コナン キッド 登場 回。 名探偵コナン|怪盗キッドの登場回まとめ【漫画/アニメ/映画/OVA】

【名探偵コナン】怪盗キッドの登場回まとめ(アニメ・コミック・映画)

コナン キッド 登場 回

この記事だけで怪盗キッドの登場回を網羅できますよ。 怪盗キッドの登場回【アニメ・漫画】 アニメ話数 原作巻 タイトル・原作巻 76 16 コナンVS怪盗キッド 132-134 20 奇術愛好家殺人事件 219 30 集められた名探偵!工藤新一VS怪盗キッド 356 44 怪盗キッドの驚異空中歩行 394-396 46 奇抜な屋敷の大冒険 469-470 53 怪盗キッドと四名画 515 61 怪盗キッドの 瞬間移動魔術 テレポーテーション 537-538 64-65 怪盗キッドvs. 1 コナンvsキッドvsヤイバ 宝刀争奪大決戦!! SECRET FILE Vol. 2 コナンとキッドとクリスタル・マザー SECRET FILE Vol. 3 消えたダイヤを追え! コナン・平次vsキッド! リンクをクリックすると、「名探偵コナン」での登場話が表示されます。 アニメ話数 タイトル 6() ブラック・スター 11() キッド・コナンの龍馬お宝イリュージョン 14 クリスタル・マザー 16() KID vs コナン 奇跡の空中歩行 21() KID vs コナン 月下の瞬間移動 まとめ 以上、怪盗キッドの登場回一覧でした。 少年サンデー本誌で怪盗キッドの登場があり次第更新します。 閲覧ありがとうございました!.

次の

白馬探(はくばさぐる)の登場回まとめ!大切な人って誰?

