千堂 あきほ wikipedia。 Wikizero

千堂武士

千堂 あきほ wikipedia

ボクサーとして [ ] なにわ拳闘会所属のプロボクサー。 元日本チャンピオン。 WBC同級3位(単行本125巻現在)。 「浪速のロッキー 」「浪速の虎」 の異名を持ち、に匹敵するほどの豪腕を誇るインファイター。 基本に忠実な一歩とは異なり、攻撃に特化している野性的なタイプ。 一歩と同等かそれ以上のパンチ力とひと蹴りで相手との間合いを詰めるフットワークを持つなど、作中でも屈指のボクサーである。 一歩と戦った日本フェザー級タイトルマッチにおいてミックスアップで、一歩の限界を超えた力を引き出し、トレーナーの鴨川をして「なんという好敵手」と称賛せしめた。 生年月日は(一歩より一歳歳上、初登場時19歳)。 身長168cm。 のB型。 来歴 [ ] 生まれてすぐ母が死に、5歳の時にだった父は千堂と同じ年だった子供を救助した際に殉職している。 を営む祖母と暮らすようになり、祖母から「父親のように人を守れる男になれ」といわれて育つ。 同級生をイジメやカツアゲから守るため上級生の集団にも単身向かっていくなど喧嘩に明け暮れ、高校時代には近隣を牛耳るだった(この頃にと知り合っている)。 「強さとは何か」を求め続け、なにわ拳闘会の練習生を一方的に叩きのめした際柳岡トレーナーに出会い、ボクシングを始め日本一強い男を目指す。 で対戦が決まった一歩の偵察に来た際に6階級も違うにスパーリングを挑み、舐めてかかる鷹村を挑発して顔面にスマッシュを決めて見せる。 これで鷹村を本気にさせ一撃で失神させられたが、この時の威勢の良さを気に入られ、鴨川ジムの面々とも打ち解けた。 一歩が拳の骨折が完治しないまま臨んだで最初に拳を交え、KO寸前まで圧倒するも最後は一歩が放ったテンプルへの一撃で意識を失いながら戦い、結果コーナーから立ち上がることが出来ず3R棄権試合(TKO)で敗北。 が返上した日本フェザー級王座決定戦でと戦い、一進一退の攻防を繰り広げ若干劣勢になるも、とも思われる判定で辛勝した。 タイトル初防衛戦では「スピードスター」の異名を取ると対戦、圧倒的な力を見せつけ1R67秒でKO勝ちした。 2度目のタイトル防衛戦では茂田晃と対戦。 サウスポーの茂田にペースを完全に封じ込まれるも、一歩に敗戦した後に徹底的に強化した下半身を使いこなせるようになり、殺人的なラッシュの反撃を浴びせ、レフェリーストップで3RKO勝ち。 茂田を恐怖から拳そのものに恐怖を覚えるパンチ・アイにまで陥いらせる怪物ぶりを見せた。 3度目のタイトル防衛戦で一歩との宿命の再戦を迎える。 しかし今度は最後まで意識を失うことなくテンカウントを聞いた。 その後は鷹村の世界戦や沢村や星の試合に顔を出す。 世界王者リカルド・マルチネスを倒し世界タイトルマッチで一歩と三度目の対決を迎えることを目指し、世界挑戦権獲得と武者修行のため「どつくリスト」をひっさげて各地のジムにのようなスパーリングを行って回った。 性格 [ ] 関西弁を喋り闘争心旺盛で気性が荒く、強敵と限りない拳の応酬を交わした上で勝つことを至上の喜びとするまさにボクサーになるため生まれたような人物だが、いつも群がってくる近所の子供達にファイトマネーで褒美を買ってやったり、後輩や入院した顔見知りの面倒をみたりと義理人情に厚い熱血漢で愛嬌あふれるお調子者でもある。 折角貰った土産物を新幹線のホームに置き忘れて一歩に郵送してもらったり、試合会場に待たせていた後輩の星をそのまま置いてけぼりにしてしまったりするなどのボケっぷり。 しかしながら、タイトルマッチに敗れ、ベルトを奪われる結果を迎えても、肩を落とすことなく堂々と胸を張ってリングを降りるなど最後の最後まで王者たる風格を一歩達に見せつけるなど、器は大きい。 普段はお調子者だが「みんなを守る」という父の遺志を強く受け継いでおり、自分から他人に喧嘩を売る事はないが弱い者が虐げられるのを絶対に無視できず守り助ける為ならどんな強敵にも立ち向かっていく熱い正義漢である。 中学時代の恩人である教師を元夫のつきまといから守ろうと自分の家に来るよう説得した。 大の猫好きで、自身の飼い猫のみならず出会った猫と片っ端から友達になるのが特技であり趣味。 