カブトムシ 成虫 マット。 カブトムシの幼虫のマット交換時期を逃しちゃダメ!

昆虫マットにカビ!カブトムシの幼虫は大丈夫?

カブトムシ 成虫 マット

息子と一緒に初めて臨んだ カブトムシ幼虫の多頭飼い。 衣装ケースに29匹のカブトムシの幼虫達を入れて裏の勝手口に置いてから数ヶ月経ち、早、3月。 その重要な時期とポイントやコツをまとめましたので、ぜひ参考にして下さい。 目 次• マットの交換時期は年に2回 マット交換を避けた方がいい時期 マットを交換を避けるべき時期の一つ目は、 冬眠期間の 11月~3月中旬位までです。 人間だって、熟睡している最中に起こされるのは不快なもの。 幼虫だって同じです。 冬眠期間に起こされるのはストレスでしょう。 ここから蛹になるまでに、また猛烈にモリモリと土を食べて糞をしていきます。 (冬眠前の秋ほどには食べませんが) そして次に 幼虫は蛹になる準備として、蛹専用の部屋 (蛹室)を作り始める時期を迎えていきますが、これが大体 6月くらいです。 この時、蛹室を作ってしまった後にマット交換してしまうと、折角作った蛹室を壊してしまいます。 一度蛹室を作ると幼虫は再び蛹室を作ることは出来ませんので、羽化不全(奇形になる)か、もしくは死んでしまいます。 なので マット交換を避けるべき時期の二つ目は、蛹の期間の6~7月です。 加えて、蛹の部屋(蛹室)作りは、幼虫が 自分の糞 を身体で押し固めながら強固に作っていくので、多少の糞をする期間も残しておいた方がいいと思われます。 一番良いマット交換の時期 土(マット)の 見た目で判断する交換の目安の一つ目は、 土(マット)の表面に正露丸の様な糞が目立ち始めた時です。 大体、表面の 3割位を糞が締め出したらもう明らかに交換時期だと思っていいです。 次に、見た目の目安の他には、 時期として何月くらいがいいでしょうか? 冬眠前の秋のマット交換を忘れてしまったり、蛹室を作る前の春のマット交換を忘れてしまわないように、冬眠時期などを考慮して考えた結果、 カブトムシ幼虫のマット交換のベストな時期を算出すると、 スバリ 10月上旬と4月上旬 です! (気候基準地:東京) 地域によって気温にも差があるので環境状況によっても多少差はあると思いますが、こちらが平均的にベストかと思います。 コスパもいいし、程よい湿り気もあり、幼虫が大きくなる栄養たっぷりの腐葉土で、飼育初心者にはうってつけかと思います。 中型~大型の飼育ケース1つだったら10Lで充分。 ところが、飼育に慣れてきて多頭飼いをするとなると10Lどころでは足りない・・・。 そこでこちらの月夜野きのこ園さんのマットにお世話になりました。 こちらの土は、ふんわりとした感触と発酵具合がなかなかの本格仕様のようで、幼虫君達が喜んで潜っていく気がしました(笑) どちらの土も幼虫の食いつきは良く、幼虫も大きく育ってくれました。 せっかく愛情を持ってカブトムシの幼虫を育てるのであれば、大きく立派な成虫になって欲しいですよね? カブトムシが成虫になってからは、どんなに餌を与えても大きくなることはありません。 幼虫の時の大きさが成虫になってからの大きさなのです。 つまり、 幼虫時代に如何に栄養のある土を多く食べたかによって、カブトムシの大きさは決まるのです! 土選びも大切です。

次の

カブトムシとコバエについて!困った時の対策は?

