オンライン 飲み 会 の やり方 zoom。 今、話題の「オンライン飲み会」入門!【設定から応用まで】 ~コロナの憂鬱を吹っ飛ばせ~

【使い方解説】Zoomでミーティングを主催する(ホストする)方法

オンライン 飲み 会 の やり方 zoom

新型コロナウイルス蔓延による影響を受け、日本ではリモートワークが急速に進んでいます。 その中で、3密を避けながら飲み会はしたいということで、オンライン飲み会、Zoom飲み会が各会社で開かれ始めています。 皆さんはオンライン飲み会の出欠は返事しましたか?出席と返事をしたものの、メンバーによっては、気が重い、めんどくさいと感じる方も多いですよね? オンライン飲み会、Zoom飲み会は断りにくく、終電があるといって切り上げることもできないので疲れるという声もよく聞かれ始めています。 そこで今回はLippopで100人にオンライン飲み会についての調査を行いました! 本当はみんなやりたくないって思っている?何が嫌?欠席連絡の言い訳どうしよう?そう思っている方にも嬉しい生の声をそのまま公開しています!! 目次• オンライン飲み会(Zoom飲み会)とは オンライン飲み会とは、Zoomやスカイプ、Google Hangoutsなどのビデオ会議ツールを使って行われる飲み会のことです。 通常であれば居酒屋などに直接集まって、お酒を飲みながら語り合うのが飲み会ですが、オンライン飲み会ではそれを各自の自宅などで直接会わずに画面を見ながら、それぞれがお酒やおつまみを用意してビデオチャットでお酒を飲みながら語り合う飲み会のことをさします。 通常の飲み会と異なり、終電などを理由に抜けられなかったり、おつまみやお酒を各自用意する手間や金銭的負担があるというデメリットがあります。 一方、飲み会の後に家に帰ることを考える必要がなく、寝落ちできたり、各自好きなお酒を飲めたり、お酌をしなくてもいいなどのメリットもあります。 オンライン飲み会(Zoom飲み会)の調査内容 調査は幅広い年齢の社会人の男女100人に聞きました。 質問内容は、• 会社のオンライン飲み会に参加したいですか?• 会社のオンライン飲み会に参加したいまたは参加したくない理由を教えてください• 会社のオンライン飲み会を欠席するときのベストな言い訳を教えてください という内容です。 Lippopではなんと、Q2とQ3の皆さんの生の声をそのまま公開しちゃいます!! 調査に答えてくれた人の属性 今回調査に協力してくれたのは下記のような方々です。 女性と男性比率はほぼ半々です。 年齢は20~40代を中心に50代の方にもこたえていただきました。 オンライン飲み会(Zoom飲み会)の調査結果 会社のオンライン飲み会(Zoom飲み会)調査結果を大公表します。 皆さんが感覚として思っていることとはちょっと違った驚きの結果になっているかもしれません。 会社のオンライン飲み会(Zoom飲み会)に参加したいかどうか? なんと調査した人の約7割は絶対に参加したくない・できれば参加したくないと思っていることがわかりました。 一方、参加したいと思っている方も3割ほどでした。 会社のオンライン飲み会(Zoom飲み会)に対する考え方の年齢別の傾向 編集部が想定していたこととしては、20代の若い方の方がオンライン飲み会(Zoom飲み会)を歓迎する人が多いのかと思っていましたが、実は結果を見てみると、30代が最も参加に積極的ということが分かりました。 一方、40代、50代になっていくと参加したくない割合が増えていきます。 会社のオンライン飲み会(Zoom飲み会)に絶対参加したくない理由 オンライン飲み会(Zoom飲み会)に参加したくない理由としては、飲み会のための準備(背景、おつまみ、お酒)を自分でやる必要があって面倒、終電などで抜けられないため長くなるというような声が目立ちました。 23歳女性:テレワークになったことで、せっかく会社の人達と会わずに済むようになったのに、わざわざオンライン飲み会に参加してまで顔を合わせたくない。 また、家の家事などやらなければならないことも多くあるので、そのために自分の時間を使いたいと感じてしまう。 