ゼンリーストーカー。 ゼンリーで出会い!危険なゼンリー掲示板と出会い系としてのZenly

ゼンリーで位置がバレてしまう時ってどんな時?バレないようにするには?

ゼンリーストーカー

今回は位置情報共有アプリの『Zenly』について• Zenlyとは?• Zenlyの機能• Zenlyの評判 を解説していきます。 Zenlyは位置情報共有アプリ Zenlyは、2015年にフランスのパリでAlexis BonilloとAntoine Martinによって作成されたリアルタイムの位置情報共有アプリです。 位置情報を共有するってどういうことなのかと言うと、そのままズバリ 自分の位置と相手の位置がマップ上にずっと表示された状態となります。 カレンダーや予定表の共有だけでなく、位置情報まで共有する時代になったんですね! ちなみに場所の共有は「携帯番号を知っている人同士」に限定されています。 AndroidとiOSのどちらにもアプリが提供されており、日本だけなく世界中28の言語で展開されているため、今世界が注目する人気アプリとなっています。 続いて、Zenlyの詳しい機能について解説していきます。 スポンサードリンク Zenlyの機能紹介 Zenlyの主な機能は、 場所を友人と共有し、いつでも追跡すること。 また友人の端末のバッテリー残量と電力供給情報(充電状態)を把握することもできます。 リアルタイムの位置だけでなく、動いている方向(方角)、速度も共有できるため、 「どういった手段で・どこへ向かっているのか」まで把握することが出来るすごいアプリです。 無料で利用可能• SMS認証で登録 と簡単に利用を開始することができます。 また気になるプライバシーについても• 携帯番号を知っている友達としかつながらない• 友達との共通の友達が表示されるけど、承認しなければ居場所を知られることはない• どうしても現在地は知られたくない場合は、ゴーストモードに切り替えることで、自分の位置が誰にも分からなくなります• 登録されている一人ひとりに対し、ゴーストモードにするのかリアルタイム表示にするのか設定できます。 となっており、安心して利用することができます。 細かな各機能と利用シチュエーションは次の通り。 この機能を使うことで、例えば「駅へ向けて車で出掛けている」「徒歩で街を歩いている」「建物の中にずっといる」といった、個人の動きを追跡することが出来ます。 具体的には「時速50kmで北に移動へ向かっている」「時速5kmで原宿をウロウロしている」「日中に学校にいる」などの情報がマップ上に表示される仕組みとなっています。 出典:AppAtore また、マップで表示されている友達がいるところまでの到着時間を調べることも出来ますので、待ち合わせの時などに便利です。 出典:AppStore しかし、 ずっと監視されるのは気持ちの良いものではありませんよね。 ご安心ください。 Zenlyはプライバシー対策もばっちりです。 Zenlyにはちゃんと 自分の位置情報を隠す方法『ゴーストモード』が用意されています。 Zenlyでは登録したユーザ同士でメッセージ交換によるコミュニケーションを行う事ができます。 メッセージはテキスト(文字)だけでなく、スタンプや写真の送信も可能です。 バッテリー残量を事前に察知することが出来るので、連絡しても迷惑じゃないか?を心配する必要がありません。 この機能が一番発揮されるのは 雪山へ遊びに行くときや、台風で停電被害に遭っていた場合の安否確認では無いでしょうか? バッテリー状態って意外に重要な情報ですから、この機能を考えた製作者の方の先見の明には驚きます。 これによってマップ上で自分の移動したことがない場所、今まで行ったことのないエリアが分かるので、自分の移動圏が可視化されるので毎日の移動や、休日の散策が楽しいものに変わるでしょう。 また滞在する場所の情報が蓄積され、それに応じたトロフィーの獲得など楽しめる要素となっています。 出典:AppStore Zenlyの評判は? アプリユーザーからの意見をGooglePlayのユーザーレビューから抜粋してご紹介いたします。 利用ユーザーの評判を見ると、やはり位置情報の共有という機能が便利という声が多く聞こえました。 2017年頃のユーザーレビューではSMS認証について不審や不満を抱いた方も何名か見られましたが最近は改善されているようですね。 高評価コメント• 友だちの位置がわかるというのは、単純に待ち合わせの時とかに役に立つ• 接続は問題ないのですが、場所があっちこっち動いて正確な場所を示してくれません• 現在地が全然違うところになって全く役に立たない。 日本にいるのに現在地がロシアなんて 信用度ゼロ。 まとめ 位置情報共有『Zenly(ゼンリー)』の機能と評判についてご紹介しました。 知人友人とのコミュニケーションだけでなく、今後はビジネス利用なども考えられそうな便利機能の数々でしたね。 すでにZenlyを社員の管理に利用する企業もあるのではないでしょうか? Zenlyについて、使用方法や各種機能についても解説していきますので他の記事もご覧ください。 「この機能の使い方が分からない」「Zenlyでこんな事は出来るの?」「もっと詳しく知りたい!」など疑問・質問がある方はコメント欄へお気軽に書き込んでくださいね。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 ~~~ この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます• 最近の投稿• 2020-07-16• 2020-07-09• 2020-07-08• 2020-07-08• 2020-07-07• 2020-07-07• 2020-07-05• 人気記事ランキング TOP10• アーカイブ• カテゴリー• 185•

