ふいうち キリキザン。 【ポケモン剣盾】キリキザンの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

キリキザン (きりきざん)とは【ピクシブ百科事典】

ふいうち キリキザン

概要 コマタナが進化した姿。 進化前から身長と頭身が大幅に上昇して、ほぼ完全な人間型体型となる。 モチーフはのだが、全身スーツ風の姿で状のパーツが生じるなど、まるでやを思わせる様な非常にクールで格好良い容姿になった。 コマタナの群れのボス。 裏切りは絶対に許さない主義。 獲物を攻撃する際はコマタナに任せ、獲物が傷ついて動けなくなるとキリキザンが止めを刺す。 他のキリキザンとボスの座を巡って争い、敗れると群れから追放される。 しかし、そんな彼らでも頭の刃が刃毀れすればいかなる理由であろうともボスを引退するらしい。 コマタナの時と同様に体の刃は砥石で手入れをするようで、とは研石を巡って対立するライバルの関係にある。 上記のコマタナとの関係を反映してか、に出現する個体はの際に同じキリキザンではなくコマタナを呼び出してくる。 群れの部下に増援を指示しているのだろうか。 とコンビを組ませた際のカッコ良さはを彷彿とさせる。 何気に互いの弱点をカバーし合えるので相性も良い。 能力値は「こうげき」と「ぼうぎょ」が高く、特に「こうげき」はあく・はがねの両タイプから見てもかなり高水準である。 特性「まけんき」で、相手の「」や「」等と言った攻撃を下げる技がこちらの攻撃を強化する技となる。 そのイメージに似合う「」や「」等を覚え、ハートのウロコを使う事で「」を覚える事が出来る。 但し、はがねタイプの技が不足気味 より似合うであろう 同タイプの切断系の技は現時点で存在しない なのがネック。 ドラゴンを半減すると「」や「」が一致で撃てるの組み合わせなのでに後出しで対抗できる。 能力値は不足気味だが、他がジュエルや鉢巻の追い撃ちや不意打ちを使って倒す中、こちらはタイプ一致で威力を補強出来るので、空いた持ち物枠にオボンの実等の回復アイテムを持てるのが利点。 ただ、このタイプの組み合わせは の攻撃に非常に弱い。 物理耐久が高く、が使えるや特攻の高い、強力な使いの、は正に天敵。 ましてやルカリオとズルズキンはこちらの技の殆どが通用しない。 (ルカリオははがねタイプ、ズルズキンはあくタイプを併せ持つ為。 )が覚えられる分まだ対処が可能かもしれないが…。 …が、第6世代で環境が一変。 や、の登場でかくとうタイプが抑制された• 「」の登場でエスパータイプがあく対策を命中率の低い「」に頼る必要がなくなり、採用が減った。 あくタイプの技がはがねタイプにも等倍で通る様になった。 「」が大幅に強化され、あくタイプの強力な主力技を手に入れた。 あくタイプにも関わらずはがねタイプでもある為、新規追加されたフェアリータイプに滅法強い。 フェアリーが苦手とされる物理寄りの種族値なのも大きい。 と、キリキザンにとっては追い風が重なった。 これにより、特性「まけんき」「せいしんりょく」を生かしやすいダブル・トリプルでの活躍機会が増え、レーティングバトルのダブル・トリプルの使用率ランキングでも上位に入る様になった。 第8世代にも続投。 ところが主力技であった「はたきおとす」が過去作限定となり、「おいうち」が 技自体削除されてしまった。 サブウェポン候補の「」も没収され、ただでさえ威力不足気味だった技の選択肢が狭まることに。 しかし新要素のによって「まけんき」の発動機会は大幅に増えた他、現在の対戦環境で猛威を振るう、、といったに軒並み強い点は大きな長所。 活躍の機会はまだまだ失われていない。 総じて対戦での運用には知識や読み合いが必要な場面が多く、使いこなすにはプレイヤーの腕が試される玄人向けのポケモンと言えよう。 優れた耐性を持ち、尚且つ「」「」を両方習得出来るという事で、 捕獲要員として重宝するプレイヤーもいる。 での活躍 初登場は「ベストウィッシュ」。 トレーナー・がバトル大会「ドンナマイト」で使用。 これは以前保有していたコマタナが進化した個体である。 初戦の対戦相手・グレースのを瞬殺した。 しかし2回戦ではのに敗れてしまう。 連れ去られた忍者村の頭領・ハンゾーを助けようとするや逹の行く手を阻み、サトシのと、サンペイのの3体と対決。 圧倒的な戦闘力で上記の3体を追い詰めるも、サトシのゲコガシラがゲッコウガに進化したことで形成が逆転。 そのままの「」を顔面に受けて敗北した。 使用技は「」、「」、「」、「」。 カロスリーグ決勝戦ではが使用。 CVは。 3番手で登場し、・・と対戦。 開始直後に「」を放ってルチャブルの動きを鈍らせ、「」で一撃必殺を狙うが「」で防がれる。 その後、追撃の「」を身を反らせてかわし、「ハサミギロチン」を決めてルチャブルに勝利。 この時、一度モンスターボールに戻される。 その後、サトシがヌメルゴンを出してきた所で再び登場。 「」と「」の連続攻撃で攻めるも耐えられ、「」による反撃を受ける。 しかしこれを耐えて「アイアンヘッド」で更に攻め、最後は「」を「ハサミギロチン」でかき消し、そのまま「ハサミギロチン」を決めてヌメルゴンに勝利した。 しかしこれまでに受けたダメージが大き過ぎた為か、続くゲッコウガ戦では「アイアンヘッド」を「」でかわされた後、ヌメルゴン戦時の「」によって威力が増した「」の一撃を受けて敗北した。 前述の通り、XY編におけるサトシの手持ちの中でも実力の高いルチャブルやヌメルゴンを倒していることから、アランの手持ちの中ではに次ぐ実力者と思われる。 リーグ決勝時点で習得している技は「でんじは」、「ハサミギロチン」、「アイアンヘッド」、「きあいだま」。 使用トレーナー•

