イーサネット に は 有効 な ip 構成 が ありません。 Windows10でネットに繋がらなくなって大変でした。

イーサネットには有効な ip 構成がありません

イーサネット に は 有効 な ip 構成 が ありません

Windowsについての記事です。 Windows8を使っていてIPアドレスが取得できないという問題について調べてみました。 ネットワークの設定確認 まずはパソコンのIPアドレスの取得方法や設定などを確認していきます。 PCの設定がどのようになっているのか見ていくことで状況を判断していきます。 コントロールパネルからネットワークと共有センター、アダプターの設定の変更をクリックします。 ネットワーク接続の画面が表示されます。 イーサネットやWi-Fi等のアイコンが表示されます。 LANケーブルがPCに接続されていてルータ等のネットワーク機器と繋いであり、且つお互いに疎通が取れていればイーサネットの項目がカラーで表示されます。 疎通が取れていない場合はグレー表示になります。 疎通が取れていない場合はLANケーブルがしっかり挿さっていないか、LANポートがおかしくなっているか、NICが正常に動作していないか等の理由が考えられます。 何もアイコンが表示されていない場合はパソコンにNICが認識されていない状態です。 NICのドライバがインストールされているか確認が必要です。 イーサネットの項目をダブルクリックします。 イーサネットの状態 イーサネットの状態ではパソコンのIPアドレスの取得方法やその値などを見ることができます。 接続の項目の中にあるIPv4接続にはインターネットアクセスなしという表示になっています。 これはネットワークには接続されているがインターネットに接続できない事を示しています。 この場合デフォルトゲートウェイルータにPPPoE接続の設定がされていない事が考えられます。 この時点でパソコンは他の機器と疎通が取れているということになりNICやそのドライバは正常に動作している事やLANケーブルにも問題がなさそうだなと判断できます。 詳しく見ていくために詳細ボタンをクリックします。 ネットワーク接続の詳細 イーサネットの接続の詳細が表示されます。 169. 254. 72というIPアドレスはパソコンがDHCPサーバからIPアドレスを取得する設定になっているのにも関わらず、そのIPアドレスがうまく取得できない時にパソコン側で自動的にIPアドレスを作っている状態を示しています。 同様にIPv4デフォルトゲートウェイとIPv4DNSサーバのアドレスも空欄になってしまっています。 これはAPIPA Automatic Private IP Addressing という機能が働いてDHCPサーバーからのアドレスの割り当てが何らかの理由により失敗したときに、自動的にIPアドレスを割り当てる機能が働いている状態です。 リンクローカルアドレス IPv4では、既定の状態はDHCPサーバからIPアドレスを自動的に取得する動的構成の設定になっています。 DHCPを使用して動的構成を行う際、クライアント側にこの動的構成の設定がされているにもかかわらず、DHCPサーバがなかったり、うまく適用されないなどの状況にある場合は、APIPA(Automatic Private IP Addressing)という仕組みを用いて、169. 254. もし、IPv4アドレスに169. 254. xxx. xxxの数値を取得していた場合はAPIPAという機能が働いている状態だと認識します。 この状態ではこのネットワーク 169. 254. xxx. 家庭内で利用する大抵のルータに備わっているDHCPという機能を使って169. 254. xxx. xxxにならないようにする必要があります。 家庭内や組織で使用する主なIPアドレスは192. 168. xxx. xxxや172. xxx. xxx~172. xxx. xxxもしくは10. xxx. xxx. xxxのプライベートIPアドレスと呼ばれる範囲が利用されています。 DHCPの機能でIPv4アドレスに正常な値が必要になるということです。 状況診断 試しにネットワーク診断というWindowsがネットワークの状態を診断してトラブルシューティングを自動的にしてくれる機能があるので試してみます。 見つかった問題に イーサネットには有効なIP構成がありませんと表示されました。 この説明からするとイーサネットで使用するNICにIPアドレスが設定されていませんという事を示しています。 