並木 良和 年齢。 【急遽決定】6月21日(日)夏至ワークショップ2020年「最初のターニングポイント~サナギから蝶に生まれ変わる~」の開催とライブ配信について

「非難や批判は必要ない」並木良和が語る、自分が目醒めるための方法

並木 良和 年齢

【並木 良和(なみき よしかず)/プロフィール】 スピリチュアル・カウンセラー、作家。 2006年より神界と天使界の導きによりスピリチュアル・カウンセラーとして活動を始める。 宇宙の叡智やスピリットガイドたちと協働しながら「本来の自分」に一致して生きるための「統合 LDLA 」を伝え、本来の人間が持っている能力や生き方、そして目醒めた状態で人生を謳歌する「在り方」を、自らの体験を通して国内外を問わず世界に教示している。 即日満席となる講義やワークショップは、抜群のわかりやすさとその「人間性」から大勢の人を魅了し、師事を熱望する人が急上昇している。 現在は様々な執筆活動に加えて、「APIROS アピロス 」や、彼の能力を最大限に活かした講義と言われる資格スクール「SOFIA ソフィア 」にて次世代のリーダーの育成、多分野とのコラボレーション活動を行ない、分野の枠を越えて活躍の幅を拡大している。 【関連著書】 2015年、初著書『ほら起きて! 目醒まし時計が鳴ってるよ』 風雲舎 を出版。 2018年には、『みんな誰もが神様だった』 青林堂 、『目醒めへのパスポート 本当のあなたを憶い出す、5つの統合ワーク アネモネBOOKS 』 ビオ・マガジン の二作を刊行。 夏至前後の意味とは? 私たちができる今最大のワークを並木さんとともに致します。 多くの方々に参加していただきたいという気持ちを込めた料金設定としております。 さらに詳細はComing Soon! ウェビナーはご自宅でもどこでもネット環境さえあれば参加可能です。 並木さんの場合、場所を共有するということがとても大切なような気がしますが、参加したくても参加できない場合、チャンスを逃すのはとてももったいないです。 地方の方、お子さんのいる方、そして、安価で参加されたい方etc 多くの方に時間と情報を共有してもらい、2020年以降を「目覚めて生きる」ということを考えてみてもらいたいと思います。 当日のこの時間に参加不可能でも、開催から1週間、録画で聴講可能となります。 多くの方に参加してもらえることを心より願っております。

次の

並木良和Officialサイト

並木 良和 年齢

前々から、言われていた事ですが、 スピリチュアルな世界では、 アセンションと言う言葉が言われていました。 最初は、2012年を境に大きく変わると言われていましたが、 天地を揺るがすような事は、起きなかったと思います。 だけど、あれから、徐々に、 その流れは、始まっているように思います。 そもそも、アセンションとは、何か?と言う事ですが、 多くの人の話で、共通しているのは、 今までの地球よりも、平和で明るく、楽しい世界になっていくと言う事です。 だけど、その波動に同調できない人達との、分離も始まっている。 また、地球を浄化する為に、膿出し、アク出しが行われている。 今の現状の自分を見て、不平不満を思う言う事が多くないか? 不平不満を思う事が多くないか?問いかけてみてください。 思い当たる節があるのなら、まだ、アセンションは、出来ていないでしょう。 アセンションをすると言う事は、地球の浄化。 浄化されるには、人々の体内に溜め込んでいる色んな思い、 感情も、解放する必要があると思います。 アセンション前に、今日まで自分がやってきた、 過去の清算があるはずです。 アセンションは、その、プラスマイナスが、 ゼロになった状態の人から飛び立てるのかもしれない。 相変わらず、ネガティブいっぱいで生きている人達は、 アセンションする地球には、行けないでしょう。 2012年のアセンションがあったか、なかったか、 私には、分かりません。 分かりませんが、2020年も、 一つの境目なので、アセンション的な事は、あると思います。 だから、2012年、2020年、2022年と言うような感じで、 段階を得て、アセンションをしているような気がします。 一気に加速したら、地球の内部にいる多くの人間が適応できないと思います。 波動が違い過ぎれば、人間など、一瞬で消滅するかもしれません。 だから、いきなり大きすぎる波動上昇は、しない。 それが、今の、地球や宇宙の優しさなのでしょう。 