参議院 選挙 情勢。 参院選 注目複数区の序盤情勢 東京・神奈川・大阪・兵庫=JX通信社情勢調査(米重克洋)

第25回参院選 情勢報道集約(7月18日)終盤情勢|三春充希(はる) ⭐みらい選挙プロジェクト|note

参議院 選挙 情勢

いよいよ参院選も最終盤に突入しつつあります。 ここでは各社の情勢報道を終盤のみリスト化し、各候補の情勢を見ていきます。 ぜひ接戦の選挙区(=動きうる選挙区)に注目してください。 また、投票の際にも当落線上の候補を考えてみるなど、情勢を有効に利用していただければと思います。 ここに掲載したリストの日付(報道された日)は右ほど新しいですが、それに従って情勢が変化しているとは一概には言えません。 調査には誤差がある上、各社でデータや用語の取り扱いが異なっているためです。 掲載した時事、日経、読売、朝日、東京新聞は、それぞれ違う報道機関なので、記事の取り扱いも異なります。 例えば「横一線」といっても、どのような基準で「横一線」にするのかという基準は各社で異なります。 しかし少なくとも、順番は記載した番号の通りです。 なので、各社の整合性を重視してください。 各社の情勢報道が食い違うというのは、調査の誤差や、データの取り扱いなどの結果として優劣の判断がわかれたということですから、熾烈な接戦であると判断する一つの基準になるはずです。 各社の終盤情勢は、今のところ全て順位が整合してます。 当落線に近いのは岩本氏(自民)と畠山氏(共産)で、僅差の可能性があります。 青森県(1人区) 青森県の情勢報道は、各社とも順位が整合しています。 上位2候補でやや差があるものとみられます。 名前順は各社とも寺田氏(無所属)が先順で、整合しています。 名前順は全て芳賀氏(無所属)が先順です。 福島県(1人区) 福島県の情勢報道は、各社とも優劣が整合しています。 しかし優劣の表現は控えめなものが多くなっています。 茨城県(2人区) 茨城県は上位2候補が当選する選挙区です。 情勢報道は、いずれも当落線の前後で優劣が明記されています。 栃木県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、差があるとみられます。 群馬県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、差があるとみられます。 埼玉県(4人区) 埼玉県は上位4候補が当選する選挙区です。 各社とも上位4人まで順位が整合し、続く宍戸氏(国民)が最頻5位、沢田氏(維新)が最頻6位となっています。 当落線の前後には、やや差があると見られます。 名前順で3番手にいる豊田氏(自民)と、4番目手にいる浅野氏(共産)が、当落線上で接戦とされています。 名前順は各社とも整合しています。 自公共の上位3候補に続き、武見氏(自民)が最頻4位で各社とも当落線の上。 続く最頻5位の塩村氏(立憲)、最頻6位の山岸氏(立憲)、最頻7位の音喜多氏(維新)が各社で食い違う情勢です。 上位3候補の順位が各社とも整合し、続く最頻4位の松沢氏(維新)と最頻5位の浅賀氏(共産)が当落線上で接戦などとされています。 各社で食い違う情勢です。 リストに掲載した各社は全て打越氏(無所属)の名前が先順でが、新潟日報は塚田氏(自民)を先順としており、情勢は熾烈とみられます。 富山県(1人区) 各社の情勢報道は、いずれも非常に強い表現を用いており、両候補にはかなりの差があると見られます。 石川県(1人区) 各社の情勢報道は、総じて強い表現を用いており、両候補には差があると見られます。 福井県(1人区) 各社の情勢報道は、総じて強い表現を用いており、上位2候補には差があると見られます。 山梨県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、差があるとみられます。 長野県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、上位2候補にはやや差があると見られます。 岐阜県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、上位2候補には差があるとみられます。 静岡県(2人区) 静岡県は上位2候補が当選する選挙区です。 順位は各社とも1~5位まですべて整合し、2位と3位で当落線上を争うのは、榛葉氏(国民)と徳川氏(立憲)とされています。 愛知県(4人区) 愛知県は上位4候補が当選する選挙区です。 当落線付近の候補は、最頻4位の安江氏(公明)と、最頻5位の須山氏(共産)とみられます。 三重県(1人区) 各社の情勢報道は、いずれも優劣が整合しており、上位2候補にはやや差があると見られます。 当落線付近にいるのは最頻2位の倉林氏(共産)と最頻3位の増原氏(立憲)です。 各社で食い違いのある情勢です。 とても微妙な情勢です。 各社で順位が食い違う接戦です。 奈良県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、上位2候補には差があるとみられます。 和歌山県(1人区) 各社の情勢報道は、総じて非常に強い表現を用いており、両候補にはかなりの差があると見られます。 鳥取島根(1人区) 各社の情勢報道は、総じて非常に強い表現を用いており、上位2候補にはかなりの差があると見られます。 各社で順位が食い違う接戦となっています。 山口県(1人区) 各社の情勢報道は、総じて非常に強い表現を用いており、上位2候補にはかなりの差があると見られます。 香川県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、上位2候補には差があるとみられます。 愛媛県(1人区) 各社とも、順位は永江氏(無所属)が1番、らくさぶろう氏(自民)が2番となっています。 しかし表現はばらついており、僅差の可能性も否定できません。 徳島高知(1人区) 各社の情勢報道は、総じて強い表現を用いており、上位2候補には差があると見られます。 福岡県(3人区) 上位3候補が当選する福岡は、情勢報道の順位が1位から5位まで各社とも整合しています。 当落線の前後では優劣が明記されています。 佐賀県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、両候補には差があるとみられます。 長崎県(1人区) 各社の情勢報道は、総じて強い表現を用いており、上位2候補には差があると見られます。 熊本県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、上位2候補には差があるとみられます。 大分県(1人区) 各社の情勢報道は、いずれも礒崎氏(自民)の名前が先順、安達氏(無所属)が後順となっています。 優劣をつけていない2社のほか、優劣を記載している所も表現は弱く、接戦の可能性があります。 宮崎県(1人区) 各社の情勢報道は、総じて強い表現を用いており、上位2候補には差があると見られます。 鹿児島県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、1位の候補と他の候補には差があるとみられます。 沖縄県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、上位2候補には差があるとみられます。 Twitter : Facebook : note:.

