アオアヲ ナルト リゾート。 お知らせ

アオアヲ ナルト リゾートの宿泊プランが安い!【HIS旅プロ|国内旅行ホテル最安値予約】

アオアヲ ナルト リゾート

2018年のNHK第69回紅白歌合戦で、米津玄師さんが圧巻のパフォーマンスをされたことで、一躍有名になりましたよね。 私は年1回欠かさず東京から大塚国際美術館に通っているので、毎年鳴門市を2~3泊で訪れています。 定宿としているのが「アオアヲ ナルト リゾート」(旧名称:ルネッサンス リゾート ナルト)です。 素晴らしいホテルなので、家族でリピーターとなった理由を紹介したいと思います。 立地とアクセスが最高 アオアヲ ナルト リゾートは鳴門海峡のすぐ近く、海沿いにあるホテルです。 大塚国際美術館へのアクセス良好! アオアヲ ナルト リゾートから大塚国際美術館までは、徳島バスの路線バスを使うことになります。 ()ホテル前の停留所は「大毛海岸通」。 路線バスで停留所たった3個分。 運賃は110円。 ホテルに忘れ物をした!美術館の中を歩いて歩いて、楽しかったけれど疲れたから早く帰りたい!という時にも、まったくストレスにならない距離感です。 鳴門海峡が一望でき、鳴門の渦潮へもすぐ! こちらのホテルは、全客室が鳴門海峡に面したオーシャンビュー。 スタンダードタイプの客室でも、眺望はこの通り。 ルネッサンス リゾート ナルト レストランからの眺望。 鳴門のもうひとつの見どころは、やっぱり鳴門の渦潮ですよね。 うずしお鑑潮船の乗り場は、上記の路線バスで「鳴門観光港」下車です。 ホテルからはバスで所要時間5分程度と便利です。 空港、高速バス停留所、JRの駅から、無料の送迎バスあり! このホテルの弱点は、観光スポットには近いが公共交通機関のターミナル(空港、駅、高速バス停留所)からはそこそこ距離があることです。 例えば、道路状況にもよりますが、徳島阿波おどり空港からは車で30~40分程度。 そのデメリットを補ってくれるのが空港からの無料送迎バスです。 宿泊予約後、電話で予約すると、無料の送迎バスが空港の待合ロビー付近まで迎えに来てくれます。 交通費が浮くので大助かり。 そのほか、電話予約すればJR鳴門駅、高速バスの停留所(高速鳴門)にもバスで送迎してもらえます。 瀬戸内の美食を追求していて食事が絶品! ホテルの周りには飲食店がないため、ホテル内で食事をとることになりますが、これがコスパ最強なんです。 鳴門だけでなく、瀬戸内の美味しいものを貪欲に集めて提供しているので、こちらのホテルに泊まるだけで瀬戸内全域を食べ歩いたくらいの食文化が味わえます。 鳴門海峡を一望しながら様々なマリンアクティビティも楽しむことができます。 昨年8月にはナイトプールも開催。 DJのパフォーマンスもあって本格的で楽しかった! 4. 連泊特典がコスパ最強 こちらでは、Club Savvyと呼ばれる連泊特典があります。 2泊以上(ハイシーズンでは3泊以上)宿泊すると、アクティビティが無料になったり、ホテル内のランチが無料で食べられたりと一日中ホテル内で楽しめます。 前出の釣り堀や芋掘り体験のほか、テニスコートやレンタサイクルも利用可能。 本当に衝撃のコスパです。 せっかく鳴門に行くのだから、美術館もご当地グルメも観光も欲張りに楽しみたい!という方には絶対にオススメできるホテルです。 口コミは 大塚国際美術館への旅行を計画している方は、ぜひ選択肢に入れてみてください。

