生ホルモン 下処理。 モツの下処理!モツの臭みを取る方法とは?保存方法とは?下処理で更にカロリーオフに!

一度食べると忘れられない!【ホルモン】を使った絶品レシピ9選

生ホルモン 下処理

スーパーで売っている白モツは、 下処理をきちんとすれば、 独特の嫌な臭いを消して美味しく調理することができます。 白モツは、使いこなせば、 美味しくて安くて栄養も豊富、 節約の強い味方なのです。 茹でこぼし 白モツの一番の難題は、 やはり調理の際の臭いです。 レシピ本などでも、 白モツの臭みを取る基本的なことが載っています。 長ネギの青い部分、お酒、生姜で30分ほど煮たら、 ザルに中身をあけてその煮汁を全て捨てましょう。 これを何回か繰り返します。 このように、茹でこぼしの行程が基本となります。 茹でこぼしをしている間、 キッチンや家の中は、 モツの独特の臭いで充満します。 この臭いで、モツ料理を諦める方もいますから 臭いに敏感な方は辛い作業かもしれません。 食堂のモツの下処理も、 この作業は丁寧にするようです。 鍋にたっぷりの水を入れ、 火にかけて沸騰したらモツを入れます。 15分ほど茹でたらお湯を捨てて、モツを水洗します。 もう一度水から茹でます。 二度目ゆで時間は、 40分~1時間くらい茹でます。 このくらい下茹でに時間をかけると、 柔らかくて味が染みこみ易い堅さになります。 最初は強火で、沸騰したら弱火にして、 吹きこぼれないようにして茹でます。 この時、差し水はしないようにします。 それでも臭みが気になる人は 面倒な作業ですが、 茹でこぼした白モツを1つずつ洗います。 このとき、ヒダの内側に白いものが付いていますが これは脂肪です。 脂肪は臭いの原因の一つですから、 丁寧に取れれば臭みがなくなります。 このとき、 小麦粉を付けて洗うと効果アップです。 ボールに水を入れ、 その中でモツのヒダの内側を洗います。 脂肪は、水に付けると固まりますので 水につけたほうが、作業がしやしです。 下処理で更にカロリーオフに! モツの下処理の際に、 モツに付いた脂肪分を丁寧に落とせば モツのカロリーを落とすことができます。 白モツのカロリーは 100gあたり177kcalです。 豚のロースの赤みの部分が150kcal、 脂身付きの部分が263kcalですから、 豚の中ではヘルシーな部位ということになります。 下処理の段階で、脂肪を落とせば、 更にヘルシーなモツ料理を作ることができます。 モツの保存方法 モツの下処理は、 茹でこぼしてから水洗いで 丁寧に脂肪分を取り除けばよいことがわかりましたが、 いくらモツ料理が好きでも、 毎回下処理をするのは大変です。 そんな時は、 下処理をしたモツを冷凍保存しておきます。 下処理をしたモツをキッチンペーパーで水分をとり、 フリーザーパックに入れて保存します。 スーパーで買ったままで冷凍保存すると、 臭みが取れにくくなるので、 下処理をしてから冷凍保存します。 冷凍保存で1カ月以内くらいを目安に使えば大丈夫です。 まとめ ここでは、 スーパーで売られている 白モツの下処理方法についてまとめましたが、 しっかりと下処理をしたモツは、 旨味と食感が楽しめますので、 是非、試してみてください。

次の

もつ鍋レシピ。生ホルモン下処理で臭みなしで旨さ100倍!

