それが答えだ 小栗旬。 『ミュージアム』舞台挨拶に主演の小栗旬、大友啓史監督が登場!

小栗旬のオールナイトニッポン

それが答えだ 小栗旬

スポンサーリンク 小栗旬にとって三浦春馬は一番最初に慕ってくれた存在だった 俳優の小栗旬さんがリーダーをつとめていると言われる通称「 小栗会」。 三浦春馬さんも 小栗会のメンバーの一人でした。 今では多くの後輩達から慕われている小栗旬さんですが、2012年のしゃべくり007にゲスト出演した際に意外な事実を告白していました。 実は、 そんな年下嫌いの壁を最初に壊したのが三浦春馬さんだったそうです。 「やっぱり気になる存在ですよね。 心配するときもあるし、 ちゃんと生きててほしいなって思います(笑)」 「僕からすると年下の俳優の中でも、 春馬はちょっと危なっかしい存在だなって(笑)。 我も強いし、変な意味で馴れ合うのも好きじゃないから、自分のスタンスでいいんだけど…」 「ずっと気になっている存在には変わりないです。 」 小栗旬さんは、繊細な三浦春馬さんを気遣っていつも気にかけてあげていたようです。 この頃から小栗旬さんは何かを感じとっていたのかもしれませんね。 三浦春馬にとっても小栗旬はずっと憧れの存在 また同じ2018年のインタビューで三浦春馬さんは小栗旬さんについてこう話していました。 「自分が本当によくない時期に、誰よりも早く電話をくれて、「おいでよ」って言ってくれたのは旬さんだけなんですよね。 行動してくれる人もなかなかいない中、 僕のことを気にかけてくれる。 この位置にいるのにそうしてくれるので、みんな旬さんのもとで一緒に仕事したいなと思うはずです。 やっぱり憧れますし、自分もそんな男になっていきたいです。 」 小栗旬さんを慕う三浦春馬さんの思いが伝わってきますね。 小栗旬が三浦春馬に送ったのれん 三浦春馬のことを弟の可愛がってあげていた小栗旬さん。 三浦春馬さんの舞台にのれんを送っていました。 小栗旬さんは三浦春馬さんのことを気にかけ見守ってあげていたんですね。 ニュースで報道見るたびに小栗旬が三浦春馬くんに送ったのれんが出てきていて、それだけ慕っていたし、可愛がっていたのがそれだけで分かるから、大丈夫かなととても心配になる。 そんな小栗旬さんですが、2012年映画「宇宙兄弟」で、共演した岡田将生さんと仲良しになり、その様子をみていた 三浦春馬さんに嫉妬されたというエピソードを話していたそうです。 とってもほっこりするエピソードですよね。 小栗旬君に一番最初に可愛がられた後輩を自負してるだろう三浦春馬君が、遅れて小栗君と親しくなった岡田将生君が普通に小栗君とタメ口きいちゃってる様子を見て 三浦春馬君と岡田将生君も仲良し 、「なんか…いいっすね…」と嫉妬したというエピソードは微笑ましかった 小栗君がTVで語ってた — よもぎ大福 hontounokimiwo 三浦春馬くんと小栗旬くんのエピソードで好きなのは、宇宙兄弟でますます仲良くなった岡田将生くんと旬くんに春馬くんがやきもちをやいている雰囲気になる(本人は否定するだろうけど)と旬くんがインタビューで答えていたこと。 春馬くんのやきもち……かわいい……。 — 五月雨薊 azamisyrup 小栗旬と三浦春馬の親密エピソードにSNSの反応は? 三浦春馬さんのことを弟のように可愛がっていた小栗旬さん。 三浦春馬さんのことを気にかけ何かを感じとっていたかのような小栗旬さんのコメントがすごいと話題になっています。 三浦春馬さんがとてもやさしく気配りのできる人 っていうエピソードがたくさんでてきているけど 春馬さんに対し「ちゃんと生きていてほしい」「危なっかしい」 と語っていた小栗旬さんも、 春馬さんと同じくらい 人のことをよく見ていて気付ける人なんだろうね。 とてもやさしい人なんだろうなと思う。 お互いが先輩後輩以上の絆で結ばれた特別な存在だということが伝わってきますね。 三浦春馬さんを弟のように可愛がった小栗旬さん。 今、彼は三浦春馬さんの死をどう受け止めているのでしょうか。