次の

アオアヲ ナルト リゾート. 鳴門市, 日本

アオアヲ ナルト リゾート

こんにちは、です 四国旅行中、鳴門市にある アオアヲナルトリゾートに泊まってきました。 魅力満載のこのホテルについてレポートいたしますので、どうぞよろしくお願いします! こんな人に読んでほしい 徳島旅行を検討中の方 オーシャンビューのホテルに泊まってみたい方 こどもと一緒に楽しめるホテルを探している方 、鳴門の 観光を予定している方 空港・駅などからの 送迎付きホテルが希望の方 温泉でゆったり過ごしたい方 記念日のお祝いができるホテルを探している方• ホテル基本情報 アオアヲナルトリゾートは、旧リゾートナルトが2019年4月1日にリブランドしてオープンしたホテルです。 客室数は約200室、9階建て、客室は 全室オーシャンビューのリゾートホテルです。 どんなホテル? ビーチ沿いにあり、プール、ルーム、大小5つのレストラン、結婚式場など揃った 滞在そのものを楽しめるホテルです。 ホテル内での様々なアクティビがあり、 ショー、体験、釣り堀、縁日、マリンアクティビティなど色んな過ごし方が出来ます。 アオアヲの名前について あまり聞き慣れない、目にしない 「アオアヲ」という言葉ですが、ホテルの紹介を元に解説しますと・・・ アオアヲは、日本語の「アオ」と、の「アヲ」を組み合わせた言葉なのだそうです。 日本語の「アオ」は青の意味ですが、その語源はの「アヲ」といわれており、もともと「アオ」には、会う・合うの意味があったそうです。 プレスリリースにはいろんな願いが込められていることが書かれておりますが、 空と海の「青さ」に「会える」場所、と感じました。 現地で撮影した写真もこの先貼りますのでお楽しみに! どこにあるの? の 鳴門市にあります。 近くには 渦潮で有名ながあり、鳴門大橋を渡れば 淡路島観光も出来ます。 また、世界中の名画などのレプリカを収蔵する もあります。 アクセス 車での移動の場合は 鳴門北ICからすぐです。 公共の場合は、事前予約制の無料送迎バスが便利です。 からと高速鳴門バス亭を経由して運行のため、飛行機・JR・高速バスどの移動でも対応してくれるのはとてもありがたいです。 高松へ行かれる予定の方は、四国旅行の参考にこちらの記事もどうぞ! 私たちは今回は車で向かいましたが、 駐車場は無料ですので自家用車で行かれるのも良いですね。 宿泊レポート 宿泊前に色々調べていたところ、 ファミリーやご年配の方向けとの声が多いように感じました。 実際はどうなのか? 私が感じた点をレポートしていきます。 今回泊まった部屋について 今回は 和室スイートルームに宿泊しました。 友人4人で利用したのですが、通常の部屋はツインルームにエキストラベッド搬入しての対応とのことでしたので、全員で泊まれる和室に宿泊することにしました。 一般的な宿で和室を4名で利用の場合は、少し狭めで8畳、広めの部屋で12畳が一般的なのでいかに広い部屋かおわかりいただけるかと思います。 10畳和室側にあるメインの大きなテレビ! ちなみに、もう一室の方にもテレビがありました。 イステーブルと、冷蔵庫などのある空間 冷蔵庫に入っている飲み物は有料です。 この奥にはベランダがあり、ベランダにもテーブルとイスがあります。 ベランダからの眺めはこんな感じ まさにアオアヲ・・・と感じた瞬間の一つです。 オーシャンビューとうたっていますが、 真正面に海が見えるオーシャンフロントです。 客室内にはお風呂とトイレがあり、シャンプー類も備え付けでした。 大浴場について 大浴場は1階と8階にあり、 1階は露天風呂、 8階は展望風呂で、大海原を大きな窓から望めます。 バスタオル類は大浴場に備え付けなので手ぶらでお風呂に行けます。 夜は24時まで 翌朝は5時から利用可能ですが、夜に男女の浴室を入替します。 つまり、1泊2日の間に 全部で4箇所の大浴場が楽しめます。 こちらは8階展望風呂の入り口です。 湯巡りのスタンプがあるので全部制覇するのもよいかと思います。 私のオススメは 1階の露天風呂です。 と大橋が一度に楽しめます。 夕食について 4つのレストランから選べますが、今回は メインレストラン彩でのバイキングをチョイスしました。 到着が遅くなる予定でしたので夕食時間は19:00からでお願いをしておりました。 品数はとても多く、和洋中料理の他、徳島ならではの料理などもありました。 ドリンク類は飲み放題プランがあり、 ソフトドリンク飲み放題と アルコールも飲み放題のプランがあります 単品注文もできるお酒もあり、地酒などもありました こちら鯛とわかめのしゃぶしゃぶ なるとのわかめは他にも色んな料理に使われていました。 たれは、塩ポン酢なるものがあり、醤油ポン酢よりあっさりと食べられますよ。 こちらは鯛茶漬け 数ある料理の中、お刺身とお寿司ゾーンが賑わっていて、美味しそうなステーキコーナーもあったのですが、この時ばかりはお寿司・お刺身を多めにいただきました。 19:30〜からはマグロの解体ショーが行われ、ショーの始まりを知らせる小太鼓を持ったスタッフが元気よくアナウンスをしていました。 小ぶりに見えますが25キロほどの立派なマグロです! また宿泊日は土曜だったこともありレストランには多くの宿泊客がいました。 子供連れのファミリーが目立ちましたが、中には 三世代旅行のグループもありました。 お誕生日のお祝いをしているテーブルが多く、 スタッフさんが歌を歌ったり、くす玉を用意してくれたりと暖かみのある対応が良かったなと思います。 朝食について 朝食は3会場から選べます。 