偽物バイアグラ。 偽造バイアグラの見分け方|溶解検証【浜松町第一クリニック】

バイアグラジェネリックの偽物の見分け方!

偽物バイアグラ

バイアグラの偽物には注意を! インターネットで流通しているED治療薬のうち、 正規品であるのは45. 6%という事実をご存知でしょうか? 半分以上が 偽造品であり、多くの方が知らずにその偽物のED治療薬を服用してしまっているようです。 偽造医薬品は国際的に大きな問題であり、取り締まっても次から次へと新しい製造者があらわれ、流通され続けています。 特にバイアグラは世界でも愛用者の多い医薬品の為、 偽物に惑わされやすいのでしょう。 偽造品を製造している販売元は特に中国やアメリカで多く、年間何百万もの偽物が差し押さえられておりますが、その隙間を抜けて日本を含む多くの国で販売されています。 アメリカでは推定250万人もの男性が偽造品を服用し、健康被害を起こしたり死亡したケースもあります。 偽造品に含まれる有効成分の量も製造元によってばらつきがみられ、認められている用量より多い・少ないだけではなく、全く含まれていなかったり、いくつかの不純物が入っているものがあります。 この記事を読んでいる方の中にも以前にバイアグラを飲んで体調が悪くなった方もいるのではないでしょうか。 そうならない為にも、インターネット上で購入する際には 正しい判断と知識を持っている必要があります。 偽物バイアグラの健康被害 偽物バイアグラを飲むと、副作用にはない以下の症状があらわれます。 ひどい頭痛や長引く頭痛• 倦怠感• 低血糖• 死亡 一番ひどいケースである死亡例は、中国やアメリカ、シンガポールでありました。 例えば、シンガポールでは死亡者1例、昏睡症例2例、重症例89例と、100人に近い報告があります。 この被害者数は、因果関係を特定できたものだけであり、これ以外に無数の疑い例が存在します。 そして、この報告以降も 継続して健康被害が発生し続けています。 被害者たちが飲んでいた偽物バイアグラを調べてみると、ED治療には 全く関係の無い成分(混合物)が多く検出され、それらのパッケージには存在のない工場の名前が記載されていました。 正規品の青色に似せる為に発色のいいインクが混入されたり、カフェインなどはまだ良い方ですが、中には糖尿病の為の血糖降下剤が混在され、重症低血糖によって緊急搬送された方もいます。 偽物を製造している環境はとても不衛生な現場である事が多い為、緑膿菌や黄色ブドウ球菌などの菌が混ざり、 感染症の危険性も考えられます。 バイアグラの正規品と偽物の見分け方 バイアグラと偽物バイアグラを見分ける方法としてはまず、メーカーである ファイザー社の名前が記載されているかを確認しましょう。 パッケージにはもちろん、錠剤にも記載があります。 生産国が中国となっていた場合は間違いなく偽造品で得体のしれない異物が混ざっているでしょう。 バイアグラの有効成分シルデナフィルが含まれていたとしても、印刷用のインクで着色していたりと何が入っているかわかりません。 商品の箱の色が本物の箱の色よりも薄かったり、商品の箱に製薬会社のホノグラムシールが貼っていなかったり、そのシールにファイザー製薬の名前が入っていないと 偽物です。 また、箱止めシールにPfizerの刻印がなかったり、印刷が雑なものもコピー品である為、避けるべきでしょう。 実際に開けてみると、本物は青色で表面がコーティングされ、ピルカッターなどで割ってみると 中身が白色ですが、偽物の場合は中身も青色です。 しかし、白でも本物の保証はありません。 更に水に入れて2分くらい経って錠剤が溶け始めたら本物の確率は上がりますが、10分くらい経っても溶けない場合には偽物バイアグラです。 医師から処方してもらう 安心してバイアグラを購入したいという方には、 病院で処方を受ける方法がよいかもしれません。 また、偽物を見分ける為にも最初は病院で処方してもらうことも対策の一つです。 しかし継続して使用するならば、正規品を販売している通販サイトを知って購入していくほうが、 断然安くて便利です。 病院で処方を受ける場合は25mg錠1つで1,000~1,300円、50mg錠1つで1,500~2,000円で、それに加えて診察料と初めてならば初診料も加わり、5,000~10,000円と 大変高い出費となります。 ジェネリック医薬品も扱っている病院もありますが、それでも50mg錠1つで1,000円ほどと、通販サイトに比べるとはるかに高いです。 通販サイトの場合だと、は1錠あたり450円と大変お安いです。 安く正規品を購入できるだけではなく、病院にかかる時間(1~2時間)も取られず、人にも知られずならば、やはり信頼のできる通販サイトで購入することをおすすめします。 そして商品到着後も しっかりとご自身の目で本物がどうかを判断していただき、実際に使用し効果を実感してその後の購入もご判断いただければと思います。 通販サイト利用の注意点 では、バイアグラを販売している通販サイトのうちどこが信頼できるかをどうしたら見分けたらよいのでしょうか? それは、以下の2点がサイト内にきちんと記載されているかによって判断する必要があります。 特定商取引法表記 消費者を守る事を目的とし、事業者による勧誘行為や悪質な違法行為などを防止する法律が定められております。 当サイトのような個人輸入代行の通販サイトはこの 取引法をきちんと記載することが義務付けられています。 鑑定証 第三者機関が商品を鑑定して 品質性を保証した証明書のことを言います。 この証明がない場合には、 偽物の可能性がとても高いのでバイアグラを購入する際は注意したほうがよいです。 信頼できる安全な個人輸入代行では商品にしっかりと記載されております。 個人輸入代行を利用しない場合、その海外サイトが信頼できるかどうかを英文から判断しなければなかったり、英文で手続き踏む必要があり、購入までに時間がかかってしまうことがあります。