有志で勝手に開催する分には構わないが、強制参加などには絶対にしないでほしい。 25歳女性:家にいてまで、わざわざ会社の人と飲みたくないです。 自宅にいる時は完璧にプライベートですし、プライベート空間を不用意に会社の人に晒したくもありません。 飲みに行くのであれば、お店のお食事を楽しみにして参加できるのですが、自宅で飲み物食べ物を準備して、会社の人と飲みたくないですし、準備した食べ物の褒め合いとかが始まる度に反吐が出ます。 26歳女性:すごく仲の良い人だけなら良いけど、会社の人となると家から配信して後ろの背景とかでプライベートを見せることになるから嫌だ。 お酒飲めないし、そこまでして飲み会したくない。 私はやりたくはないけど、注文したり取り分けたりお酌しなくて良いし自分で食べたい物や飲みたい物を準備できるから気を使わなくて良いかもしれない。 28歳女性:私は参加したくありません。 そもそも、会社の人たちと接することが苦手なので、直接会おうがオンラインだろうが参加したいと思いません。 ましてや家というのは私にとって「仕事から離れてゆっくり疲れをいやす場所」です。 せっかく仕事や職場の人間関係の疲れから離れられる唯一の場所であるのに、会社の人たちとお酒を飲みたいとも思いません。 36歳女性:オンラインじゃない会社の飲み会も基本的に行きたくないので、できる限り不参加でした。 仕事終わってまで上司と顔を合わせていたくないです。 飲み会やるなら残業代出してほしいぐらいです。 それなのに何故オンラインでまでやる!?って思ってしまいました。 一緒の空間にいなくてもビデオで繋がってる間は仕事の延長線上です。 飲みたければ1人で勝手に飲んでてほしいです。 45歳女性:上司が社内の人の誰かの物まねをして始まり、悪口をきかされます。 笑いの内容も誰かのミスや、話し方のものまねがほとんど。 そしてそのミスについてふられ、言葉に詰まります。 後は俺がこうしたったからと言う話を聞かされます。 こうしたらこうなるんだよ。 っていう話なら聞けるのですが。 何が楽しいのか、無駄な時間と感じてしまい参加なんて嫌すぎます。 会社のオンライン飲み会(Zoom飲み会)にできれば参加したくない理由 21歳男性:自分は立場が下なので話すを盛り上げないといけない。 話が合わない人、上司と画面越しで顔を合わせるのが嫌。 自分の時間が奪われる。 仲間内だけでやるぶんには楽しいと思う。 お酒、おつまみの準備が面倒。 誰かの悪口を話しそうになるので嫌。 プライベートを充実させたい。 部屋の片づけをしないといけない、自分がどんな部屋で生活してるのかばれる。 23歳女性:人と飲みに行くのがあまり得意ではない性格でお酒も弱いので飲み自体好きじゃないです。 実家暮らしなのでオンライン飲み会だと背景にも気を遣わなくてはならないのが嫌だからです。 家にいるのに髪の毛やメイクしなきゃいけないのも嫌です。 家にいるのに他人と話さなきゃいけないのも嫌です。 自分から飲みたいと人に言うタイプでもないし常に酔っていたいタイプでもないので。 26歳男性:家に帰ってまで会社の人たちと会わなければいけない理由が分からない。 オフラインの飲み会であれば、電車の時間などを理由にして途中で切り上げることもできるが、各自が家にいる状態ではそれも通用しないため延々と終わらない可能性がある。 しかも、目上の人が残っている限り中座できないというような謎の空気感も出てくるはず。 オンラインとはいえ自宅でPC等を開いている状態のため、なんとなくプライベート空間に入られている気もしてそれも不快。 26歳女性:すっぴんにパジャマ姿で会社の人に休みの日までわざわざ会いたくない。 化粧をしておしゃれをするのも疲れるし家から出ないのにめんどくさい。 仕事以外で会社の人と話をしたくない。 あまり話すことがないしつまらない話を何時間も聞くのは疲れてしまうし家にいるのでなかなか終わらなかったらいつ抜ければいいのかわからなくなる。 27歳男性:飲み会自体は楽しいですし、人間関係に特に問題は無いのですが「オンライン」という特性上ついつい飲み会が長引いてしまい、終わり時が分からないというのが困ります。 