前回、言われていたのが、2012年で、 一大イベントと言われていましたが、見えない世界の事はともかく、 見える世界としては、そこまでの一大イベントではなかったと私は、思いました。 だから、10年遅れの2022年に、持ち越された要素も、あると思います。 2022年が大きな節目になるのではないかと私は予想しています。 それを裏付ける証拠も何もないのですが、感覚として、そんな気がしています。 そして、アセンションとは、パラレルワールドへ、 移行する為の強化期間であるような気もします。 地球が二極化するとか、分離するなどと言われたりもしますが、 それぞれの持つ人の波長状態によって、行くべき世界が決まる。 ネガティブな要素が濃い人は、よりネガティブな地球へ。 ポジティブな要素が濃い人は、よりポジティブな地球へ。 だけど、似たり寄ったりの人達がいるので、 ネガティブな地球へ移行しても、それほど苦しくはないらしい。 むしろ、今までよりも、楽に思えるかもしれない。 勿論、ネガティブとポジティブな世界であれば、 当然の事ながら、ポジティブな地球の方が楽しい世界です。 だけど、今、楽しくない人は、楽しくない世界へ行き、 今、楽しい人は、楽しい世界へ行くようなものです。 だから、現状としては、分離をしても、それほど、 目の前の現実は、変わらないと思います。 だから、分離した地球に、移行しても、 移行したとは、すぐには、気づかないでしょう。 ネガティブな地球に行った人は、まず、気づかないと思います。 ポジティブな地球に行った人は、しばらく経つと、 周りにいる人達が、今までよりも、楽しくて明るい人達が多い。 ネガティブな要素が減ってきたり、段々、見当たらなくなって、 これは、もしかしたら、アセンションしたのかなぁと、 ポジティブな地球に移動したのかなぁと、 感覚的に分かったりする事もあると思います。 しかし、どちらの地球に行こうとも、自分にとって、 合わない人や嫌な人は、今までよりも全然、減っている。 だから、どちらでもいいんですね。 アセンションと言っても、今の延長なんです。 いきなり、ドカーンって上がらない。 いや、上がらない事もないですが、 ドカーンって上がるには、それだけ、 反対の要素である、ショッキングな出来事を、 ドカーンと受けて、勢いをつけないと無理が生じると思います。 それは、個人レベルでも、地球レベルでも、同じだと思います。 ポジティブな地球に行っても、 ネガティブな地球に行っても、 波動が違い過ぎる人は、消滅したかのように見えます。 もう、波動領域が違う人は、いないのです。 今まででも、その要素は、あったのですが、 その差が激しくなったのが、分離であると思います。 今、自分が抱えているモノの度合い。 ネガティブな要素が濃いか、 ポジティブな要素が濃いか、 これによって、行き先は、ほぼ、確定しているでしょう。 by どちらがいいとか、悪いではないですが、 ポジティブな地球の方が、楽しい濃度が濃いです。 今までよりも、出来る事の幅が広がります。 色んな能力も開花します。 今までよりも、 使える力の幅が広がります。 ネガティブな要素をたくさん抱え込んでいると、 人間が本来持っている能力の開花ができません。 だから、ネガティブな地球は、今の延長です。 延長ですが、綺麗事などを言う人が周りから消えるので、 そちらの世界は、そちらの世界の人達で楽になります。 だから、どっちに行っても、精神的な負担が軽くなるのです。 しかし、ネガティブな感情をたくさん抱え込みながら、 ポジティブな地球に行きたいと願う人もいるでしょう。 そうであれば、ネガティブな要素の克服が課題だと思います。 不平不満や、人を嫌味嫌ったり、怒ったり、 イライラしたりなどの、マイナス感情の克服。 人間だから、誰しもが持つ事だと思いますが、 その機会を段々と、減らしてく。 その事をいつまでも考えすぎない。 なるべくは、手放していくようにしてください。 マイナス的な思考から、パッと切り替えて、 楽しい事を考える思考の習慣付けが課題になると思います。 だけども、その事に気づくだけでも、随分と、波動が変わります。 高い波動は、軽い。 笑いとか、感謝とか、嬉しいとか、穏やかとか、 ぜんぶ、軽い波動です。 軽いから風船のように浮かぶんです。 軽いから、楽なんです。 軽いから天に近いんです。 自分の波動が、今、重いなぁと感じたら、 軽い方の波動になるように意識を向けてみてください。 