コナン キッド 登場 回

コナンの正体が怪盗キッドにばれる回はいつ?【なぜ知ってるのか】 怪盗キッドとは 「名探偵コナン」に登場する怪盗キッドとは、神出鬼没の大泥棒。 『ビッグジュエル』と呼ばれている宝石を中心に狙っているほか、法的には捌けない物品の奪還を中心に活動しています。 怪盗キッドという名前はコナン=新一の父である優作が、国際犯罪者番号である1412を殴り書きしているのを見て、それをもじったのが名前の由来であります。 その正体は、江古田高校に通う黒羽快斗。 初代キッドであった盗一の謎の死をきっかけに、2代目怪盗キッドとして活動を開始します。 コナンと怪盗キッドの関係 コナンとキッドが初めて出会い対決するのは、アニメ第76話『コナンVS怪盗キッド』(原作16巻)でした。 キッドは青山剛昌先生原作の『まじっく快斗』の主人公であるため、当初はゲスト扱いとされましたが、登場によって人気が急上昇。 以降、名探偵コナンの原作、アニメおよび劇場版でメインキャラクターになるほどの活躍になるまで成長しました。 キッドはコナンのことを『最も出会いたくない恋人』と発言しており、対決に進むにつれてコナンはキッドのことを『捕まえなければならない犯罪芸術家』と評しています。 二人の対決はほぼ引き分けに終わり、時には共闘して事件解決をする事もあります。 コナンはキッドにとって『黒の組織』とは違った意味でのライバル関係かもしれません。 コナンの正体が怪盗キッドにばれる回 コナンの正体がキッドにばれるのは、 2000年に公開された劇場版『世紀末の魔術師』です。 犯人のスコーピオンによって銃撃されたキッドは、白鳥任三郎警部に変装し、コナン達や目暮十三警部と行動を開始します。 その際、コナンが阿笠博士と犯人についてやり取りをしている際に、キッドが盗聴器を使用し、コナン=新一であることがばれます。 怪我をしたマジックで使う鳩を助けた借りを、蘭に正体がばれる寸前に新一に変装し、コナンの危機を救ってくれます。 こうして、キッドはコナンが新一であることを知り、以後の劇場版、アニメ版、原作でもこの設定が生かされるようになります。 スポンサーリンク 怪盗キッドの正体がばれる回はある? 『まじっく快斗』にて快斗が2代目怪盗キッドである事が第三者にばれる回はあるものの、『名探偵コナン』では原作、アニメ、劇場版を含めてばれるシーンはありません。 まずまじっく快斗では、快斗の同級生である魔法使いの小泉紅子が、その正体を知っています。 快斗はキッドではないと否定していますが、魔法使いという設定のもと、誰かの行動が見える紅子は快斗の行動に薄々と気づいていたのかもしれません。 もう一人は、白馬探。 新一や服部平次と同じ高校生探偵で『まじっく快斗』の世界では、快斗のライバル的ポジションです。 かつてキッドが宝石を盗んだ際、快斗の髪を現場に残してしまい、それがきっかけで探はキッド=快斗に気づきました。 しかし、紅子がキッドのふりをしてその場をはぐらかしてしまい、結局正体の全貌をつかむことが出来ませんでした。 そのため探は、快斗=キッドであることを堂々と表明するために、キッドを追い続けています。 名探偵コナン側のキャラにばれてる? 『名探偵コナン』ではキッドの正体を知っている人物はいるのでしょうか。 残念ながらキッドが快斗であることがばれるシーンはなく、蘭を始め少年探偵団や園子達も快斗が新一に瓜二つに見えるため、コナンのキャラクターでキッドの正体を知っているのはいません。 キッドはコナンが新一である事は知っていても、コナンはキッド=快斗である事はばれていないようです。 ちょっとややこしいですが、これも物語を面白くするための伏線なのかもしれません。 怪盗キッドの正体を知っている人物 怪盗キッドが快斗である事は、紅子と探の他に協力者として寺井黄之助がいます。 かつて、快斗の父親だった盗一の付き人であり、初代怪盗キッドのアシスタントとして活動を続けていました。 その後2代目キッドの快斗が活躍するに当たって、補佐役として逃走の手助けや捜査撹乱の手引きを担当しています。 快斗の母親でもある、黒羽千影もキッドの正体を知っている人物。 彼女は盗一と結婚する前まで、『ファントム・レディ』という名で、怪盗として活動。 その身のこなしと身体能力は快斗に受け継いでいます。 坂本龍馬展での事件で、コナンはファントム・レディの存在を知り、キッドの母親も怪盗として活躍していた事を知ります。 また『涙のクリスタル・マザー』(アニメではOVA「コナンとキッドとクリスタル・マザー」)にて、イングラム公国の女王セリザベスの息子(王子)である、フィリップにも正体がばれてしまう場面がありました。 しかし、快斗はその場をごまかして、キッドであることを隠し通しました。 キッドの彼女・青子は正体を知っている? キッドの彼女というよりも快斗の幼なじみで敵対する中森銀三警部の一人娘である、中森青子は、快斗がキッドであることを知っているのでしょうか?青子は『まじっく快斗』のヒロインで、愉快犯みたいなキッドを毛嫌いしています。 残念ながらキッド=快斗が青子にばれるシーンはなく、その描写も名探偵コナンやまじっく快斗でも描かれていません。 ただ、青子は長年快斗と一緒にいたためか、彼の苦手なものを知っているようです。 快斗は魚が苦手であり、見ただけでも驚いて失神してしまうほどです。 これは快斗の母千影に電話をして、直接聞いたものです。 その他にもキッドが魚を怖がるシーンはアニメ版の『まじっく快斗』やOVA版『名探偵コナン』でも確認されています。 怪盗キッドの正体を知っているのは少ない ということで、怪盗キッドが黒羽快斗である事は意外にも少ないようです。 犯罪者であるがゆえ仮に逮捕されてしまったら、キッドが少年であることがばれて、日本中が大騒ぎとなってしまいます。 コナンに比べて、協力者が少なく自分の力でなんとかするというのがキッドの行動パターンなので、正体を知らない方が行動もしやすいのでしょう。 またコナンの場合子供になってしまった身体ゆえ、阿笠博士や灰原哀の協力がないと、探偵活動をするのが出来ない事が分かります。 怪盗と探偵。 立場が違うし、協力者の人数はそれぞれなのですね。 今後どうなる?まとめ コナンの正体を知っているキッドは、犯罪者であると同時に謎の組織を追うためビッグジュエルを狙っています。 ただ、どれもキッドが探し求めている宝石に巡り合わないというのが、まじっく快斗でも名探偵コナンでも言えます。 果たして、物語は今後どう動いていくのでしょうか。 キッドの正体が快斗である事がコナンに出演しているキャラクターにばれてしまうのでしょうか。 また、キッドが狙うビックジュエルは黒の組織が狙っているものと同じものなのでしょうか。 今後の物語の展開に注目し、キッドとコナンの活躍に期待しましょう。 スポンサーリンク.