理由をつけて夜途中で抜けるのは忍びないですし、飲み会が長引くほど飲食の量が必然的に多くなってしまうので財布のダメージが多くなってしまうように感じます。 29歳女性:リアルで居酒屋などに集まって行う飲み会だと、一軒ごとに90分など時間制限があるため区切りをつけることができる。 また、二次会なども体調を考えて参加・不参加を決めることができて良いが、オンライン飲み会だといつまでも区切りなく会が続いてしまう。 また、料理やお酒も自分で用意しなくてはならないため、お金と手間がかかる。 33歳女性:あまりアルコールは飲めないし、仕事の知り合いとはプライベートなところで別に関わりたくもないから。 部屋の中を写すということで自分の好きなものやインテイリアを知られるのが嫌だから。 特に親しいというわけでもないし、自粛期間が終わって通常通りの業務に戻った際に煩わしい人間関係が増えるのが面倒くさいと思うから。 44歳男性:社内の飲み会で参加をしなければならないが、出来れば家で家族とのんびり過ごしたいので参加したくない。 オンラインで接続するとなると、準備時間、片付け時間を要するため、それらに手間がかかる。 オンライン飲み会よりは、普段の飲み会のほうが、直接会話も出来、普段話せない情報なども直接聞けるため、そちらのほうが良いと思う。 57歳男性:良い点はアルコールを強要されず自分のペースで飲めること。 飲めないのでジュースをカクテルと偽って飲めること。 悪い点は、マンションの下の階の人に大声で歌うなと苦情を言ったため、静かに飲まないといけないこと。 やはり実店舗じゃないと交流ができないこと、ネットでトラブるがあった場合は、逃げたとか言われる可能性があるなどマイナスの要素が多いからです。 会社のオンライン飲み会(Zoom飲み会)に絶対参加したい理由 オンライン飲み会(Zoom飲み会)に参加したい理由としては、リモートワークになって外部の人や会社の人とコミュニケーションが減っていることによる弊害(コミュニケーション不足やストレス)を和らげたいといった声が目立ちました。 また、逆にリアルよりも気が楽という声も聞かれました。 25歳男性:実際にやってみて楽しかったから。 つまらない話はスルーしてケイタイを触っていても感じが悪くないし、入っていける話だけ加われば良いので。 あとお酒はあまり強くないので赤くなってもごまかすことができるし気分が悪くなったら退出も楽。 あと解散するのも楽だったたし二次会とかも特になかったからよいのかなあとおもいます 31歳女性:家にいても暇なので何か新しいことをしたいと参加しました。 リラックスした雰囲気の中、だらだらしながらの飲み会はいつもと違って新鮮でした。 また、家なのでいつでも寝れるという安心感がありついつい飲みすぎるということがありました。 流行りにのって参加することで次の飲み会の話のネタになっていいのでぜひ参加するべきだと思います。 48歳女性:緊急事態宣言を受けて、自宅待機となったため、飲み会ができないかと同僚たちと渋々やってみたのですが、それぞれの自宅で好きなものを用意して、時間を気にせずできるのでとても気に入っています。 友人にもお勧めして、自宅待機を楽しませていただいています。 それぞれの家族やペットも参加したり、垣間見える部屋が意外だったり、より親しみやすくなりました。 部屋が見られるのが嫌なら見える角度を調整することもできるので、掃除が行き届いていないときも参加しやすいので、今後も参加したいと思っています。 会社のオンライン飲み会(Zoom飲み会)にできれば参加したい理由 24歳男性:自宅待機やテレワークで会う頻度がめっきり減ってしまった仲の良い人であれば特に、コミュニケーションがとれる良い機会になると感じるため、たまに開催されるのであれば参加したいと感じます。 お子様のいる方でも自宅にいながら気軽に参加できるたため、招待しやすいことも理由の一つです。 ただ、強制参加のような多少強引なオンライン飲み会であれば、あまり参加したいとは思いません。 24歳男性:三蜜を防ぐため飲食店に集まらずにみんなで飲み会気分を味わえるのはいい事なので、時間が合えば参加してみたい。 