次の

参院選 注目複数区の序盤情勢 東京・神奈川・大阪・兵庫=JX通信社情勢調査(米重克洋)

参議院 選挙 情勢

いよいよ参院選も最終盤に突入しつつあります。 ここでは各社の情勢報道を終盤のみリスト化し、各候補の情勢を見ていきます。 ぜひ接戦の選挙区(=動きうる選挙区)に注目してください。 また、投票の際にも当落線上の候補を考えてみるなど、情勢を有効に利用していただければと思います。 ここに掲載したリストの日付(報道された日)は右ほど新しいですが、それに従って情勢が変化しているとは一概には言えません。 調査には誤差がある上、各社でデータや用語の取り扱いが異なっているためです。 掲載した時事、日経、読売、朝日、東京新聞は、それぞれ違う報道機関なので、記事の取り扱いも異なります。 例えば「横一線」といっても、どのような基準で「横一線」にするのかという基準は各社で異なります。 しかし少なくとも、順番は記載した番号の通りです。 なので、各社の整合性を重視してください。 各社の情勢報道が食い違うというのは、調査の誤差や、データの取り扱いなどの結果として優劣の判断がわかれたということですから、熾烈な接戦であると判断する一つの基準になるはずです。 各社の終盤情勢は、今のところ全て順位が整合してます。 当落線に近いのは岩本氏(自民)と畠山氏(共産)で、僅差の可能性があります。 青森県(1人区) 青森県の情勢報道は、各社とも順位が整合しています。 上位2候補でやや差があるものとみられます。 名前順は各社とも寺田氏(無所属)が先順で、整合しています。 名前順は全て芳賀氏(無所属)が先順です。 福島県(1人区) 福島県の情勢報道は、各社とも優劣が整合しています。 しかし優劣の表現は控えめなものが多くなっています。 茨城県(2人区) 茨城県は上位2候補が当選する選挙区です。 情勢報道は、いずれも当落線の前後で優劣が明記されています。 栃木県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、差があるとみられます。 群馬県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、差があるとみられます。 埼玉県(4人区) 埼玉県は上位4候補が当選する選挙区です。 各社とも上位4人まで順位が整合し、続く宍戸氏(国民)が最頻5位、沢田氏(維新)が最頻6位となっています。 当落線の前後には、やや差があると見られます。 名前順で3番手にいる豊田氏(自民)と、4番目手にいる浅野氏(共産)が、当落線上で接戦とされています。 名前順は各社とも整合しています。 自公共の上位3候補に続き、武見氏(自民)が最頻4位で各社とも当落線の上。 続く最頻5位の塩村氏(立憲)、最頻6位の山岸氏(立憲)、最頻7位の音喜多氏(維新)が各社で食い違う情勢です。 上位3候補の順位が各社とも整合し、続く最頻4位の松沢氏(維新)と最頻5位の浅賀氏(共産)が当落線上で接戦などとされています。 各社で食い違う情勢です。 リストに掲載した各社は全て打越氏(無所属)の名前が先順でが、新潟日報は塚田氏(自民)を先順としており、情勢は熾烈とみられます。 富山県(1人区) 各社の情勢報道は、いずれも非常に強い表現を用いており、両候補にはかなりの差があると見られます。 石川県(1人区) 各社の情勢報道は、総じて強い表現を用いており、両候補には差があると見られます。 福井県(1人区) 各社の情勢報道は、総じて強い表現を用いており、上位2候補には差があると見られます。 山梨県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、差があるとみられます。 長野県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、上位2候補にはやや差があると見られます。 岐阜県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、上位2候補には差があるとみられます。 静岡県(2人区) 静岡県は上位2候補が当選する選挙区です。 順位は各社とも1~5位まですべて整合し、2位と3位で当落線上を争うのは、榛葉氏(国民)と徳川氏(立憲)とされています。 愛知県(4人区) 愛知県は上位4候補が当選する選挙区です。 当落線付近の候補は、最頻4位の安江氏(公明)と、最頻5位の須山氏(共産)とみられます。 三重県(1人区) 各社の情勢報道は、いずれも優劣が整合しており、上位2候補にはやや差があると見られます。 当落線付近にいるのは最頻2位の倉林氏(共産)と最頻3位の増原氏(立憲)です。 各社で食い違いのある情勢です。 とても微妙な情勢です。 各社で順位が食い違う接戦です。 奈良県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、上位2候補には差があるとみられます。 和歌山県(1人区) 各社の情勢報道は、総じて非常に強い表現を用いており、両候補にはかなりの差があると見られます。 鳥取島根(1人区) 各社の情勢報道は、総じて非常に強い表現を用いており、上位2候補にはかなりの差があると見られます。 各社で順位が食い違う接戦となっています。 山口県(1人区) 各社の情勢報道は、総じて非常に強い表現を用いており、上位2候補にはかなりの差があると見られます。 香川県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、上位2候補には差があるとみられます。 愛媛県(1人区) 各社とも、順位は永江氏(無所属)が1番、らくさぶろう氏(自民)が2番となっています。 しかし表現はばらついており、僅差の可能性も否定できません。 徳島高知(1人区) 各社の情勢報道は、総じて強い表現を用いており、上位2候補には差があると見られます。 福岡県(3人区) 上位3候補が当選する福岡は、情勢報道の順位が1位から5位まで各社とも整合しています。 当落線の前後では優劣が明記されています。 佐賀県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、両候補には差があるとみられます。 長崎県(1人区) 各社の情勢報道は、総じて強い表現を用いており、上位2候補には差があると見られます。 熊本県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、上位2候補には差があるとみられます。 大分県(1人区) 各社の情勢報道は、いずれも礒崎氏(自民)の名前が先順、安達氏(無所属)が後順となっています。 優劣をつけていない2社のほか、優劣を記載している所も表現は弱く、接戦の可能性があります。 宮崎県(1人区) 各社の情勢報道は、総じて強い表現を用いており、上位2候補には差があると見られます。 鹿児島県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、1位の候補と他の候補には差があるとみられます。 沖縄県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、上位2候補には差があるとみられます。 Twitter : Facebook : note:.

