切り干し 大根 サラダ 人気。 切り干し大根の基本レシピ&アレンジ18選:毎日食べたい料理を紹介

切り干し大根の戻し方。正しい水量や手順を解説!

切り干し 大根 サラダ 人気

切り干し大根とは、収穫した大根を細く切って天日で干したもので、秋から冬が旬の食べ物。 切り干し大根には食物繊維が豊富で、カリウム、カルシウム、鉄分などのミネラルもたくさん含まれています。 購入する際はよく乾燥していて、色にむらのないものを選ぶのがよいでしょう。 水かぬるま湯でもどしてから、炒め煮、酢の物、サラダなど様々なレシピに使える切り干し大根は、毎日の献立に大活躍してくれますよ。 この記事では、切り干し大根の基礎知識に加え、切り干し大根の煮物レシピ、炒め物レシピ、サラダレシピ、その他のレシピにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 切り干し大根の歴史と栄養について 切り干し大根は、収穫した大根を細かく切って、天日で干して乾燥させたもの。 江戸時代からの代表的な乾物で、昭和に入ってからは宮崎県産が全国の9割を生産しています。 干すことで糖化されて甘みが増えて、美味しい風味が出る大根は、味が変化するだけではなく、生の大根にはない栄養素が生まれます。 カルシウム、鉄分、ビタミンB1、ビタミンB2などが生の大根と比べて数倍も多くなり、栄養価が非常に高い食品。 そして切り干し大根には、食物繊維が豊富。 食物繊維は、消化・吸収されずにそのまま腸に排出されますが、その際コレステロールや胆汁酸を吸着し、一緒に排出してくれる働きがあります。 それに加え、体内のナトリウムを包み込み、一緒に排出する作用があるため、血圧を下げてくれる効果や、少量で満腹感があるので食べ過ぎを防止する効果も期待できますよ。 切り干し大根の戻し方について 切り干し大根は必ず洗って、水に戻さなければなりません。 はじめにさっと水洗いをした後、軽くもんで汚れとにおいを洗い流します。 手でもみ合わせるようにして、何度か水を変えながら洗うのがポイント。 ここでしっかり洗わないと、乾物特有の匂いが出て、味付けの邪魔をしてしまいます。 続いて、戻し方について。 切り干し大根は少しの水ではきちんと戻りきらずに調味料が染み込まなくなり、ふっくらとした柔らかな食感にはなりません。 そのため、切り干し大根を戻す際は、たっぷりの水(切り干し大根の量の3倍以上の水)で戻してくださいね。 水につける時間は、煮物にする場合の浸水時間は15~20分、和え物にする場合の浸水時間は10~15分にすると歯ごたえが残っておいしくなります。 必要以上に長く水で戻すと煮崩れてしまいますので注意しましょう。 シンプルで簡単なのにうまみがしっかりあって、食べごたえもバツグンです。 一度にたくさんつくってお弁当の常備菜にもおすすめ。 だしがなければ濃縮タイプのつゆでも代用することができますよ。 また、お好みでしいたけをいれたり、ごまをふってアレンジするのも楽しいですね。 切り干し大根を味わい深くボリュームアップしたいならこのレシピ。 作り方は簡単。 薄揚げを袋状にして、余った切り干し大根とたまごを入れて甘辛のだしで煮れば出来上がり。 たまごを少しつぶすようにするとたまごに味がより染み込んで美味しくなります。 半熟たまごがお好きな方は煮る時間を短めに調節すれば簡単にできますよ。 ツナと煮ることで風味が変わった、ヘルシーで優しい味付けの切り干し大根。 作り方は簡単。 だしが煮立った後、水で戻した切り干し大根・ニンジンと調味料を入れて10分煮て、ツナを入れたら完成です。 ツナは火を止める直前に入れるとパサパサせずにしっとりと仕上げることができますよ。 また、切り干し大根は熱湯で戻すことで時短に。 たくさん作ってお弁当のストックにもおすすめ。 年中手に入る大根。 おでんや煮物には欠かせない野菜ですね。 大根にもいろいろな種類があり、種類によって旬が違ってきます。 普段目にすることが多いのは「青首大根」という種類。 10月分~3月頃が旬でこのころには甘味がぐんと増します。 ズシリと重くて太く、ハリつやがあるものを選びましょう。 大根1本あれば、部位によって向き・不向きの料理があるので、意識して使い分けるといいですね。 サラダや大根おろしなど生のまま食べたり、煮て食べるイメージが強いですが、実は簡単に「焼いて」食べるレシピもたくさんあるんですよ。 レシピを覚えたら料理の幅も広がりそうですね。 この記事では、「大根」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 冬の定番料理のおでんには欠かせない大根は、一年を通してスーパーで見かける身近な野菜ですが、冬の大根は甘みが強く、水分が少なくて切り口が真っ白なため、煮物などに最適です。 大根の根の部分(白色の部分)にはビタミンCや食物繊維以外にも、胃腸の機能を整える「消化酵素アミラーゼ」が多く含まれます。 特に大根おろしにはたっぷり含まれるので様々な料理に合わせていただきたいですね。 葉の部分にもビタミンCや鉄、カルシウムが含まれるため、捨てられがちですがうまく活用して無駄なく栄養を取り入れたいですね。 辛みや苦味が気になる方はあらかじめ下茹ですると味も染み込みやすく調理しやすいですよ。 この記事では、「大根」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