しかし、アパートで隣の部屋に音漏れしてしまう構造なので、長時間話をするのは難しいため、その辺の環境をしっかりととのえておけば積極的に開いてみたい。 自宅のインターネット環境はかなり良いが、参加するほかの方々の環境があまり良くなかったときに、システム関係で時間をとられてもなんかいい気分にはなれない。 26歳女性:お酒を飲む事が大好きでいつも外で飲むことが多かったので、こんなにも家でお酒を飲むことは無いですが、断然家で飲む方が安いのと、みんなと話ながら飲むのが好きなので会社の人と仕事や現在の状況、家にいる時間の過ごし方など話しながらお酒を家でお酒を飲み、自宅なので終電も気にせずラストオーダーも気にせずに自分のタイミングで好きなものを食べながらお酒が飲めるので最高です。 29歳女性:昨今のコロナの関係で在宅ワークになってしまい、職場のメンバーと話す機会が減ってしまったので、近況報告を聞きたい。 オンライン飲み会は終電を気にすることなく家でまったり飲むことができるので、個人的には気に入っている。 家で飲むため、飲み会代を気にする必要もないため財布にも優しく、店の手配をしなくていいため、良い店を見つけるプレッシャーもなく、探す時間も不要である。 また、今までお店で行う飲み会とは違い、完全にプライベートな雰囲気で行うため新鮮だと思った。 31歳男性:テレワークに移行して3週間が経ったころ、社内の人間としゃべりたい、関わりたいという思いがふつふつと湧いくるのに気づきました。 そして通常勤務であれば気にもしていなかった、何気ない日常の会話が気づかぬうちにストレスのはけ口になっていたり、自身の仕事のリズムを構成する必要なもので有ることを確信しました。 また今回の様なテレワークは初めての経験であり、仕事をする上でのモチベーションの保ち方や自宅でできる効率的な働き方など、同僚や上司にも相談したいことも多くある事が要因です。 33歳男性:現在は在宅勤務であり、直接顔を合わせることができないので部下や上司、同僚とコミュニケーションをとる機会が激減してしまっている。 本来であれば仕事終わりに飲みに行き、そこでコミュニケーションを深めることができるが現在はそうはいかない。 仕事をする上でコミュニケーションが良く意思疎通がうまく行くと、それが仕事に良い面に働くと自分は考えています。 ですので、オンライン飲み会があれば参加したいです。 38歳男性:基本は、誘われるといきたいのですが、お酒に異様に強い人がいて、その人がいると、めちゃくちゃ長くなるのでちょっとめんどくさいです。 眠くなってくると正直しんどいです。 何度かオンラインでもやったのですが、その人が参加すると終わろうという雰囲気があるにも関わらず、え~まだいいやん、と言うのでしんどいです、長くない、終わるタイミングが同じ人達とならやりたいです。 46歳男性:これだけ長い期間テレワークをしていると、家で飲んでいても毎日変わらない光景ということもあってか、おいしい酒にはならない。 たまには会社の同僚や仲のいい連中と飲みたい気分になるため、オンラインでも構わないので顔を合わせて飲みたい気分になる。 家での会話と外での会話は違うので、オンラインで「外で飲んでいる」雰囲気だけでも欲しいと思っている。 47歳女性:食べるものまで合わせる会ではなく、ポテチとビールの用意だけで良かったし、いつもは飲むにつれ眠い、帰りたいと思っても、付き合いの関係で3次会まで付き合い、終電を逃してタクシ-で帰る等ということがあったが、オンライン飲み会だときつくなったら、フェ-ドアウトするかの様に抜ける事が可能。 以外と良いではないかなというのが感想です。 51歳男性:できれば参加したいです。 コロナでずっと家にいると、やはり気が沈んできがちになってしまいます。 生活が乱れ、格好も適当で、髪もボサボサなままなので、拍車をかけています。 オンライン飲み会ではビデオ通話で行うことが多いと思うので、服装を含めいったん見苦しくないように整える必要があります。 こういったことがきっかけになり、あまり乱れずにすむのではないかと思います。 会社のオンライン飲み会(Zoom飲み会)を欠席するときの言い訳 21才男性 彼女と電話しますw 23才女性 体調不良のため休養したい 23才女性 ごめーん。 