次の

《名探偵コナン》怪盗キッドの登場回~映画編~

コナン キッド 登場 回

怪盗キッドの正体は明らかにされているの? 『名探偵コナン』では、もはや不可欠な存在となっている、怪盗キッド! 現在放送中のアニメに出てくる中で、ここまで人気のある泥棒は、彼以外にはルパン三世くらいのものでしょう。 さて、そんな怪盗キッドなのですが、正体が気になる方は少なくないのではないでしょうか? むしろ、気にならない方がどうかしていますよね?(笑) そこで調べてみたところ、意外なことに、怪盗キッドの正体はとっくの昔に判明していたのです! 『名探偵コナン』の作者・青山剛昌さんの代表作の1つ、『まじっく快斗』の主人公、黒羽快斗だったのですね! まさか、有名な別の漫画の主人公が、もっと有名な別の漫画で怪盗になっていたとは、ビックリですよね…。 が、黒羽快斗は、『名探偵コナン』だけではなく、『まじっく快斗』においても、怪盗キッドとして活躍していたのでした! 『まじっく快斗』の黒羽快斗は、初代怪盗キッドの息子であり、マジック好きな高校生というのが表の顔というキャラクターとなっています。 『名探偵コナン』では、意外ですが、2018年現在・・・誰も知りません(笑) 江戸川コナンですら、その正体がつかめないとは、さすが怪盗キッド! 一方、『まじっく快斗』では、寺井黄之助、黒羽千影、白馬探、小泉紅子、ルビィ・ジョーンズ、ジャック・コネリーと、けっこうバレていました(笑) 黒羽千影は黒羽快斗の母親で、初代怪盗キッドの妻ですから、当然でしょう。 なお、白馬探は黒羽快斗の同級生で、高校生探偵です。 『名探偵コナン』でいえば、工藤新一的な存在ですね。 彼は、怪盗キッドの正体=同級生の黒羽快斗だと知っているものの、あえて捕まえず、あくまでも怪盗キッドとして捕まえようと躍起になっているというわけなのでした。 では、逆に、怪盗キッドは江戸川コナンの正体=工藤新一だと知っているのでしょうか…? 説明する必要もないでしょうが、黒羽快斗は工藤新一と生き写しのルックスで知られています。 さらに、怪盗キッドは、映画『世紀末の魔術師』において、大胆にも工藤新一に変装したりしました。 これを見る限り、バレているのかいないのか、ますます気になって来ますよね…? この問題については、原作コミックとアニメで結論が違うようでした。 原作コミックではバレていないものの、アニメの映画ではバレていたようなのです! それは言うまでもなく 『世紀末の魔術師』であり、怪盗キッドが江戸川コナンと阿笠博士の電話を盗聴したさい、気づいたと見られています。 怪盗キッドのには彼女がいた?彼女の青子の登場回は? 工藤新一には、正式な彼女ではないものの、事実上のガールフレンドとして、毛利蘭がいます。 一方、怪盗キッドの正体である黒羽快斗にも、仲のいい女の子がいました。 余談ですが、彼の顔が工藤新一そっくりなのに対し、その女の子も毛利蘭に似ています(笑) この女の子は、中森青子といい、警部である中森銀三の娘です。 怪盗と仲のいい女の子がよりによって刑事の娘だったというのは、とてもおもしろいですけど、父親が真相を知ったらショックでしょうね(笑) 実は、中森青子は、『まじっく快斗』だけではなく、『名探偵コナン』にも登場していました! 『名探偵コナン』での登場はどの回だったのでしょうか。 それは、第76話である『コナンVS怪盗キッド』と、第219話である『集められた名探偵!工藤新一VS怪盗キッド』でした! 中森青子が気になる方は、ぜひ、ご覧になってみてはいかがでしょうか。 最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。 コナン好きの私が今一番おすすめできるサービスです!! 今なら• コナン映画の第1作目から20作品目まで• そんな彼女のプロフィールをもう少しくわしく見ていきたいと思います。 中森青子は、先述のとおり、警部である中森銀三の娘なのですが、この中森銀三は、よりによって警察内で怪盗キッドを追っている中心人物なのでした。 あまりにも皮肉ですが、それだけにそうとうスリリングな設定ですよね。 ちなみに、親子そろって、黒羽快斗が怪盗キッドだということはまったく知りません。 気になる中森青子と黒羽快斗の関係ですが、正式な彼女と彼氏というものではなく、あくまで幼なじみというものでした。 黒羽快斗は、中森青子が気になっていて、それは中森青子も同じなのですが、もどかしい関係が続いています。 なお、黒羽快斗は、中森青子のスカートの中をのぞくなど、なかなかきわどいことも働いていました(笑) もしもイケメン怪盗じゃなかったら、ただの変人かもしれませんね(笑) スポンサーリンク 怪盗キッドのプロフィールと正体 中森青子に続いて、怪盗キッドの正体である黒羽快斗のプロフィールも確認していきましょう。 黒羽快斗は、江古田高校2年生。 イケメンで身長は174センチ、おまけに勉強もよくできるという、泥棒でなかったならば文句なしの少年です。 