入居 者 無料 インターネット。 インターネット無料の賃貸は速度が出ない?Wifiは使える?

無料インターネット付きマンションは速度がヤバい?!まともな物件の選び方

入居 者 無料 インターネット

賃貸物件において、光回線による高速インターネット環境があることは当然として、『インターネット無料』も人気物件の絶対条件になりつつあります。 更にスマートフォン等を使用する入居者層の増加により、自宅回線を利用する為の無線LAN対応は、入居率アップ・契約延長という点において非常に重要な要素となります。 インターネット無料物件にすることで、他の物件と差別化を図りたいと思われている賃貸経営者様には、是非ともおすすめしたいサービスです。 それが他社より『インターネット無料』の維持コストを抑えることができる、大きな理由なのです。 その他、インターネット接続持に開くページで物件毎の情報を掲載し、「入居者様に向けたお知らせ」等、情報発信に便利なサービスもございます。 弊社独自開発の、部屋内壁面埋め込み型の無線(Wi-Fi)アクセスポイントを標準で設置させて頂きます。 この壁面埋め込み型アクセスポイントは、無線アンテナをなくした形状をしており、ジャック内にWi-Fiチップを内蔵。 更には有線LANジャックと電話ジャックを標準搭載しております。 (をご参照ください。 ) これにより、各お部屋に無線LAN用通信機器を別途設置するスペースは必要なく、お部屋をスッキリした状態で入居者様にご提供いただくことが可能となります。 部屋内Wi-Fi対応は他社でも例が見られますが、このような壁面埋め込み型機器を使用し、更に無償保守対応が可能なのは、弊社だけです。 また、導入の際は、スタッフがしっかりとお部屋の調査を行ない最適な導入をご提案させて頂きますので、安心して各室に無料Wi-Fi環境を整えることができます。 仕様 対応規格 IEEE802. 専用金型設計による弊社オリジナル商品です。 Wi-Fi機器は室内壁面埋め込み型で場所を取らず、スッキリした美しい外観となります。 室内における無線インターネット接続がご利用できます。 有線LANジャック搭載でLANケーブルでの有線接続も可能です。 最近ではパソコンを使わない人もスマートフォンやタブレットなどの無線端末を所持・使用しているケースが多く、Wi-Fi接続は生活に必須な時代となっております。 『インターネット無料マンション・アパート』を謳う物件紹介が増えている事が物語っているように、入居を検討している賃貸利用者の多くは『インターネット無料』の物件を探しています。 家賃等に多少の影響があったとしても、入居者様がご自身でインターネットサービスを契約し、初期費用やインターネット利用料金、無線ルーター等のインターネット設備代などを支払うことが無い分、手間と費用負担が非常に少なく、近隣物件と比較して競争力のある物件に進化することが可能となります。

次の

<大家さん向け>無料wifi・無料インターネットのウソ・ホント:マンション・アパートの空室対策として効果があるの?

入居 者 無料 インターネット

Q1 調査や見積りは無料ですか? 物件名称、物件住所、総世帯数をお伝えいただけましたら、現地調査後お見積りを作成いたします。 Q2 保守内容は? 故障時や経年劣化の際には、追加費用不要で交換いたします。 Q3 入居者の手続きは? 不要です。 入居後、差込口に接続頂ければ利用可能となります。 利用方法でご不明な点がございましたら、弊社のサポートセンターにお問い合わせください。 Q4 無線利用したい場合は? 無線LAN用ルーターを個別でご用意いただければ、基本的にお使いただけます。 また、携帯電話会社ご提供のホームアンテナ(FONルータなど)は接続できない可能性がございます。 Q5 宅内工事の調整は? 部屋内工事予約の専門部署にて承っております。 専用ダイヤルにご連絡いただき、日程調整をいたしまして、工事に伺わせて頂きます。 Q6 契約期間はありますか 契約期間に縛りはございません。 もし解約を希望される場合につきましては2か月前申告とさせていただいております。 また、解約違約金は発生いたしません。