次の

バイアグラ購入方法!偽物を買わないために

偽物バイアグラ

偽造バイアグラの見分け方|溶解検証【浜松町第一クリニック】• 個人輸入で購入したバイアグラ錠 バイアグラを個人輸入代行業者から入手した場合、そのほとんどが偽物・模造品であり健康被害も出ている危険な方法だという話は絶えません。 そこで本物か偽物かを見極めるため、実際に個人輸入業者からバイアグラを購入してそのバイアグラがどのように水に溶けていくか、それぞれ数ヵ国のパターンで実験してみました。 インターネット上にある個人輸入代行業者の通販サイトの中から本物らしきバイアグラを扱っていそうな業者(安すぎない・ホームページの作りが良い)で実際に注文し、届いた薬が以下になります。 本物のバイアグラは当院で処方しているもので、医薬品の大手卸売会社であるアルフレッサ株式会社から仕入れた正規品です。 個人輸入で入手したバイアグラ錠の詳細 検証対象 個人輸入で入手したバイアグラ5種類と、当院で処方している本物のバイアグラの詳細(発送元・原産国・容量・箱・ケース)は以下の通りです。 【発送元】日本 【原産国】日本 【 容量 】50mg 【発送元】日本 【原産国】日本 【 容量 】50mg• 【発送元】アメリカ合衆国 【原産国】フランス 【 容量 】100mg• 【発送元】中国 【原産国】アメリカ合衆国 【 容量 】100mg• 【発送元】アメリカ合衆国 【原産国】不明 【 容量 】50mg• 【発送元】香港 【原産国】アメリカ合衆国 【 容量 】50mg• 【発送元】シンガポール 【原産国】不明 【 容量 】50mg 通販で購入したバイアグラをそれぞれ水に浸し溶解検証 個人輸入代行業者が運営するインターネットの通販サイトで購入したバイアグラを、それぞれ水に浸して時間の経過とともに、どのように溶解していくかを観察してみました。 国内の純正バイアグラと比較してどのような違いがあるかもわかりやすく画像で説明します。 それぞれのバイアグラ錠の溶解時間 溶解検証した結果 【アメリカ発送のバイアグラ】 100mg・50mgともに外側のコーティングから中身の白い成分が溶け出しています。 溶け出し方が国内純正品バイアグラと似ています。 溶解時間はアメリカ50mgと正規品50mgがほぼ同じ。 アメリカ100mgは用量が多い分少しだけ溶解時間が長く感じました。 4分後以降は溶けていく状態は同一に見えました。 【シンガポール発送のバイアグラ】 錠剤の溶解速度が国内純正品と比べて早く、シンガポール1分後の状態と純正品2分後の状態が同じであることが写真から分かるかと思います。 外側のコーティングが溶けて中身の白い成分が水に溶け出す様子は純正品と似たところがありましたが、3分後以降の溶解の仕方には写真を見てわかる通り純正品よりも溶けにくい感じでした。 【香港発送のバイアグラ】 溶解速度は純正品に比べて遅く、外側のブルーのコーティングが溶ける様子は誰が見ても純正品とは違うのが明らかです。 30分後には中身の成分も溶け出しますが、純正品とは違い溶け出した白い成分の粉末がダマになっており、明らかに成分が違う物が混入しているように見えます。 