バジリスク絆2 有利区間継続。 バジリスク絆2 スペック・小役確率解析・PV・試打動画

SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜絆2

バジリスク絆2 有利区間継続

Contents• どの解析サイトを見てもこの表記ですが、恐らく 契機に対する月下閃滅の当選確率だと思われます。 リプレイBの確率は不明ですが、共通ベルは判明しているため実質確率を出してみます。 恩恵 項目 内容 継続ゲーム数 20G BTストック数 平均4. 8個 月下閃滅は、 20G継続するBTのストック上乗せ特化ゾーンです。 小役からのストック確率は、下表となります。 実質確率に直してみると、下表になります。 ただ、ベルのみだと 平均1. 8個ストックにしかならないためレア役のヒキが重要です。 平均4. 8個ですが、レア役の引き次第では下振れも全然あり得ます。 有利区間完走期待度 ぶっちゃけシナリオと絆高確次第です。 BCの引きが悪ければ、エンディングにすら到達しない可能性があります。 シナリオが 超尻上がり、超安定、超普通のシナリオであればエンディング到達期待度は高め。 月下閃滅は高シナリオも引っ張ってくる? あくまで推測の話です。 通常時から月下閃滅を引いて、ストックは4つ。 平均を下回りました笑 AT開始画面はオボリスクタイム。 AT開始画面が朧だと、 安定、超安定、夢幻、激闘のいずれかです。 ただ、今回は恐らく激闘でした。 BCをほとんど引かずに、継続率で13戦目まで到達。 ここから18戦目まで継続率で行けたため、恐らく激闘濃厚です。 流石に継続率が強すぎるのが理由。 そこから 獲得枚数は2240枚に到達したため、エンディングに突入。 エンディング突入契機 ・獲得枚数が2240枚を超える ・有利区間の残りが40G 結果、2341枚獲得で終了。 月下閃滅だけで有利区間完走まで持っていけるとは… 周りの月下閃滅を見ていても、ショボい枚数で終わってる人は見かけません。 確率が確率なんで見れてないってのもあるかもですが… フリーズと、月下閃滅はなんでこんなに確率が重いんだ この前フリーズを引いて有利区間を完走させてきました。 とにかく、フリーズと月下閃滅は強いイメージ。 6号機の特性上、短期的に見て出すぎるのは良くないため重く設定されているのでは?と推測。 その分、引けるとめちゃくちゃ強いのが6号機のフリーズ。 引けたときは、有利区間完走を祈って打つことをオススメします。 6 【平均上乗せ数】 平均4. 8個 【有利区間完走期待度】 引きと絆高確に大きく左右される。 だた、高シナリオのATの可能性あり? 簡単には引けないフラグですが、引けたら期待して問題なし! では、よきバジリスク絆2実践を!.

次の

バジリスク絆2 スロット 解析攻略・天井・設定差・評価【スロットコレクション 2

バジリスク絆2 有利区間継続

【その1】継続のカギはシナリオと絆高確 AT「バジリスクタイム」はセット継続タイプで、前作のATを継承した流れで進行。 継続システムは変更されており、1セットごとの継続率はシナリオで管理。 BC抽選およびBC当選時のAT突入率には通常時の内部状態と内部モードの特徴はしっかりと押さえておこう。 前作と同じくBCのスルー回数をチェックしての立ち回りも可能だ。 モード移行は専用のテーブルによって管理されており、AT非当選のBC終了時に上表の順番で移行していく。 テーブル振り分け率の詳細は現時点では不明だが、どのテーブルも最後は必ずBC当選でAT突入確定 絆高確も確定 となるモードDに移行するため、前作と同じくBCのスルー回数狙いは有効だ。 基本的には最大7回目のBCでモードD到達となるが、テーブル5は6回目までが期待薄な代わりに、8回目までたどり着いた場合は複数のATストックに期待できる特殊なテーブルとなっている。 モードテーブルは有利区間移行時に抽選で決定。 ただし天井BCからATに当選しなかった場合はテーブルが再抽選される。 通常時およびAT中に当選する疑似ボーナス。 大きく分けて異色 赤・赤・青or青・青・赤 と同色 赤揃い・青揃い の2パターンがあり、同色BCの方が抽選値が優遇される。 パターンは「甲賀10名(通常&アニメ)」「伊賀10名(通常&アニメ)」「徳川家康」「服部半蔵」「デフォルメ3種」「設定示唆5種」の全部で50通り存在する。 下表の数値をすべて把握する必要はないが、表は1戦ごとにまとめてあるので、シナリオ判別ひいては設定推測に役立ててほしい。 セットごとの背景と合わせてシナリオを看破していこう。