IPアドレスは通常ルータ等にあるDHCPサーバから取得するか、自分でIPアドレスを割り当てて固定して使うようになっています。 同様にWi-FiでもIPアドレスが取得できていない場合は Wi-Fiには有効なIP構成がありませんと表示されます。 デスクトップからビックリマークで表示されているネットワークのアイコンをクリックします。 ネットワークの状態を確認すると 制限ありという表示になってしまっています。 このような時はLANケーブルを挿し直してみたり、LANケーブルを交換してみたり、ルータを再起動等試せるところから確認していきます。 一通り試してみるとIPアドレスを取得してネットワークが 接続済みという表示になりインターネットの接続が出来るようになりました。 WindowsのIPアドレス取得までのフロー 何故WindowsがAPIPAアドレスを取得し「自動構成」になってしまうのか、そうなるまでの流れを説明していきます。 この流れがわかれば「どこにネットワークのトラブルが起きているのか」問題の切り分けがしやすくなると思います。 ネットワークを起動 PCの電源が入り、WindowsがNICを認識した状態です。 NICが正常に動作している状態です。 静的構成 IPアドレスを固定した設定 静的構成 になっているか -----------YES 固定設定されたIPアドレスを取得します。 NO DHCPサーバが同じネットワークセグメント内にあるか確認しに行きます。 WindowsがDHCPに対してIPアドレスの要求をします。 -----------YES DHCPとの疎通に成功しDHCPが正常に動作している場合DHCPから割り振られたIPアドレスを取得します。 NO 「代替の構成」があるか 「代替の構成」にIPアドレスの設定があるか確認します。 -----------YES 「代替の構成」で設定したIPアドレスを使用します。 NO APIPAによるIPアドレス構成 IPアドレスが設定されていないと判断し、Windows自身が自動的に割り振り「169. 254. x」の値を取得します。 IPアドレスの取得がうまくいかない時に試しておきたい事 イーサネットには有効なIP構成がありませんという表示の時に確認しておきたい項目を挙げておきます。 こういうネットワークトラブルの場合はどこに問題が起きているのか切り分けていく事が重要です。 ルータに問題があるのか、パソコンに問題があるのか、パソコンのハードウェアに問題があるのか、パソコンのネットワークの設定に問題があるのか、ケーブルに問題があるのか色々な要素が相まってインターネットに接続できていますので一つ一つ試して見ていくと切り分けしやすいです。 稀に問題の切り分けをしても答えがでないこともあります。 結構基本的な事が抜けていたりすることもあります。 ケーブルがしっかり繋がっていなかった等orz• Wi-Fiで使用している場合接続しているネットワーク SSID が正しいネットワークか• Wi-Fiで使用している場合有線接続でも同じ症状になるのか• ルータのDHCPサーバ機能が動作しているか• デフォルトゲートウェイルータにPPPoE設定がされているか• LANケーブルがしっかり繋がっているか• LANケーブルが束ねてある場合は解してみる• ルータの電源ケーブルが束ねてある場合は解してみる• NICが正常に動作しているか• NICのドライバがインストールされているのか• NICの機能が有効になっているのか• 可能であれば他のLANポートに接続して同じ症状になるのか• 他のパソコンでも同じ症状になるのか• ルータを交換して同じ症状になるのか• ルータのランプ状態は正常か• LANケーブルを交換して同じ症状になるのか• PCのファイアーウォール機能を無効にしても同じ症状になるのか• セキュリティソフトの機能を疑ってみる• ルータを再起動して直るか• PCの再起動をして直るか また上記を試してもうまくいかない場合はネットワークサービスを提供する接続事業者のトラブルの可能性もあります。 インターネットサービスプロバイダやNTTの回線の料金の支払いが滞ってしまい回線を止められてしまっている事も往々にしてある事ですので連絡をして問い合わせる事も大事な事です。 もう一度イーサネットの状態を確認していきます。 IPv4接続を見てみるとインターネットという表示に切り替わりました。 先ほどIPアドレスを取得できていない状態のときはインターネットアクセスなしの表示でした。 インターネットという表示になっていればインターネットにアクセスできますという状態です。 もう少し詳しく見てくので詳細ボタンをクリックします。

