ファッション サイト 運営。 WEBショップ・ECサイト運営/繊維・アパレルの転職・求人情報

アパレル・ファッションECとは|1.7兆の市場規模・サイト別売上ランキング・勝ち方と最新事例

ファッション サイト 運営

アパレル・ファッションECとは アパレル(ファッション)ECとは靴や服などの衣類オンラインで販売していうECサイトを指します。 近年は実店舗だけでなくネット上の販売は行う店舗も増え、通販サイトの構築を検討している方も多いのではないでしょうか。 今回は市場環境に触れながら、ECでの売上・の売上ランキングを紹介しながら、アパレルECで勝つためのポイントを解説していきます。 アパレル・ファッションECの種類• メーカー直販型• ECモール型• 個人経営型 アパレル・ファッションECの種類は上記のようにメーカー直販型・ECモール型・個人経営型の3種類に分けられます。 メーカー直販型は実店舗のある自社ブランドを持っている企業のネットショップです。 実店舗で購入できない場合に、ネットショップで購入することができるため顧客にもメリットがあり、ネットショップ限定の商品も販売するが可能で顧客を獲得しやすいです。 ECモール型はAmazonや楽天市場 のように、さまざまなブランドを商品化しているサイトのことを指します。 出店をする前に、既に集客力が高いのが特徴です。 個人経営型は個人でアパレルショップを経営できるECサイトです。 ネットショップのみで販売をすることも可能で、自分が気に入ったデザインのみ販売することができるのが特徴です。 ここでは市場規模やEC化率についてみていきます。 8兆円市場へ、成長を続けるアパレルECの市場規模 上記グラフのとおり、アパレルECの市場規模は右肩上がりの成長を続けており、約1. 8兆円の市場の市場規模まで成長しています。 業界全体でデジタル化・業務効率化が進み、インターネットやSNSといったオンラインでの購買が増えていることが伺えます。 伸びしろはこれから、アパレルECのEC化率 またEC化率については12. アパレルや通販業界では業界に特化したCRM・MAツールやなどリピーター獲得を行う施策が増えています。 また、SNSなどを活用したクーポンも活発である点も平均より高い理由といえるでしょう。 アパレルECの売上ランキングトップ10 出典:日本流通産業新聞 2019年11月28日発売号 アパレルECの売上ランキングトップ10は上記のようになっており、ユニクロの前年比は売上と合わせて前年比の売上上昇も32%とトップでした。 またユニクロでは半無人で利用できるに加えて、Web上で注文した商品の店頭受け取りサービスの利用も増加し・戦略も実施しています。 2位以下のベイクルーズやオンワードなどの企業も売上は前年比を超えており、EC市場全体が成長していることが伺えます。 アパレルECモールの売上ランキングトップ5 アパレルECモールの売上ランキングトップ5は上図のように、圧倒的に差をつけているZOZOTOWNが1位で、2位のマルイウェブチャネルと売上差が1,900億円となっています。 ZOZOTOWNでは「チャットボックスで誘導」「クーポンの発行」「SNS活用」の3つで幅広い年代から購入をしてもらうことで売上をあげています。 さらに簡単に購入できるように、選択した商品をすぐに購入することができるようになっているのが特徴です。 アパレルECの抱える4つの課題・勝ち方のポイント 次にアパレルECの抱える4つの課題と勝ち方のポイントについて詳しく紹介します。 アパレル業界のECサイトを制作しようと考えている企業は、課題を知っておくことで事前に解決することが可能なため、ぜひ参考にしてください。 