サンドイッチバイキングか、 彩でのバイキングか、最上階レストランでの プレミアムブレックファーストから選べます。 私はバイキング会場へ向かったのですが、ファミリーの方々など多く、8:30ごろにレストランへ行った段階では満席でした。 席へ案内されるまで20分ほど待ったかと思います。 会場の料理は夕食にもあったうどんコーナーが朝もありました。 卵焼きも目の前で焼いている様子が見れて面白かったです。 友人のうち2人は最上階レストランへプレミアムブレックファーストを食べに行きました。 曜日限定の朝食なのですが、厳選された徳島の食材を使った メインディッシュを1つ選び、サラダやドリンクスープはバイキング形式で好きに選べるものです。 友人が撮影してくれた写真がこちら 海が見える眺めの良いレストランだそうです! メインメニューはこちらから選べます。 鳴門金時づくしがこちら。 阿波尾鳥のポーチドエッグ添えはこちらです。 ラウンジについて 今回はのプランで宿泊をしました。 の宿泊プランの中には、 ラウンジアクセス権付きプランがあります。 ラウンジでは、 ソフトドリンクとホテルオリジナルスイーツが滞在中好きなだけ利用出来るのでホテルでゆったり過ごしたい場合は大変素晴らしいサービスです。 ラウンジはカフェレストランオーゲの一角にあります。 この写真でいうと、 左奥の空間がラウンジです。 ラウンジ利用対象の場合は 専用のカードキーが貰えますので、カードキーをレストランスタッフに見せます。 スイーツの種類は多く、 8〜10種類くらいありました。 ドリンクはすだち、オレンジ、アップル、グレープフルーツや、コーヒー、紅茶もあります。 ホテルでの過ごし方について アオアヲナルトリゾートでは、色んな アクティビティやレンタル品があり、思い思いのリゾートライフを過ごせます。 料金表と出来ることの一例はこちら ビーチグッズレンタルの他、テニなども使えます。 今回は、 レンタサイクルと の二手に別れて楽しみました。 アクティビティその1 レンタサイクル レンタルサイクルは 1台500円で借りられます。 借りる際はホテル正面玄関にいるスタッフに伝えると鍵がもらえます。 周辺は海沿いの道路なので、ただただ 目的地を決めずに走らせるだけでも楽しいです。 北上して、大塚美術館方面に向かうと大橋が綺麗に見える場所もあります。 そのまま北上すると千鳥ヶ浜なる場所に着きました。 ここから遊歩道を歩いて の裏口や、展望台まで行けます。 遊歩道の途中からの眺めも綺麗です。 アクティビティその2 は2人乗りの手こぎボートです。 の体験時間は20分で 料金は1,000円です。 ビーチからホテル前までの範囲を自由に楽しめるようですが、20分なのであまり遠くまでは行けないようです。 ライフジャケット着用ですので、万が一落ちても安心ですが、 濡れても良い服装推奨です。 組も楽しいんでいた様です。 アクティビティその3 ビーチ ホテル前ビーチはこんな感じ 遠浅なので小さ様連れでも比較的安心して遊べる環境だと思います。 ビーチにはレンタルパラソルを差したりして過ごせます。 手前のトランポリンも使えるようです。 ビーチテラス席もあり。 ここでは、ホットドッグなどの軽食が注文出来ます。 ビーチで出来ることはかなり沢山あります。 遊んだ後は屋外の シャワーブースで砂を流せます。 ビーチに向かう手前に更衣室もありますので、着替えてからホテル内に戻りましょう。 アクティビティその4 プール 1階からビーチに出るまでの間にあるので、プールもビーチも両方いっぺんに楽しめます。 そんなに大きくはありませんが、ビーチチェアなどもあり、のんびり過ごすにはプールサイドも良いですね。 アクティビティその5 ショー ホテルでは 毎夜20:40〜ショーが行われているとのことで、夕食後に会場へ行ってきました。 地元団体が変わりがわり披露しているようです。 「やっとさー!やっとさー!」のかけ声とともに、ぞろぞろと踊り子が会場に入ってきます。 は初めて見ましたが、男踊り・女踊りで手の動きなど違うようです。 音楽は 太鼓、三味線などの生演奏でお祭りの熱気を感じます。 最後は 全員で体験もあり、みんなで踊ります。 みんなで踊っていたので、その様子は写真に撮れませんでした。 アクティビティ番外編 渦潮観光 ホテル内には、 周辺施設の前売り券の機があります。 渦潮観潮船わんだーなるとや、 の入場券があるので、行かれる予定がある方は こちらで購入すると割引になります。 今回は わんだーなるとの乗船券をここで購入して渦潮観光に行きました。 渦潮は遠くから見るのも良いですが、 近くで見ると渦の激しさが良くわかります。 正直、 遠くから見た方がキレイでしょ?と軽く考えていましたが、あまりの水の迫力に友人達と予想以上だった!と口々に言う程でした。 鳴門の渦潮観光を予定している方は、 船に乗るのをオススメします! まとめ いかがでしたでしょうか。 リゾートホテルはあまり泊まったことがなかったのですが、 ホテルアクティビティや施設が充実しているので思っていた以上にホテル滞在が楽しめました。 海が近くマリンアクティビティがあり、周辺には美術館や、渦潮などの観光場所もありますので、 ホテル周辺だけでもゆっくり過ごせる鳴門の立地はとても良いと思いました。 ホテル内レストランが多いので食事に飽きることもないでしょうし、今回は ラウンジも利用出来たので、とても快適で あらゆる世代の方にも楽しめるホテルだと思いました。 女子旅にも力入っています!! に負けないプランの豊富さ! トラベルの空室確認はこちらから 役立つ情報はでも更新していきます。 フォローよろしくお願いします! tabiodori.