尊敬するボクサーは(「映画のロッキーとは違う」と自ら注釈をつけているが、一歩戦では映画のロッキーのようになった)。 鷹村のファン。 (先述した総合的な防御面の弱さを差し引いても)ボクサーとしては対戦相手の弱点を冷静に分析し、巧みな駆け引きを行うなど戦略眼でも優れたものを持っており、宮田の父に「したたか」と評され、世界が認める名伯楽のビル・スチュワートも、自身が育てたメキシカンボクサーとの戦いをみて、潜在能力の高さを認めた。 現在は一歩との三度目の対決にむけて闘志を燃やしているが上京時はよく鴨川ジムに現れジムメンバーと交流している。 対照的な性格の宮田一郎からは避けられることが多く、声をかけてもよく無視されていたが生意気な態度に文句を言いながら彼のスパーにずっと付き合ってあげたり、宮田のピンチに静まり返る試合会場で一人だけ熱心に応援したり悪い関係ではない。 同じタイプの人種のとは不良時代に面識があり、ボクサーとなってからもお互いの力量を心の内で認め合っている。 沢村が一歩と戦った後に病院送りされた時もいち早く見舞いに訪れたり、間柴戦の直後に交通事故を起こし選手生命を断たれた沢村のボクサーとしての最期の姿を見届けた。 後輩の星洋行からは兄貴分と慕われている。 その他 [ ]• 一歩に負けず劣らずな巨根の持ち主で鷹村をして「タダゴトじゃないサイズ」と言わしめた。 TV第2期版では、鷹村がブライアン・ホークを破った直後のインタビューで下品な発言をして観客の大顰蹙を買った中で大笑いしていた。 得意技 [ ] スマッシュ フックとアッパーの中間の、斜め下から突き上げる強打。 の得意パンチとして有名。 中学時代に大勢の人数を相手にする状況を打破すべく、一撃で確実に相手を一人倒すため自身で研究し考案した。 低空スマッシュ 威力を上げたスマッシュ。 体ごと沈ませて突き上げるフォームだが、アニメでは拳をマットすれすれから突き上げる。 右腕のスマッシュ サウスポースタイルにスイッチして利き腕で打つ。 鷹村とのスパーリングにて漫画で初披露し、アニメでは左のスマッシュに変更された。 右ストレート 初期はガードをこじ開け、カウンターにも使っていた。 フェイント 殺気を入れて行い、スマッシュと組み合わせても使う。 デンプシー・ロール破り ステップ・インで強引にを出す際のウィービングを止める。 真田一機と武恵一も実行しているが、千堂は無意識に行った。 対戦成績 [ ] 西暦が不明であるため、便宜上、一歩の鴨川ジム入門後の経過年数と本人の年齢を表記する。 23戦21勝20KO2敗(現時点判明分) 戦 日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考 1 1年目(18歳) 勝利 1R 0:50 KO 石野 プロデビュー戦 2 不明 勝利 KO 不明 3 不明 勝利 KO 不明 4 不明 勝利 KO 不明 5 不明 勝利 2R KO 不明 6 不明 勝利 KO 不明 西日本新人王決勝 7 2年目(19歳)2月末 敗北 3R 3:00 TKO (鴨川) 全日本新人王決定戦 8 不明 勝利 KO 不明 9 不明 勝利 KO 不明 10 不明 勝利 KO 不明 11 不明 勝利 KO 不明 12 不明 勝利 KO 不明 13 不明 勝利 KO 不明 14 3年目(20歳)4月 勝利 10R 判定 (音羽) 日本フェザー級王座決定戦 15 199X年 4年目(21歳)7月 勝利 1R 1:07 KO (河合) 日本フェザー級王者防衛戦1 16 199X年 4年目(21歳)9月下旬 勝利 3R 0. 41 KO 茂田晃(新日本) 日本フェザー級王者防衛戦2 17 199X年 4年目(21歳)11月20日 敗北 7R 1:32 KO (鴨川) 日本フェザー級王者防衛戦3 18 199X年 5年目(22歳) 4月末 勝利 1R 1:33 TKO 不明 (再起戦) 19 199X年 7年目(24歳) 5月25日 勝利 KO ホセ・ラミレス 20 不明 勝利 KO 不明 21 不明 勝利 KO 不明 22 不明 勝利 KO 不明 23 199X年 8年目(25歳)4月頃 勝利 8R KO ホセ・ナーゴ 備考 [ ] モデルは実際に「浪速のロッキー」の名で知られ、引退後はタレント・俳優として活躍している元プロボクサーの。 