生ホルモン 下処理

ガツ刺しは、「刺身」と名前がついていますが、生で食べずにガツを茹でたものを切って、冷蔵庫などで冷やした食べ物です。 そんなガツ刺しは、好きな味のタレをつけて食べます。 そんなガツ刺しの「ガツ」とは、豚のどこの部位になるのでしょうか。 ガツは、豚の「胃」部位のことになります。 そんな豚の内臓部位であるガツは、生ものままでも食べることができます。 しかしガツは、豚の内臓部位なため生だとリスクがあるため、生で食べるのはおすすめできません。 ガツが、豚の胃の部位であることを紹介しましたが、そんな豚の内臓であるホルモンには他にもたくさんの部位の種類があります。 そんな豚の内臓部位であるホルモンの下処理方法や、おすすめの簡単レシピなどを詳しく紹介している関連記事を下記に付属するので、ぜひ豚の内臓部位であるホルモンを食べるときの参考にしてください。 ガッツの魅力1つめは、ガッツが「高タンパク・低カロリー」なことになります。 ガッツのカロリーは、100gで約121カロリーになっています。 また同じように、牛の胃の部位は「ミノ・ハチノス・センマイ・ギアラ」と4種類の部位に分かれています。 そのカロリーは並び順に、ミノが182カロリー、ハチノスが200カロリー、センマイ62カロリー、ギアラが329カロリーになります。 1番低いセンマイを除くと、それ以外はガツよりも全てカロリーが高くなっています。 またガツがおすすめなのは、カロリーだけではなく高タンパクなこともおすすめ理由です。 その他にも、炭水化物を含んでいないため、糖質制限している方や糖尿病の方にはおすすめの食材になります。 しかしメリットが多いガツですが、高コレステロールな食材になります。 そのため、コレステロール値を気にしている方にとっては、気をつけたい食材になります。 ガッツの魅力とは|内臓部位であるホルモン独特の味と食感! ガツ刺を作るのに必要な食材は、「ガツ・長ネギ・生姜 チューブ可 ・ニンニク チューブ可 ・醤油・ごま油・一味唐辛子」になります。 また今回紹介しているレシピの味付けは、基本的な「醤油・ごま油・一味唐辛子」になるため、食べてみて他の味付けにしたい場合には、変更することも可能です。 ガツ刺しの作り方を紹介しましたが、その中にニンニクが含まれていますが、ニンニクは1回で使用する量は多くありません。 そんなニンニクは、どのように保存したらいいのでしょうか。 余ったニンニクを日持ちさせる方法などを介している関連記事を下記に付属しておくので、ぜひニンニクを保存するときの参考にしてください。 余ったニンニクを日持ちさせる方法などを介している関連記事を下記に付属しておくので、ぜひニンニクを保存するときの参考にしてください。 ガツ刺しの作り方で大切なことは、内臓部位であるガツの「下処理方法」になります。 ガツは、豚の内臓部位なため、どうしても内臓独特の臭みがあります。 そのため正しく下処理をしないと、ガツに臭みが残ってしまい料理がまずくなります。 そのため、下処理方法をしっかりすることがガツを美味しく食べるコツです。 そんなガツの下処理方法は、茹でるなどの方法もありますが、圧力鍋を使うと簡単に下処理をすることができます。 そんなガツの下処理の方法と、その方法を紹介しているサイトを下記に付属しておくため、ぜひガツの下処理をするときの参考にしてみてください。 ガツの下処理方法• ガツを圧力鍋に入れて、水をヒタヒタに入れる• ネギの青い部分を入れて、5分加圧する• 5分経過したら、自然に圧がぬけるのを待つ• 圧が抜けたら、ネギを取り除く• ガツを取り出し、水でよく洗う• そんなガツ刺しの作り方のポイント1つめは、ガツは下茹でなど茹でた後に切ることです。 ガッツを切ってから茹でると縮んでしまいます。 そのため、ガツは茹でてから切りましょう。 作り方のポイント2つめは、ガツの「茹で時間」になります。 ガツを長く茹ですぎてしまうと、ガツの旨味がにげてしまいますし、短いと火がとおっていないためリスクがあります。 そのためガツの茹で時間は「長すぎず・短すぎず」がガツ刺しの作り方の基本になります。 またガツは、茹でた後にお好みの大きさに切って食べますが、そのときの切り方はそぎ切りがおすすめです。 ガツ刺しの作り方のポイントを紹介しましたが、そのガツ刺しの作り方の手順を下記で詳しく紹介します。 ぜひ参考にして、美味しいガツ刺しを作ってみてください。 ガツ刺しの作り方• 下茹でしたガツを冷水でしっかり洗う。 しっかり洗ったガツを、好みの食べやすい大きさに切る• 少し甘酸っぱい濃厚な味噌だれを作り、下処理をしたガツをボウルに入れて一緒に合わせると完成です。 濃厚な味のする味噌だれが、あっさりしているガツに合いとても美味しく食べられます。 またお好みで、酢味噌にからしを加えると辛みが加わり美味しいため、からしが好きな方にはおすすめです。 そんな酢味噌のレシピは、味噌が大さじ2、酢・砂糖が大さじ1になります。 そこにからしを入れる場合には、からしの量はお好みで入れてください。 そんな味噌だれに使う味噌は、どのような保存容器に入れて保存しておけばいいのでしょうか。 その味噌を入れるための保存容器を、紹介している記事を下記に付属しておくので、味噌を保存する容器を選ぶときの参考に読んでみてください。 