フィットするか表示だけでわからない「サイズ感問題」 実際にECサイトで購入した方は経験があるかと思いますが、店舗で手にとったことがないブランドや商品の場合はサイズ感覚がわかりづらいことがあります。 実店舗であれば、一度試着をした後に購入をするか決めますが、ECサイトではフィットするか表示だけではわからないため、課題の1つとしてあります。 しかし、ZOZOTOWNのようにZOZOスーツなどサイズに合わせた商品を提示してくれるサービスがあります。 さらに万が一購入後にサイズが合わなかった場合に、返品することができるサービスを行っているサイトもあります。 データの一元管理による効率的なサイト運営 自社ECサイトと、他社のECモールで一元管理を行えないことも課題の1つとしてあります。 例えば「ZOZOTOWN」では、専用の倉庫で保管をされていてサイトでも在庫数を確認することができます。 しかし自社ECサイトと連携を結んでいなければ、確認作業で時間をロスしてしまい、更新が遅れてしまうのが問題です。 ZOZOTOWNではこの問題を解決することができるサービスを2019年の10月から始めており、一元管理が可能になっています。 モール依存しない自社ECサイト・ブランド力の確立 アパレルECモールに依存をするメリットは既に集客力が高いため、売上をすぐに立てられる点です。 しかし自社ECサイトのブランド力を確立するとしてもすぐに顧客を獲得することができず、ECサイトの運営費だけがかさんでしまうことも少なくありません。 ECモールと自社ECサイトを商品によって使い分けるといった、集客チャネルとしての考え方も必要といえます。 また、同時に自社ブランドを高めていくためにSNSやアプリによる囲い込みといったリピーター獲得もポイントといえます。 データ統合によるオムニチャネル戦略・顧客接点の拡大 ECサイトを運営する際に戦略を立てることは重要です。 どういった商品が売れるのか具体的な内容を明確にしないことで販売を行ったとしても売れないことも少なくありません。 こういった課題を解決するためにはデータ統合を行い、オムニチャネル戦略・顧客接点の拡大をする必要があります。 オムニチャネル戦略で顧客を囲い、利益を出すことができる方法として「効率化」を目指すことです。 最新のシステムを導入したり、ユーザーにとって使いやすい環境を整えることで運営を成功させることができるのでぜひ試してみてください。 最新トレンド、リアルな体験でECを変えるVコマース 最後に最新のトレンド「Vコマース」について紹介をしますが、Vコマースは「バーチャルコマース」の略称です。 Vコマースには「集中分析機能」や「データ管理」など、ユーザーがどこをクリックしているのかをデータ化することが可能です。 さらに「多言語対応」「多通貨」などさまざまな機能に対応をしているのが特徴です。 フィッティング問題が解決?VRを活用したバーチャル試着室事例 Virtusize株式会社では同ECサイトで購入した洋服をECサイト上で合わせることによって、サイズの比較を行うことが可能で、どのサイズの洋服が合っているのかを確認することができます。 eBayが提供をしているVR百貨店では、VRを活用したバーチャル試着室を創り出しています。 ユーザーが専用のVRをつけることで、店内の商品を3Dで表示することが可能で、商品の詳細を確認することで、値段や在庫数などを確認することが可能です。 また、確認後問題がなければそのまま購入することが可能なサービスとなっています。 さまざまな新しいサービスが出ているため、自社のブランドを持ちたい方はぜひ参考にしてみてください。