次の

賃貸アパート入居後に発覚。 インターネット無料物件でした。 事前に説明は一切なかったのですが、これは泣き寝入りなのでしょうか。

入居 者 無料 インターネット

1DK 何となく調理・食事場所と寝室が同じというのは衛生的に抵抗があるから• 新築 昔から見栄っ張りな性格だから友人を自宅に呼ぶときはボロい建物より綺麗な建物が良い• 駅徒歩10分以内 昔から実家がマンションで駅から徒歩圏にしか住んだことがないから一人暮らしでも徒歩圏• 3階以下 1日中自宅で作業をする仕事で日中ちょこちょこコンビニに行くからエレベーターに乗らずに外に出やすい階層 こんな条件で探していたところ、まさに今住んでいる物件の情報がピンポイントでヒットしました。 そして「インターネット無料」のうたい文句があったんですが、元々インターネットは自分で払って光回線を使う予定だったので「お、ラッキー」くらいに考え、その他モロモロの条件もドンピシャだったので不動産屋に電話をかけて早速物件の下見に行くことにしました。 いざ物件につくと駅からは近いし物件も新築特有の良いニオイがするし間取りもほぼ想定通りだったのでここで決めようと思ったんですが、最後の方にインターネットについて営業マンとこんなやりとりをしました。 海外のオンラインゲームとかをやらなければ普通に使えますよ!もし遅くてどうしようもない場合は 私か大家さんに相談してください! まぁ私自身、1日中自宅でネットに繋いで仕事をしているのですが、オンラインゲームのように容量の大きい通信は行わないので「問題なさそうだな」と判断しました。 それに遅かったら別途相談も出来るみたいなので。 関連記事: 引っ越し そんなこんなで物件を無事に契約をして鍵の引き渡しを受けて引っ越しが完了し、その日からネットに繋いで仕事に取り掛かることにしました。 私は真っ先にどれくらいの速度が出るのか確かめたかったのでスピードテストで回線速度の測定をしたところ、昼間の時間帯は 90Mbps出て一安心しました。 90Mbps出れば大抵のコンテンツはストレスなく楽しめます。 いやーいい物件に引っ越したなー そんなことを考えていたんですが、23時頃になるとどうもWEBサイトの表示が遅くなったような気がしたので再度速度を測定してみると、なんと今度は 5Mbpsまで低下していました。 まぁ確かに昼間の時間帯と利用者が増える22時~0時の時間帯とではどんな回線であれ速度は低下するものですが、さすがにここまでとは・・・。 とはいうものの、5Mbpsでも動画程度ならぎりぎりストレスなく見れるレベルなので何とか我慢することにしました。 しかし、ここから状況はさらに悪化したのです。 私が引っ越したときはまだ完全に入居者が埋まっていない状態だったのですが、私が引っ越してから1か月ほどするとさらに2人ほど入居者が入ってきました。 そうするともちろんインターネットの利用者が増えることになります。 案の定、入居者が増えてからはさらに速度低下はひどく、なんと1Mbpsも出なくなったのです。 日曜日の23時という1週間で最もインターネット回線が込み合う時間帯だと 250kbps程度しか出ないレベルまで低下しました。 250kbpsなんて、はっきり言って ADSLの方が全然マシなレベルです。 この速度になってからも2週間程度は我慢しましたが、明らかに仕事のパフォーマンスが低下していることに危機感を覚え始めました。 さらに筆者はふと不動産の営業マンが物件の下見の際に言っていたことを思い出しました。 そうですか・・分かりました。 それでは壁に穴をあけずに工事をしてくれるっていう確約が事前にとれる光回線を探してみます。 こんなやり取りをしたのですが、はっきり言って壁に穴をあけずに工事が出来るかどうかなんて、回線業者は現地にきてからじゃないと絶対に分からないわけです。 私も光回線の工事内容を色々と調べてみましたが、確かに「外壁の素材によって穴を空けなければいけないケースとそうでないケースがある」っていうのは分かったんですが、どちらにせよ現地に来なければ分からない話です。 ただ、大家さんとしては「事前に穴をあけないっていう確約が欲しい」ということ。 