次の

Windows10で 構成がありませんと表示される

イーサネット に は 有効 な ip 構成 が ありません

' イーサネットに有効なIP構成がありません'は、イーサネットケーブルを介してモデムまたはルーターに接続されているネットワークインターフェイスカード(NIC)が、有効なIP(インターネットプロトコル)アドレスを見つけられなかった場合に発生します。 これは、システムがルーターを使用してインターネットに接続し、インターネット経由で機能するために必要です。 最初にこの問題に遭遇する理由はさまざまです。 これは、ルーターの損傷、システムに割り当てられた不正なIPアドレス、障害のあるNICなどです。 Windowsのトラブルシューティングツールを実行した後に「イーサネットに有効なIP構成がない」というエラーが発生した場合は、心配しないでください。 この記事では、この問題を修正するために使用できるさまざまなソリューションについて説明します。 だから、修正するための最良のソリューションから始めましょう ' イーサネットに有効なIP構成がありません'問題。 「イーサネットに有効なIP構成がない」エラーを修正するためのさまざまなソリューション PS:また、 そして最高. システムを再起動します 高速起動は重要な機能であり、起動時間を短縮してシステムのキャッシュまたはメモリから起動する設定を読み込むために特別に設計されています。 ほとんどのユーザーは、システムの再起動時に「イーサネットに有効なIP構成がない」という問題を解決でき、この高速起動機能を無効にすると主張しました。 間違いなく、この機能を無効にすることは問題を修正するための効果的な解決策です。 ただし、この機能により、「高速起動」機能が完全に失われる可能性があります。 これを無効にするには、次の手順に従います。 タブを右タップ ' [スタート]メニュー'WinXウィンドウを開く• 次に、「」を選択します 電源オプション' これから WinXメニュー. では、「 それは現在お取り扱いできません設定の変更]を持っています'オプション。 'のチェックボックスをオフにします 高速起動をオンにする'を無効にするには 高速スタートアップ'機能• を選択してください ' 変更を保存します'• 今、すべてを閉じます システム設定 や システムを再起動します. その上、トップはここをクリックしてください Android向け。 その後、「 ネットワーク接続'• 次に、ネットワークアダプターを右タップします。 次に、「 プロパティ。 タブをタップ ' インストール。 次に、 'を選択してください 実験概要'そして、'を選択します 追加。 オプションを選択してください ' 信頼性の高いマルチキャストプロトコル'を押します OK プロトコルのインストール用。 最後に、Wi-Fiまたはイーサネットを再接続して、「イーサネットに有効なIP構成がない」という問題が解決したかどうかを確認する必要があります。 その後、約XNUMX分待ってから、ルーターの電源を入れます。 ここで、「イーサネットに有効なIP構成がない」エラーが引き続き表示されるかどうかをシステムを確認します。 しばらく待ってから、それが正常に機能し、正しい構成を備えているかどうかを確認します。 それでも問題が解決しない場合は、システムを別のルーターに接続してみてください。 この他のルーターでも同じ問題が発生した場合は、ネットワークカードを交換する必要があります。 他のルーターが正常に機能する場合は、ルーターを交換する必要があります。 交換する前に、工場出荷時の状態に戻すことが重要です。 これについては、製造元が提供するガイドを確認して、工場出荷時のリセットマニュアルに従ってください。 txt netsh winsockリセット• 設定をリセットしたら、コンピュータを起動する必要があります。 次に、 'を選択してください ネットワークと共有センター'および' アダプターの設定の変更'画面の左側にあります。 オプションを選択するには、イーサネットハードウェアを右タップします ' 無効にします」 完了したら、もう一度右タップして「 有効にします。 最後に、PCを再起動して、問題が引き続き発生するかどうかを確認します。 接続されたTPをルーターに、またPA511をシステムに切り替えることができることに注意してください。 イーサネットワイヤを接続すると、常に「 クリック'ノイズ。 完了すると、デバイスが瞬時に点滅し、ワイヤーが正しく接続されていることを示します。 これは、家をインターネットに接続するプライマリケーブルにも当てはまります。 これは、インターネットサービスプロバイダーが通常設置するケーブルです。 他のデバイスがインターネットに接続していないかどうかを確認できるもうXNUMXつのこと。 その場合は、システムに問題はありません。 ネットワークアダプタードライバーを再インストールします。 システムに適したネットワークカードドライバーを探すには、製造元のWebサイトを参照するのが最適です。 ドライバーを手動で更新するコンピューターのスキルや忍耐力がない場合は、Driver Easyを使用して自動的に更新してください。 