今日は久しぶりに家族みんなでご飯食べる日だから。 24才男性 運動不足のため、トレーニングがするから 24才男性 すでにほかのオンライン飲み会がある(同級生や親戚など)。 25才女性 Wi-Fiの調子が悪くて繋がりません。 25才女性 行きたくない 25才女性 パソコンやネットの接続が上手くいかなくて 25才男性 ネットの調子が良くない 26才女性 うまく繋がらないみたいだから参加できない 26才女性 実家の母が泊まりに来ています。 26才女性 友人とのオンライン飲み会が先に入っているや、親が来ている等 26才男性 今日は家事をやらないといけなくて 26才男性 寝ていました。 (事後報告) 27才女性 家族の具合が悪いので面倒を見なければならない。 27才女性 体調が優れなくて参加出来る状態じゃない 27才男性 通信速度制限に引っかかってしまったので無理です。 27才男性 体協不良です 28才女性 子供のいる家庭は子供のお世話で大変だ、とか、実家の両親が家に来ているなど 28才男性 PCにカメラが付いておらず手段がスマホしかないです。 スマホだと画面が小さくて全員の顔が見えないので。 29才女性 自宅のPCのスペックが低く、買い替える余裕もないので参加できない 29才女性 家のwi-fiやネットの調子が悪い。 29才女性 誘いを断る時は『それなら仕方ない』と思わせるのが大切です。 なので、祖父母の介護をする、これがベスト。 29才女性 服を全部洗濯してしまい、着るものがない 29才女性 旦那が同日にオンライン飲み会をするそうですが、PCが1台しかないため参加できません 30才女性 自宅の電波の状態が悪い、体調不良など 30才男性 自宅に固定回線を引いていない、今月の通信量が制限を迎えそうなど 31才女性 家族が家にいて一人になれる部屋がないため今日は厳しいです。 31才女性 同居する家族のプライベートの邪魔になると反対された。 31才男性 最近始めたオンライン英会話があるので…。 32才男性 家だと子供が大騒ぎして飲み会どこじゃないので、すいません! 33才女性 主人が今オンライン飲み会をしているので。 33才男性 ネット環境が悪い 33才男性 睡眠不足(風邪気味)なので、今日は早めに寝ます。 35才男性 ネット環境の調子が悪い、娘の世話をしないといけないのでそれ所じゃない、酒を買う金がない 36才女性 私は普通に参加しません!って言ってしまいます。 言い訳だと、体調悪いから早く寝ます! 36才男性 ネット環境が悪いので 38才女性 子供の急病で看病しなくてはならなくなりました。 家族が在宅勤務でパソコンを使用中なので参加できません。 38才男性 自宅のWi? Fiの不具合 38才男性 今日はしんどいので 39才女性 ネットがない 39才男性 身内が体調を崩している。 入院した等。 39才男性 案内メールなどに気が付かなかった。 近所でやっている人がいてやかましかった。 イヤホンなどが壊れている 41才男性 ちょっと嫁の体調が良くなくて子供の面倒を見ないといけないので、、、 44才男性 通信の回線の調子が悪いため 45才女性 オンラインの英会話学習の時間や、海外に住んでいる友達から連絡がある時間と答えています。 45才女性 ネットの接続が良くないので。 46才女性 ホラー映画は平気ですか?わたしすっぴんで出ますよ? 46才女性 家族に聞かれるとやばいです。 ごめんなさい。 46才男性 日中パソコンを開いているので、晩はパソコンを開かないことが家族との約束になっている 47才女性 今日はダイエット 47才男性 風邪気味で熱もちょっとあるとかって嘘をつきます。 47才男性 自宅にいる以上、奥さん、子供からしたら遊んでいるようにしか見てくれないし険悪になるので遠慮します。 57才男性 ネット環境が自宅にない(コロナのためネット環境のある場所に外出できない) 58才男性 コロナで在宅が多くスペースが取れない。

次の

Zoom麻雀のやり方(対話可能のオンラインセット麻雀)|ジャンエボ|note

オンライン 飲み 会 の やり方 zoom

