ナメクジ 対策 コーヒー。 ナメクジってコーヒーで駆除できるの?

ナメクジの確実な駆除と対策

ナメクジ 対策 コーヒー

ナメクジはカタツムリの殻が退化した雑食性の生物です。 口の中には歯舌と呼ばれるおろし金のような硬い舌状の器官があり、葉や花などを削り取るように食べます。 ナメクジの通った後には粘液が残ります。 花壇や畑などで見かけることの多い、細長い体型に2本の黒い線の入ったナメクジはチャコウラナメクジという種で、日本には元来存在しなかった外来種です。 しかし、戦後アメリカからの軍物資由来で日本に浸入してからは、その繁殖力の強さで本州から九州にかけ広く分布し、日本の侵略的外来種ワースト100に指定されています。 その他、日本の固有種フタスジナメクジ、ここ数年勢力を伸ばしている外来種マダラコウラナメクジ、山野に住む大型のヤマナメクジ、沖縄で見られるヒラコウラベッコウガイなどが日本に生息しています。 いずれも広東住血線虫という寄生虫を保有するおそれがあるため、素手で触るのはやめた方が良いでしょう。 死亡例も報告されている恐ろしい寄生虫です。 ナメクジはどのような原因で発生するのでしょうか。 ナメクジは湿気のある場所を好みます。 花壇や菜園は日々の水やりで湿気があり、ナメクジの好む環境になりやすく、特にプランターの下や庭石の下などはナメクジの格好の住処です。 また、ナメクジは花も野菜も大好物。 無農薬で葉物野菜を育てているとナメクジの餌にされてしまうこともあります。 しかし、原因とはいえ園芸をしていれば水やりをしないわけにはいきませんし、無農薬の野菜はおいしいですよね。 定期的に見回りをして、ナメクジの発生が確認されたらマメに駆除するのが一番だと思います。 ナメクジは酸性土壌を好む傾向があることが分かっています。 後述しますが、石灰等で酸性値を調整することも効果的です。

次の

ナメクジ駆除・対策について

ナメクジ 対策 コーヒー

ナメクジの生態 ナメクジの生態の特徴としては、夜行性であり、じめじめした場所を好むということが挙げられます。 そうした特徴から、日中は、落ち葉やプランターの裏あるいは石の陰など、じめじめした場所に隠れて、夜になると葉や花などを食べる、という行動パターンになります。 ナメクジは透明で小さな卵を落ち葉の下や土の中に産みつけて繁殖します。 雌雄同体なので、お互いに精子を注入しあい、二匹とも産卵することが可能です。 冬から春が繁殖期で、地上で多く見られる時期が梅雨となります。 先ほど紹介したとおり、草花や野菜を食べることと、通ったあとが筋のように白く光って濡れるので、葉などにそのような跡があったらどこかにいると考えられます。 夜行性なので夜に見回るか、日中、じめじめとした鉢やプランターの裏、落ち葉の下などを確認しましょう。 もしここで発見できなかったとしても、必要があれば予防をしておきましょう。 よく知られているのはコーヒー殻、水で薄めた竹酢液・木酢液を撒く方法です。 コーヒー殻は、ナメクジがカフェインを嫌う性質を利用しています。 また、落ち葉や雑草などを片づけ、彼らが潜む場所を減らすというのも重要です。 ナメクジの駆除 もし発見してしまったら、駆除しましょう。 駆除の方法としては、熱湯をかけたり、少数であればつまんで捨てるという方法で駆除します。 それでも追い付かない場合は、ビールと殺虫剤で対策しましょう。 ナメクジはビールを好んで寄ってきますので、その中に殺虫剤を仕込んでおくのです。

