ポケモン ソード シールド パルシェン。 【ポケモン剣盾】最強パーティ構築とおすすめコンビ【ソードシールド】

【ポケモン剣盾】最強パーティ構築とおすすめコンビ【ソードシールド】

ポケモン ソード シールド パルシェン

わざ1 わざ2 わざ3,4 育成論と使い方 AとSに努力値を振る 物理アタッカーなのでAとSには努力値を252ずつ振っておこう。 余りをHに振るとHPが偶数になってしまうので、余りはBに振るのがおすすめだ。 スキルリンクで連続技を最大数で繰り出す この型はからをやぶるでA,C,Sを上げ、スキルリンクによって 連続技を最大数で繰り出しながら戦う。 連続攻撃はミミッキュのばけのかわや、みがわりなどに強い。 身代わり持ちが環境に増えるほど強力になるぞ。 持ち物はタスキとラムのみがおすすめ よく使われる持ち物はきあいのタスキとラムのみ。 耐久型を見るならおうじゃのしるし 物理耐久が高く、素早さが遅いポケモン相手にはおうじゃのしるしが有効。 からをやぶる後であれば、1度ひるませれば押し切れることが多い。 ハイドロポンプが物理受けに有効 物理受け対策をするならハイドロポンプがおすすめ。 特殊を使うならCを下げるわけにはいかないので、性格をやんちゃかむじゃきにして使おう。 おうじゃのしるしで怯ませ続けられると手も足も出なくなる点は注意。 タスキ対策をしておく パルシェンはきあいのタスキを持っている可能性が高いので、1残ったHPを削る手段を用意しておきたい。 先制技やすなあらし、ステルスロックなどが汎用性もありおすすめだ。 先制技があると倒しやすくなる からをやぶる後は耐久が下がっているので、先制技で攻撃するのが有効。 タスキで1残ったHPを削るのにも役立つ。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

