千と千尋の神隠し 川の神様。 千と千尋の神隠しについてです。川の神様(温泉へきた)の不要物はほと...

「千と千尋の神隠し」に出てきたヘドロ神の名前

千と千尋の神隠し 川の神様

2001年に公開された『千と千尋の神隠し』は、世界中で大人気になりましたよね!! 内容の深さや、色の鮮やかさなど、視点を変えることにより多様な楽しみ方があると思います。 都会の街中にポッと和テイストの建物があって、ちょっと不思議な感じもしますが、それがまた良い味を出しているのかもしれません。 1994年には国の重要文化財に指定されました。 入口の雰囲気といい、どこかで湯婆婆が目を光らせていそうですね。 夜、千とリンが二人でゆったりと語っているシーンに登場する、あそこです。 空へとそびえ立つ外観が、油屋を彷彿とさせる雰囲気ですよね。 一瞬、自分が千尋なんじゃないかと勘違いしそう・・・(笑) 名前が『金具屋(かなぐや)』となっていますが、先代が温泉旅館を作る前は鍛冶屋さんだったことから金具屋と名付けたそうです。 中を覗いてみると映画そのもの!!! 釜じいが長い手を伸ばしていた壁一面に広がる引き出しが実在したなんて!! 長い年月を経てところどころ色が剥げていたりするところが良い味を出していますよね。 実はこちら文房具屋さんで、スタジオジブリが千と千尋の神隠しのモデルになっているところだと公式に認めている建物なのだそうです。 2009年には東京都の有形文化財に指定されています。 豪華絢爛な内装に見入ってしまいますよね。 の二階の 廊下 は素晴らしいですね。 こちらは1936年に起きた2.26事件の現場となった建物で当時は赤坂にありましたが、現在はこちらの江戸東京たてもの園に移築され保存されています。 尾張信長の居城だっただけあって、今でもその威厳を感じさせる佇まいですね。 — DropOut6 DropOutSix *清州城(愛知県清須市)* 東海道新幹線が走るすぐ横に建っている清州城は、まさに橋の手前から見た油屋!といった雰囲気です。 赤く塗られた大手橋が、カオナシが黙って千尋を見つめていた場所にそっくりなのです。 まとめ 今回は、日本のみならず世界中から愛されているスタジオジブリ作品から、『千と千尋の神隠し』のモデルになった場所を日本中からピックアップしてみました。 公式では認められていない場所もあるようですが、たしかに雰囲気は似ていると感じる場所がたくさんありました。

次の

千と千尋の神隠しについてです。川の神様(温泉へきた)の不要物はほと...

千と千尋の神隠し 川の神様

html 「千と千尋の神隠し」の油屋には多くの従業員が登場します。 その中でもお客様をもてなす女性たちは「 湯女(ゆな)」と呼ばれていますが… 湯女たちの正体は、なんと ナメクジでした。 確かに湯女たちの顔つきは少しのっぺりとして、なんだか柔らかそうな身体つきをしています。 そして男性たちの正体は カエル。 ちなみに、これらは日本の民族学的には神聖な生き物とされているのです。 彼らの正体は動物でありながら人間の姿をして働いています。 「千と千尋の神隠し」では正体であるカエルの姿のままの従業員もいますので、人間に化けて正体を隠しているというよりは人間の姿の方が働きやすいのかもしれませんね。 千尋の正体が人間であることは湯女たちにも知られていました。 人間特有の匂いがあるそうで、千尋は正体を隠し通すことができないまま湯女の見習いとして働き始めました。 それは「千と千尋の神隠し」でお馴染みの油屋のモデルが「 風俗」であるという都市伝説。 確かに湯女たちを見ると正体のナメクジのような妙にヌメヌメとした艶やかな雰囲気で、華やかな油屋の外観・内装にも合っている気がします。 それに、お客の神様たちも詳しい正体は不明ですが、 男性っぽい人が多いような… 都市伝説を裏付ける根拠は2つ。 まず1つ目として、湯女は「千と千尋の神隠し」の世界だけでなく現実世界にも存在していたこと。 Sponsored Link 湯女とは 江戸時代の銭湯で働いていた女性を指します。 当初、湯女の仕事はお客様の身体を綺麗にすることだけでしたが、次第に 大人の営みにまで発展するようになってしまい禁止令が出るほどになったとか。 これだけ見ても都市伝説の通り「千と千尋の神隠し」の油屋は風俗がモチーフになっていることは有力と言えそうです。 もう1つ、この都市伝説が確信となった根拠は他の誰でもなく、宮崎駿監督のインタビューがきっかけだそう。 「千と千尋の神隠し」について宮崎駿監督のインタビューで、 日本はすべて風俗みたいな社会になっている。 いまの世界として描くには何がふさわしいかといえば、それは風俗営業だと思う。 引用元: と答えています。 都市伝説の通り、 風俗という単語がバッチリ出てきていますね。 また、千尋も湯婆婆によって名前を「千」とされたように、湯女たちもそれぞれ 本名とは違う名前を持っているようです。 別の名前で働くということを考えると、現代の水商売でもある 源氏名と同じ意味なのかもしれません。 そう考えると千尋は10歳という年齢では考えられない場所に迷い込んでしまったわけです。 「千と千尋の神隠し」はどこにでもいる普通の女の子が主人公の物語。 彼女は文句やワガママを言ったり挨拶もろくにできませんでした。 現代のいわゆる「 夜のお店」をイメージしてみましょう。 そこで働く女性たちは皆コミュニケーション能力に長けていて お客様を楽しませるプロとして働いています。 もちろん初めて働く女性が最初からできるかと言えばそんなことはなく、他の従業員の様子から学んだりお客様から教えてもらいながら学んでいくと思います。 「千と千尋の神隠し」でも迷い込んだとはいえ、千尋は油屋に飛び込んだことで成長を遂げていきました。 正体が人間だということで対等に扱ってもらえない中、先輩のリンから礼儀や仕事の基礎を学びました。 また、最初に出会ったのは厄介者の オクサレ様という正体不明の客。 対応に苦戦しながらもなんとか満足してもらい、しかもその正体は名のある 川の神様だったことから皆に認めてもらえました。 そして「千と千尋の神隠し」のクライマックス、カオナシとの対峙でも自分の意志をはっきり伝えることができるようになりました。 油屋は千尋にとって過酷すぎる環境だったと思いますが、都市伝説にある通り、あえて風俗のような場所で働くことによって人間として成長を遂げることができたのでしょう。 uncyclopedia. 数ある「千と千尋の神隠し」の都市伝説の中でも驚きの内容でしたが、千尋の成長を見ると納得の設定でしたね。 都市伝説を思い出しながら、ぜひ油屋の外観や内装にも目を配ってみてはいかがでしょうか。