次の

「ゼンリー」をカップルで1ヶ月使った感想は?○○な人にはおすすめ!

ゼンリーストーカー

歳を重ねたら、経験と知識が身に着き、賢くなると思っていた。 ところが、歳をとると自分なりに培った常識が通用しなくなり、どんどん自分が古くなっていくだけだと、今頃気が付いた。 物事を決めつけることなく、努めて学習しないと、マジで古びたおっさんになってしまう。 そう思い、近頃の若者のトレンドについて調べたところ、1つのアプリが女子高生の間で支持を得ているとわかった。 そのアプリとは、 位置情報を共有する「Zenly(ゼンリー)」である。 位置情報共有って怖くないの? とりあえず、インストールしてみた。 ・「今どこ?」がなくなる このアプリは友人間、もしくはIDを知っている同士で位置情報をたしかめることができるサービスである。 待ち合わせ場所で出会うことができなかったり、相手の都合を尋ねるために「今どこ?」と聞くことが日常的にあるはず。 このアプリで情報を共有していれば、そのひと手間を省くことができる。 待ち合わせの場合は、相手のアイコンが表示されている場所に行けば良いし、相手の居場所が分かっていれば「今どこ?」と聞く必要もない。 SNS全盛の現在において、このアプリは新しいコミュニケーションの形を示している。 ・13歳未満は利用不可 さて、実際にスマホにインストールしてみよう。 今回はiOSでその説明を行う。 インストールして起動すると、「プライバシーポリシー」「利用規約」への承諾を求められる。 それらの内容を必ず確認しよう。 とくにサービスの利用対象に関して、 13歳未満は利用できないので、家族間で利用する際には注意して欲しい。 ・個人情報を登録 ユーザー登録をするにあたって、最初に入力するのは名前。 次に生年月日、電話番号と個人情報を登録する。 2段階認証用のコードが入力した電話番堂にSMSで送信されるので、SMS受信可能な番号を入れよう。 次に位置情報の利用について。 このアプリは位置情報の使用を「常に許可」しないと利用できない。 使用していないと、「あなたの位置情報がオフになっています」と表示され、一切の機能を使用できない。 位置情報については「常に許可」以外の選択肢はない。 そして、「友達の追加」。 友達の追加は、端末の連絡先の情報をしようしたり、LINEなどのアプリの連絡先によって行うことができる。 が! 私は友達に承諾を得ることなく、位置情報を共有するのは気が退けるので、画面下の「後で考える」を選択した。 「通知」については、これに限らず、すべてのアプリで通知を受け取っていないので、画面上の「いいえ結構です」を選んでいる。 ・通知オンを求めてくる ここまで来て、ようやくマップが表示される。 画面上中央に表示されている青いマーカーが自分の位置だ。 画面下左側にはメッセージ機能を示す吹き出しマーク。 右側には、アカウント情報を示す人型マークが表示されている。 ここで次に行こうとしたら、ポップアップで「あの…設定が完了したらお知らせしてもいい?」と、割と控えめな文章で通知のオンを催促してきたが、答えはNOだ。 通知はいらん! ・IDを決める 人型マークのアカウントを開くと、現在のアカウントの状況を確認できる。 登録した名前の横のナスビはデフォルトのアイコンだ。 好きな画像に変更することが可能である。 ZenlyのIDは決まっていないので、最初に設定すると良いだろう。 なお、画面中央の閲覧数機能に関しては、友達が3人以上にならないと使用できない。 IDはアルファベットで登録する。 他のユーザーが使用していない限り、好きな文字列を使用できる。 IDは、Instagram・LINE・Messanger(Facebook)・Twitter・Snapchatなど他のアプリで共有することが可能だ。 また、Zenlyで設定した親しい友達にだけ共有することもできる。 メッセージは友達がいると表示されるらしいのだが、あいにく私には1人も友達がいない……。 なお、グループを作ってメッセージを共有することもできるらしい。 ・ある問題発覚! さて、ここまで準備できたところで、ある問題に気がついた。 それは……。 ……位置情報を共有する相手がいない…… TwitterにIDを投稿すれば、誰かリアクションをしてくれるのかと思ったら、私のフォロワーはピクリとも反応しない。 全員無反応。 「位置情報さらすの怖え!」とかいう前に、怖がる相手さえいないのである。 仕方がないから、当編集部のメンバーとアプリを使ってみようと思ったのだが、よく考えたら、 編集部のメンバーの位置情報は……。 全員、ココ!!!! スマホアプリで確認するまでもなく、見える範囲にいる……。 という訳で、私のZenlyの世界には ……私だけである…… 誰かーーー! 誰かいませんかーーーーーッ!!!! お・わ・り 参照元:Zenly(、) Report: Screenshot:iOS「」.

