています。 そのポイントによっては、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートでは月7回までATM手数料は無料になります。 振込手数料も同行あては無料、他行あてはハッピープログラムのポイント数によって変わりますが0~3回までは無料で、以降3万円未満は152円、3万円以上は238円となっています。 土曜日の振込の反映 土曜日に振り込みをしたときの反映は、銀行によって異なります。 これは、振込をした銀行だけでなく振込先の銀行によっても変わってきます。 振込の予約という形で振込の処理を受付できても、即時反映されるのは限られた銀行の中の同一支店内などが多いです。 おおむね、翌営業日に反映される銀行が多いため、もし振込の締切が必要な場合は、前日までに振込を済ませておくのが良いでしょう。 ネット銀行がお勧め ネット銀行は、ATMや窓口に行かずパソコンを使いインターネットを通して取引が行えます。 そのため24時間365日、入出金や取引履歴の確認などができます。 振込に関しては同じ銀行同士であれば土日祝日でも、振込が即時に反映できることもあります。 他行への振込となると翌営業日になるケースが多いですが、手数料が安いという点も魅力です。 同行であれば、ネット上で口座の確認がするできるため、きちんと振込がされているかのチェックも簡単に行えます。 ネット銀行は実店舗がない点が不安という声もありますが、コンビニATMに対応しているネット銀行が多いため、実店舗よりも利便性は高いという見方もあります。

次の