次の

バジリスク絆2の天井狙いは有利区間を知らないと青天井に…

バジリスク絆2 有利区間継続

セリフの示唆内容 AT終了時に有利区間ランプがつくゲームでサブ液晶をタッチすると、弦之介or朧のボイスが発生します。 そのセリフによって、次回のテーブルを示唆しています。 示唆内容は下記です。 テーブルによるセリフ選択率 テーブル15or16が選ばれた時は「怪しき気配じゃ」or絆ランプ点灯「旅の支度が整っております」が大半 66. (A: 青、B: 緑、C : 橙、D: ピンク) 初期モードBから始まるテーブル選択率は 設定1…81. 設定2の方が上位テーブル選択率が高い。 上位セリフのテーブル選択率 絆ランプ点灯 「旅の支度が整っております」 選ばれるテーブルは下記 設定毎のテーブル選択率とテーブル別ボイス選択率から絆ランプ点灯 「旅の支度が整っております」 時のモード選択率を計算した結果が下記です。 設定1 テーブル 選択率 テーブル15 66. 期待値を計算するまでもなく、これが出たら必ず有利区間リセットまで打ちましょう。 怪しき気配じゃ 選ばれるテーブルは下記 怪しき気配じゃ発生時のモード選択率を計算した結果が下記です。 設定1 テーブル 選択率 テーブル8 13. 普通は8割がモードBから始まる下位テーブルが選ばれますので、 テーブルに関しては相当優遇されていると言えます。 何かが起こる予感がします 選ばれるテーブルは下記 「何かが起こる予感がします」発生時のモード選択率を計算した結果が下記です。 設定1 テーブル 選択率 テーブル8 7. セリフ別の期待値 モードCが前作に比べて弱い 期待値を評価する前に少し書いておかないといけない点として、モードCが前作の絆と比べてかなり弱くなっています。 前作はモードCをBC1回当選まで打つだけで期待値2440円でした。 自己算出 今のモードCは前作よりかなり弱いので、安く見積る必要があります。 0スルー時のモード滞在比率 もう少し期待値を評価する前に余談として、BC間ハマりでBT突入率が上がる要因を0スルー時のモード滞在比率を通して考えてみます。 0スルー時は初期モードBが圧倒的に多い。 Cの方が当選率が高いので、前半の方がCで当たっている割合が高い。 ここだけを考えると、確かにそうなんですが、そもそも初期C比率がかなり低いので、初期状態に当選割合をかけて評価しないといけない点を考慮すると、そこまでC比率が高くなりません。 BからCへチャンス目で昇格するので、ハマればハマるほどC以上の可能性UP 元々のB比率が高いので、この昇格の影響が結構強い。 奇数設定でのチャンス目からの昇格率は33. これらを加味すると、実際のC以上比率はBC間でハマればハマるほど高くなっていくのではないかと思っています。 厳密計算はしてません 前作はそんなことなかったと思っている人がいると思いますが、前作はモードAの割合が高かった影響で絆2とは少し状況が違います。 絆2はモードDがとにかく重要で、如何にこれに上げれるかが重要ですが、ハマればハマるほどDの割合も大きくなるので、これがBC間でハマれハマるほどBT当選率が高くなる理由だと思っています。 「怪しき気配じゃ」発生時の期待値 少し脱線しましたが、それぞれのセリフを評価していきます。 先ほどの「怪しき気配じゃ」発生時のテーブル選択率にテーブル毎の期待値を掛け合わせることで期待値を見積もることが可能です。 なお、テーブル毎の期待値については厳密に見積もることができないので、何パターンか用意してみました。 同じモードからのAT突入率は設定1と設定2ではほとんど差がなく、テーブルに設定差を設けています。 同テーブルならAT突入時の期待枚数は設定1の方が多いので、厳密に計算するとこの期待値の差はもう少し狭まります。 したがって、基本は設定1の期待値を基準にして考えるのが無難です。 個人的には設定に期待できる店なら打つラインとしています。 絆2は少し確定が出にくいですが、出た時の期待値の上乗せや確定が出なくても高設定を打てている可能性を考慮すれば、自分が行くホールなら十分に打って良いラインだと思っています。 怪しき気配じゃ発生率も高設定の方が高い もっとテーブルの期待値は低いぞorもっと高いぞって思っている方もいると思います。 セリフ別のテーブル選択率を載せていますので、これにテーブル毎の期待値を掛け合わすだけで簡単に見積もれますので、色々考えてみてください。 「何かが起こる予感がします」発生時の期待値 これは期待値が高いテーブル15or16の選択率が低く、期待値が低いテーブル11or12の選択率が高いです。 怪しき気配じゃで打つかどうか迷うラインなので、 これは計算するまでもなく打てないと思って良いと思います。 まとめ テーブル別ボイス選択率が解析で新しく情報として出たので、「怪しき気配じゃ」と「何かが起こる予感がします」を評価してみました。 厳密な見積もりはテーブル期待値を算出しないとできませんが、打てるかどうかの大体の見積もりはできると思いますので、この記事を参考にしてぜひ考えてみてください。

次の