ガツ刺しの美味しい食べ方3つめは、ガツの「ピリ辛ダレ」になります。 このガツのピリ辛ダレは、味噌ベースタレにコチュジャンを混ぜることで、辛い濃厚な味噌ダレになっています。 このタレは、辛いため食欲をそそることができ、お酒との相性もよくなるため、おつまみとしても楽しめる1品です。 そのピリ辛ダレは、タレの材料をボウルに入れて、よく混ぜることで簡単に作ることができます。 またお好みで、浅葱やごま油などを混ぜると、また違う味になり楽しむことができおすすめです。 そんなピリ辛ダレの材料を下記で紹介するので、ぜひピリ辛のタレでガツを食べたいときの参考にしてください。 ピリ辛ダレの材料• コチュジャン:大さじ3• 砂糖:大さじ2• 味噌 赤味噌でも合わせ味噌でも、どちらでも可能 :大さじ1• 酢・白いりゴマ:大さじ1ずつ• このガツのアレンジレシピは、ガツを醤油ダレで炒めることで醤油の香ばしさと、七味唐辛子のピリッとした辛みを楽しむことのできる、ガツのアレンジレシピになっています。 またこのピリ辛ガツ醤油炒めは、お酒のおつまみとしても最高な1品になりますが、ご飯のおかずとしても楽しめる1品なため食卓に出すのもおすすめです。 ピリ辛ガツの醤油炒め【材料】• ガツ:200g• 醤油:大さじ1. 酒:大さじ1• サラダ油:大さじ2• 七味唐辛子:適量 ピリ辛ガツの醤油炒め【作り方】• ガツを一口大の大きさに切る。 フライパンにサラダ油をしき、ガツを入れて強火で炒める• ガツに火がとおったら、醤油などの合わせダレを入れる• このガッツの唐揚げは、ビールなどのアルコールとの相性がいいです。 そのため、一緒に食べることでアルコールをより楽しめるおつまみになっています。 また、同じ唐揚げである鶏肉よりもカロリーが低いため、ダイエット中の方などにおすすめです。 そんなガツの唐揚げを、美味しく作るためにはつのポイントがあります。 初めのポイントは、ガツを漬けるタレは、よく混ぜずに漬け込んでください。 2つめのポイントは、ガツを揚げるときにはカラッと揚げるとより美味しく食べられます。 このポイントを守ることが、美味しく作るコツなためしっかり守りましょう。 そんなガツの唐揚げですが、おかずとしても美味しい1品になります。 そんな唐揚げには、どんな副菜を付け合わせてあげると良いのでしょうか。 そんな唐揚げの献立を紹介している関連記事を、下記に付属しておくので、ぜひ夕飯の献立を練るときの参考にしてみてください。 ガツの唐揚げ【材料】• ガツ:150g• 生姜:1片• ニンニク:少々• めんつゆ:大さじ1. 片栗粉:大さじ1• 小麦粉:小さじ1 ガツの唐揚げ【作り方】• 一口大の大きさにガツを切る• ビニール袋に、ガツ・ニンニク・生姜・めんつゆを入れて揉み込み、20分漬けおく• 片栗粉と小麦粉を混ぜる• 混ぜた粉を、漬けてあったガツにまぶす• 中温にあたためた揚げ油で、ガツをカラッと揚げる そんなガツの味噌煮込みを作るときのポイントは、野菜が炊ける前に味付けをすると、野菜が固くなるため、味つけは野菜が炊けてからにしましょう。 また入れる水の量は、野菜からも水がでるため多くならないように気をつけましょう。 そんなガツの味噌煮込みの作り方を、下記で紹介するので参考にしてみてください。 ガツの味噌煮込み【材料】• 豚ガツ:100g• 大根:100g• 人参:50g• ニンニク:1片• A味噌:大さじ1• A砂糖:小さじ1. 酒:大さじ1• 塩:少々• 水:少量 鍋底に薄く水が張る程度 ガツの味噌煮込み【作り方】• 大根・人参を3㎜のいちょう切りにする• ニンニクは、芽をとって半分に切る• 鍋に少量の水を入れ、大根・人参・ニンニクを入れ塩をふる• 蓋を閉めて中火にかけ、煮立ったら弱火にする• ガツは1㎜の厚さにして、一口大の大きさに切る• ガツを鍋に加えて、お酒を入れる• 野菜が煮えて柔らかくなったら、Aの調味料を入れる• そんな多しろは、昭和レトロな見た目をしているホルモン焼き屋さんになります。 そのため、新鮮なホルモンをお腹いっぱい楽しめるお店になっています。 また多しろには、多しろマニアなら真っ先に注文すると言われているメニューがあります。 そのメニューとは、「ガツポン」といいガツを楽しむことができる料理になっています。 またその他にも、ビールなどお酒と一緒に楽しめるメニューが豊富にあります。 そんな多しろの営業時間は、17:00~22:00になります。 また多しろの定休日は、毎週日曜日になっていますが、連休の場合には月曜日が休みになります。 ガツ刺しは臭みが少なく豊富な味が楽しめる料理! 今回紹介しているガツ刺しは、豚の胃の部位を茹でて好みのタレをつけて食べる、ホルモン料理になります。 そんなガツは、豚の内臓部位ですが臭みが少ないのが魅力です。 また低カロリーなのに、高タンパクなためダイエットを意識している方には、とてもおすすめの料理になります。 またガツ刺しにつけるタレは、バリエーションが豊富なためいろいろな味を試しながら楽しむことができるのが、ガツ刺しの魅力だといえます。 そのため、ぜひバリエーション豊かなタレとガツ刺しを合わせながら、幅広いガツ刺しの世界感を楽しんでみてください。