オンライン飲み会の楽しみ方は? オンライン飲み会は必要な物さえそろっていれば、好きな時間に好きなメンバーで開催することができます。 また、自分の好きなお酒や食べ物を準備して気軽に楽しむことが出来ます。 オンライン通話とやらを行いましたが予想以上に楽しかったのが正直な感想です🐟 テレワークやオンライン飲み会を応用して、女子同士でメイクしながらオンライン通話したり(オススメのメイク道具見せ合ったりね)料理し合ったり、楽しみ方の可能性を感じた夜でした。 おやすみ。 そんな時は、顔や背景が加工できます。 パソコンでLINEの場合は背景ぼかし機能が使えますが、 Mac OS限定なのでWindowsの方はできません。 zoomは 「バーチャル背景」機能 を使うと背景そ変えることができます。 Zoom 、Skype、たくのむ、 Whereby においては「 Snap Camera 」を使えばフィルター・エフェクト加工で派手な化粧をしたりキャラクターに変身したりすることが出来ます。 メイクモード すっぴんでも自動的にメイクアップ😘 2. バーチャル猫登場🐱 3. なんかのキャラクター そして個人的に一番好きなのは 4. オンラインでもちゃんと人と会った体感を得られているのね。

次の

オンライン飲み会ツールおすすめ10選 ZoomやLINEなどビデオチャットでのやり方

オンライン 飲み 会 の やり方 zoom

2020. 28 2020. 06 テレワーク タクヤ Zoomのオンライン飲み会とは?やり方・盛り上げるコツ 新型コロナウイルスの世界的な流行により私たちの日常生活は大きく変化しました。 緊急事態宣言の発令により夜の繁華街から人影が消え、居酒屋・ナイトクラブなどが休業や時短営業を実施。 以前のように仲間たちと飲み会を開催することが難しくなっています。 また、私たち自身も感染拡大防止のために外出自粛や人と会う機会を減らす行動をとっており、それに伴って 人と会話する機会が大幅に減少しました。 そんな中、にわかに注目を集めているのが Zoomのオンライン飲み会です。 実際、Twitterでも「Zoomでオンライン飲み会をした」というツイートが多数投稿されています。 今日のzoom飲み会が最高に楽しかった!コロナ以降リアルでは会いたい人に会えないけど、zoomやLINEのビデオ通話でいろんな人の話を聞ける場が増えて本当に楽しい😆 — 硯 すずりん atatknyk こんな時こそのzoom飲み会、初めて最初から参加出来た。 いつものみなさんに会えること嬉しいが、楽しいハプニングもありありなのが!これが家にいながらなんて、便利な世の中になったもんだ!来週は誕生日。 毎年何か起きて良い思い出なんてないけど、今年は素敵な日になりそう。 そんなオンライン飲み会には、実際の飲み会にはないメリットがいくつかあるので紹介していきます。 参加者全員が自宅でできる オンライン飲み会は、 参加者全員が自分の部屋で行えます。 自宅で行えるので 「外出のために着替えや化粧をしてから最寄りの駅まで行って電車に乗って集合場所まで移動する。 」 といったことが必要なくなります。 もちろん、繁華街や満員電車など、人混みの多い場所に行かなくてもいいので「新型コロナウイルス感染症」の心配をする必要がありません。 例え、自分が風邪気味でも相手にうつしてしまう心配をすることなく会話を楽しめます。 外食より費用を安く抑えられる オンライン飲み会では、 各自でお酒やおつまみを用意します。 金銭面の負担が少ないので「金欠だから飲み会に参加できない・・・」といったこともなくなります。 時間を気にしなくてもいい オンライン飲み会は、 自宅にいながら参加可能です。 そのため、帰宅までの時間や終電時間を気にする必要はなく、眠くなってきたらベッドにダイブできます。 また、酔っ払って電車を終点まで乗り過ごしたり、財布や時計、スマホを落としたり、寝たり吐いたりして他人に迷惑をかける「酔っぱらいあるあるなトラブル」を回避可能です。 お酒を飲まなくてもいい オンライン飲み会は「お酒は苦手だけど、みんなでワイワイしたい」という方でも気軽に参加可能です。 実際に顔を合わせて開催する飲み会であれば「一杯だけでも飲んでみない?」