次の

小栗旬のオールナイトニッポン

それが答えだ 小栗旬

1998年にスタートし、完結まで残り2作となったシリーズ第36弾に選ばれたのは、英国史上最も悪評が高い王と言われるジョンの治世を描いた「ジョン王」。 吉田鋼太郎演出の下、約14年ぶりに当シリーズで主演を務める小栗は、世の中をシニカルに見つめる若者、私生児フィリップ・ザ・バスターを演じる。 そうですね、もう少しで干支が1周するところでした 笑。 もう戻ることができないと思っていた場所に戻ってこられたんで、よかったというのが率直な気持ち。 しばらくこのムードから離れていた僕がちゃんと返り咲けるのか、あの当時の筋肉を呼び戻せるのか不安ですが、目いっぱい楽しみたいと思います。 最近は派手な演劇をやっていて、そこからまた古典のシェイクスピアに戻れるっていうのはちょっとうれしいところもあり。 脚本はまだ上がってないんですが、いろいろな翻訳を読んでみると…全然面白くない話だな、と 笑。 蜷川さんが面白くないシェイクスピアを全部後回しにして旅立たれたので、それを継承する鋼太郎さんは大変な仕事をしているなぁと思っていたんですけど 笑。 そんな作品を、鋼太郎さんといかに面白く、今の人たちが見られるものにするかっていうのがテーマですね。 そもそも、こういったある種の難しさを持つ作品を一緒にやろうって言われて、どういうふうにお客さんに届けようかって一緒にチャレンジできること自体、共犯関係みたいで、すごく楽しいことだなと思っているので。 しかも、「ジョン王」は演出家によって主役や見せ方が変わる芝居で、今回鋼太郎さんがチョイスしたのは、私生児を立てるということ。 そこに自分を選んでくれたのはうれしいですね。 とても優れた演出家として、全幅の信頼を寄せています。 「アテネのタイモン」も「ヘンリー五世」 2019年 も、見る前は「すげえ難しい話やるなぁ」って思ってたけど、あの膨大なセリフもすごく聞きやすい感じの日本語になっていて、ちゃんとエンターテインメントに昇華されていた。 僕自身、昔は正直難しいと思っていたシェイクスピアも、年齢とともに感じ方が変わってきています。 ただ、あれだけのセリフを途切れさせずにお客さんに届けるには技術がいるので、そういうところをもう1回見つめ直したいなと思います。 みんなはどんどんいろんな筋肉を鍛えてるのに、自分だけそこから置いてけぼりにされて、もしかしたら退化していってるんじゃないかっていう不安がある中で、やっと再びそこに戻れる。 鋼太郎さんのお芝居を見ているとやっぱり…すごい抽象的な言い方になってしまうんですけど、超えなければいけない、いや、持続させなきゃいけないエネルギーというか、そういうものがほとばしってる俳優さんだなとずっと思っていて。 そこに憧れ、それを手に入れたいと思いながら生きてきましたが、そこにたどり着くのってすごい大変なことで。 それができる人をそばで見られる、それでその人の教えを乞えるっていうのは、自分にとっても貴重なことだなと思っています。 いや、もうほんとに毎回大変でした 笑。 蜷川さんにはずっと怒られてましたからね。 今となってみたら作品に対する読み解きみたいなものの足りなさを痛感しますし、20代前半だったという人生経験の足りなさもきっと間違いなくいっぱいあったと思います。 もちろん、今この年齢になっても理解できないこともありますが、それでもあの頃よりはかみ砕ける、みたいなこともあるので。 その辺の緩急みたいなことは昔よりはできるようになってるんじゃないかと思います。 パワーの強いシェイクスピアの言葉を持続して聞かせられるのは、僕らの世代では今のところ藤原竜也しかいないと思ってるんで僕は。 次に自分がどれだけできるのか楽しみです。 「楽なところに行き過ぎるなよ、小栗」って言われていた時期が結構あったんですけど、それは「今ならよく分かります」って感じますね。 そうすると「なぜこうなっていくのか」という経過を探るよりも、みんなでその答えにたどり着くことだけが目的になって、他の選択肢を自分の中で生み出すということをせずに動き出すようになるんですよ。 何かどんどん、自分の精神的な部分で考えることが、とっても安易になっていくというか…。 それを経験してきたので、やっぱりもう一度あらためて、一つの答えではないことをみんなで探すっていう作業みたいなことをすることが、本当にしんどいけど、やらなきゃいけないことだよな〜っていう感じですね。 語弊を生みたくはないんだけど、何をもって「楽」かというと、そういうことというか。 「まぁいっか、このままやっていけば俺、飯食っていけそうだな」なんて思っている時間が。 何かそういう状態にほとほと疲れ果てたって感じが今なので、本当にいいタイミングでこのお話を頂けたと思っています。 日ごろの振る舞いも王様みたいだなって思うし、傍若無人だなって思う瞬間もいっぱいありますから。 自分も何かの王みたいになりたいなって思った時期もありましたけど、何かもう、時代がそうじゃなさそうだからやーめよって思ってます 笑。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

【画像】小栗旬の子役時代が衝撃!天までとどけにも出演していた!

それが答えだ 小栗旬

三浦春馬さん急死の波紋が広がるなか、小栗旬の〝眼力〟が話題になっている。 三浦さんは小栗のことを「兄」と慕い、小栗も「弟」と可愛がっていた。 小栗が主催する通称「小栗会」のメンバーでもあり、三浦さんは「役者とは何たるか」を教示してもらっていたという。 そんななか、2018年に実現した2人のインタビュー内容が注目を集めている。 三浦は小栗について「自分の本当に辛い時期に 小栗だけが 手を差し伸べてくれた」と告白。 対する 小栗は「自分を保つことが難しい芸能界で、春馬は変わらず優しい」と評した上で「 春馬は ちょっと危なっかしい。 生きててほしい」と述べていたのだ。 三浦さんの自殺の動機については不明な部分が多いが、仕事に対してストイックで、正義感が強かったことは間違いない。 それが災いし、SNS上で浴びせられる誹謗中傷や自身の将来に気落ちした可能性が指摘されている。 中略 「たまたまかもしれませんが、小栗さんの発言はその人の内面をえぐり出しているように思います。 三浦さんに関しては、誰よりも可愛がっていた後輩。 『落ち込んでいる』とか簡単に言えるレベルではないそうです」(スポーツ紙記者) 芸能界では三浦さんの早すぎる死を悼む声が上がっている。 数々の作品で共演した俳優仲間の城田優は18日放送のTBS系「音楽の日」に出演し、GReeeeNの「キセキ」を涙ながらに熱唱。 MCの中居正広は「いろんな思いが歌にこもっていますね」と後を受けていた。

次の