アセンションとは、悪いものを出し尽くした後に、 そちらの世界に移行すると言う事だと思います。 2020年に、東京オリンピックがあります。 その時に、変化の予兆が起きるかもしれません。 アセンション2023年・・・ スピリチュアルな話では、今年、2019年、 来年、2020年がアセンションの年だと言っている人もいます。 しかし、それは、ゲートをくぐるとか、 目醒めるとかを明確に決めると言う 審判の時期でもあるそうです。 スピリチュアル大学の吉岡学さんは、 ご自身のブログで、「2023年 審判の日」と言う 記事を書かれています。 それは、恐ろしい内容も含んでいます。 しかし、それは、2010年に吉岡学さんに降りた啓示であるそうで、 今は、2019年なので、別のタイムラインに 変わっている可能性もあると思います。 また別の所では、2019年~2023年にかけて、 地球の浄化がより本格的に進むと言う事も言われています。 良き予言もあれば、悪き予言もあるのですが、 浄化と言う意味においては、どちらも同じであると思います。 本当に浄化し切って、地球が次なるステージに進む為には、 地球の内部を、すべて綺麗にする必要があるのでしょう。 そして、個人の心や魂も綺麗に祓い清める必要があるのでしょう。 だから、一見、とても恐ろしい出来事を見たり体験する事も、 もしかしたら、あるかのかもしれません。 だけど、それらは、 一時的な、苦しみであると思います。 それも、アセンションに向けて起きている事。 地球の分離、二極化などの話もありましたから、 2023年までに、個人レベルの事は、 自分で浄化しておかないと恐ろしい事になると言う、 戒めでもあると思います。 むしろ、2023年と言うのは、 2022年までアセンションをすると選択しなかった人の 最後のチャンス的な流れかもしれません。 だけど、年号は、確定的な事では、ないと思います。 最初は、2012年で大騒ぎしていたので、 そこから徐々にゆったり加速して今に至っていると思います。 だから10年後の2022年と言うのは助走期間も終わり、 スピードに乗って跳ね上がる時期だと思います。 2022年と2023年は、その波に乗れたか、 乗れていないかの分かれ目かもしれません。 2023年は、天下分け目のアセンション??? そして、2022年にアセンションの 波に乗れる人は、2022年2月22日に、 別次元に移動するかもしれません。 2022年2月と言えば、 2021年が終わってすぐなので、 残された時間は、少ないかもしれません。 しかし、それでは、 多くの人がまだまだ、 間に合わないと思うので、 2012年アセンションと 騒がれた時期よりは、厳しいかもしれませんが、 それほど、恐ろしいような事は、 起きないのではないか?と私は、思います。 だけども、敢えて恐ろしい事を言うのであれば、 日月神示とアセンションの話も共通項がありますね。 しかし、2020年とか2022年とか、 本当にすぐで近すぎて、実感できない人も多くいると思いますし、 結局、何も起きなかったじゃないかと感じる人も多いと思います。 今、焦りすぎている人の為に言っておくと、 目に見えて大きな違いが分かるようになるのは、 2032年、2033年が大きな節目だと言われています。 並木良和さんも今、目覚めた方がいいと話されていますが、 2020年に目覚めのゲートが、完全に閉じるわけではない。 徐々に小さくなり、後、10年ぐらいは、そのゲートは、開かれている。 だけど、そのゲートは、2020年を境に、だんだん小さくなる。 並木良和さんは、散々、目覚めについて語っていますが、 今は、目覚めか、眠りかを選択する時期で、 それが、安定化する時期は、 2032年、2033年だと言われています。 今は、目覚めると決めるだけでいい。 今、決めた方がいいようです。 そして、目覚めを決めた時に、足を引っ張るような人が出て来たり、 波動を下げるような出来事が起きたりもしますが、 そこを乗り越える事が課題になると言うか、 本当に目覚めますか?と言うお試しかもしれません。

次の

【急遽決定】6月21日(日)夏至ワークショップ2020年「最初のターニングポイント~サナギから蝶に生まれ変わる~」の開催とライブ配信について

並木 良和 年齢