このツールはシステムを自動的に認識し、システムに適したドライバーを探します。 このようにして、ドライバーのインストール時にミスを犯したり、間違ったドライバーをダウンロードしてシステムを危険にさらしたりすることはありません。 ドライバを自動的に更新するには、次を使用できます の無料版またはPro版。 Proバージョンを使用すると、30回クリックするだけでドライバーをインストールできます。 最良の部分は、ツールが機能しない場合、XNUMX日間の返金の課題を備えていることです。 これを行うには、次の手順に従います。 Driver Easyをダウンロードして、同じものをインストールします。 プログラムを起動し、タブをタップします ' 今すぐスキャン」 アプリケーションはコンピューターをスキャンし、問題のあるドライバーを探します。 タップする ' アップデイト'フォールトカードデバイスの横にあり、自動的にダウンロードして適切なドライバーのバージョンをインストールします。 Driver Easyの無料版を使って行うことができます。 または、「 すべて更新'現在のすべてのドライバーの正しいバージョンを自動的にダウンロードするため。 このプロセスを実行するには、Proバージョンが必要です。 ここで、「イーサネットに有効なIP構成がない」という問題が解決されたかどうかを確認します。 ネットワークアダプターの設定を変更する ネットワーク設定がこの厄介な問題を引き起こしている場合は、ネットワーク接続を使用できません。 修正するには、次の手順に従ってください。 次に、ネットワークアダプターを右タップします。 次に、「 プロパティ。 タップする ' 自動的にIPアドレスを取得する「そして」 DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する。 問題がある場合 イーサネットに有効なIP構成がありません「残ります、選択してください」 次のIPアドレスを使用する'と' 次のDNSサーバーのアドレスを使う」 その後、次の住所を記入してください: 9. DHCPを有効にして「イーサネットに有効なIP構成がない」を修正する したがって、DHCPは自動的に検出し、システム上のネットワークの構成設定を割り当てます。 したがって、これが無効になっている場合、どういうわけか、ネットワーク構成は適用されません。 これにより、「イーサネットに有効なIP構成がない」エラーが発生する可能性があります。 DHCPを有効にするには、次の手順を実行する必要があります。 次に、「 services. mscと。 」 次に、ヒット 入力します. のダブルタブ DHCPクライアント'次のサービスウィンドウ• 次に、「 スタートアップ'入力して選択' 自動的に' そこから。 タップする ' 開始'サービスをトリガーします。 オプションを右タップするために戻る ' DHCPクライアント。 オプションを選択してください ' 再起動サービス「そして」を選択 有り'アクションを確認します。 電源管理機能を無効にする 時々、いくつかの省電力カスタマイズは、エネルギーを節約するためにシステムのいくつかの機能を無効にします。 この機能がネットワークアダプターに対して有効になっている場合、正しく機能するように制限される可能性があります。 この問題を修正するには:• アイコンを右タップ ' ネットワーク「そして」を選択 ネットワークとインターネットの設定を開く。 選択 ' ネットワークと共有センター'その後に「 アダプターの設定の変更。 インターネット接続を右タップして「 無効にします」 もう一度右タップして、「 プロパティ。 タップする ' 設定する'その後 パワーマネジメント。 次に、ボックスのチェックを外します ' 電源を節約するためにコンピュータがこのデバイスをオフにできるようにする。 ニュース OK 変更を適用し、インターネット接続をもう一度右タップして「 有効にします。 ' ここで、「イーサネットに有効なIP構成がない」という問題が解決したかどうかを確認します。 アンチウイルスを無効にして「イーサネットに有効なIP構成がない」を修正する システムにインストールされているウイルス対策ソフトウェアが原因で、「イーサネットに有効なIP構成がない」などの問題が発生する場合があります。 一時的に無効にして、エラーが引き続き表示されるかどうかを確認できます。 問題がそこにない場合、あなたのアンチウイルスはあなたのシステムがあなたのインターネットとの接続を作るのを妨げているものです。 これを修正するには、「 アンチウイルス。 多くのウイルス対策ソフトウェアが付属しています ' 無効にします'オプション。 このオプションがない場合は、インターネットで次の手順を検索してください。 disable アンチウイルス。 したがって、これらは修正するためのさまざまな方法です イーサネットに有効なIP構成がありません'効果的にエラー。 効果的なソリューションが見つかるまで、これらのソリューションをすべて試してみてください。 自分で問題を解決できない場合は、ISPに問い合わせてください。