フェザー級タイトルマッチでの一歩との試合は、作者が「最終回のつもりで描いた」と述べるなど、作中屈指の盛り上がりを見せた。 この試合はベストバウト人気投票で最も一位に選出されている回数が多く、またアニメ一期のクライマックスにもなっている。 『』創刊号に掲載された特別読み切り『はじめの一歩外伝 浪速の虎』では主人公として中学生の頃の不良時代が描かれた。 後に単行本84巻に収録されている。 脚注 [ ] []• いわゆる、映画の方ではなく、千堂自身はのロッキーを自称している。 初期は「ロッキー」、対ヴォルグ戦前後から「虎」と呼ばれるようになった。 また「浪速の虎」は高校不良時代の呼び名でもある。 森川ジョージ「一歩の恋人」『はじめの一歩 11』講談社、1991年12月13日、、21頁。 森川ジョージ「どつき合いが好き!! 」『はじめの一歩 11』37頁。 ただし、鷹村とピーター・ラビットソンが泥仕合いを繰り広げた際は伊達共々他の観客同様ブーイングを飛ばしていた。 第11巻 Round 89• 第12巻 Round 98~第13巻 Round 107 この時点で6戦6勝6KO(第11巻 Round 89より)• 第23巻 Round 199~204• 第25巻 Round 222・223• 第27巻 Round 239~第28巻 Round 242• 第29巻 Round 251~第30巻 Round 267 この時点で16戦15勝14KO1敗(第28巻 Round 248より)• 第51巻 Round 462• 第75巻 Round 706• 第110巻 Round 1086~第111巻 Round 1092 この時点でメキシコ人を4人倒している。

次の

千堂あきほの今現在や昔の事務所と盗聴犯は?旦那や子供と年収がヤバい![ナカイの窓]

千堂 あきほ wikipedia

千堂 あきほ(せんどう あきほ、 - )は、の、、元である。 を活動の拠点とする。 主な経歴• 、『』の全国大会に進出し、芸能事務所『』の社長氏にされ芸能界に入る。 (同のは、準グランプリは)デビュー前は、事務所の電話番や事務などで勤務もしていた。 後に本人がレギュラーTBSラジオ番組『清水国明・千堂あきほの真夜中ジャンクション』で語っている。 1月25日、『It's a Melody』でからとしてデビュー。 当初は、同じレコード会社、同じ日デビューのAKEMI、広田恵と共にバンドブームの中、新生本格派女性ボーカリストして売り出された。 ライブハウスを拠点とする地道なライブ活動をスタートさせる。 深夜バラエティー番組『』の司会で人気に火がつき、の(の)と言われた。 その後、女優業に専念し、、、など幅広く出演。 のに指導者の男性と結婚。 2010年まで関西、2011年からを拠点にして活動する。 、第一子(長女)を出産したことが、オフィシャルサイトDiary()で発表された。 、第二子(次女)を出産したことが、オフィシャルサイトDiary(4月16日)で発表された。 から、の・の「」にてのに���帰。 (園田)出身。 演劇科1期生。 のの中には、後にの陰山メソッドで有名になったもいた。 女優としては『』や『』、『』などでの硬派で大人の女性役や有能なキャリアウーマン役で成功。 2017年6月3日放送の『かんさい土曜ほっとタイム』で、この年に他界した父親への謝意を述べた際に、自身の性格を「私は見た目は大雑把に見られがちですが、実は物凄く深く考え込む性格なんです」と語っている。 現在は、夫の実家がある札幌市内で三世代で暮らしている。 