スピリチュアルカウンセラーであり、 作家である並木良和さん。 最近のスピリチュアルな世界では、 話題の人でもあります。 1974年生れの方であるそうです。 立正大学卒業後、整体師になり、 スピリチュアルカウンセラーになられたそうです。 本などにも書かれてありますが、 小学生の頃に霊能力があり、 中村天風さんのお弟子さんでもあった、 船越富起子に並木さんは、弟子入りして、 霊能力を向上させたそうです。 並木良和さんの話では、 2018年~2020年にかけて、 私達の現実が大きく変わるそうです。 今は、大きな節目である。 今年、2019年は、 これから自分が、どう言う生き方をして行きたいか?を 明確にした方がいいそうです。 と同時に色んなモノを どれだけ手放せるか?と言う事も大切な年であるそうです。 今年は、人間関係や自分の思考など、必要のないモノを 手放せた人ほど、スムーズにスイスイ進める年であるそうです。 手放すのが辛い事もあると思います。 だけど、辛い事も手放した方がいいそうです。 古いモノを手放さないと新しいモノが入って来ない。 今までの地球は、波動が重かったので、 海の底に沈んでいるような状態だった。 それが今、どんどん波動が軽くなっているから浮上している。 海に浸かっている状態から、空に浮かぶような変化であるそうです。 だけど、自分自身が重い周波数を持ち、 錘を付けている状態であれば、 いつまで経っても海の底に沈んだまま。 空も飛べる状態であるのに、 自分で自分の波動を重くして浮かべない状態である。 だけども、波動が低い状態が悪くて、 高い状態が良いと言うわけでもない。 そもそも、宇宙的には、善悪など存在していない。 ピアノの音に高い低いがあるのと同じ事です。 2019年は、カルマも、たくさん出て来る年でもあるらしい。 それは、今、手放した方がいいから出てきている。 手放す事によって、次元上昇できる。 手放せば、手放すほどに、浮いていく。 そして、今年は、真実の年。 世の中の事も、個人レベルの事も、 自分の中の真実を大切にする年。 本質的な事に目覚めると頭を使わなくなる。 頭を使わずハートを使うようになる。 まずは、自分の直感を信じる事。 本当の自分と繋がり始めると、緊張しなくなる。 私達は、自分の意識で、すべての現実を創り出している。 私の周波数で、私の現実と言うスクリーンに投影している。 目覚めると自分の好きな周波数で、 自分の好きな現実を見る事が出来る。 不安や恐れなども、その周波数を 映像化(現実化)している。 だから、自分が、どのような周波数を出すかであります。 自分が出す周波数で、現実を、どうにでも出来るそうです。 宇宙の法則として、自分が発している周波数で、 その周波数と言う磁石で色々、引き寄せている。 今までは、陰と陽。 善と悪など、 分離したモノや対立したモノ。 対極にあるモノを見たり経験したくて、 そうなっていたそうですが、これからは、 それらのモノが、統合して行くようです。 今までは、地球全体が、眠っていた状態。 いよいよ地球が目覚める時になったようです。 既に、目覚めと呼ばれる体験を先にされて、 それを伝える役目の人が、 日本にも、世界にも、たくさん出てきています。 並木良和さんも、その中の1人です。 今は、宇宙と地球が近づいている状態。 今は、宇宙がバックアップしてくれているので、 自分が生きたいと思う、生き方がしやすくなっているそうです。 そして、目覚めない人達は、今よりも、 ますます苦しくなったりするらしい。 だから、目覚めると決めた方がいいらしいです。 目覚める為には、不安などの周波数も手放した方がいいらしい。 むしろ、手放さないと目覚めなど体験しないそうで、 自分にとって心地良くないモノは、 どんどん手放した方が、いいらしい。 地球は、光の世界に変わりつつあるのですが、 それに反対する勢力もあるそうで、 高次元の世界でも光と闇の戦いがあったりもしたそうです。 それは、私達が今いる現実世界においても同じ事で、 自分の波動が上がろうとしている時に、 それを下げようとする人や出来事が現れる事もあったりで、 目覚めを邪魔する勢力もあるようです。 しかし、今は、それらの勢力が音を立てて崩れているような状態。 色々、過去のモノなども崩壊しています。 それは、今、現実的に、世の中ので起きている事を見て、 分かる事も結構あったりします。 そして、自分の周波数で自分の現実を創っているのだから、 例えば、仕事で成功すると言う周波数を出せば成功する。 そうなっていないのは、その周波数を出していないから。 