たけのこ ご飯 栗原 はるみ。 【男子ごはん】「たけのこご飯&ほじそのしょうゆ漬け」の作り方~春の和定食2020(3月1日)

栗原はるみさんのタケノコごはん。 : いちばん大事なタカラモノ

たけのこ ご飯 栗原 はるみ

筍を茹でる時に、ザルを筍の上にのせて茹でることで、タケノコが浮かずに茹でられる!ということでした。 一緒に放送紹介された、【タケノコご飯】の方も気になるレシピでした。 こちらのレシピは、鶏肉の皮を一緒に炊き上げてコクをプラスします。 たけのこ(100g)は3cm長さの薄切りに、油揚げ(1枚)は油抜きし、みじん切りにします。 2.Aの薄口しょうゆ(大2)、みりん(大1)、酒(大1)、塩(少々)を合わせ、だし汁(適量)を足して2カップに計量します。 3.炊飯器に1の米を入れ、たけのこ、油揚げをのせ、3の調味液を注いで炊飯器で炊きます。 身に傷を付けないように、皮の厚い穂先は深めに、根元に行くにつれて薄く包丁を縦に入れます。 たしかに、タケノコが浮いてます。 ザルをのせると浮き防止ですね) 3.沸騰後、弱火にして50~60分、タケノコの根元に箸などを刺してスッと入るようになるまで茹でます。 十分に冷えるまで茹で汁の中に置いておきます。 4.水で洗い流しながら白い身が出てくるとこまで皮を剥きます。 先の茶色くなっている部分も切り落とし、容器に水を入れて浸しておきます。 脳を活性化させ、やる気・集中力をアップさせる効果がある。 洗い流さなくてOK!.

次の

【男子ごはん】「たけのこご飯&ほじそのしょうゆ漬け」の作り方~春の和定食2020(3月1日)

たけのこ ご飯 栗原 はるみ

筍を茹でる時に、ザルを筍の上にのせて茹でることで、タケノコが浮かずに茹でられる!ということでした。 一緒に放送紹介された、【タケノコご飯】の方も気になるレシピでした。 こちらのレシピは、鶏肉の皮を一緒に炊き上げてコクをプラスします。 たけのこ(100g)は3cm長さの薄切りに、油揚げ(1枚)は油抜きし、みじん切りにします。 2.Aの薄口しょうゆ(大2)、みりん(大1)、酒(大1)、塩(少々)を合わせ、だし汁(適量)を足して2カップに計量します。 3.炊飯器に1の米を入れ、たけのこ、油揚げをのせ、3の調味液を注いで炊飯器で炊きます。 身に傷を付けないように、皮の厚い穂先は深めに、根元に行くにつれて薄く包丁を縦に入れます。 たしかに、タケノコが浮いてます。 ザルをのせると浮き防止ですね) 3.沸騰後、弱火にして50~60分、タケノコの根元に箸などを刺してスッと入るようになるまで茹でます。 十分に冷えるまで茹で汁の中に置いておきます。 4.水で洗い流しながら白い身が出てくるとこまで皮を剥きます。 先の茶色くなっている部分も切り落とし、容器に水を入れて浸しておきます。 脳を活性化させ、やる気・集中力をアップさせる効果がある。 洗い流さなくてOK!.

次の

たけのこと油揚げの炊き込みごはん|レシピ|ゆとりの空間

たけのこ ご飯 栗原 はるみ

たけのこが美味しい季節がやってきました! たけのこ料理といえば、炊き込みご飯や煮物などが挙げられますが、今年ぜひともチャレンジしてほしいのがたけのこで作る「自家製メンマ」。 ほどよい甘辛さとたけのこの香り、シャキシャキした歯ざわりが絶品で、とにかくお酒のおつまみとして、最高に美味しいんです……! 今回は、旬のたけのこの風味を生かしたあっさり仕上げの「自家製メンマ」レシピを紹介します。 今回は、マチクの代わりにタケノコを使ったメンマ風のレシピのご紹介です。 炒め煮にして完成! 絶品「自家製メンマ」レシピ 材料(作りやすい分量)• ゆでたけのこ…150g• ごま油…大さじ1• みりん…小さじ2 A• スープ(中華または鶏ガラ)…200ml• 酒…大さじ1• しょう油…小さじ2 作り方• ゆでたけのこを一口大で2〜3mmの厚さに切り、ごま油で炒める。 油がまわったらAを加えて中火で煮る。 汁気がなくなったら、みりん、ごま油少々(分量外)を加えてさらに水分を飛ばす。 水気がなくなったら完成! たけのこは、厚めに切ると、ジューシー感がアップ。 お好みでラー油をかけて食べるのもおすすめです。 「自家製メンマ」食べ方アイデア そのまま食べても美味しい「自家製メンマ」ですが、さらに、ひと工夫をすれば一品料理に早変わり。 手軽にできる食べ方アイデアを紹介します。 ご飯と混ぜて、即席たけのこご飯 炊きたてご飯に「自家製メンマ」を混ぜれば、あっという間に即席たけのこご飯が完成。 「自家製メンマ」には、しっかり味がついているから味付けも不要。 これだけでもりもり食べ進められてしまいます。 お弁当やピクニックなどにぴったりです。 お好みの青菜と和える、たけのこのナムル 季節のゆでた青菜とゴマ、「自家製メンマ」を和えれば、ナムルに変身。 アレンジの幅があり、作りおきもできるので、たけのこが旬のこの時期に、ぜひチャレンジしてみてください。 【その他の春野菜をおいしく食べるコツ&レシピ】.

次の