出演作品 テレビドラマ• 『バラ色の人生』(、)• 『』(、フジテレビ) - 田代由美 役• (1991年1月 - 3月、フジテレビ) - 長崎尚子 役• (1991年10月 - 12月、)• (1月、テレビ朝日) - 第2話ゲスト 本人役• (1月 - 3月、フジテレビ) - 大槻沢子 役• (、) - マドンナ 役• (1994年7月 - 9月、)• (日本テレビ)• 「」シリーズ(1994年 - 1996年) - 椎田美奈子 役• 「4」(1999年) - 三島真知子 役• 「」(2000年) - 小田切由希 役• (10月 - 12月、日本テレビ) - 風間泉 役• (、テレビ朝日) - 大沢江里子 役• (1997年、テレビ朝日)• (1月 - 3月、日本テレビ) - 麻生希美子 役• (、) - 小池理香子 役• (、NHK) - 祥子 役• (、NHK)• ( - 1月、) - 後藤礼子 役• (2007年10月13日 、) - 牧芳子 役• 君の瞳に両想い のDVDに収録)(2010年12月31日、日本テレビ) バラエティ・情報番組• 二代目Page7として出演(1990年4月-1990年9月 )• (7月 - 3月、フジテレビ) - 司会進行役• (1990年3月 - 1991年3月、テレビ朝日) - と共に進行役• 日曜はパジャマ(1990年、) - 自社製作の深夜情報番組、と共に進行役• (1990年 - 1991年3月、) - 解答者• (1991年4月 - 10月、日本テレビ) - 解答者• (1992年1月12日(第598回) - 1994年9月25日(第708回)、テレビ朝日) - 解答者• (- 3月、) - 金曜レギュラー• (11月2日 - 2月12日、NHK総合) - 不定期出演• レジェンド・ゴールド()• (フジテレビ)• ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 大晦日年越しスペシャル『絶対に笑ってはいけないスパイ24時』(2010年12月31日) - VTR のみ• (2014年4月2日 - 2015年3月18日、) - 水曜コメンテーター• (2014年10月13日 - 2015年3月16日、フジテレビ) - マネースクーパー• (2016年4月29日、) - ゲスト• (2017年1月22日、TBSテレビ) ラジオ• と千堂あきほの夜はこれから(1990年10月 - 1991年3月、)• ・千堂あきほの真夜中ジャンクション(1991年4月 - 1992年3月、TBSラジオ)• (1991年4月 - 1991年9月、文化放送) - 火曜日担当• 千堂あきほのときめきCRESCENDO(1991年10月 - 9月、)• のオープンに伴い、シーガイア内にDJブース置き、シーガイアの状況を全国に向けてFMラジオ放送。 番組内では、のキャンペーンソング「Take Me To The Sunshine」「When We Dance」を必ずかけていた。 スティングのシーガイアCM降板に伴い、番組も打ち切りになった模様。 (1994年、??)• (4月 - 2019年、)基本的に月1回ペースのパーソナリティ出演。 ドンを撃った男(1999年) - 成田和江役 CM• (1990年)• 生酒(1991年)• プチ・ミール(1992年)• タフワイド(1992年)• トライデントシュガーレスガム(1991年 - 1995年)• (1994年)• ビアっこ生(1994年)• ヘリオス大阪(2006年9月 - ) 写真集• 『マティエール』(1990年11月15日 TIS 撮影:) C0076• シングル• It's a Melody/ハートはレプリカ(1990年1月25日)• 硝子のECSTASY/Sweet Noise(1990年6月25日)• TOO BIG/悪魔とドライブ(1990年10月25日)• シースルー/KISS(1991年6月17日)• LADY,WHO/ON FIRE(1992年4月25日)• シークレットラヴ/ジェリービーンズの雨(1993年1月25日)• 素敵になりたい/缶ビールのロンリネス(1993年10月10日)• 切ない勇気/さよならの彼方(1994年8月10日) アルバム• AQUIHO(1990年2月25日)• HOT BOX(1991年6月17日)• 千客万来(1992年4月25日)• 5月の風のように(1993年3月25日)• Romantics(1993年12月10日)• REFINE(1994年9月25日) ビデオ VHS• サポーター 関連項目• 外部リンク• (現在の所属事務所)の公式サイト• (千堂がイメージタレントとして出演).