【中国発送のバイアグラ】 こちらも香港バイアグラと同じで、溶解速度・コーティングの溶け出す様子が純正品とは全く異なっているのが見てわかります。 恐ろしいことに60分・120分経過しても錠剤の原型は残ったままでした。 さらに中身の成分が純正品は真っ白なのに対して、中国発送のバイアグラは黄色がかっていました。 溶解検証を終えて薬剤を入れたシャーレを水洗いする際に、中国発送バイアグラだけシャーレに成分がこびり付いていて、手でこすらないと落ちないくらいでした。 総評 今回の検証は、インターネットの通販サイトを運営している個人輸入代行業者を介して購入したバイアグラを、誰でも簡単に本物か偽物かを見分ける方法はないだろうか?と思い「ただ水に浸す溶解による比較」を思い付き行ってみました。 結果、 水に入れてみることで溶解の仕方に明らかに違いが出るバイアグラは偽物であると断言できますが、違いがあまりないバイアグラに関しては本物かどうかを見極めることは難しいと感じました。 若干の溶解の違いは製造国の違いなのか?用量による違いなのか?巧妙に作られた偽物なのか?専門機関にて成分分析でもかけなければ判断が難しいからです。 では、成分分析までやってみればいいのでは?と思い色々な専門機関に依頼をしたところ、ただ単に断られたり、分析結果非公表の約束がなければできなかったり(それでは意味がない)という返答ばかりでした。 非常に残念ですが今回の検証はここまでとなります。 結論、水による溶解で明らかに偽物であるバイアグラは判断可能であるため、見た目が怪しかったり不安な方はやってみる価値は十分にあります。 しかし本物に近しい溶解だった場合は判断が難しいので、安心して服用するには、やはり医療機関で国内正規品のバイアグラを処方してもらうのが無難でしょう。 しかし、以下の「個人輸入したバイアグラを処方するクリニックに注意」でも述べますが 最近では個人輸入したバイアグラを処方するクリニックも存在するので注意が必要です。 今回入手したバイアグラは、通販サイトを見て「値段が高め」「連絡先明記」「インターネットでよく見る個人輸入業者」を満たしているところで注文しました。 にも関わらず明らかな偽物も含まれることから、個人輸入でのバイアグラの入手は非常にリスキーであることがお分かり頂けるのではないでしょうか。 個人輸入したED薬を処方するクリニックに注意 現在、全国に複数院展開している男性専門クリニックが粗悪な医薬品が混じる個人輸入で入手したED治療薬を処方しているようです。 そのようなクリニックに行かないためにする方法は意外と簡単です。 バイアグラ錠の発売元であるファイザー株式会社が提供する「ED-info. net」内にあるに掲載されている医療機関を選べば問題ありません。 病院検索サイトは正規品のバイアグラ錠を処方している医療機関を患者様が探せるようにとファイザー社が提供しているものです。 この病院検索サイトには、 粗悪な個人輸入の薬を取り扱っているような医療機関はファイザー社の審査が通らず掲載されておりません。 病院/クリニックに行く前に必ず調べてから行くようにしましょう。 【】 【】.

