ゲゲゲ の 鬼太郎 妖怪 横丁。 ぬりかべショップ

育成SLG「ゲゲゲの鬼太郎 妖怪横丁」のスマホブラウザ版が配信開始

ゲゲゲ の 鬼太郎 妖怪 横丁

36 Yahoo! 立てられない場合は後続にお願いしましょう。 ・スレを立てる場合は代理も含め宣言をしてから立てましょう(重複防止)。 ・ワッチョイ必須スレです。 extend:on:vvvvv:1000:512 を追加してください ワッチョイ有りになります。 前スレ ゲゲゲの鬼太郎 妖怪横丁 56匹目【Y! 967• コスト増加分は加味してません• 976• 名無しさん@お腹いっぱい。 ワッチョイ dc16-0GGu• 913から計算通り(イベボスは2倍。 龍 1. 5倍 に太鼓 2倍 で3倍。 比は1. 5倍)。 少量でちまちま参戦させれば、すぐに必要数が膨らむ。 レベルアップで妖力が変わる時も、龍のような高HPでない場合は再計算の都合1度手前で止めるのがいいのか?.

次の

ゲゲゲの鬼太郎 妖怪横丁

ゲゲゲ の 鬼太郎 妖怪 横丁

「地獄」とは何か? それは、 「地獄の片道切符」を使うと行ける場所だ。 で、「地獄」に行くと、 黄色い魂とがうじゃうじゃ浮いてて、 が右下をウロウロしていて、 さらにその右側に、なんかごっついガチャがぴょんぴょん跳ねてる。 そんな場所だ! 要は、 ・1分につき1個のペースで赤魂とセレブ魂がもらえる場所 なお赤魂は25個まで セレブ魂は50個まで溜めておける ・をクリックすると、 横丁ボス魂か、もしくはご当地妖怪を退治でもらえる予約券を、 なんかアイテムと交換してもらえる ・えんまガチャを引くことができる・・・らしい。 おれは『引いたことがない』から、 何が起こるのかは、知らん!!! どっかに書いてあったのは、 「がしゃどくろが100%で出てくる」・・・らしい・ まあ初期プレーヤーができることは魂集めくらいだろう。 そして、 左上の方にある「ホーム」ボタンを押せば、 自分の横丁に、すぐに戻ってこられる。 地獄、恐れるに足らず!!! まあ、このゲームでの「地獄」は、 魂がただで手に入り、との交換もできるので、 どちらかというと 「あまり行ける機会はないけど、行ければちょっとは得だよね」 的な場所だ! ペナルティ的なものは、たぶんない! そんでもって、 自分で「地獄の片道切符」を使うか、 バケトモが使った「地獄の片道切符」で招待されるかで 地獄に行くことができるようになるんだが、 自分で「地獄の片道切符」を使って、 バケトモも、それで地獄に来た場合は、 セレブ魂が100個もらえるらしい。 たまたまお知らせをみたら、そんなログがあったので、うろ覚えている。 困ることはないが、 今回のコラボイベントには何の役にも立たないはずだ! どうも必須らしい! つまり、かなり困ったことになった!まいったな!がははははは! 「極楽」は、さらに縁がないと思うぞ! 行くと、中央に龍がいて、 右と左におっさんだかじいさんだかがいて、 画面上部を天女がぷかぷか漂っている。 龍は「3時間でボス魂ン千個獲得しろ」とムチャ振りしてくる。 右のじいさん?は 「金を払えばアイテムを売ってやる」と言ってくる。 あれ? そういうば「にゃんこ」の方でも 「神」を名乗るネコ顔のおっさんが ネコ基地にアイテムを売りに来たっけ・・・。 左のじいさんは限界突破(これはたぶんリンドリ用語) させてやる、といって、 LV上限の妖怪の上限を、 ある程度の龍魂で1上げることができる。 これでおれのフットのジミーの熟練度は21になった。 ぷかぷか浮かぶ天女は 地獄でいう魂に相当して、 こちらはたぶんスター商品を6分間につき1つくれる。 リンドリコラボ時は「」。 たぶんあれなんだろ、 イベント期間中にスター商品の新商品が出なかった場合は 問答無用で「天女の羽衣」なんだろ。 試してないから知らんけど。 やっぱり 今回のコラボイベントには何の役にも立たないじゃないか! まぁ、 ひょっとしたら極楽に招待される超幸運なバケトモもいるかもしれないから、 そのときに戸惑わないように、これは先に書いておくことにした。 新規判明事項からわかることはいろいろあるが、 「新規プレーヤーが地獄に行ける方法が少ないので どっかでもらった「地獄の片道切符」は 必要になるまで、使わずにとっとけ」 「座敷の福袋から 余るくらい出る (おれの印象。 なぜならノーマルガチャ5回券とか来て欲しいのに それよりも出るから。 ) そんな地獄の片道切符なので 友魂をとにかく集めるべし。 つまり、バケトモを多くするべし。 」 「バケトモが連れてってくれることも かなり多いので (実際今も招待され中) やっぱりバケトモを多くするべし。 」 「たまたま地獄に行けたときに、 まだクトにもなってないのに、 今のうちにと 地獄の交換をするのは絶対にNG! クト要求外の時に 地獄の交換をしても、 当然のごとく、ノーカウント!!! そんな都合のいい話しがあるわけねえだろ!!!!!」 他にもいろいろとあるんだが、すまんが後回し!すまん! 次回は、いよいよイベントの続き!たぶん! yoyrz8oooooo.