【ポケモン剣盾】お手軽積みエース「パルシェン」についての育成論とパルシェン対策について

ポケモン ソード シールド パルシェン

パルシェンと言えば、殻破エースとして有名ですね。 その有名さ故に、見せ合いでは必ず意識される対象に。 水・鋼をよく呼ぶので、それらの遂行技として特殊技を搭載した型。 強化アイテムを持たせなければ火力が足りないので、襷型と扱い方が異なることに注意。 味方のサポートから破ることをお勧めします。 2012. 3追記 確定欄はめざめるパワーは草でしたが、流行りすぎたせいかリンドヤドランが出てきました。 水ロトムが見れなくなりますが、代わりにエンペルトを見られるようになるめざ電も候補にあがります。 めざめるパワー電気を採用する場合の個体値は31-31-31-30-31-31です。 構成 種族値が足りないので、若干振り方が異なります。 PTに合わせて選択してください。 長くなるのでダメ計は最低限です。 火力 H166-B111テラキオンが殻破り氷柱針で高乱1発(99. 耐久 A218オノノクスの鉢巻逆鱗確定1耐え 殻破り後A211ローブシンの根性マッハパンチ確定1耐え 殻破り後A151ハッサムの蜻蛉返り+バレットパンチ確定耐え• 素早さ 最速• 火力 H166-B111テラキオンが殻破り氷柱針で高乱1発(99. 素早さ 最速• 火力 H166-B111テラキオンが殻破り珠氷柱針で確定1発 H191-B100ギャラドスが殻破り威嚇込み珠氷柱針で低乱1(30. 素早さ 準速• 調整ライン 簡単にまとめ。 攻撃面 A122 H166-B111テラキオンを殻破り氷柱針で高乱1(99. Aは珠を持たせているため端数で十分と判断しました。 耐久面 殻破り後飛んでくる先制技を意識程度。 サポートから破るのであって、素で破るのではないことに注意。 一応物理竜の鉢巻逆鱗は耐えますが非推奨。 B201の場合はダメが1程度少なくなります。 素早さ S94 殻破り後最速スカーフバンギラス抜き抜き S105 殻破り後すいすい発動準速サクラビス抜き S116 殻破り後準速スカーフガブリアス抜き S122 準速(殻破り後最速スカーフ95組抜き) S127 殻破り後最速スカーフガブリアス抜き S134 最速(殻破り後最速スカーフ110組抜き)• 相性のいい組み合わせ いくつか書いておきます。 スカーフラティオス+パルシェン スカーフトリックからの展開。 ユキノオーを呼ぶ構成にしておけばスカーフトリックからの起点に。 ドリュウズ・キングドラの相手をパルシェンができないので、別個に補完はしておきましょう。 サンプル:スカーフラティオス( )• エルフーン+フワライドorドーブル+パルシェン ユキノオーを呼ぶ2匹で構成。 エルフーンのアンコールで吹雪を固定してからの殻を破るで全抜き。 エルフユキノオー対面から強引に破りたい人はエルフに光の壁を入れるとアンコールをする暇ができていいかもしれません。 サンプル:エルフーン( )、フワライド( )• ソーナンス+パルシェン パルシェンで厳しい相手をナンスで処理orアンコールで縛って破る起点に。 2匹とも挑発をくらうときついので対策は必須。 サンプル:ソーナンス( )• 最後に るるぷうさんの記述を引用。 (許可は取ってあります) とある初心者さんに現状育成論はわかり易いか、見易いか?と尋ねたところ、 「略称がわからない」 「実数値表記がわからない」 「役割って何?」 「ダメージ計算の見方がわからない」 等の意見を頂いたのでここに簡潔に纏めておきます。 ・V・・・個体値が31であること。 ・U・・・個体値が30であること。 ・6V・・・HABCDS全ての個体値が31であること。 たとえばめざめるパワー氷ならHV,AU,BU,CV,DV,SVでめざめるパワー氷70。 数値類 ・実数値表記・・・レベル50時の実際の能力値。 ・努力値表記・・・そのポケモンの努力値配分の表記。 ポケモン用語 ・後出し・・・交代で繰り出すこと。 ・サイクル・・・炎ポケモンと水ポケモンが対面していて、こちらが草ポケモンに交代し、水タイプの技を半減で受ける。 次のターン相手はこちらの草タイプの攻撃を炎タイプで受けに来る。 炎タイプの攻撃に対しこちらは今度は水タイプで受けるなど、両者ポケモンを交代しながら戦うこと。 ・役割・・・そのポケモンに後出しから勝つことが出来ること。 ・環境・・・その時々での流行りのこと。 例えば雨パーティが流行ってるときは雨環境という。 ・エース・・・こちらは役割を持ち辛く、相手に役割を持たれにくいポケモン。 具体例はバシャーモ。 耐久が低いので後出しすることが難しく、火力が高いので後出しされにくい。 ・採用理由・・・そのポケモンを何故パーティにいれるのか、具体的に何に対して強いのか=どのポケモンに役割を持っているのか、もしくは何故強いのか。 ダメージ計算の見方 例:A182ガブリアス逆鱗44. 半分前後のダメージを受ける。 低乱数2とは低い確率で2発で倒されるということ。 例えば高乱数2なら高い確率で倒される。 確定2なら2発で必ず倒される。 ただし急所は考慮していない。 更新履歴 2011. 20 記事投稿。 2011. 21 調整ライン追加。 2011. 23 相性のいい組み合わせを追加。 2012. 10 初心者用の用語説明追加。 2012. 03 めざめるパワー電気について追記。 グロスさんにジュエルで悠々と打ち勝てるのも強いですよね。 評価は5つけましたよ。 ただ説明だけではあれなんで、配分例も書いておいたって感じです。 高評価ありがとうございます。 参考になります。 相性のいい組み合わせに追記させていただきますね。 評価5入れました。 ミスってましたね;; 修正しときます。

次の

【ポケモン ソード&シールド】環境上位パルシェンの育成論(種族値・努力値・技構成など)│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

ポケモン ソード シールド パルシェン

わざ1 わざ2 わざ3,4 育成論と使い方 AとSに努力値を振る 物理アタッカーなのでAとSには努力値を252ずつ振っておこう。 余りをHに振るとHPが偶数になってしまうので、余りはBに振るのがおすすめだ。 スキルリンクで連続技を最大数で繰り出す この型はからをやぶるでA,C,Sを上げ、スキルリンクによって 連続技を最大数で繰り出しながら戦う。 連続攻撃はミミッキュのばけのかわや、みがわりなどに強い。 身代わり持ちが環境に増えるほど強力になるぞ。 持ち物はタスキとラムのみがおすすめ よく使われる持ち物はきあいのタスキとラムのみ。 耐久型を見るならおうじゃのしるし 物理耐久が高く、素早さが遅いポケモン相手にはおうじゃのしるしが有効。 からをやぶる後であれば、1度ひるませれば押し切れることが多い。 ハイドロポンプが物理受けに有効 物理受け対策をするならハイドロポンプがおすすめ。 特殊を使うならCを下げるわけにはいかないので、性格をやんちゃかむじゃきにして使おう。 おうじゃのしるしで怯ませ続けられると手も足も出なくなる点は注意。 タスキ対策をしておく パルシェンはきあいのタスキを持っている可能性が高いので、1残ったHPを削る手段を用意しておきたい。 先制技やすなあらし、ステルスロックなどが汎用性もありおすすめだ。 先制技があると倒しやすくなる からをやぶる後は耐久が下がっているので、先制技で攻撃するのが有効。 タスキで1残ったHPを削るのにも役立つ。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の