次の

本物のバイアグラを見極めよう!偽物との違いや見分け方について

偽物バイアグラ

バイアグラの偽物を服用してしまうと・・・ バイアグラ通販をするのであれば、当然のことですが、確実に偽物のバイアグラではなく、効果が期待できる 正規品のバイアグラを購入しましょう。 バイアグラジェネリックの場合も同様に、信用のない怪しい通販サイトのおすすめ品には注意しましょう。 初めてED治療薬を処方されて飲む時には、注意書きなどにあるように使用方法を守って、体調の管理に注意して服用してください。 残念ながら、100%失敗しないED治療薬というものはありません。 誰もが気になるバイアグラの効果ですが、現在は病院で処方されるバイアグラでも、オンラインでのバイアグラ通販でも、偽物ではない正規品でしたら、バイアグラの効果は人体に害のない成分が配合で製造されています。 安全面は確認されているのですが、間違った服用方法で問題が起こる可能性が多少あります。 ペニスの勃起が持続しなかったり、何も変化がないといった事もあります。 出来る限りバイアグラの効果を出せるように、また セックスの回数を増やすためには、定められた服用量や服用時間、食事時間等に気を配る必要があります。 このようにバイアグラの効果を最大限に引き出すためには、健康管理を怠らないことが絶対条件です。 体調が良くない時にバイアグラを服用しても、副作用しか出ない場合や、ペニスが痛いくらいに勃起して集中できない場合もあります。 体調不良の時に服用しても、EDが改善されないケースが頻繁にあるのです。 パートナーの女性の言葉によっても、EDが回復したというケースもあります。 バイアグラを飲んで効果がなかった場合でも、すぐに諦める必要はありません。 しっかりと健康管理をして、服用方法を守ってバイアグラを飲めば大丈夫です。 慌てずに時間をかけてEDに対する不安を無くしていくことが大事ですし、バイアグラにはEDを克服する確率を少しづつでも高くしていく効果があるからです。 結果的に バイアグラジェネリックや バイアグラの正規品を通販で購入することは、ED治療の改善をサポートする役割を担っているのです。 バイアグラの正規品と偽物、見分け方は? 様々な国で製造されたバイアグラを、 水に浸すことにより時間が経つにつれてどのように溶解していくかレビューしてみました。 純正のバイアグラと比較してどのような違いがあるのでしょうか? アメリカから発送されたバイアグラ バイアグラ100mgと 50mgではコーティング部分から中の白い成分が溶け始めました。 国内の純正品のバイアグラと酷似しているように私には思えました。 溶解の時間はアメリカのバイアグラ50mgと正規品の50mgはほぼ変わりませんでした。 アメリカのバイアグラ100mgは用量が多かったので、前の2種類と比べると溶解までの時間を長く感じました。 4分ほど経った後の溶解の度合いはほぼ同じように見えました。 シンガポールから発送されたバイアグラ 国内純正品と比べて錠剤が溶けるスピードが早く、 シンガポールバイアグラの1分後と純正品の2分後では状態が同じでした。 コーティングが溶けて、成分が溶け出す所は純正品のバイアグラと似ているように思えたのですが、3分後の溶解については、純正品のものより溶けにくい印象を受けました。 香港から発送されたバイアグラ 錠剤が溶けるスピードが純正品の物に比べると遅く感じました。 コーティング部分が溶ける様子が純正品と比べて違う様子でした。 30分も経つと中に含まれている成分も溶けるはずですが、溶解した白い成分の粉末がよく溶けずに、ぶつぶつのかたまりになっていました。 何らかの違う成分が含まれているように思えました。 中国から発送されたバイアグラ 香港から送られたバイアグラと同じ様子で、 溶解スピードやコーティングが溶ける様子などが純正品とは全然違っていました。 驚くべきことに60分、120分と時間が経っても錠剤の原型が残っていたのです。 さらに純正品は中身の成分が真っ白なのですが、 中国のバイアグラは色味が黄色がかっていたのです。 このことから、 水に入れた後の溶け方で明らかに違いが出ているバイアグラは、偽物と断言しても良いでしょう。 純正品と溶け方に差がないバイアグラは正規品なのかを知ることはむずかしいでしょう。 「製造国によって溶解の様子が違うのはどうして?」「用量による違いがあるのかも?」といった疑問は専門の組織で成分を分析してもらわないと判断することは出来ないかと思います。 水への溶解具合で、偽物のバイアグラをある程度判断出来そうですので、製品のパッケージや見た目が怪しいと思い、不安な場合は試してみてもよいかもしれません。 ですが、 正規品と似た溶解だった場合は偽物と判断することが難しいでしょう。 他には 錠剤の色や、 表面部分の感触、 ロゴマークも偽物かどうか判断するための材料となるでしょう。 