次の

妖怪横丁とは

ゲゲゲ の 鬼太郎 妖怪 横丁

概要 [編集 ] 旧作の「ゲゲゲの森」に相当する場所であるが、単なるであったゲゲゲの森とは違いある程度開発が進んでおり、妖怪たちの経営するを中心として様々な施設が存在する(今作では横丁周辺の森が「ゲゲゲの森」と呼ばれる)。 横丁のある場所は人間の世界からは切り離された異世界であり、五箇所ある出入り口の灯篭に灯る炎の力で外界と繋がっている。 つるべ火に頼むことで1日1回のみ外界側の出口を日本各地にある灯篭につなぎ変えることも可能。 元々は人間界と地獄を繋ぐ通路の一部であり、そこに妖怪達が住み着いて街を形成してきた。 ちなみにアニメ第5作放送直後に、幾つかのメディア雑誌で『』に出てくる「不思議な世界」を彷彿とさせるとの評価があり、事実上も作中で千尋が働いた湯屋・「」のような、お歯黒べったりが経営する「大風呂屋敷」が存在する。 基本的に人間は妖怪と一緒でないと入ることは出来ないが、霊力の高い人間が偶然迷い込むこともある。 妖怪横丁にある建物など [編集 ]• 鬼太郎の家(ゲゲゲハウス) とが住む、原作や過去のアニメからお馴染みの。 横丁の通りから外れた原っぱに建っている。 過去作品とは以下の様な内装の違いが見られる。 「霊界テレビ」は無く(妖怪千物語ではある)、とがある。 木の葉の蒲団ではなく、普通の蒲団に寝ている。 部屋の中央にはがあり、時々つるべ火に来てもらう。 第48話で井戸仙人の作った植物活性剤がかかり、意志を持って動き出した事がある。 「ゲゲゲハウス」の呼称は1980年代の商品()化の際に付けられたが、本編で呼ばれたのはこの回が初。 妖怪 が営む。 子泣き爺を筆頭に住民のほとんどが家賃を払っていないため、掃除洗濯や修繕、砂の採取などに扱き使われる事が多い。 家賃はかなり高い(或いは皆の滞納期間が長く溜まっている)らしい。 また、住民が家賃を稼ごうと(人間界でをしたり、ねずみ男などの儲け話に乗ったり)して事件に巻き込まれるのも、今期における導入パターンの一つである。 「家賃を払え! 」「払えん! 」のやりとりは妖怪横丁の名物になっている。 住民は、、、、、ぬりかべ(子泣き爺のルームメイトで家賃は安目だった。 第13話で円満転出)、(第26話から転入)など。 この中で作中で家賃を払っている形跡が明確にあるのは、転出したぬりかべと、途中からネコ娘と共に人間界でアルバイトを始めたろくろ首のみ(もっとも、ろくろ首はその後も家賃関係の待遇で他の住人との間にさほど差が無く、ネコ娘と共に働いてる割には支払いがそれほど順調ではない事も示唆されている)。 大風呂屋敷 が営む。 横丁の建物では最も大きい。 第86話でが住み込み店員になる。 研究所 巨木をくり抜いた構造。 大型テレビがあるため人気番組や重大ニュースが放送される際には仲間が集まって視聴する。 夜行さんは研究に没頭するとろくに掃除をしないせいか、重要施設であるにも関わらず内部はやたらとが積もっているのが玉にキズ。 