次の

Wikizero

千堂 あきほ wikipedia

ボクサーとして [ ] なにわ拳闘会所属のプロボクサー。 元日本チャンピオン。 WBC同級3位(単行本125巻現在)。 「浪速のロッキー 」「浪速の虎」 の異名を持ち、に匹敵するほどの豪腕を誇るインファイター。 基本に忠実な一歩とは異なり、攻撃に特化している野性的なタイプ。 一歩と同等かそれ以上のパンチ力とひと蹴りで相手との間合いを詰めるフットワークを持つなど、作中でも屈指のボクサーである。 一歩と戦った日本フェザー級タイトルマッチにおいてミックスアップで、一歩の限界を超えた力を引き出し、トレーナーの鴨川をして「なんという好敵手」と称賛せしめた。 生年月日は(一歩より一歳歳上、初登場時19歳)。 身長168cm。 のB型。 来歴 [ ] 生まれてすぐ母が死に、5歳の時にだった父は千堂と同じ年だった子供を救助した際に殉職している。 を営む祖母と暮らすようになり、祖母から「父親のように人を守れる男になれ」といわれて育つ。 同級生をイジメやカツアゲから守るため上級生の集団にも単身向かっていくなど喧嘩に明け暮れ、高校時代には近隣を牛耳るだった(この頃にと知り合っている)。 「強さとは何か」を求め続け、なにわ拳闘会の練習生を一方的に叩きのめした際柳岡トレーナーに出会い、ボクシングを始め日本一強い男を目指す。 で対戦が決まった一歩の偵察に来た際に6階級も違うにスパーリングを挑み、舐めてかかる鷹村を挑発して顔面にスマッシュを決めて見せる。 これで鷹村を本気にさせ一撃で失神させられたが、この時の威勢の良さを気に入られ、鴨川ジムの面々とも打ち解けた。 一歩が拳の骨折が完治しないまま臨んだで最初に拳を交え、KO寸前まで圧倒するも最後は一歩が放ったテンプルへの一撃で意識を失いながら戦い、結果コーナーから立ち上がることが出来ず3R棄権試合(TKO)で敗北。 が返上した日本フェザー級王座決定戦でと戦い、一進一退の攻防を繰り広げ若干劣勢になるも、とも思われる判定で辛勝した。 タイトル初防衛戦では「スピードスター」の異名を取ると対戦、圧倒的な力を見せつけ1R67秒でKO勝ちした。 2度目のタイトル防衛戦では茂田晃と対戦。 サウスポーの茂田にペースを完全に封じ込まれるも、一歩に敗戦した後に徹底的に強化した下半身を使いこなせるようになり、殺人的なラッシュの反撃を浴びせ、レフェリーストップで3RKO勝ち。 茂田を恐怖から拳そのものに恐怖を覚えるパンチ・アイにまで陥いらせる怪物ぶりを見せた。 3度目のタイトル防衛戦で一歩との宿命の再戦を迎える。 しかし今度は最後まで意識を失うことなくテンカウントを聞いた。 その後は鷹村の世界戦や沢村や星の試合に顔を出す。 世界王者リカルド・マルチネスを倒し世界タイトルマッチで一歩と三度目の対決を迎えることを目指し、世界挑戦権獲得と武者修行のため「どつくリスト」をひっさげて各地のジムにのようなスパーリングを行って回った。 性格 [ ] 関西弁を喋り闘争心旺盛で気性が荒く、強敵と限りない拳の応酬を交わした上で勝つことを至上の喜びとするまさにボクサーになるため生まれたような人物だが、いつも群がってくる近所の子供達にファイトマネーで褒美を買ってやったり、後輩や入院した顔見知りの面倒をみたりと義理人情に厚い熱血漢で愛嬌あふれるお調子者でもある。 