次の

Zenly

ゼンリーストーカー

地図上に友だちの位置が表示される 地図上の友だちが2人以上一緒にいると、炎マークが表示されるので、待ち合わせの時や合流したい時などに便利に利用できる。 「LINEする前にZenlyで居場所を確認する。 家にいると暇だってわかる」と、ある高校生ユーザーは言う。 「アプリを見て、近くにいる子を見つけたら合流することもあるかな」。 居場所は四六時中公開しなくてもいい。 居場所を公開したくない時は「ゴーストモード」にする。 ゴーストモードには2種類あり、「あいまい」表示の場合は大まかな居場所が表示される。 「フリーズ」表示の場合は居場所を固定表示できる。 ただし、どちらも相手には「あいまい」「フリーズ」表示にしていることは伝わってしまうので、「居場所を隠されているとイラッとする」という声もある。 大人から見ると、自分の居場所を公開することは、プライバシーを公開しすぎてストレスを感じそうだ。 しかし、今どきの10代はTwitterで実況したり、Instagramのストーリーズなどでリアルタイムに配信したりすることに慣れている。 ストレスよりもつながれるメリットを強く感じているようだ。 ある女子高生の保護者は、娘から「ママもアプリ入れようよ。 友達がZenly入れたら、親から『今どこにいるの?』って聞かれなくなって楽だって」「学校から帰ってきたら(Zenlyを見て帰宅がわかった)友だちから『おかえり』って連絡が来て楽しい」という話を聞いたという。 保護者世代には理解が難しいが、子ども世代はプライバシーに対する感覚がかなり異なっているようだ。 「家の下にいるよ」と連絡が来る Zenlyの使用状況についてヒアリングしてみた。 先程の高校生は、自宅の場所は教えていなかったにも関わらず、友だちからいきなり「家の下にいるよ」と連絡が来たことがあるらしい。 Zenlyでは数日使っていると、自動的に自宅の場所に家マークが表示されるようになるため、友だちには自宅の場所が筒抜けとなるのだ。 またある大学生は、学校の友だちとZenlyでつながってしまったため、春休みになってずっと家にいると友だちがいない暇人と思われるのが嫌で、出かけるきっかけとなっているという。 「バイトでも入っていたらいいけど、本当はそんなに出かけるところはない。 The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc. , San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News. com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright c CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News. com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.

次の