普段はマジックが趣味の高校生ですが、変装と声帯模写の達人で、怪盗として活躍しています。 父親は黒羽盗一といい、初代怪盗キッドでしたが、事故死。 その後、自分の父親が怪盗キッドだったと知った黒羽快斗は、自身が2代目を襲名することになるのです。 一方、母親の黒羽千影も、ファントムレディとして有名だったという存在で、なんと親子3人そろいもそろって怪盗だったのでした。 同じ高校の同級生であり、高校生探偵である白馬探とは、良くも悪くもライバル同士という関係です。 白馬探は怪盗キッド目的でわざわざ彼と同じ高校に入っており、正体も突き止めているものの、あくまで現行犯での逮捕にこだわっているという完璧主義者ですから、さすがの黒羽怪斗も大変そうですよね(笑) スポンサーリンク 怪盗キッドの正体を知っている人物詳細 まじっく快斗編)バレる回は? 『名探偵コナン』でコナンの正体を知っている人物がいるように、『まじっく快斗』において怪盗キッドの正体を知る人物が数名います。 怪盗キッドの正体を知る人物 まじっく快斗編):黒羽千影 怪盗キッドこと黒羽快斗の母親です。 初代キッドが快斗の父親ですから、その妻である黒羽千影が正体を知っているのは当然といえば当然でしょう。 また、黒羽千影自身もかつて怪盗として活躍しており、初代キッドこと黒羽盗一に出会ったのもその頃です。 怪盗キッドの正体を知る人物 まじっく快斗編):寺井黄之助 かつては盗一の執事で、快斗の協力者であり最大の理解者です。 バットマンにおけるブルース・ウェインと執事のアルフレッドのような関係というとわかりやすいでしょうか。 快斗のことを坊ちゃんと呼ぶなど、かつての主の息子として敬意を持って接しているようです。 スポンサーリンク 怪盗キッドの正体を知る人物 まじっく快斗編):白馬探 『まじっく快斗』におけるキッドのライバル。 高校生探偵という肩書きからもわかる通り、工藤新一に近い立ち位置の人物です。 キッドの正体を知っているものの、あくまで怪盗キッドとして捕まえることにこだわっているようで、警察に告発したりはしていません。 初期の『まじっく快斗』ではホームズの格好を真似ていることが多かったため、作中では「コスプレ探偵ボウズ」などと呼ばれていたこともあります。 コナン読者にはピンとこないかもしれませんが、かつての青山先生はファンタジー色を織り交ぜた作品を書いていたので、その名残があるキャラクターであると言われています。 彼女が怪盗キッドの正体を見破った手法も魔女ならではのもので、あらゆる男を魅了する彼女の美貌に惹かれないという共通点からキッドが黒羽快斗だと見破っています。 怪盗キッドの正体を知る人物 まじっく快斗編):ルビィ・ジョーンズ 怪盗黒猫としての顔を持つ女性。 ある宝石をめぐってキッドと対決した際の会話でその正体を悟った。 怪盗キッドの正体を知る人物 まじっく快斗編):ジャック・コネリー 犯罪計画師・ナイトメアの正体で、インターポールの捜査官。 黒羽盗一のファンであったため、二代目キッドである快斗の正体はなんとなく察しがついていた模様。 優れた犯罪計画師ではあるものの、犯罪者としては未熟で詰めが甘い。 キッドを利用してブラックオパールが埋め込まれたイヤリングを盗もとしたが失敗し、快斗に正体と目的を見抜かれてしまう。 すべてを知ったキッドを殺そうとするが、足を踏み外して転落死を遂げる。 スポンサーリンク 怪盗キッドと、工藤新一の容姿と声が似ているのは伏線? 初めてキッドを見た時、多くの人が「工藤新一にそっくりだ」と思ったことでしょう。 またアニメでの声優もどちらも山口勝平さんが務めるなど、明らかに似ている人物として描かれています。 しかし現時点ではなぜ似ているのかについて、明確に答えが描かれたことはありません。 単に同じ作者が書いたから似ている、と言えばそれまでですが、それだけで片づけられない理由があります。 それは『まじっく快斗』の「この作品は役者によって演じられたものである」という公式裏設定があるためです。 そのため、「キッドは工藤新一が演じているキャラクター」だから似ているなどの考察がありますが、真相は謎のままですが、『まじっく快斗』の世界に魔法が存在していることが関わっているのかもしれませんね。 怪盗キッドはクールな名言が多い! 最後に、怪盗キッドの名言についてもまとめてみました。 いったい、どのようなものがあるのでしょうか。 有名なものとしては「Ladies and Gentlemen!! 」が挙げられます。 これは、映画『世紀末の魔術師』の冒頭において、怪盗キッドが発した言葉です。 ほかに、怪盗キッドの言葉で特筆すべきものとして、以下のものがありました。 「怪盗はあざやかに獲物を盗み出す創造的な芸術家だが、探偵はそのあとを見てなんくせつけるただの批評家に過ぎないんだぜ?」。 これは、怪盗キッドのセリフに限らず、これまでにアニメなどに登場したすべての怪盗のセリフのなかで、最高にかっこいいものに違いありません。 ほとんど文学的といってもいいようなセリフですよね。

次の