折角貰った土産物を新幹線のホームに置き忘れて一歩に郵送してもらったり、試合会場に待たせていた後輩の星をそのまま置いてけぼりにしてしまったりするなどのボケっぷり。 しかしながら、タイトルマッチに敗れ、ベルトを奪われる結果を迎えても、肩を落とすことなく堂々と胸を張ってリングを降りるなど最後の最後まで王者たる風格を一歩達に見せつけるなど、器は大きい。 普段はお調子者だが「みんなを守る」という父の遺志を強く受け継いでおり、自分から他人に喧嘩を売る事はないが弱い者が虐げられるのを絶対に無視できず守り助ける為ならどんな強敵にも立ち向かっていく熱い正義漢である。 中学時代の恩人である教師を元夫のつきまといから守ろうと自分の家に来るよう説得した。 大の猫好きで、自身の飼い猫のみならず出会った猫と片っ端から友達になるのが特技であり趣味。 尊敬するボクサーは(「映画のロッキーとは違う」と自ら注釈をつけているが、一歩戦では映画のロッキーのようになった)。 鷹村のファン。 (先述した総合的な防御面の弱さを差し引いても)ボクサーとしては対戦相手の弱点を冷静に分析し、巧みな駆け引きを行うなど戦略眼でも優れたものを持っており、宮田の父に「したたか」と評され、世界が認める名伯楽のビル・スチュワートも、自身が育てたメキシカンボクサーとの戦いをみて、潜在能力の高さを認めた。 現在は一歩との三度目の対決にむけて闘志を燃やしているが上京時はよく鴨川ジムに現れジムメンバーと交流している。 対照的な性格の宮田一郎からは避けられることが多く、声をかけてもよく無視されていたが生意気な態度に文句を言いながら彼のスパーにずっと付き合ってあげたり、宮田のピンチに静まり返る試合会場で一人だけ熱心に応援したり悪い関係ではない。 同じタイプの人種のとは不良時代に面識があり、ボクサーとなってからもお互いの力量を心の内で認め合っている。 沢村が一歩と戦った後に病院送りされた時もいち早く見舞いに訪れたり、間柴戦の直後に交通事故を起こし選手生命を断たれた沢村のボクサーとしての最期の姿を見届けた。 後輩の星洋行からは兄貴分と慕われている。 その他 [ ]• 一歩に負けず劣らずな巨根の持ち主で鷹村をして「タダゴトじゃないサイズ」と言わしめた。 TV第2期版では、鷹村がブライアン・ホークを破った直後のインタビューで下品な発言をして観客の大顰蹙を買った中で大笑いしていた。 得意技 [ ] スマッシュ フックとアッパーの中間の、斜め下から突き上げる強打。 の得意パンチとして有名。 中学時代に大勢の人数を相手にする状況を打破すべく、一撃で確実に相手を一人倒すため自身で研究し考案した。 低空スマッシュ 威力を上げたスマッシュ。 体ごと沈ませて突き上げるフォームだが、アニメでは拳をマットすれすれから突き上げる。 右腕のスマッシュ サウスポースタイルにスイッチして利き腕で打つ。 鷹村とのスパーリングにて漫画で初披露し、アニメでは左のスマッシュに変更された。 右ストレート 初期はガードをこじ開け、カウンターにも使っていた。 フェイント 殺気を入れて行い、スマッシュと組み合わせても使う。 デンプシー・ロール破り ステップ・インで強引にを出す際のウィービングを止める。 真田一機と武恵一も実行しているが、千堂は無意識に行った。 対戦成績 [ ] 西暦が不明であるため、便宜上、一歩の鴨川ジム入門後の経過年数と本人の年齢を表記する。 