といって半ば強引に注文されたり、もういらないのにお酒を継ぎ足されることがあります。 オンライン飲み会は、自分で飲み物を用意します。 そのため、お酒を勝手に注文されることはなく、自分のペースでお酒やノンアルコール飲料を飲みながら進めることができます。 好きな飲み物や料理を用意できる オンライン飲み会は、 自分の好みの飲み物や料理だけを用意して参加できます。 通常の飲み会であれば、多少苦手なものでも無理して食べる必要があり、その分も会計で支払うことになります。 好きでもないものに1,000円、2,000円を支払うことなく、居酒屋で注文できないようなスナック菓子を食べながら参加することも可能です。 幹事の負担が減る オンライン飲み会は、 基本的に時間を合わせるだけで始められます。 通常の飲み会であれば、幹事は「場所」「お店」「予算」「時間」「参加人数」の確認・手配など、様々なことをしなければなりません。 特にお店選びが難しく、参加者の年齢、男女比、好み、アレルギーの有無から「参加者全員が満足できるお店」を選ぶ必要があります。 繁忙期であれば予約も取りづらく、店探しも難航することになります。 また、お店に迷惑をかけたり、キャンセル料を支払うことなく、当日キャンセルや途中参加をすることも可能です。 その他、料理が到着したら小皿に取り分けたり、お酒がなくなったら注いだりといった気遣いをしなくていいのもオンライン飲み会の特徴と言えます。 オンライン飲み会で必要なもの 実際、オンライン飲み会をするときに必要なものは、次のとおりです。 通信デバイス(パソコン、タブレット、スマートフォン)• インターネット環境• ビデオ通話サービス Webカメラやヘッドセットは、ノートパソコンやスマホに内蔵されていれば、追加で購入する必要はありません。 その他、必要に応じて飲み物やおつまみを用意しておくといいでしょう。 ビデオ通話サービスは「Zoom」がオススメ ビデオ通話サービスとは、相手の顔を見ながら話すことができるサービスです。 代表的な無料ビデオ通話サービスとしては、• LINE• Skype• Googleハングアウト• Zoom があります。 日本で一番利用者数の多いメッセージアプリ「LINE」でも行うことが可能です。 しかし、現在、ネット上でも注目を集め、オンライン飲み会で一番は流行っているのが「Zoom(ズーム)」を利用した飲み会です。 なぜ、Zoomが注目を集めているのか?メリットなどを紹介していきます。 Zoom飲み会のメリット Zoomを利用したオンライン飲み会が注目されているのは、それ相当の理由があります。 ここからは、Zoom飲み会のメリットを紹介していきます。 アカウント作成なしで簡単に参加できる Zoomは、オンライン飲み会の主催者(ホスト)1人だけがアカウントを持っているだけでOKです。 主催者に招待されたユーザーは、 アカウント作成なしで飲み会に参加できます。 そのため、アカウントを交換する必要がなく、匿名で参加できるのも大きなメリットと言えます。 LINEだと参加者全員がアカウントを作成しなければなりません。 また、オンライン飲み会のメンバーで「グループトーク(複数人トーク)」に参加しなければならず、親しくない人にもプロフィール画像やタイムラインなどを見られる可能性があります。 初心者でも簡単に始められる Zoom飲み会の参加方法は、とてもシンプルです。 主催者からメールやSNSで送られてきた「招待URL」をクリックするだけでオンライン飲み会の会場に移動して参加できます。 初回の設定 Zoom飲み会に参加するには、最初だけ「Zoomアプリ・ソフト」のインストールが必要になりますが、とても簡単にできます。 パソコンの場合は、「招待URL」をクリックしたら自動的に「Zoomソフト(Zoominstaller. exe)」がダウンロードされるので、そのまま手順に従ってインストールすればOKです。 スマートフォンの場合は「App Store」または「Google Play」からZoomアプリをインストールするだけです。 Zoom飲み会は、2人なら 時間無制限で利用可能。 