次の

ナメクジの効果的な駆除方法6つとおすすめ駆除剤TOP15

ナメクジ 対策 コーヒー

スポンサーリンク ナメクジが室内やお風呂場で見つかるのは? ナメクジは、ジメジメしたところが好きな性質があるので、室内でもお風呂場や台所などで見つかることが多いものです。 これは、排水口や窓の隙間などから侵入してくることが原因と考えられます。 なので、まずはその侵入を防ぐことが大事になります。 排水口の対策 台所にしろ、お風呂場にしろ、排水口の掃除は、普段なかなかできないものですよね。 なかには几帳面に排水口の中まで外してきれいに洗う人もいますが、多くの人は年に数回掃除する程度ではないでしょうか。 そうなると、ヌメリが発生して夏場などでは嫌な臭いも発生してしまうものです。 外して洗うのが大変な場合では、パイプ洗浄剤等で洗い流すと簡単でいいです。 排水口の悪臭や詰まりを防止するために、パイプ洗浄剤をかけて、30分ほどしたら多めの水で洗い流すだけでも効果あります。 そのような対策をすることでナメクジの侵入も防ぐことができるようになります。 さらに、排水口に排水ネット等を張ることで、より確実に侵入を防げるようになります。 ただ、掃除が不十分だと排水しにくくなることがあるので注意が必要です。 窓の隙間の対策 台所やお風呂場はどうしても湿気が溜まってしまうため、換気のために窓を開けっ放しということが多いものです。 窓や網戸がしっかりしていれば、ナメクジの侵入もしにくいでしょうが、僅かな隙間でも入り込んで来るのがナメクジの厄介なところです。 老朽化して隙間のある場合には、思い切って修理するなどして対策しましょう。 また、夜中に入り込んでんくることが多いので、夜寝る前にはきちんと閉めるなどの対策をとるといいでしょう。 これは、ナメクジだけでなく、防犯上にも大事なことですね。 スポンサーリンク ナメクジを室内やお風呂場で見つけたらどう退治する? このような対策をしていても、何故かナメクジが現れることはあります。 折角、対策したのに。。。 と思うかもしれませんが、めげずに対処しましょう。 最も簡単な退治方法は、よく知られている塩です。 ナメクジが隠れてしまうくらいのたっぷりな塩をかけてあげましょう。 そうすれば、体内の水分が塩に吸い取られてナメクジはあっけなくご臨終してしまいます。 この方法は、その昔から知られている一般的なものです。 ただ、その都度、ナメクジに塩をかけないといけないので、結構手間がかかりますね。 云わば、見つけ次第退治ということですね。 これに対して、放置しておくだけでもある程度の退治ができる方法があります。 いわゆるトラップ(罠)を仕掛けておくということです。 家庭でも簡単にできる方法をご紹介しましょう。 ビールを利用する ナメクジにビールなんて勿体無いと思うかもしれませんね。 勿論、美味しく冷えたビールをご馳走するわけではありません。 (笑) 飲み残しでいいので、容器にビールをいれた罠を仕掛けておくのです。 それに釣られたナメクジが溺れ死んでしまうということです。 使い捨ての紙コップだと、そのまま処分できるので簡単ですね。 コーヒーを利用する コーヒー好きの人であれば、毎日のようにコーヒーを飲みますよね。 でも、その出がらしって、そのまま捨ててませんか。 折角なら再利用しちゃいましょう。 コーヒーに含まれるカフェインがナメクジの神経に作用して退治できるようになります。 ちなみに、ゴキブリもコーヒーを嫌うので、一石二鳥の効果が期待できますよ。 それについては、をご覧ください。 米ぬかを利用する ナメクジは米ぬかにも釣らてやってきます。 紙コップなどに3割程度の水を入れて、米ぬかと台所用洗剤を数滴ほど溶かしておきます。 すると、翌朝には中で溺れ死んでるナメクジを発見。 このようにトラップを仕掛けておくだけで、ナメクジが退治できてしまうのです。 わざわざナメクジごときにいちいち塩を蒔いて退治するのは面倒ですよね。 目の前にナメクジが現れた場合には仕方ありませんが。 簡単にできる方法で退治しちゃいましょう。 尚、庭などにナメクジが大量発生してしまうような場合には、ホームセンター等で販売している専用の駆除剤を使うのが効果的です。 ただ、犬猫などのペットを飼っている場合には、ペットに害のないものを選ぶようにしましょう。 大切なペットも一緒にご臨終してしまっては大変ですので。。。

次の