他の回線業者を探すとは言ったものの、 事前に工事内容の確約が出来る業者なんてあるわけがないということは私でも何となくわかっていたので、この段階で実質私は光回線の導入を諦めました。 関連記事: 教訓 1日中自宅でネットを使って仕事をする私が、インターネット無料の賃貸マンションに引っ越して得た教訓を皆さんに共有したいと思います。 インターネット無料物件は選ぶな まず夜間帯にインターネットを利用する可能性のある人はインターネット無料の物件を選んではいけません。 少なくとも夜間に動画やゲームをする人たちは高確率で後悔することになります。 回線が混み合う可能性があるから ここでは詳しく配線方式などについて説明したりしませんが、一戸建ての場合電柱から光ファイバーを自宅に引っ張ってきて自分の家だけで使うことが出来ます。 一方でマンションやアパートは引っ張ってきた光ファイバーを入居者全員で分け合うっていう配線方式です。 1つの回線を1世帯だけで使うのと、1つの回線を8世帯とか16世帯で同時に使うのとでは速度に違いが出るってことは何となくイメージできると思います。 自己防衛できない場合があるから それからプロバイダの契約すらいらないような完全無料の物件は完全に地雷です。 インターネット無料をうたう物件の中には「 回線の料金は無料だけどプロバイダは別途契約してね」ってケースと「 回線もプロバイダも完全に無料だよ」っていう2パターンがあります。 「 回線の料金は無料だけどプロバイダは別途契約してね」っていうケースの場合はまだ自己防衛が可能です。 ここでは詳しく説明しませんが、プロバイダには回線の混雑を回避するオプションがあったりするので、それを別途申し込めば速度の改善を図ることが出来ます。 関連記事: そしてもう一つの「 回線もプロバイダも完全に無料だよ」っていうケースですが、一見インターネットに関する料金は完全に不要になるので魅力的に見えるかもしれませんが、 これこそまさに地雷なんで注意してください。 なぜなら、インターネットの回線が遅いと思っても入居者は自分で何らの対策も出来ないからです。 回線もプロバイダも契約者は大家さんなので、オプションに申し込んだりできるのは大家さんだけですからね。 なので、インターネット無料に住むにしても「プロバイダは自分で契約できるかどうか」っていうのは事前に確認しておいた方がいいでしょう。 契約前に大家に確認を取れ これめっちゃ重要です。 筆者の反省点もまさにここです。 引っ越しをする前にインターネットに光回線が導入されているのかどうかを確認することはもちろん大前提ですが、それだけでなく「すでに物件に導入されている光回線とは別に新規で契約することは出来るか」っていう確認も取った方がいいです。 さらに言うなら、この確認は不動産屋ではなく絶対に大家さんに直接取りましょう。 大家さんと直接連絡が取れないなら不動産屋を介してでも大家さんに聞いてもらってください。 私は物件の下見の際に不動産屋から「もし遅くてどうしようもないということであれば別途私か大家さんに相談してください」と言われて「相談すれば対応してもらえるんだな」と解釈しましたが、現実には大家さんは「 相談されてもほぼ対応する気なし」だったわけです。 この辺のニュアンスは不動産屋と大家さんとではズレる可能性があるので、不動産屋さんの意見ではなく 必ず物件の所有者である大家さんの意思確認をすることが大切です。 もし既に導入されている光回線が遅かったとしても大家さんが「別のところで契約していいよ」っていう人であれば回線速度に関する問題はほぼ解決するわけですからね。 ネット回線の選び方 それでは改めて、一人暮らしでネット回線と格闘し苦難を乗り越えた私が、皆さんにネット回線の選び方を紹介させていただきます。 賃貸物件でインターネットを導入する場合には• 建物自体に回線が導入されているケース• 建物自体で回線が全く導入されいないケース という2通りのケースがあり、皆さんが住む建物がどちらかによって選択肢が大きく変わってきます。 建物自体に回線が導入されているケース マンションやアパートといった集合住宅は、電柱から建物の共用スペース(エントランス等)まで大元の回線を引き込み、建物内の配管を通して各部屋に分配するという共同利用方式を採用しています。 