すましや が営む、油と醸造品(・・など)の店。 饅頭屋 が営む。 よく饅頭をつまみ食いされる。 雑貨屋 が営む。 饅頭屋と雑貨屋は隣同士で、第40話で同日に鬼太郎グッズを発売して熾烈な販売競争を展開した。 この影響で、鬼太郎グッズが妖怪横丁中に流行った。 登場した「ちゃんちゃんこサンド」と「ゲゲゲスナック」は現実に商品化もされた。 化け蛸が営むマッサージ屋• 妖怪寺 大王らしき像が祀られている。 が出現した事もあった。 時々、が読経に訪れる。 一家の家 13話でねずみ男の援助により建造。 親の体格と子の数からしてかなり大きい。 玄関にはなのか「ぬ」一文字。 が営む屋• もめんや が営む反物屋。 も手入れを受けている。 当初は一反木綿の店という設定だったが、放送が進むたびに番組スタッフから「彼の性格は経営向けでないのでは」との意見が出て急遽布に関する妖怪を探すことになり選ばれた絹狸の店という設定になった。 の家 あちこちに家を作っては壊して(または壊されて)移り住んでいる。 38話での子を預かった時は、長屋の裏に比較的まともな小屋を建てていた。 の芝居小屋• ひのわや が営む運送屋。 店員はと。 火車は住み込みらしく、買った餅を店内に保管していた。 妖怪桜 『妖怪千物語』に2度登場。 春に住民がこぞってをする。 1度目はが襲来、2度目は豆腐小僧のカビ豆腐騒ぎと災難続き。 時計塔 アトラクション映像『妖怪王ベリアル』に登場。 悪魔などの西洋妖怪が封印されている。 なお、ねこ娘の家はどこにあるかは不明。 ゲーム [編集 ] ゲゲゲの鬼太郎 妖怪横丁 ジャンル 対応機種 PC(Win・Mac) 開発元 運営元 メディア ネットワークダウンロード 運営開始日 ダウンロード コンテンツ : あり テンプレートを表示 『 ゲゲゲの鬼太郎 妖怪横丁』は、2013年9月9日からで提供されている制作のPC向けソーシャルゲーム。 基本プレイは無料(アイテム課金)。 アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』に登場する街「妖怪横丁」を舞台に、プレイヤーがお店を繁盛させたり、仲間を増やして妖怪を退治しながら横丁を発展させていく育成シミュレーションゲームである。 2014年12月15日に()版として「ゲゲゲの鬼太郎 妖怪市集」が、、などの繁体字圏で開始。 2015年2月12日ににてモバイルブラウザ版の提供を開始。 本ゲームはYahoo! モバゲー開催の「Yahoo! Mobage Award」にて、2013年に「ルーキー賞」、2014年に「ユーザーが選ぶベストタイトル賞」を受賞している。 2018年12月25日から2019年1月19日に、鬼太郎と協力する側として、のとのコラボレーションを行った。 著名人を起用した企画はこれが初となった。 脚注 [編集 ] [].

次の