3人以上では40分の時間制限がありますが、すぐに参加URLを送信&再接続すれば連続で行うこともできます。 また、主催者が月額2,000円の有料プランに加入すれば、大人数でも時間無制限で飲み会を続けることが可能です。 ビデオ通話が安定している オンライン飲み会を快適に行うには、ビデオ通話の品質が重要です。 Zoomでは、独自の圧縮技術(特許)を採用することにより、データ通信量の消費が少なくなっています。 これによって大人数でも比較的安定した通信となっており、ネット上でも「Zoomは安定している」との声が数多く投稿されています。 このご時世にオススメなもの】 Web会議によく使われる『zoom』です。 主な利点は5つ。 文明の利器です😌 是非、使ってみてください。 Zoom飲み会で注意すべき点は、• 複数の人が同じタイミングで話すと聞き取れなってしまうこと です。 通常の飲み会であれば、人と人との間に物理的な距離があるため、離れた席の人にまで声は届きません。 しかし、Zoom飲み会は、物理的な距離がないので話す内容が全員均一に伝わることになります。 参加人数が3~5人であれば、普通に話していればやりとりが成立しますが、大人数になると「会話のキャッチボール」を意識する必要があります。 静かな部屋で行う Zoom飲み会に参加するときは、できるだけ雑音が入らないように心がけましょう。 例えば、• テレビやオーディオスピーカーの音を消しておく• マイクの近くでお菓子の袋を開封しない など、ちょっとしたことを気をつけておけばOKです。 トークテーマは「仕事」「食べ物・お酒」「趣味」「休日の過ごし方」「地元の方言や観光地」「恋愛」「最近の失敗談」など、なんでもOKです。 Zoom飲み会で用意している料理やお酒、部屋にある変わったものを紹介するのもいいでしょう。 大人数では一人ずつ話す Zoom飲み会では、複数の会話の同時進行ができません。 例えば、• 大人数で開催するのであれば「一人ずつ話すこと」を心がける必要があります。 もし、みんなが一斉におしゃべりして会話の収拾がつかなくなった場合は、 司会進行役(モデレーター)を交代制などで決めておくのも一つの手です。 司会進行役が率先して、初参加のメンバーに話しかけたり、お題や共通の話題を提供したり、参加者全員にまんべんなく話題をふってあげましょう。 そうすることで「せっかく飲み会に参加したのに一部の人たちだけが話して全然喋れなかった・・・」という事態を防ぐことができます。 もちろん、少人数であれば、好き勝手喋っても問題は発生しないでしょう。 しかし、大人数になると司会進行役をつけたほうがスムーズに進むことがあります。 飲み会なので過度に仕切る必要はありませんが、全員が楽しく有意義な時間を過ごせるようにある程度の役割分担を決めておくのもいいでしょう。 4〜5人にグループ分けする Zoomでは、飲み会の参加者を複数にグループ分けする ブレイクアウトルーム機能があります。 例えば、Zoom飲み会の参加人数が20人の場合、• Aグループ:5人• Bグループ:5人• Cグループ:5人• Dグループ:5人 といったように参加者全員が会話に参加できる少人数に分けることが可能です。 Zoomでは、参加者を最大50グループに「自動」または「手動」で割り当てすることができます。 はじめの乾杯は全員で行ってから3~5人にグループ分けをするといいでしょう。 その後、無料プランの制限時間40分ごとにメンバーを入れ替えるのもいい方法です。 オンライン飲み会の相手がいないなら交流サービスを利用しよう オンライン飲み会をしたいけど身近にやってくれる相手がいない。 そんなときは、ネット上で飲み会の仲間を見つけられる オンライン飲み会サービスを利用してみましょう。 街コンジャパンでは、• 婚活・合コン• 女子会・ガールズトーク• 異業種交流会• トレーニング、フィットネス、快眠ヨガ• カメラ、マジックなどの教室 など、様々なテーマに沿ったオンライン飲み会イベントが開催されています。 新型コロナウイルス感染症の外出自粛によりストレスが溜まる中、オンライン飲み会でワイワイガヤガヤお喋りしてみませんか?.

次の