北海道 大麻 自生。 阿片(アヘン)が作れるケシの花の見分け方【栽培注意】

日本で大麻・マリファナを入手する方法(非合法)

北海道 大麻 自生

海外のシードバンクから取り寄せた大麻の種をお手軽な価格で通信販売しています。 輸入した商品を日本国内に保管し、発送しますので安全確実にお届けできます。 当店は日本の法律を遵守しております。 ご理解を前提の上で、コレクターズアイテム・観賞用として販売しております。 お取引の手順• メールの受信に関してトラブル事例があります。 くわしくは をご確認ください。 お支払い方法は、銀行振り込み(セブン銀行 または ゆうちょ銀行)• 送料は全国一律500円• 2個以上のお買い物で送料が無料になります。 郵便局のレターパックで発送、配送方法が選べます(すべて追跡番号によりネットで確認できます)。 お留守の場合は不在票で対応します。 宅配ボックスは利用できません。 サイン不要。 注意:レターパックのサイズは34cm x 25cmです。 二つ折りにできないので小さい郵便受けの場合は対面手渡し、お留守の場合は不在票で対応する場合があります。 宅配ボックスは利用できません。 日本全国の郵便局に対応します。• 24時間ご注文をお受けします。 土日祝日も配達しますが、受け取りの時間指定はできません。 商品は入金確認後おそくても翌日中に発送します。 配達は発送の翌日か翌々日になります(一部離島を除く。 交通事情に左右される場合がございます)。 一度のお取引では、総額50,000円を上限とさせていただきます(転売防止のため)。 よくある質問• 購入エラーになる。 COOKIEの無効が考えられます。 ご確認ください。• 商品の名義を教えてください。 雑貨またはPC部品、DVDとしてお送りします。• 到着の日数は? 発送の翌日か翌々日の到着になります(一部離島を除く。 交通事情に左右される場合がございます)。• 大麻種の購入は違法ではないのですか? 購入は合法、発芽栽培は違法です。• 個人情報の扱いはどうなっていますか? 当店ウェブサイトのサーバーは米国で運営されています。 また、個人情報はお取引終了後にサーバーから削除しています。 安心してお申し込みください。• 返品はできますか? 良品・使用後の返品はできません。 特定商取引法に基づく表記• 運営者 ZuluSistas• 商品以外の必要代金 送料 全国一律500円• 申し込みの有効期限 ご注文日より3日間。• 支払方法 銀行振り込み• 支払期限 ご注文から3日以内• 引渡し時期 即日発送を致します。• 返品・交換について 返品・返金はお断りします。 個人情報取り扱い、その他• 個人情報保護の重要性を認識し、適切に利用し、保護することが社会的責任であると考え、個人情報の保護に努めることをお約束いたします。 個人情報とは、個人に関する情報であり、氏名、生年月日、性別、電話番号、電子メールアドレス、職業、勤務先等、特定の個人を識別し得る情報をいいます。 当店は、お取引終了後に個人情報はすべて破棄します。 商品は目視で品質確認し、そのままの状態で販売しています。 観賞用大麻種として、購入後のクレーム、返金等は一切お受けしませんのでご注意ください。 また当店の運営、商品は日本の法律(大麻取締法、麻薬及び向精神薬取締法、麻薬特例法)に準拠しています。 栽培を目的とした商品ではありませんし、 栽培を目的としたお客様にはお売りできません。 当店ウェブページで使用されている画像の著作権は全て当店に帰属します。 画像はイメージであり当店商品を直接表現したものではありません。 国外の類似の商標等とは 直接の関係はございません。 当店は日本国内でのみ営業しています。 海外への発送は出来ません。 また時期によりパッケージ等の仕様が異なる場合がございます。 種の売買は違法ではありませんが、栽培したり発芽させようとする試みは罪に問われる恐れがありますのでご注意ください。 また、大麻草の栽培を目的とした種の所持は準備行動とみなされ罪に問われる可能性があります。 他者に大麻使用を勧めたり栽培を唆す行為、示唆する画像や文言を使用することは法律に抵触する恐れがあります。 当ブログの記事は海外のブログを翻訳、加筆したものです。 違法行為を推奨するものではありません。 お買い物カゴでのデータ入力、送信は、SSL暗号通信により、お客様のウェブブラウザーとサーバ間の通信がすべて暗号化されるので、ご記入された内容は安全に送信されます。 大麻取締法で完全に違法とされる行為は• 栽培を目的とした発芽可能な種の入手• 発芽可能な種を海外から持ち込む• 大麻草を育てる、収穫する• 乾燥など加工した大麻草の金銭を伴う譲渡• 大麻草を所持すること、ただし吸引は合法 等が考えられますが、熱処理などを施し発芽能力をなくした種の売買は食品として広く行われています。 種に関する脱法行為とは、名目上あるいは言い訳として「観賞用」「コレクターズアイテム」としての売買に問題はない、という解釈です。 ネットが普及する以前には街中の雑貨店で、最近はネット空間で、観賞用名目の大麻の種が堂々と販売されて、取り締まりの目を潜り抜けています。 検挙の実例、実際の栽培行為はどのようにしてバレるのか? 大麻草の臭いは強烈でわかる人は、すぐにわかります。 また大規模なプラント施設にかかる水道光熱費、あるいはボヤ程度の火災、 そして当事者本人による暴露、友人知人に自慢してそこから警察の耳に入るようです。 しかし一番の理由は、観賞用とうそぶいて種を堂々と売っている業者が検挙され芋づる式に栽培者が摘発されていくことです。 大麻の栽培は既遂だけでなく未遂の場合も検挙される• 発芽していなくても種を土の中に埋めただけで栽培の既遂に該当する• 観賞名目で販売し栽培目的とは気付かなかった、とする販売業者の言い訳は、売った相手が栽培に着手した時点で通用しなくなる。 つまり一人の違法栽培者を検挙して販売元を特定できれば、あとはメールの履歴などをたどって購入者を特定できるということです。 日本国内で種を所持すること、購入することは違法ではありません。 実際、食品や調味料に使用されているからです。 