次の

モツ鍋するなら簡単下処理!牛ホルモン豚ホルモン臭みとり

生ホルモン 下処理

スポンサーリンク しかし、ゆでもつ(ボイルされたホルモン)を材料にする場合はさほど神経質にならなくては良いかもしれませんが、生ホルモンを使用する場合には絶対やらなくてはならない事があります。 それは生ホルモンの下処理です。 下処理をしないと匂いが気になる場合がありますので生ホルモンは必ず下処理をしてから鍋に入れます。 【材料】( 約5人分 ) 牛の生ホルモン600g(国産の牛のホルモンは100g150円~400円です。 ) きゃべつ1個 ねぎ・2本 ぶなしめじ・1袋 えのき茸・1袋 にら・2束 だし汁・1. 5L (水2Lにかつお節を入れ10分ほど沸騰させたあとかつを節を取り除いたもの) にんにく・4~5片分 (みじん切りにする) お酒・100cc しょうが・1片分 せん切りにする ミリン・大さじ2 赤唐辛子・1本 塩・お好みで 味噌・大さじ4~5 醤油・大さじ2 生ホルモンの下処理方法 意外と思われるかもしれませんが、生ホルモンの下処理には 小麦粉が最適です。 小麦粉は強力粉でも薄力粉でもどちらでも構いません。 生ホルモン600gに対して小麦粉200gを入れて、 ゴシゴシと洗濯物を洗うようにしっかりとこすりあわせます。 ゴシゴシとこすり合わせることで生ホルモンの汚れや臭みが小麦粉に吸い取られます。 よく下処理をした生ホルモンは水でよく洗い、水気をとっておきます。 【作り方】 1.だし汁、にんにく、お酒、しょうが、ミリン、赤唐辛子、味噌、醤油を加えて中火にかけ、沸騰したら火を止める。 2.キャベツはざく切りにする。 ネギは長さ3cm位に切る。 きのこはは石づきを切り落とす。 ニラはお好みの長さに切る。 3.鍋に野菜を入れる。 具に火が通ったら生ホルモンとニラを入れる。 もう一度蓋をしてニラがしんなりしてきたらでき上がり。 ここで注意!牛ホルモンを使用しているので豚ホルモンのように徹底的に加熱する必要はない。 逆に煮過ぎると食感が落ちるので、加熱は軽くて良い。 一応これで出来上がりですが、最後に煮込み用ラーメンを入れて食べるのが我家の定番です。 ご飯を入れておじや風も良いのですが、煮込み用ラーメンがにんにくとマッチして結構美味しいですよ。 おつまみにご飯のおかずにおすすめの一品ですので是非試して下さい。

次の