切り干し大根で激うまサラダ by pashaco 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

切り干し 大根 サラダ 人気

「厚揚げと一緒に煮物に…」といった使い方が一般的な切り干し大根ですが、実は色々な料理にアレンジできる万能材料でもあります。 そんな切り干し大根を使った、おすすめのアレンジレシピを紹介します。 切り干しナポリタン パスタ麺を使うかわりに、切り干し大根で代用して作るナポリタン。 もどしておいた切り干し大根を、ピーマンや玉ねぎ、ベーコン等を炒めておいたフライパンに入れて、ケチャップで味付けするだけ。 同じ要領で、ナポリタン以外のパスタでもアレンジ可能です。 切り干し大根の卵とじ すでに切り干し大根で煮物を作っていて、「作りすぎ」でなかなか消費できない時に。 卵に切り干し大根を加えたもので卵焼きを作るだけの簡単レシピです。 切り干し大根に、すでに味がついているので、特に味付けする事なく簡単につくれるところがメリット。 ひじきと切り干し大根の生春巻き なかなか見かけない、和風アレンジの生春巻きです。 生春巻きの中に使う具材として、切り干し大根を入れていて、さらに「ひじき」「鶏挽き肉」「大葉」等のさっぱり系の材料で統一。 タレもポン酢マヨ等の和風によくあうものにしています。 和風ながら、子供も「これ美味しい!」となってくれる人気のレシピです。 切干大根のソムタム ソムタムはタイ料理で定番のサラダ。 本格的なタイ料理で食べると「激辛だけどクセになる!」とよく注文する人も多いのではないのでしょうか? ソムタムの材料は通常は「青パパイヤ」を使うのが定番。 ですが、日本で手に入れる事は稀で、専門店にいかなければ入手できます。 そんな青パパイヤの代用品として切り干し大根が活躍!ちょっと固め&シャキシャキとした食感は青パパイヤとかなり似ています。 葱もち切り干し大根 茹でた切り干し大根にツナやカレー粉で味付けしたベースを作り、薄力粉やお湯を加えながら生地を作っていきます。 生地を寝かせる、綿棒で伸ばす等の行程を終わったら、オーブンではなくてごま油をひいたフライパンでこんがり焼きえあげれば完成。 少し手間はかかりますが、子供用のおやつにもぴったりなレシピです。 切り干し大根でどんなアレンジをした? 早朝クッキング その2w 切り干し大根の煮物を巣ごもり卵にアレンジしといた。 — たかちゃん KMFDM999 KMFDM999 ここ2ヶ月くらい朝はほぼパスタにしているんだけど、体の調子がよい気がするなー。 好きな野菜をたくさん入れたり、納豆や切り干し大根とか入れたりアレンジきかせてます。 今日は、切り干し大根の茶飯と鶏むねの生姜揚げ。 切り干し大根のアレンジを楽しんでみよう。 — 美桜奈 アヴァベル Jm0x3tyJRvE2Mzv 手前から切り干し大根にカレーパウダーで和えたもの。 タマゴ。 きんぴらゴボウマヨロール。 惣菜アレンジする休日の朝。

次の

切り干し大根の基本レシピ&アレンジ18選:毎日食べたい料理を紹介

切り干し 大根 サラダ 人気

茹でる工程がないから簡単に作れますね。 マヨネーズが合います。 切り干し大根は、15分以上水に浸さないのがポイント。 ぬるま湯なら5分。 バターで切り干し大根とにんじんを炒めて、調味料を入れ、コーンを加えて煮て完成。 つくれぽ200以上です。 こちらのレシピのポイントは、切り干し大根は1分だけ茹でること。 水けをしっかりと切るのがポイント。 さっぱりポリポリ。 クックパッドのレシピ本「節約レシピ」に掲載。 レシピ動画あり。 【つくれぽ145】煮物より簡単。 まとめ クックパッドで人気のある切り干し大根を使ったレシピをご紹介しました。 安くて保存がきく乾物の切干大根は家にストックがあると、あと1品作りたいときにも便利ですよね。 食物繊維やカルシウムが豊富なので栄養面でも注目な食材です^^.

次の