全部屋がすべて電柱からケーブルを引っ張ってたら建物の外壁がケーブルだらけになってカオスな状態になりますからね。 そして、建物でネット回線が導入されている場合、各入居者は建物で導入されている通信会社のネット回線を契約することになります。 なので、基本的には入居者は「決められた範囲内でネット回線を選べる」わけなんです。 例えば建物でNTTの光回線が導入されている場合、KDDI回線のauひかりを導入することは原則できませんから、NTT回線を採用しているBIGLOBE光とかSo-net光を選ぶことになります。 ですから、事前に管理会社に「建物にはどの会社のネット回線が導入されているか」を聞くことをオススメします。 建物自体で全く導入されていないケース 建物自体にネット回線が導入されていない場合、検討すべきは• 戸建てタイプでの導入• モバイルルーターの導入 の2パターンです。 戸建てタイプでの導入 建物自体に回線が導入されていなかったとしても、光回線を導入する方法があります。 一戸建ての場合には電柱から自宅まで直接ケーブルを引っ張ってくるんですが、それを集合住宅でも出来る可能性があるんです。 ただし、集合住宅に戸建てタイプで導入できるのは低層階に限ります。 電柱から直接自分の部屋まで引っ張ってくるわけですから、高すぎる階だとケーブルの長さが足らなくなりますよね。 ですから、電柱からケーブルを引っ張ってこれる程度の階層までなら戸建てタイプを導入できるかもしれないということです。 ちなみに戸建てタイプで導入をする前には必ず大家さんに確認をとってください。 なぜなら、電柱から部屋にケーブルを引っ張ってきた際、必ずケーブルを外壁に固定する必要があるのですが、固定するのがビス止めだった場合、外壁に穴を空けることになります。 建物に穴を空けることを嫌う大家さんは多いですから、これを確認取らずにやってしまうとトラブルになりかねませんから。 モバイルルーターの導入 集合住宅に光回線が導入できなかった場合、検討すべきはモバイルルーターです。 ちなみにモバイルルーターは、建物に回線が導入されていたとしても検討すべき選択肢です。 集合住宅の光回線は入居者全員で回線を分配することになり、夜間帯になると回線が混み合うので、速度が低下しやすい傾向にあります。 そのため建物に光回線が導入されていたとしてもモバイルルーターを契約する人もいます。 モバイルルーターはそれくらい一人暮らしの人たちから高い支持を得ているのです。 オススメの光回線 自宅で光回線が使える人たちにオススメの選択肢をご紹介します。 何も難しいことはありません。 ずばり、皆さんが持っているスマホとのセット割が適用される光回線を選びましょう。 具体的に言うなら• ドコモのスマホを持っている人はドコモ光• ソフトバンクのスマホを持っている人はソフトバンク光、NURO光• auのスマホを持っている人はauひかり、BIGLOBE光など がセット割が適用される選択肢です。 それぞれ詳しく見ていきましょう。 ドコモユーザー ドコモは非常に単純です。 ドコモのセット割が適用されるのはドコモ光しかないからです。 良くも悪くも他に選択肢がありません。 名前に「ドコモ」がつく光回線を選べばそれでOKです。 強いていうなら、が他に比べてお得なキャンペーンを実施していることが多いのでオススメです。 ソフトバンクユーザー 光回線の中でソフトバンクのスマホのセット割が適用されるのは「ソフトバンク光」もしくは「NURO光」のどちらかです。 ちなみに回線速度はNURO光の方が速いんですが、いかんせん後発の光回線であるため、提供されているエリアが狭く、導入されている建物も少ないです。 auひかり(KDDI回線)• BIGLOBE光、So-net光、 nifty光(NTT回線)• コミュファ光、eo光、メガエッグ、Pikara、BBIQ(電力系回線) の3種類の回線に分類することが出来ます。 やはり同じauで統一するのが一番良いんですが、いかんせんKDDI回線を導入している建物は多くありません。 