カブトムシ 成虫 マット

前回に続き、ネタに困り始めた管理人です。 ほんっとシーズンオフはカブトムシについて書くのは結構苦労しますね。 今の時期に皆さんが興味があるのは• 成虫はどれくらい長生きするのか• 幼虫のフンが増えてきた。 どうやって交換するのか• この時期のカブトムシの幼虫の大きさはどれくらいなのか とまぁこんなもんでしょう。 期待に応えられるようにブログを更新していくつもりですが、とりあえず現状報告でガマンして下さい 笑 早速ですが、マットにカビが生えていました(笑) ここは朽ち木がおいてある場所です。 朽ち木は水に漬けて湿らせていますので、恐らくそれに反応してカビが生えたのでしょう。 衣装ケースのフタを閉めていたのもカビの原因でしょう。 少し開けておくべきでした。 カビなんて怖くなーい! 一応引用しておきます。 カブトムシの幼虫はカビや細菌などの免疫力がものすごく強いらしく、研究の対象となっているらしいです。 専門的な事はわからないのですが、幼虫は細菌に感染すると カブトムシディフェンシンという抗菌性ペプチドが生成され、雑菌を殺して感染を防ぐ効果があるとの事です。 このカブトムシディフェンシンは抗生物質として研究されている上、将来的には ガン治療にも応用出来るのではないかと期待されているみたいです。 カビはマットの劣化を招くくらいですね、怖いのは。 この程度なら何の問題もありません。 強いんですよ、カブトムシの幼虫は。 それよりマットの乾燥の方を気を付けた方がいいでしょうね。 触れた感じで湿り気が無くなっているようでしたら加水することを忘れないようにしましょう。 握って潰れない程度の固さにですよ! ついでなので、マットの温度も測ってみました。 もう再発酵の心配はありませんね。 一安心です。 で、朽ち木はどうなっているのでしょうか。 どうやらこのブログに最近訪問されている人は朽ち木に興味がおありのようですね。 アクセスが朽ち木の件に集中していますので。 我が家の朽ち木の様子はこんな感じです。 まずは の様子です。 ほとんど食べられて無くなっていました!これは凄いです。 驚きました。 バイオ朽ち木を入れて一か月で食べきってしまうなんて、幼虫はほんとバイオ朽ち木が大好きなんですね。 もう一つ買ってこようかな。 では、 はどうなっているのでしょうか。 バイオ朽ち木が無くなったので他の朽ち木に喰い付き始めた模様です。 恐らくバイオ朽ち木に比べて固いのでなかなか喰い進めないのでしょうね。 アゴを鍛えぃ!幼虫ども!! もう一つの朽ち木はなぜか殆ど喰われていませんでした。 かじった痕はあるんですが・・・なぜ?幼虫にも好みがあるのでしょうか? まぁいずれかじられて無くなるでしょうね。 時間の問題だと思います。 上記写真は (月夜野きのこ園)の写真ですが、 (ダイナステス マスターズ 廣島)も同様です。 似たような写真になるので載せるのもアレかなと思ったので省略します。 ・・・やっぱり一枚だけ。 きのこMat (月夜野きのこ園)とホント同じ感じです。 バイオ朽ち木は食べられてなくなり、他の朽ち木は少しかじられています。 朽ち木の人気は、圧倒的に が図抜けていますね。 朽ち木を与えて幼虫が大きく育つのかどうかはわかりませんが、カブトムシの幼虫が好きなのは間違いないです。 マットだけでは寂しい方はバイオ朽ち木を与えてもいいのではないでしょうか。 ここからは幼虫の体重比較をしようと思います。 まずは (月夜野きのこ園)+セルロース+乳タンパク+キトサンから測ってみました。 6匹です。 大きい幼虫と小さい幼虫がいますが、小さいのは恐らくメスでしょう。 一番大きい幼虫は34gでした。 他は32g、30g、28g、22g、19gといったところです。 そろそろ40g級が出てほしいな・・・と勝手に思っていたのですが、世の中そんなに甘くないですね。 もしかしたら40gには届かないかな?どうなるでしょう。 次は(ダイナステス マスターズ 廣島)+セルロース+乳タンパク+キトサンを測ってみます。 きのこMatとほとんど大きさは変わりません。 重さはどうでしょうか。 一番重たい幼虫は35gでした。 他に32g、30g、28g、22g、20gです。 きのこMatより重たいのは驚きです。 正直、きのこMatの方が大きくなると思っていました。 セルロース量で考えるとマスターズBeetleマットの方が少ないので体重もそれに準すると予想していたので、この結果は意外でした。 理論通りにはいかないものですね。 まぁ重さの違いはたった1gですが。 これからどう変化していくか楽しみです。 さて、体重測定もおしまいだー・・・・・ん?何か忘れていないか?? あ、飼育ビンに入れている幼虫を忘れていたー!! マジで忘れていました(笑)次はこの飼育ビンの幼虫のレポをしようと思います。 75,752 views• 48,693 views• 42,257 views• 37,200 views• 33,509 views• 31,627 views• 31,403 views• 18,712 views• 17,938 views• 17,934 views• 17,394 views• 15,610 views• 13,237 views• 11,149 views• 10,440 views• 8,485 views• 8,063 views• 6,868 views• 6,427 views• 6,282 views.

次の

カブトムシマットのおすすめはコレ!土の種類の違いとガス抜き方法は?

カブトムシ 成虫 マット

では早速マット交換していきたいと思います!助手は生き物大好き息子のまめだいふくです。 私は触りません(笑)!! 1ケースの中を確認 うわ~!! カブトムシの糞が結構ありますね!! 傷つけないようにそっとカブトムシの幼虫を探し出します。 スコップで探してはいけませんよ 笑 そーっとカブトムシの幼虫さんを別ケースに移しておきます。 こんな大きくなりました。 こんなお友達もいたんですね!知らなかった(笑) 2新しいマットを入れる カブトムシの幼虫がケースに残っていないのを確認したら、今までのマットは一旦ビニール袋や新聞紙にざーっとあけておきます。 この後新しいマットと混ぜるのでまだ捨てないでくださいね! 私は気になるので飼育ケースは一応水洗いしました。 続いて、マットの水分量に注意しながらマットを敷き詰めていきます。 ケースの下から 15㎝くらいでいいので入れていきます。 だいたいこんな感じでしょうかね! 3底を固める 底から 10~15cm程度固めていきます。 手でも大丈夫ですが、 瓶の底を使ったり、 木片でぎゅっぎゅっとかためていきます。 ポイント これからの時期はカブトムシが蛹(さなぎ)になるために 蛹室(ようしつ)を幼虫が作っていきます。 あんまり柔らかいマットだと上手く蛹室が作れなくて蛹になれない事も!うまく蛹になれないと成虫にならない場合もあるそうなので、ここはしっかりやっておきましょう! 4残りのマットをふんわり この時期のマット交換は全て新しいものに替えたいところですが、少し今まで使っていたマットと混ぜていったほうが、幼虫さんもびっくりしないそうですよ!先程とっておいたマットと新しいマットを混ぜてあげましょう! ふんが混ざっていても気にせず一緒にまぜましょう!ふるいにかけすぎると栄養も足りなくなるそうです。

次の