アップル 株価。 【AAPL】アップルの株価・配当金の推移と銘柄分析

【AAPL】アップルの株価と決算、配当

アップル 株価

去年、 iPhone11シリーズが大ヒット。 2018年に、アップルの株価は一時140ドル台まで低迷していましたが、 iPhone11シリーズの大ヒットにより327ドルまで株価は上昇。 時価総額は1兆ドルを超え、世界一位となりました。 iPhoneは高価格ですが、シンプルなデザイン・操作性で高機能なのが特徴です。 スマートフォーンは、年々、私たちの生活に密接になっています。 そのため、 一日に大部分を共に過ごすのであれば、高価格でも機能性の高い製品を求めるユーザーが増加しているのです。 特に、 iPhone11Proは、カメラ機能が素晴らしく手軽にキレイな写真が撮れます。 最近はSNSで写真を公開する人が増えているため、iPhone11Proは、大ヒットしたのです。 iPhoneのデザインは美しい サービス・ウェアラブル事業の高成長 アップルの成長ドライバーとなっているのが、サービス事業とウェアラブル事業です。 直近の決算で確認した、 サービス事業の売上は前年比17%増加し、 売上高全体の13%を占めるまでになりました。 直近の決算で確認した ウェアラブル事業の伸びは、前年比44%も増加。 Apple Watchは、昨年、世界で最も販売された時計となりました。 アップルは、 世界に15億台以上のアクティブiOSデバイスを保有しています。 これらのデバイスがサービス・ウェアラブルの利用を拡大することにより、アップルの業績を大きく押し上げることになります。 株主還元の高さ アップルの 自社株買いによる株主還元は驚異的です。 2012年に開始した自社株買いにより、 発行済み株式数は、ピーク時から3割も減りました。 また、アップルは ネットキャッシュ 実質的な手元資金 を0にするという目標を立てています。 直近の決算発表で確認した アップルのネットキャッシュは990億ドル 約10兆円。 来月、発表される決算では、株主還元の動向にも期待が集まっています。

次の

【アップル(AAPL)】今、投資すべき3つの理由|モモの株式投資

アップル 株価

[AAPL]配当利回り [AAPL]アップルの 配当利回りは、 0.9%(税引き前)です。 税引き後の配当利回りは、 0. 9(米国内)= 0. 65% となります。 [AAPL]配当性向 [AAPL]アップルの 配当性向は、 24%です。 [AAPL]配当金・支払い頻度 [AAPL]アップルの 配当金・支払い頻度です。 配当金(年間) [AAPL]アップルの 直近1年間の配当金は、 3.08ドルです。 配当金の支払い頻度 [AAPL]アップルの 配当金支払い頻度は、 年4回(3か月ごと)です。 [AAPL]配当金の権利確定月・配当支払い月 配当金の権利確定月・権利確定日 [AAPL]アップルの 配当金の権利確定月は、 2月・5月・8月・11月です。 配当金の支払い月・支払い日 [AAPL]アップルの 配当金の支払い月は、 2月・5月・8月・11月です。 [AAPL]株価・配当金まとめ 株価 343.99ドル 年間配当金 3.08ドル 利回り (税引き前) 0.9% (税引き後) 0.65% 配当性向 24% 権利確定月 2月・5月・8月・11月 配当金支払い月 2月・5月・8月・11月 ( 2020/06/10時点) [AAPL]配当利回り推移 [AAPL]アップルの過去の 配当利回りの推移です。 [AAPL]配当金支払い実績 [AAPL]アップルの過去の 配当金の推移です。 (税引き前) [AAPL]増配状況 [AAPL]アップルの 配当金の増配状況です。 連続増配年数は、 7年間です。 5年前、10年前、15年前と比較した配当の増配状況は、次のとおりです。 (今年=100) 増配率 対15年前 対10年前 対5年前 今年 0 0 239 100 [AAPL] 最新情報(Dividend. com) [AAPL]アップルの 最新情報は、 でも調べることができます。 >(Dividend. comのページへ) Dividend. comは英語のサイトですが、使い方は でも解説しています。 海外株式の取引でおすすめの証券会社 海外株式(米国)の購入は、 SBI証券が一番使いやすいと思います。 (素人の手作り感が満載ですが) いけやん自身も 会社の給料だけに依存しない 配当生活を目指して、日々投資をがんばっています。 株式投資は、初めはとっつきにくいですが、 少しでも早く始めた人が有利なゲームです。 そして、投資の勝ち負けに「絶対」はありませんが、 失敗の可能性を下げる情報を集めることは大切だと思います。 このサイトが、 株式投資を始めよう・続けようとしている方に向けて、少しでも 有益な情報を提供できるよう、がんばります! <こちらもどうぞ>.

次の

アップル(AAPL)の株価が割安な時の見分け方|配当・決算データまとめ

アップル 株価

, , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• 米国株 アップル アップルの日足チャートです。 移動平均線大循環分析でみれば現在、第1ステージで綺麗にステージが変化しています。 移動平均線大循環分析では、第1ステージで「買い」、第4ステージで「売り」を狙います。 上級編では大循環MACDを使います。 第1ステージから一つ早い第6ステージで仕掛けます。 そのときに大循環MACDの3本が右肩上がりになっていることが条件です。 ここでMACDをおさらいしましょう。 MACDは(短期EMAー長期EMA)です。 これだけみると難しく感じますが、短期移動平均線と長期移動平均線の2本の移動平均線の間隔をみているのがMACDなのです。 トレンドに勢いがあるところは、2本の移動平均線の間隔が広がっていきます。 トレンドの勢いが弱くなってくると、2本の移動平均線の間隔が狭くなっていき... 2019年3月23日午前1時の分析 上記は米国株の代表選手「アップル(AAPL)」の日足チャート。 2018年の7月から2019年3月23日まで表示している。 米国株は総じて動きがわかりやすくトレンドが出やすい。 第1ステージがから順に正順で推移しているのがわかると思うが、 このようにきれいな動きをしているときが一番取りやすい状態である。 日本の証券会社には米国株の空売りが出来るところがないが、もし、空売りも出来たなら、買いも売りも取りやすいだろう。 チャートの下部に表示されている大マク(大循環MACD)の構造を解説したい。 MACD1、MACD2、MACD3とパラメーターの違う3つのMACDを表示している。 MACD1=5日EMA-20日EMA MACD2=5日EMA-40日EMA MACD3=20日EMA-4... Apple社は、モバイルおよびメディアデバイス、パーソナルコンピュータ、ポータブルデジタル音楽プレーヤーを設計、製造、販売しています。 Appleが販売するのは、ソフトウェア、サービス、アクセサリー、ネットワークソリューション、および第三者のデジタルコンテンツとアプリケーションです。 事業セグメントには、アメリカ、ヨーロッパ、中華圏、日本、その他アジア太平洋地域があります。 アメリカセグメントには、北米と南米、欧州セグメントには、欧州諸国とインド、中東、アフリカが含まれています。 中華圏には、中国、香港、台湾が含まれており、その他のアジア太平洋地域セグメントには、オーストラリアと他の事業セグメントに含まれていないアジア諸国が含まれています。 Appleの製品とサービスには、iPhone、iPad、Mac、iPod、Apple Watch、Apple TVや、コンシューマーおよびプロフェッショナル向けソフトウェアアプリケーション、iPhone OS iOS 、OS X、watchOSといったオペレーティングシステム、iCloud、Apple Pay、各種アクセサリー、サービスとサポートの提供があります。

次の