23戦21勝20KO2敗(現時点判明分) 戦 日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考 1 1年目(18歳) 勝利 1R 0:50 KO 石野 プロデビュー戦 2 不明 勝利 KO 不明 3 不明 勝利 KO 不明 4 不明 勝利 KO 不明 5 不明 勝利 2R KO 不明 6 不明 勝利 KO 不明 西日本新人王決勝 7 2年目(19歳)2月末 敗北 3R 3:00 TKO (鴨川) 全日本新人王決定戦 8 不明 勝利 KO 不明 9 不明 勝利 KO 不明 10 不明 勝利 KO 不明 11 不明 勝利 KO 不明 12 不明 勝利 KO 不明 13 不明 勝利 KO 不明 14 3年目(20歳)4月 勝利 10R 判定 (音羽) 日本フェザー級王座決定戦 15 199X年 4年目(21歳)7月 勝利 1R 1:07 KO (河合) 日本フェザー級王者防衛戦1 16 199X年 4年目(21歳)9月下旬 勝利 3R 0. 41 KO 茂田晃(新日本) 日本フェザー級王者防衛戦2 17 199X年 4年目(21歳)11月20日 敗北 7R 1:32 KO (鴨川) 日本フェザー級王者防衛戦3 18 199X年 5年目(22歳) 4月末 勝利 1R 1:33 TKO 不明 (再起戦) 19 199X年 7年目(24歳) 5月25日 勝利 KO ホセ・ラミレス 20 不明 勝利 KO 不明 21 不明 勝利 KO 不明 22 不明 勝利 KO 不明 23 199X年 8年目(25歳)4月頃 勝利 8R KO ホセ・ナーゴ 備考 [ ] モデルは実際に「浪速のロッキー」の名で知られ、引退後はタレント・俳優として活躍している元プロボクサーの。 フェザー級タイトルマッチでの一歩との試合は、作者が「最終回のつもりで描いた」と述べるなど、作中屈指の盛り上がりを見せた。 この試合はベストバウト人気投票で最も一位に選出されている回数が多く、またアニメ一期のクライマックスにもなっている。 『』創刊号に掲載された特別読み切り『はじめの一歩外伝 浪速の虎』では主人公として中学生の頃の不良時代が描かれた。 後に単行本84巻に収録されている。 脚注 [ ] []• いわゆる、映画の方ではなく、千堂自身はのロッキーを自称している。 初期は「ロッキー」、対ヴォルグ戦前後から「虎」と呼ばれるようになった。 また「浪速の虎」は高校不良時代の呼び名でもある。 森川ジョージ「一歩の恋人」『はじめの一歩 11』講談社、1991年12月13日、、21頁。 森川ジョージ「どつき合いが好き!! 」『はじめの一歩 11』37頁。 ただし、鷹村とピーター・ラビットソンが泥仕合いを繰り広げた際は伊達共々他の観客同様ブーイングを飛ばしていた。 第11巻 Round 89• 第12巻 Round 98~第13巻 Round 107 この時点で6戦6勝6KO(第11巻 Round 89より)• 第23巻 Round 199~204• 第25巻 Round 222・223• 第27巻 Round 239~第28巻 Round 242• 第29巻 Round 251~第30巻 Round 267 この時点で16戦15勝14KO1敗(第28巻 Round 248より)• 第51巻 Round 462• 第75巻 Round 706• 第110巻 Round 1086~第111巻 Round 1092 この時点でメキシコ人を4人倒している。

次の