次の

大毛島:アオアヲ ナルト リゾート「10大特典付き宿泊プラン」発売中!7/31まで

アオアヲ ナルト リゾート

沿革 [ ]• - リゾートホテル「 マジィリゾートナルト」として開業。 - と契約し、「 ルネッサンス リゾート ナルト」に名称変更。 同社系列となる。 - マリオット・インターナショナルとの契約終了により、「アオアヲナルトリゾート」に名称変更。 秋 - リニューアル工事着工予定。 内 - リニューアル工事完成予定。 施設概要 [ ]• 南欧風のリゾートホテル。 8階建ての本館、9階建ての南館。 すべてオーシャンビューの客室計208室• フランス料理、日本料理、バー等の計7つのレストラン、ラウンジ• 5つの宴会場(婚礼、パーティー、研修会等、多用途使用可能)• 天然温泉、屋外プール、テニスコート、マーケットプレイス、エステサロンなど• 無料駐車場 200台• フリー 部屋の種類 [ ]• ルネッサンスフロア• 和室 アクセス [ ]• ・を出て、を北に約300m• (JR四国)より、車で15分もしくは鳴門公園線・鳴門線、大毛バス停下車すぐ。 より車で10分• ホテルから・発着の往復高速バス(運行のSPA LINE鳴門・四国)あり。 周辺施設 [ ]• その他 [ ]• - から発売されたレーシングゲーム。 ギャラリー [ ]•

次の