自分が自分の意識で創りたい現実を創造すればいい。 以前、紹介したコバシャールさんも、 自分が心で感じた事をハイヤーセルフが感じ取り、 そのまんま、現実に投影させていると言う事を言っていたと思います。 また、並木良和さんは、天国や地獄は、存在しないと言います。 だけど、あの世では、波長の法則で、 周りが自分と同じような人ばかりの状態なので、 地獄のように感じる場所もあると言う事であるそうです。 地獄のような環境に行くのは、重い意識を持っているから。 だから、生きている間に、いかに、 この重い意識を外して行くと言う事も大切であるそうです。 意識とは、バイブレーション。 周波数であります。 それは、生きている間も同じであります。 バイブレーションが変わらなければ、現実も変わらない。 同じ周波数でいれば、何度も同じ事が繰り返される。 自分の中のフィルムが変われば、現実が変わる。 よく、人に、人は、変えられないと言いますが、 変えられるのは、自分のフィルムであります。 バイブレーションが先で現実が後。 波動が先で現実が後。 思考が先で現実が後。 自分が先に創ったから、 自分が先に放ったから、 そのような現実を経験したに過ぎません。 ラジオも周波数を合わせるから聞こえる。 現実も周波数を合わせているから、 その現実を見て体験している。 自分のバイブレーションとして持っていない事を 体験する事は、ないそうです。 病気も、その周波数に合っているからなる。 周波数を変えれば、その病気も治る。 人に対してイライラしたりするのも、 相手と同じ周波数でいるからです。 私が、その周波数に合わせているからです。 2015年以降、ポジティブとネガティブの 二極化が徐々に始まって、今までは、 ポジティブ列車、ネガティブ列車が、 平行して走っていた状態で、 どちらの列車にも乗換えが可能でしたが、 これからは、その幅が広がりすぎて、 ポジティブ、ネガティブの行き来が難しくなるらしい。 厄年と言うのも、本当は、役年で、 自分のお役目の年であると言う事を、 並木良和さんは、言っています。 この事が、本当だろうが、嘘だろうが、 このような捉え方をした方が、 心の持ちようが前向きになると思います。 今は、地球に光のエネルギーが溢れている。 だけど、光が溢れれば、影の部分が浮き彫りになる。 今、しばらくは、その影の部分を見たりする事もあるでしょう。 そこから、目をそむけない事も大切であるようです。 影とは、闇の部分や汚い部分。 それらは、洗い流す為に出ているようです。 光が満ち溢れるほど、影の部分も出て来る。 それは、個人レベルの事も地球レベルの事も同じです。 私達の意識の変化は、地球と連動している。 今、地球が次元上昇していると言う事は、 人々の意識レベルが上がってきた何よりもの証拠だと思います。 人は、魂レベルの深いところでは、 過去世などの色んな事を記憶している。 過去の諸々の過ちなども刻まれている。 その話の中では、伝えてはならない 部分もあるそうですが、 だからこそ、人は、まだまだ、 もっと上昇しないと行けないと言うような事も、 並木さんは、伝えています。 どのような非業の死を遂げたとしても、 それは、その人にとっての寿命であった。 魂にとってカルマの解消をさせたかった場合もある。 悲惨と思える体験も、魂が、 それを乗り越えて先に進む為に経験している。 また、並木さんの話では、人類は、木星に住んでいた事もあるらしい。 地球は、ある意味、学びの場。 学校で行ったら小学校のような所。 今、地球人は、小学校からの卒業を迎える人が多いそうです。 猿は、異性人達が自らの奴隷として 作ったと言う経緯があるそうです。 だから、言葉を喋れるようにしなかった。 人間も、DNA操作などをされて作られたそうですが、 並木さんが言うには、人間の直接の先祖と言うのは、恐竜になるそうです。 だから、昔は、しっぽが生えている人間もいたそうです。 地球を進化させていく意思が見られないモノは、滅んだ。 他にも今とは違う形態の人間もいたそうですが、滅んだ。 私達は、神や宇宙人から、ある種、見込まれたから、 今、こうして生きているそうです。 地球は、今までは、宇宙連合から鎖国されていたような状態で 今、ようやく、宇宙連合に迎え入れられようとしているそうです。 と同時に、ここ20年の間に、色んな宇宙生命体を 心地良く迎え入れる事を地球人には、求められているらしいです。 