ただし熱や放射線によって発芽しないような処理が施されています。 発芽可能な種子を手に入れるためには、大麻の栽培が合法な国から輸入するしか方法はありません。 しかし不発芽処理されていない生の種は禁輸入商品として扱われ、むやみに輸入することは出来ず、密輸という非合法な手段をとることになります。 都市伝説的な話として、税関にて密輸した大麻種が発見されたとしても、そのまま放置され発送先を特定し密輸入者が栽培に着手し発芽したころを見計らって麻薬取締局が現場に踏み込む、とまことしやかに語られていますが、果たして本当の事なのでしょうか? 実際には税関で禁輸入品が発見された場合は、送り先に連絡したうえで、輸入品廃棄同意書を郵送し、確認を取ったうえで廃棄されることになっています。 違法薬物の取り締まりに関しては、件数があまりにも多いので既遂事件でなければ検挙されない、というのが実態のようです。 承知の通り、日本においては許可を持たない者が大麻の栽培や種、茎などを収穫することは禁じられています。 営利目的または趣味で大麻を育てようとする者は、山奥に引きこもって自家製の畑やビニールハウスを作って、そこで大麻の栽培収穫を行います。 昨今の異常気象や台風などの災害で、安定した量の大麻草を栽培することは非常に困難な状況にあります。 また自然の環境下での収穫は年に一度に限られてしまいます。 営利目的での栽培となると、空調や温度等を一定に管理して室内で栽培することになります。 利点として、• 年に三回以上の収穫が期待できる。 品質の高い大麻草を収穫できる。 街中のマンションの一室や一軒家が利用できる。 欠点として• 照明、空調、給水のための配管など設備投資に大きなお金が必要になる。 強い照明を長時間使用するため火災などが発生する可能性。 臭い漏れや水蒸気の発生などで不審がられて発覚する。 使用する電気代や水道代が莫大で、そこから不審がられる。 また賃貸住宅が利用される場合が多いので、室内に吸着した臭いの処理やカビの発生による後始末など、それなりの費用が必要になります。 大麻マリファナを栽培するためには、発芽能力のある種を入手しないといけません。 日本で発芽可能な種は、厳重な管理のもと国から栽培を許可された農家あるいは法人が購入することができます。 しかし現状はインターネット通販や雑貨店などから購入が可能とされています。 不思議な話かもしれませんが、種そのものを購入することには如何なる法的な制約もありませんし観賞用、コレクターズアイテム名目で購入している人が後を絶ちません。 しかし栽培に着手した瞬間、つまり手にした種を土の中に埋めただけで発芽の有無にかかわらず大麻取締法違反で検挙の対象になります。 簡単に日本国内での大麻栽培等に関する条例を列記しておきます。 国内で大麻の種を流通させることには何の規制もありません。 取のエサや調味料、食品として取引が行われています。 海外から種を取り寄せる場合は、熱や放射線により発芽しないよう処理されたものに限り輸入可能であります。 この条例は厚生労働省の専門部署(麻薬取締局)が大麻取締法に基づいて執行されています。 海外では大麻の吸引が合法な国が多く存在します。 個人で、それらの国のショップから種を輸入することは難しいことではありません。 その場合は送り先に「輸入品の破棄」に関する連絡が入り、半ば強制的に焼却処分されるか、あるいはおとり捜査として関係者を芋づる式に検挙する道具に使われる可能性もあります。 古くから日本では大麻草やそこから収穫された種、茎、葉などが繊維産業や神事などに活用されてきました。 北海道の気候風土は大麻栽培に適しており、大切な収入源として多くのアイヌ民族が携わってきました。 今でも北海道各地には野生の大麻草の自生群が点在し、愛好家や外国人バックパッカーによる伐採が見受けられます。 残念ながら野生の大麻草とはいえ伐採行為そのものが日本の法律に抵触しています。 夏になると多くの若者が季節労働者として北海道に上陸しますが、その多くが大麻伐採と吸引、種の収穫が目的とも言われています。 行政は定期的な伐採を行っていますが、何も知らされていない伐採業者が大麻草で焚き火をし、煙を吸い込んで健康被害を被ったりすべてを理解している業者による大麻草や種の横流し販売が大きな問題になっています。 一般的に、欧米のシードバンクと呼ばれる業者やブリーダーは大麻成分の濃度を極限まで上昇させた種を開発し販売しています。 野生で自生している大麻草にはこの成分はほとんど含有していない、というのが行政の正式な認識ですが実際は、十分な大麻成分が含まれており愛好家の要求に十分応えられるレベルにあるといえます。 だからこそ野生の大麻を求めて多くの若者たちが夏の北海道に集結すると考えられます。 欧米先進国で大麻マリファナの吸引合法化の傾向が止まりません。 吸引が合法化されれば当然のように栽培、収穫、販売が合法化されます。 あるいは罰則なしの違法行為という扱いになります。 また欧米のみならず、本来麻薬関連の犯罪には厳罰で対応してきたタイ等、アジア諸国においても合法化の傾向が現れています。 先に述べた、罰則なしの違法行為という扱いは欧米人らしい合理的な考えで面白いと思うのですが、平均年齢80歳の日本の政治家には理解できない発想なのでしょう。 あるいは酒やたばこの利権を手放したくないので無視しているのかもしれません。 逆に、最初に利権ありきで大麻の栽培と販売を一手に引き受ける企業と欲深い政治家が組めば、案外あっさりと解禁されるのかもしれません。 まずは沖縄と北海道に大麻特区を作って、ショップを作れば税収の大幅な増加が見込めると思います。 さて来年真夏の炎天下にオリンピックが開かれるようです。 外交特権に近いカタチが選手団が入国しますが、合法化の国の選手が手ぶらで来るはずがありません。 国家の威信をかけたイベントで失態は許されません。 おそらくは日本人お得意の見て見ぬふり作戦かもしれません。 そこを突破口にして、いっきに合法化。 「まずは医療大麻解禁」などではなく一気呵成に押しまくるのがよろしいかと思います。 最近の投稿• 検索: 検索.