NTT回線しかない場合は、BIGLOBE光などを選びましょう。 また、auひかりはNTTに対抗して、地域の電力会社が既に敷設した光回線を傘下におさめることで提供エリアの拡大を図ってきました。 そのため、電力会社系の光回線のauのスマートバリューの対象になります。 auは色々と選択肢が多いスマホではあるんですが、まとめると• オススメのモバイルルーター モバイルルーターは工事不要でどこにでも持ち運びが出来るネット回線です。 モバイルルーターはざっくり「LTE回線」と「WiMAX回線」の2種類があります。 LTE回線は屋内での電波の掴みが良く、WiMAXは回線速度が速いという感じで一長一短です。 ずっと屋内でしか利用しないならLTE回線、外にも持ち運ぶ可能性があるならWiMAXという選び方でいいでしょう。 ちなみにモバイルルーターも色々あるので、選び方の参考までに、私のオススメをランキング形式で紹介させていただきます。 WiMAX 色々と選択肢を模索した結果、最終的に筆者が申し込んだのは WiMAXでした。 WiMAXはauの子会社であるUQコミュニケーションズが提供する通信サービスで、 下り最大708Mbpsの高速回線が使い放題です。 下り708Mbpってすごいですよね、モバイル回線なのに光回線に限りなく近い速度です。 なんなら集合住宅の光回線は夜間帯に速度が低下するので、WiMAXの方が早いケースも多々あります。 1日中自宅でネットを使用する筆者にとって一番重要なのは使い放題であるという点、続いて大事なのが回線速度ですが、これらを満たしているのはWiMAXしかありませんでした。 とは言えWiMAXにもデメリットがないわけではなく、LTEよりも提供エリアが狭いという点や、周波数の関係でLTEよりも屋内の電波が入りにくいっていう欠点があります。 ただ現状では筆者が住んでいるエリアはほぼ網羅していますし、室内でも光回線より圧倒的に速い速度でネットに繋がります。 文句なしですね。 ちなみにWiMAXと言っても色々な会社が売り出していますが、どこを選んでも速度の違いなどは無いので、キャッシュバック金額が大きいあたりをオススメします。 SoftbankAir ソフトバンクエアーはモバイル回線を利用していますが、持ち運びができない据え置きタイプなのでモバイルルーターではなく正式にはホームルーターという種別になります。 自宅に据え置くタイプのルーターではありますが、あくまでLTE回線を使うので光回線のような工事はいらず、コンセントに差し込むだけでネットに繋ぐことが出来ます。 ちなみにあえて持ち運びが出来ないという縛りを設けてホームルーターを選ぶメリットって何よ、ってところですが、ホームルーターは屋内での電波の掴みが非常に優秀です。 ワンルームだったらあんまり実感できないかもしれませんが、例えば扉や壁で複数の部屋が区切られているような間取りだったら特に効果を発揮します。 あと、ソフトバンクのスマホならセット割も適用されるのでソフトバンクユーザーなら特にオススメです。 を是非検討してみてください。 関連記事: 関連記事: 結論!結局どれがオススメ? 正直、建物自体にインターネット回線が導入されていようがいまいが、 モバイルルーターを利用することをオススメします。 筆者自身、毎回インターネット回線が導入されている賃貸物件に引っ越しをするようにしていますが、インターネットが無料だろうが有料だろうが毎回クソみたいな速度低下に悩まされ、最終的には結局モバイルルーターを契約しています。 結局のところ、光回線は「1回線1世帯」の一戸建てタイプが導入できる人だけが利用するべきなんです。 集合住宅の人は絶対に他の入居者と回線を分け合うことになるので、夜になると必ず回線が混み合い速度低下してしまいます。 それこそインターネットのコンテンツは日々大容量化しており、今や誰もが夜になればYouTubeやNetflixを見たりオンラインゲームをやったりしているわけです。 そんな人たちが沢山住んでいる建物で同じ回線を共同利用すればそりゃあ快適にインターネットなんてできません。 マンションやアパートに住んでいる人たちは、モバイルルーターやホームルーターを契約しましょう。

次の