2019年は、地球のエネルギーが上昇しているので、 過去の時間軸の延長線上の現実ではなく、 いきなり、過去とは、天と地ほど違う所から、 スタートを切れる年でもあるそうです。 だから、自分がやりたい事や、 生きたい生き方を明確にした方がいいみたいですね。 今回は、こんな素敵な話をされている並木さんの本を読んでみました。 人類は、今、目覚めのサイクルと言う大きな転換期を迎えているそうで、 その為にも、頭ではなく、ハートで生きた方がいいようで、 目覚めれば、頭を使わず、ハートで、色んな事が出来るようになる。 レムリアやアトランティスの時代も、 人類が目覚める大きな節目であったそうです。 だけど、多くの人は、目覚めを経験する事を選ばなかった。 だから、あの文明は、滅び、大陸も沈んだそうです。 今、目覚めの時を迎えていると言う事は、 あの時代と同じような大きな節目、転換期を迎えているのだと思います。 私達の本当の意識では、思った事が、即座に現実になる。 イエス・キリストのような事を誰もが出来るという事です。 地球人は、今こそ、深い眠りから目を醒ます時期であるらしい。 どうしたら目覚めれるか? 高波動になれるか? それは、簡単に言えば、 ネガティブな重りを、 どんどん外して行く事であるそうです。 元々、人は、ネガティブ要素など一切持っていなかった。 その世界で退屈して、ネガティブ要素が、いっぱいある 地球と言う遊び場で遊んでいた。 だけど、遊びも、もう終わり。 ネガティブがない本当の世界へ、 そろそろ行きますよと言うのが アセンションなのかなぁと言う事を この本を読みながら感じました。 そして、本当の自分に戻れば、 ネガティブを体験する事も、ないそうです。 私の個人的な感想としては、ネガティブを 感じなくなるのかなぁと思いましたが、 そうではなくて、ネガティブを、 まったく体験できなくなるそうです。 そして、重大な事だと思いますが、 2021年になると、もう、 目覚める事は、非常に難しくなるそうです。 今、地球は、3次元世界から 5次元世界への移行をしている最中であり、 こんな事は、他の惑星でも滅多にない事であるそうです。 ハイペースで上昇しようとするには、 ハイペースで浄化する必要がある。 それを私達は、今、求められているようです。 自分の現実に起きる事は、 すべて自分の意識が創っているわけですから、 誰かのせいには、1ミリもしない事。 すべて、100%自己責任なのが現実です。 私の意識で現実と言うスクリーンに映しています。 自分が使っている周波数が大切で、 自分が使っている周波数による現実を創っている。 周波数が低ければ、ネガティブな現実になるでしょう。 周波数が高ければ、ポジティブな現実になるでしょう。 フィルムをセットして、それを現実として映像化している。 すべての根源は、自分の周波数と言うフィルム。 その周波数を自分が放っていたから、その現実を体験しました。 だから、自分にとって心地良くないモノ。 その重りを外して、どんどん軽くなりましょう。 目を醒ませば、自分の周波数で、 すべてが自由自在。 思うがままになる。 今、使っている周波数を手放す。 これで、目覚めへと加速するそうです。 目覚めを体験してみたいと 少しでも、思っている方は、 この本を読まれたり、 並木さんの動画を見られる事をお薦めします。 by 意識レベルで一人の人が目醒めると、 2万人ぐらいの人の意識に影響を与えるそうです。 だから一人の目醒めは、 自分ひとりだけの為では、ないのですね。 私達は、体験するバイブレーションを 持っている事しか体験しない。 周波数が同じだから感じるし、見えるし、聞こえる。 そこにチャンネルが合っていなければ、 映らないし聞こえないし感じない。 並木良和さんの事を現代のキリストと呼ぶ人もいるらしい。 だけど、並木さんは、言います。 私に出来る事は、 誰もが自分で出来る事。 キリストと同じ事を言っています。 2019年3月2日(土)に、 定員が1000人のイベントがあるそうですが、 もう既に、満席らしくキャンセル待ち状態であるそうです。 一人分の参加費が21,600円なので、 これが、何の作為もないとしたら、 並木さんの人気や影響力は、凄まじいものがあると思います。 また、並木さんは、 松果体やら体の為に、 アルカリイオン水を飲む事を お薦めしているそうです。 【お金の話】 すべての現実は、私の内面の反映です。 お金に対しての、無価値感、罪悪感を抜いてしまえば、 誰もが、豊かな生活になる事が出来るそうです。 