次の

キリキザンの育成論(ふいうちアタッカー) ポケモン第7世代育成論

ふいうち キリキザン

概要 コマタナが進化した姿。 進化前から身長と頭身が大幅に上昇して、ほぼ完全な人間型体型となる。 モチーフはのだが、全身スーツ風の姿で状のパーツが生じるなど、まるでやを思わせる様な非常にクールで格好良い容姿になった。 コマタナの群れのボス。 裏切りは絶対に許さない主義。 獲物を攻撃する際はコマタナに任せ、獲物が傷ついて動けなくなるとキリキザンが止めを刺す。 他のキリキザンとボスの座を巡って争い、敗れると群れから追放される。 しかし、そんな彼らでも頭の刃が刃毀れすればいかなる理由であろうともボスを引退するらしい。 コマタナの時と同様に体の刃は砥石で手入れをするようで、とは研石を巡って対立するライバルの関係にある。 上記のコマタナとの関係を反映してか、に出現する個体はの際に同じキリキザンではなくコマタナを呼び出してくる。 群れの部下に増援を指示しているのだろうか。 とコンビを組ませた際のカッコ良さはを彷彿とさせる。 何気に互いの弱点をカバーし合えるので相性も良い。 能力値は「こうげき」と「ぼうぎょ」が高く、特に「こうげき」はあく・はがねの両タイプから見てもかなり高水準である。 特性「まけんき」で、相手の「」や「」等と言った攻撃を下げる技がこちらの攻撃を強化する技となる。 そのイメージに似合う「」や「」等を覚え、ハートのウロコを使う事で「」を覚える事が出来る。 但し、はがねタイプの技が不足気味 より似合うであろう 同タイプの切断系の技は現時点で存在しない なのがネック。 ドラゴンを半減すると「」や「」が一致で撃てるの組み合わせなのでに後出しで対抗できる。 能力値は不足気味だが、他がジュエルや鉢巻の追い撃ちや不意打ちを使って倒す中、こちらはタイプ一致で威力を補強出来るので、空いた持ち物枠にオボンの実等の回復アイテムを持てるのが利点。 ただ、このタイプの組み合わせは の攻撃に非常に弱い。 物理耐久が高く、が使えるや特攻の高い、強力な使いの、は正に天敵。 ましてやルカリオとズルズキンはこちらの技の殆どが通用しない。 (ルカリオははがねタイプ、ズルズキンはあくタイプを併せ持つ為。 )が覚えられる分まだ対処が可能かもしれないが…。 …が、第6世代で環境が一変。 や、の登場でかくとうタイプが抑制された• 「」の登場でエスパータイプがあく対策を命中率の低い「」に頼る必要がなくなり、採用が減った。 あくタイプの技がはがねタイプにも等倍で通る様になった。 「」が大幅に強化され、あくタイプの強力な主力技を手に入れた。 あくタイプにも関わらずはがねタイプでもある為、新規追加されたフェアリータイプに滅法強い。 フェアリーが苦手とされる物理寄りの種族値なのも大きい。 と、キリキザンにとっては追い風が重なった。 これにより、特性「まけんき」「せいしんりょく」を生かしやすいダブル・トリプルでの活躍機会が増え、レーティングバトルのダブル・トリプルの使用率ランキングでも上位に入る様になった。 第8世代にも続投。 ところが主力技であった「はたきおとす」が過去作限定となり、「おいうち」が 技自体削除されてしまった。 サブウェポン候補の「」も没収され、ただでさえ威力不足気味だった技の選択肢が狭まることに。 しかし新要素のによって「まけんき」の発動機会は大幅に増えた他、現在の対戦環境で猛威を振るう、、といったに軒並み強い点は大きな長所。 活躍の機会はまだまだ失われていない。 総じて対戦での運用には知識や読み合いが必要な場面が多く、使いこなすにはプレイヤーの腕が試される玄人向けのポケモンと言えよう。 優れた耐性を持ち、尚且つ「」「」を両方習得出来るという事で、 捕獲要員として重宝するプレイヤーもいる。 での活躍 初登場は「ベストウィッシュ」。 トレーナー・がバトル大会「ドンナマイト」で使用。 これは以前保有していたコマタナが進化した個体である。 初戦の対戦相手・グレースのを瞬殺した。 しかし2回戦ではのに敗れてしまう。 連れ去られた忍者村の頭領・ハンゾーを助けようとするや逹の行く手を阻み、サトシのと、サンペイのの3体と対決。 圧倒的な戦闘力で上記の3体を追い詰めるも、サトシのゲコガシラがゲッコウガに進化したことで形成が逆転。 そのままの「」を顔面に受けて敗北した。 使用技は「」、「」、「」、「」。 カロスリーグ決勝戦ではが使用。 CVは。 3番手で登場し、・・と対戦。 開始直後に「」を放ってルチャブルの動きを鈍らせ、「」で一撃必殺を狙うが「」で防がれる。 その後、追撃の「」を身を反らせてかわし、「ハサミギロチン」を決めてルチャブルに勝利。 この時、一度モンスターボールに戻される。 その後、サトシがヌメルゴンを出してきた所で再び登場。 「」と「」の連続攻撃で攻めるも耐えられ、「」による反撃を受ける。 しかしこれを耐えて「アイアンヘッド」で更に攻め、最後は「」を「ハサミギロチン」でかき消し、そのまま「ハサミギロチン」を決めてヌメルゴンに勝利した。 しかしこれまでに受けたダメージが大き過ぎた為か、続くゲッコウガ戦では「アイアンヘッド」を「」でかわされた後、ヌメルゴン戦時の「」によって威力が増した「」の一撃を受けて敗北した。 前述の通り、XY編におけるサトシの手持ちの中でも実力の高いルチャブルやヌメルゴンを倒していることから、アランの手持ちの中ではに次ぐ実力者と思われる。 リーグ決勝時点で習得している技は「でんじは」、「ハサミギロチン」、「アイアンヘッド」、「きあいだま」。 使用トレーナー•