次の

【2020年最新】ファッション・アパレルECサイト売上高ランキングTOP50を発表!

ファッション サイト 運営

アパレル・ファッションECとは アパレル(ファッション)ECとは靴や服などの衣類オンラインで販売していうECサイトを指します。 近年は実店舗だけでなくネット上の販売は行う店舗も増え、通販サイトの構築を検討している方も多いのではないでしょうか。 今回は市場環境に触れながら、ECでの売上・の売上ランキングを紹介しながら、アパレルECで勝つためのポイントを解説していきます。 アパレル・ファッションECの種類• メーカー直販型• ECモール型• 個人経営型 アパレル・ファッションECの種類は上記のようにメーカー直販型・ECモール型・個人経営型の3種類に分けられます。 メーカー直販型は実店舗のある自社ブランドを持っている企業のネットショップです。 実店舗で購入できない場合に、ネットショップで購入することができるため顧客にもメリットがあり、ネットショップ限定の商品も販売するが可能で顧客を獲得しやすいです。 ECモール型はAmazonや楽天市場 のように、さまざまなブランドを商品化しているサイトのことを指します。 出店をする前に、既に集客力が高いのが特徴です。 個人経営型は個人でアパレルショップを経営できるECサイトです。 ネットショップのみで販売をすることも可能で、自分が気に入ったデザインのみ販売することができるのが特徴です。 ここでは市場規模やEC化率についてみていきます。 8兆円市場へ、成長を続けるアパレルECの市場規模 上記グラフのとおり、アパレルECの市場規模は右肩上がりの成長を続けており、約1. 8兆円の市場の市場規模まで成長しています。 業界全体でデジタル化・業務効率化が進み、インターネットやSNSといったオンラインでの購買が増えていることが伺えます。 伸びしろはこれから、アパレルECのEC化率 またEC化率については12. アパレルや通販業界では業界に特化したCRM・MAツールやなどリピーター獲得を行う施策が増えています。 また、SNSなどを活用したクーポンも活発である点も平均より高い理由といえるでしょう。 アパレルECの売上ランキングトップ10 出典:日本流通産業新聞 2019年11月28日発売号 アパレルECの売上ランキングトップ10は上記のようになっており、ユニクロの前年比は売上と合わせて前年比の売上上昇も32%とトップでした。 またユニクロでは半無人で利用できるに加えて、Web上で注文した商品の店頭受け取りサービスの利用も増加し・戦略も実施しています。 2位以下のベイクルーズやオンワードなどの企業も売上は前年比を超えており、EC市場全体が成長していることが伺えます。 アパレルECモールの売上ランキングトップ5 アパレルECモールの売上ランキングトップ5は上図のように、圧倒的に差をつけているZOZOTOWNが1位で、2位のマルイウェブチャネルと売上差が1,900億円となっています。 ZOZOTOWNでは「チャットボックスで誘導」「クーポンの発行」「SNS活用」の3つで幅広い年代から購入をしてもらうことで売上をあげています。 さらに簡単に購入できるように、選択した商品をすぐに購入することができるようになっているのが特徴です。 アパレルECの抱える4つの課題・勝ち方のポイント 次にアパレルECの抱える4つの課題と勝ち方のポイントについて詳しく紹介します。 アパレル業界のECサイトを制作しようと考えている企業は、課題を知っておくことで事前に解決することが可能なため、ぜひ参考にしてください。 フィットするか表示だけでわからない「サイズ感問題」 実際にECサイトで購入した方は経験があるかと思いますが、店舗で手にとったことがないブランドや商品の場合はサイズ感覚がわかりづらいことがあります。 実店舗であれば、一度試着をした後に購入をするか決めますが、ECサイトではフィットするか表示だけではわからないため、課題の1つとしてあります。 しかし、ZOZOTOWNのようにZOZOスーツなどサイズに合わせた商品を提示してくれるサービスがあります。 さらに万が一購入後にサイズが合わなかった場合に、返品することができるサービスを行っているサイトもあります。 データの一元管理による効率的なサイト運営 自社ECサイトと、他社のECモールで一元管理を行えないことも課題の1つとしてあります。 例えば「ZOZOTOWN」では、専用の倉庫で保管をされていてサイトでも在庫数を確認することができます。 しかし自社ECサイトと連携を結んでいなければ、確認作業で時間をロスしてしまい、更新が遅れてしまうのが問題です。 ZOZOTOWNではこの問題を解決することができるサービスを2019年の10月から始めており、一元管理が可能になっています。 モール依存しない自社ECサイト・ブランド力の確立 アパレルECモールに依存をするメリットは既に集客力が高いため、売上をすぐに立てられる点です。 しかし自社ECサイトのブランド力を確立するとしてもすぐに顧客を獲得することができず、ECサイトの運営費だけがかさんでしまうことも少なくありません。 ECモールと自社ECサイトを商品によって使い分けるといった、集客チャネルとしての考え方も必要といえます。 また、同時に自社ブランドを高めていくためにSNSやアプリによる囲い込みといったリピーター獲得もポイントといえます。 データ統合によるオムニチャネル戦略・顧客接点の拡大 ECサイトを運営する際に戦略を立てることは重要です。 どういった商品が売れるのか具体的な内容を明確にしないことで販売を行ったとしても売れないことも少なくありません。 こういった課題を解決するためにはデータ統合を行い、オムニチャネル戦略・顧客接点の拡大をする必要があります。 オムニチャネル戦略で顧客を囲い、利益を出すことができる方法として「効率化」を目指すことです。 最新のシステムを導入したり、ユーザーにとって使いやすい環境を整えることで運営を成功させることができるのでぜひ試してみてください。 最新トレンド、リアルな体験でECを変えるVコマース 最後に最新のトレンド「Vコマース」について紹介をしますが、Vコマースは「バーチャルコマース」の略称です。 Vコマースには「集中分析機能」や「データ管理」など、ユーザーがどこをクリックしているのかをデータ化することが可能です。 さらに「多言語対応」「多通貨」などさまざまな機能に対応をしているのが特徴です。 フィッティング問題が解決?VRを活用したバーチャル試着室事例 Virtusize株式会社では同ECサイトで購入した洋服をECサイト上で合わせることによって、サイズの比較を行うことが可能で、どのサイズの洋服が合っているのかを確認することができます。 eBayが提供をしているVR百貨店では、VRを活用したバーチャル試着室を創り出しています。 ユーザーが専用のVRをつけることで、店内の商品を3Dで表示することが可能で、商品の詳細を確認することで、値段や在庫数などを確認することが可能です。 また、確認後問題がなければそのまま購入することが可能なサービスとなっています。 さまざまな新しいサービスが出ているため、自社のブランドを持ちたい方はぜひ参考にしてみてください。