次の

北海道の自生大麻|ZuluSistas

北海道 大麻 自生

古くから日本では大麻草やそこから収穫された種、茎、葉などが繊維産業や神事などに活用されてきました。 北海道の気候風土は大麻栽培に適しており、大切な収入源として多くのアイヌ民族が携わってきました。 今でも北海道各地には野生の大麻草の自生群が点在し、愛好家や外国人バックパッカーによる伐採が見受けられます。 残念ながら野生の大麻草とはいえ伐採行為そのものが日本の法律に抵触しています。 夏になると多くの若者が季節労働者として北海道に上陸しますが、その多くが大麻伐採と吸引、種の収穫が目的とも言われています。 行政は定期的な伐採を行っていますが、何も知らされていない伐採業者が大麻草で焚き火をし、煙を吸い込んで健康被害を被ったりすべてを理解している業者による大麻草や種の横流し販売が大きな問題になっています。 一般的に、欧米のシードバンクと呼ばれる業者やブリーダーは大麻成分の濃度を極限まで上昇させた種を開発し販売しています。 野生で自生している大麻草にはこの成分はほとんど含有していない、というのが行政の正式な認識ですが実際は、十分な大麻成分が含まれており愛好家の要求に十分応えられるレベルにあるといえます。 だからこそ野生の大麻を求めて多くの若者たちが夏の北海道に集結すると考えられます。 投稿ナビゲーション.

次の

フリーダムすぎる北海道の大麻事情に迫る!(2015年9月29日)|BIGLOBEニュース

北海道 大麻 自生

画像は、Thinkstockより 大麻( マリファナ)好きの人間の間では常識となっている話で、北海道には自生する野生の大麻が生えているという話をご存知だろうか。 あのレゲエの神様 ボブ・マーリーが初めてストーンした(キマって動けなくなること)のも北海道の野生の大麻だったという。 そんな大麻を毎年北海道に収穫しに行っていたバイカー高田(仮名・40代男性)に詳しく話を聞くことができた。 この話は本人の記憶によると約10年~20年前の話なので、現在北海道の野生大麻がどうなっているかはわからない。 んじゃとりに行ってみよう!」って行ってきたヤツがいたんだよね。 北海道でとってきた大麻を一緒に吸いながらその話を聞いていて、場所も地図を見ながら「この辺」とか言ってくるから「んじゃ俺も行こう!」ってなって友達と計画を立てたんだよ。 北海道って昔からバイクツーリングのメッカでさ。 その街に川が流れてて、その川沿いにあるよって聞いたんで、まずはそこに行ってみたんだよ。 今考えると、そんな情報だけで行っちゃうってのも凄いよね(笑) でもさ、本当にあったんだよ。 見つけたのは夜だったね。 あれはよく見つけたなと思ったけど、その場でとってきた。 だいたい9月の終わりから10月中旬ぐらいの間の2週間ぐらい、ツーリングと称して行ってた。 大麻は一年草だから毎年収穫できるんだよ。 実りの秋が毎年楽しみだったね。 毎年行ってると、いつもいなかった場所に警察がいたり、最後の方では、それまでいなかった白バイが出てきたりしたから、安全な場所の情報とか、キャンプできる場所を、帰ってきて仲間に伝えたりもしてた。

次の