次の

【ポケモン剣盾】キリキザンの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ふいうち キリキザン

キリキザン基本情報 タイプ:悪・鋼 特性:まけんき(能力を下げられた時、攻撃が2段階上昇する。 ) その他にせいしんりょく、プレッシャーも選択可能。 HPは低いが防御も高めであるため物理耐久はそこそこある。 一方、特殊耐久は低い。 格闘が4倍なのは気になるが、耐性は半減9、効果なし2と非常に優秀。 素早さは低めだが、タイプ一致先制技のふいうちを覚えるのである程度カバーできる。 積み技、補助技も豊富。 ふいうちは扱いが難しく、格闘技4倍もあるので安定はしないが 刺さる相手には圧倒的に強いポケモン。 ふいうちアタッカー キリキザン育成論 特性:まけんき(能力を下げられた時、攻撃が2段階上昇する。 ) 技2: アイアンヘッド (威力80で命中100、フェアリーに刺さる。 ) 技3: つるぎのまい (攻撃を2段階上昇させる。 ) 技4: みがわり (HPの4分の1を使ってみがわりをつくる。 ) HPは228振り、みがわりを使うので4n+1調整 威力140のZふいうちや技3:つるぎのまいを積んでの技1:ふいうちで戦う。 フェアリーは技2:アイアンヘッドで処理。 技1:ふいうちは読まれやすいので、相手が積み技を持つポケモンならば技4:みがわりをおりまぜる。 格闘技を持っていそうな相手からは逃げること。 相手の行動さえ読めれば大活躍もできるが、読めないと何もできずにやられることも。 読みが必要な上級者向けのポケモン。 パーティ構成 キリキザンの相棒としてオススメはカイリューやボーマンダだ。 キリキザンの弱点である地面を無効化、炎と格闘を半減できる。 キリキザンのレート対戦遭遇率 使用率は高くはない。 第6世代と比べ、少し使用率が落ちた印象。 ふいうちの威力低下やフェアリーの増加が影響しているのだろう。 安定性はないが読み間違うと面倒なことになる相手なので注意。 対策しておこう。 キリキザン対策 耐久は物理、特殊共そこまで高くない。 また、技威力が低いため、つるぎのまいを積まれない限り、超高火力にはならない。 ある程度耐久があり、キリキザンより速いポケモンで弱点をつけば勝つのは難しくない。 スポンサーリンク.

次の