次の

ファッションサイトBUYMA運営★商品登録のお仕事!一緒に頑張りませんか?のお仕事

ファッション サイト 運営

WebサイトとECサイトそれぞれの考え方は、次のようになっています。 Webサイト…自社という存在を世に示し、どのような事業を手がけているかを周知する• ECサイト…インターネット上で商品の販売を行う 企業と消費者をつなぐ窓口になる WebサイトやECサイトは企業側が一方的な情報発信を行うだけの場ではなく、消費者と双方向のコミュニケーションをとることのできる媒体でもあります。 アパレル・ファッションアイテムに関する質問や苦情を消費者が伝えたいという場合には、サイト上に設けられている連絡用のフォームなどを利用することができます。 Webサイト運営・ECサイト運営担当者はそれを受けて、関係部署に確認をとったり自ら対応したりする 窓口としての役割を果たすのです。 営業活動の支援 自社が手がけているアパレル・ファッション関連事業の方向性や商品のラインナップなどが紹介されているという意味で、WebサイトやECサイトは営業活動を支援するツールにもなっています。 Webサイト運営・ECサイト運営担当者はその内容を随時更新し、 情報の鮮度を新鮮なものに保つことが役割として求められます。 販売活動の支援 今やオンラインショッピングはれっきとした商品購入のいち形態として確立されていて、アパレル・ファッション系ショップの実店舗における売り上げを補完するものにもなっています。 Webサイト運営・ECサイト運営担当者にとっては 利用しやすいサイトを追求していくことも、大切な役割とされています。 Webサイト運営・ECサイト運営担当者に向いている人 流行に敏感 WebサイトやECサイトを運営するにあたっては、少し前までですときまったかたちでメンテナンスをしていれば問題はないといった状況が続いていました。 しかしながら各種のセキュリティに関する問題などに対策すべく技術が進歩し、Webサイト運営・ECサイト運営担当者としても多様な対応をすることが求められるようになっています。 また流行の移り変わるスピードも早いアパレル・ファッション業界ですから、流行を敏感にキャッチすることのできる力は大きな適性になります。 向上心がある WebサイトやECサイトには常に時代の先を行く技術が用いられていて絶えることなくあらたなソフトウェアやアプリケーション、プログラムなどが取り入れられています。 たとえばCMSが登場したことによって、それ以前は人の手で作業されていたアパレル・ファッション関連のサイトも大部分がテンプレート化されることになりました。 Webサイト運営・ECサイト運営担当者としては、より良いサイトをつくっていくために工夫しながら新しい技術も盛り込んでいく向上心があると職種にも向いているということができるでしょう。 リーダーシップがある ほとんどのアパレル・ファッション系企業では、一人のWebサイト運営・ECサイト運営担当者だけでサイトの運営をしているわけではありません。 そのほかのスタッフもこまかな作業を担当した仕事の集合体としてサイトがあるわけですから、資質としてリーダーシップを発揮しスタッフのまとめ役となる力があれば望ましいところです。

次の