次の

「千と千尋の神隠し」に出てきたヘドロ神の名前

千と千尋の神隠し 川の神様

C スタジオジブリ 性別 不明 年齢 不明 性格 温厚 正体 大根の神様 声優 安田顕 それではおしら様の各項目について解説していきます。 おしら様の見た目・性格 おしら様は大きく真っ白な身体に赤いふんどし、頭にはお椀、ナマズのようなヒゲが特徴的です。 一目見た千尋は怯えていましたが、重たい身体でゆっくりとした動き、歩くたびに「キュッ、キュッ」と足音が鳴り、油屋を訪れている神様の中でも特に愛らしい見た目をしています。 喋るシーンも少ないため、感情も分からず表情も変わらないので何を考えているか分かりませんが、登場シーンが少ないながらも、おそらく千尋が人間であることに気付いていながらも気遣う場面が多々見られるため、気性が荒いや不機嫌だという様子はまったくなく、非常に温厚で優しい性格をしていることが分かります。 性別と年齢はどちらも本編やインタビュー等で明言されていませんが、ふんどしをしていることを考えるとおそらく男性。 昔から存在している神様であるため、100歳は超えていると考えて良いでしょう。 おしら様の正体 おしら様の正体は「大根の神様」です。 農耕を司ると言われており、千尋がおしら様とエレベーターに乗った際に見上げたシーンで頭に乗っているお椀の隙間からは、大根の葉のようなものが髪の毛として描かれていることが分かります。 他の神様とは違い、見た目だけで何の神様か特定することは難しいですが、真っ白な体に特徴的なヒゲの部分が大根のように見えます。 おしら様のモデル 「千と千尋の神隠し」では大根の神様として描かれていますが、おしら様のモデルとなったのは主に青森県、岩手県で信仰されている家の神「オシラ様」だと言われています。 モデルとなったおしら様のご神体は30cmほどの棒に男性と女性の顔が描かれた姿で、本作のおしら様とは似ても似つかない姿ですが、蚕の神様、農業の神様、馬の神様として有名です。 また、子供好きな神様とも言われており、千尋を助け、静かにそっと寄り添っていたのも納得です。 おしら様の声優 おしら様の声優を担当しているのは、安田顕(やすだけん)さんです。 ヤスケンという愛称で俳優だけでなくバラエティでも人気な安田顕さんですが、エンドロールで安田顕さんの名前を見てどのキャラクターの声優だったか分からなかった方や、そもそもおしら様に声が付いていることを知らなかった方も多いのではないでしょうか。 セリフがほとんどないおしら様ですが、千尋と一緒にエレベーターに乗るシーンでは「キュー」と喋る場面がわずかながらにあります。 番台蛙の声優を担当した大泉洋さん、役名は無いもののエキストラとして出演した戸次重幸さんと同じTEAM NACSのメンバーとしても有名です。 おしら様の名シーン おしら様の名シーンについて解説していきます。 作中でも登場シーンが少なく喋らないおしら様ですが、短い出演時間でもおしら様の愛らしさや優しさが伝わってきます。 千尋を庇い、湯婆婆の元へ C スタジオジブリ 千尋がに連れられのところへ向かうときに、エレベーターで千尋を庇うシーンです。 千尋たちが湯婆婆のいる最上階へ向かっているエレベーターに乗り継ぐときにおしら様と出会いますが、リンがこのエレベーターは上へ行かないから他をお探しくださいと案内し、立ち去ろうとしたところ、2人の後ろを付いてきます。 乗り継ぎのエレベーターに乗り込もうとした際、リンが「人間くさいぞ」と蛙男に捕まってしまいます。 リンは蛙男に気付かれないよう千尋をエレベーターに押し込み、おしら様は千尋を自分の体で隠すようにエレベーターに乗り込みますが、ここで千尋を庇う仕草が見られます。 最終的におしら様は途中で降りることはなく、湯婆婆のいる最上階まで付いていき千尋を見送りますが、最上階に到着したとき千尋とともにエレベーターから覗き込むシーンはほっこりします。 千尋の成功を喜ぶ.

次の