逆に言えば、お金がないとか、 豊かになれないというのは、 自分に対して、お金に対して、 無価値感や罪悪感を感じていると言う事です。 貧しい国の人も、自分の内面を見て、 選択を変えれば、貧しくなくなる。 豊かさと言う周波数にチャンネルを合わせれば、 豊かにならざるを得ない。 世界中が大不況になろうとも、 自分一人だけが豊かになる事も出来る。 何故なら、私は、私の周波数で、 現実世界に投影して体験している。 その事を分からないようにして来たのが、 今までの世界でありました。 最近は、このような情報を伝える人達も増えて、 そのような情報も世界的に見れば、 まだ、一部かもしれませんが、 このような情報に触れ、 自分の現実を変える人達も増え始めています。 だけど、従来の価値観が邪魔をして、 このような情報に触れながらも、 従来のままの現実を生きている人達も、また多い。 すべては、私次第である。 外側は、関係が、ないのです。 私が、私の現実を創っています。 私が私の周波数で映し出したのが現実です。 豊かな周波数を使っていれば、 豊かな現実を体験せざるを得ないと言う事です。 TVのチャンネルを選択するように、 豊かな現実と言うチャンネルを選んでいるのだから、 その現実が映るのが当たり前なのですよね。 豊かな現実を体験していないとしたら、 まだ、豊かな周波数になっていないと言う事です。 少し古い世代の方であれば、 おでこに、ビデオテープを入れて、 現実世界に再生していると思えば、いいかもしれません。 若い世代の方も、 おでこに、DVDを入れて、 現実に再生していると思えば、いいかもしれない。 周波数が投影して現実化するのですが、 例えば、豊かな周波数30%で貧しい周波数70%であれば、 その通りの現実を投影する事になるでしょう。 意識が、周波数が、 変わっていないと、 どれだけ、テクニックを学んでも、 お金を得る事は、出来ない。 逆に言えば、意識や、周波数が、 変わっていれば、 テクニックを知らなくても、 お金を得る事が、出来る。 重要な事は、外側ではなく、 内側である、自分自身に、 100%意識を向けると言う事。 内側の自分から、豊かな波動を出せばいい。 この動画では、結構、お金の話をされていました。 今すぐに出来る簡単な金運アップの方法は、 宇宙からエメラルドグリーンの光を受け取ってハートに入れる。 私達のハートは、エメラルドグリーンで出来ているそうです。 招金香を財布の中に入れる。 財布も可能な限りは、高価な物を使った方がいいらしい。 【分離・二極化の話】 並木良和さんの話だと、 ブラックホールの反対には、 ホワイトホールがあるそうです。 ホワイトホールは、科学的には、 証明されていないのですが、 私達は、時期が来ると一旦、 ブラックホールに皆、吸い込まれ、 別次元に行くそうです。 ブラックホールが吸い込み口。 ホワイトホールは、吐き出し口。 ぞれぞれの人が、新しい世界へと吐き出される。 それが、分離、二極化、シフトと 呼ばれる事の正体であるらしい。 私の解釈では、私達は、 吸い込まれるとは、分からずに、 ブラックホールの中を通過するような気がします。 並木良和さんの話でも、 私達の意識が眠っている間に、 そのゲートを通り抜ける と言うような事を言われていました。 【最後に】 並木良和さんの情報は、 確かに素晴らしいと思いますが、 彼が伝える統合の方法が、 唯一、絶対の方法では、ないと思いますし、 どうしても、イメージが出来ない人もいるでしょう。 (私もイメージは、苦手です。 ) 目覚める為に、時間がないと言う事にも、 あせったり、恐れたりすると、 それが逆効果になる事もあると思います。 だから、何があっても、大丈夫。 この気持ちも、大切だと思います。 しかし、並木さんに言わせれば、 その、焦りや、不安、恐れの気持ちを 手放せばいいと言う事であるそうです。 また、並木さんの話ではないですが、 今世では、眠り続ける事を 敢えて選択している魂の人もいるそうです。 そして、波動は、音だと並木さんは、言っていました。 色んな人の発言や文章や声から音(波動)は、出ている。 その音を観たり聞いたりすれば、真実が分かる。 最近、並木さんの新しい本を読ませて頂きましたが、 心と体の浄化にエプソムソルトをお薦めすると 言う事を言われていましたので、私も近いうちに 試してみようと思っています。

次の