色の差異 正規品に比べて、錠剤の色が濃い・錠剤の色が薄い・錠剤の色にムラがある、といった特徴を持つ偽物も出回っているようです。 錠剤の表面部分のなめらかさ 正規品の錠剤ですと表面の部分を触ると滑らかに感じますが、偽物のバイアグラは錠剤の表面部分がザラザラしているものがあります。 ロゴ 正規品のバイアグラの製造・販売元であるファイザー社のロゴ「phizer」の形が違う、スペルに間違いがある場合などは、偽物である可能性が高い。 偽物が製造または販売されている国 アメリカ・フランス・シンガポール・中国・香港の世界各地で製造されています。 製造国が不明なバイアグラもあります。 バイアグラの偽物、危険性について バイアグラを 個人輸入代行業者から入手しようとした時、偽物や模造品が販売されていることもあり、それらの偽物により健康被害が出ているという噂があります。 シンガポールでは偽物のバイアグラを飲んで、3人が死亡、4人が重傷になったというニュースもあります。 このように健康被害について、世界各地で報告されています。 バイアグラは ジェネリックも含めて類似品が世界に出回っています。 特に東南アジアではインドで製造された商品が数多くあります。 この製品は、副作用の面から危険な商品となっています。 安全や衛生面に関して言えば、高血圧の方ほど副作用の危険性が増えています。 もちろん、高血圧でない方でも適量以上を服用することは大変危険です。 日本国内では厚生労働省の許可が降りる前に、運悪くバイアグラの 類似品・ 偽造品を服用してしまい、亡くなられた方が数名います。 バイアグラの成分中の シルデナフィルには、狭心症の治療のために血管を広げるという効果があります。 亡くなられたケースでは、 ニトログリセリンと併用しており、非常に危険な服用をしたためという線が強いです。 その他には「女性が服用した」「酒に酔って、遊びで バイアグラ100mgを飲んだ」といったケースもあります。 頭痛が起こったり、腹痛や下痢も副作用によってはあります。 アメリカではいくつか死亡してしまった例もあります。 もちろん、これらの原因が全てバイアグラの副作用が原因というわけでないのでしょうが、少しでもリスクを軽減したい方には、副作用について個人で判断する方法ではなく、病院へ向かい診察をしてもらう方法が確実かと思われます。 健康で高血圧ではない男性が、ED改善薬を服用してもただ心臓に悪いという話があります。 ですが、 健康体で服用の方法を守れば、死亡してしまったり、副作用の面については心配し過ぎる必要はありません。 心臓や血管などに何らかの病気を抱えている方には、バイアグラが本物か偽造品どうかに関わらず、処方しないようにしてください。 セックス時に興奮状態になっていると、通常に比べて心臓や血管に負担が掛かってしまいます。 また、副作用によって頭痛が酷かったので、よく眠れなくなったというケースもあります。 バイアグラの類似品による直接の影響かは不明ですが、腹が緩くなったり、下痢などの症状を起こす方も少なからず存在します。 また、死亡の原因に繋がってしまう 狭心症や 心筋梗塞のリスクもあります。 心不全・高血圧・糖尿病と診断された方は副作用について今一度確認しましょう。 EDや セックスレスの解消のため、バイアグラを服用したい時には、どのような理由でも必ず事前に医師に相談しましょう。 急激に血圧を下げる「ニトログリセリン」を飲んだあとに、バイアグラを飲むと、発作などを引き起こしてしまう原因になりますので、絶対に同時に服用しないようにしましょう。 バイアグラは医薬品なので、多少の副作用については覚悟が必要です。 正規品の バイアグラでも バイアグラジェネリックでも、症状は軽いのですが副作用があることが報告されています ED治療薬の副作用として挙げられるのは「体の火照り」「眩暈」「頭痛・胃痛」「鼻づまり」「視覚障害」「下痢」が挙げられます。 血管が拡張するので、疲れやだるさが急激に出てくるいう声もありました。 副作用といっても、風邪薬や花粉症の薬を飲んだ後の「体がだるい」「喉が渇く」「眠くなる」といった同じような程度ではありますが、通販でも個人輸入代行でも、類似商品には危険性がありますので、注意をしなければいけないでしょう。 また、適量以上を服用してしまうと、年齢にもよるのですが高血圧の方だと心臓発作などを起こしてしまう可能性があります。 それでもバイアグラのジェネリックを処方されて、 副作用が出てくる確率は5%以下となっています。 一昔前にはニュースや週刊誌などで死亡に至った例が報道されており、危険だと言われていましたが、ほとんどが「シルデナフィルの適量を守らなかった」「他の薬と併用した」ことが原因であることが分かっています。 服用方法を守れば、バイアグラは安全かつ素早くED治療をサポートしてくれます。 健康・食事に気を配り、正しく服用することが一番大切なのです。 バイアグラ通販サイト.

次の