次の

Windows10で 構成がありませんと表示される

イーサネット に は 有効 な ip 構成 が ありません

自宅のPCはHP HPE-590jpというデスクトップを自分でパーツを変えながら使いつづけているのですが、なんだかんだもうすぐ5年経つのに、最近になって保護フィルムを剥がしました。 5年も使ったのに動かさないから、まだまだキレイで中古価格も5万円~と値下がりもし難く嬉しい限りです! 売って新しいのを買おうか迷ってしまいます・・・w そんな愛着あるHP HPE-590jpですが、、、 ローカルエリア接続には有効なIP構成がありません と突然表示されてインターネットに繋がらなくなってしまいました。 「LANアダプタの寿命か!?」とも思いましたがとりあえずいろいろ試してみました。 IPを調べたら167. 255~~だったかな? とりあえず普段とは違うIPになっており、何をしてもインターネットに繋がりません。 黄色い三角にビックリマークが出て、繋がってはいるけどアクセスが無いよという状態です。 インターネットに繋がらない時に試したこと 実際に試した順番は以下の通りではありませんので、試すべき順番で書いていきたいと思います。 問題のトラブルシューティング ノートパソコンでインターネットに繋がらない場合はこれで直る事が多いです。 画面右下のアンテナマーク(無線)・デスクトップならパソコンマーク(有線)を右クリックすると出てきます。 PCが勝手に修正できる内容なら、原因が出てきてボタンひとつで直してくれます。 LANケーブルを繋ぎ直す LANケーブルの止め具はプラスティックなので折れたり曲がったりしていると簡単に抜けてしまいます。 繋ぎ直して確認してみましょう。 ローカルエリア接続が無効になっていないか確認する 何かの拍子にローカルエリア接続が無効になってしまっただけかもしれませんので確認してみましょう。 無効の場合は有効にしてみてください。 ネットワークと共有センターを確認する ここでインターネット接続の設定が行えます。 物理的なものでなければ大体直るはずです。 希望をもってがんばりましょう! アダプタ確認 IPの設定が自動になっているか確認する これで直る人が多い気がします。 ドライバをインストールし直す 別のLANケーブルで繋いでみる 予備のLANケーブルなんて無いよ!という場合でも100均で売っていたり、何か購入したときに付いてきたりしている事もあるので探してみてください。 意外と近くにあるかもしれません。 別のパソコンで繋いでみる 他のパソコンで繋がるなら、問題のパソコンのみの症状です。 別のルーター・モデムで繋いでみる これは予備や以前使っていたものが有ればですが、ルーター・モデムの不具合もよく聞きますので試してみる価値はあると思います。 コマンドプロントで自分のIPを調べる インターネット接続はあるのに繋がらない・・・ そんな時はIPを調べてみましょう。 画面左下(スタートボタン)の検索窓で「コマンド」と検索すると「コマンド プロント」が出てきますので「ipconfig」と入力しエンターを押すと自分のIPを教えてくれます。 放電 実は上記のことを全て試し、今回はこれで直りました。 再起動やシャットダウンではダメみたいです。 なんだか悔しい気もしますが電源コードを抜いて繋ぎ直したら直りました。 最後に ここまでしてダメならLAN差込口が物理的に壊れてしまっていたり、回線自体がおかしくなっている可能性があり、一般人には手出しできない事もありますので、プロバイダーに相談してみましょう。 プロバイダーからは自宅までの回線がしっかり動いているかが分かるので、相談してしまったほうが早いこともあります。 パーツの破損などはヨドバシの店員に相談すると解決してくれます。

次の