次の

参議院選挙2019広島県選挙区の開票結果速報と情勢出口調査|立候補者の当落予想も|議会議員選挙や市長選挙の開票速報・開票結果・立候補者の情勢・当選者出口調査を配信|選挙結果速報ニュース

参議院 選挙 情勢

2019参院選の比例代表における各党の目安議席数予想です。 前回に比べ定数が2増え、比例代表の定数は50議席となります。 投票率は50%台前半と予想します。 自民党 前回参院選では19議席と事前予想を上回る議席を獲得した。 前回衆院選でも比例票は約1850万票と安定している。 今回も18〜20議席ほどとなるだろう。 予想としては19議席。 公明党 公明党は自民党以上に毎回安定して比例票を積み重ねている。 前回は7議席を獲得し、近年の国政選挙の比例票を見ても700万票前後で推移している。 ただ2016年参院選に比べ、2017年衆院選では500万票ほど比例票を落とし、勢いは陰り気味か。 今回は6議席と予想。 立憲民主党 2017年衆院選で誕生した立憲民主党は希望の党の崩壊や国民民主党の低迷などで、野党第一党を固める選挙になりそうだ。 衆院選では希望の党と票が割れた中でも約1100万票の比例票を獲得しており、今回は野党に当時の希望の党ほどのライバルがいないことから、さらに票を積み増すことが考えられる。 200万〜300万票ほど積み増すと考え、13議席と予想。 共産党 立憲民主党と毛色が近く、野党共闘を優先して選挙区での擁立を控える傾向にある共産党。 2016年では約600万票の比例票を獲得したが、2017年では約440万票と大きく低迷した。 今回はよくて5議席といったところだろう。 国民民主党&自由党 統一会派を組むこととなった国民民主党と自由党。 だが両党とも党勢は衰えており、かなり厳しい戦いになるだろう。 国民民主党は1%以下の支持率となっており、組織票があるとしてもせいぜい3議席ほどか。 自由党は前回参院選でギリギリ1議席を死守しており、その票が合わさったとして良くて4議席。 ただ現在の両党の党勢を考えると4議席は厳しい気もする。 3議席という予想が妥当だろう。 日本維新の会 橋下徹氏の引退以降元気のない印象のある日本維新の会。 前回参院選では最後の比例1議席レースで生活の党(当時)に競り負け、4議席にとどまった。 さらに2017年衆院選では票を落とし、約330万票まで落ち込んだ。 今回は3議席という予想が妥当だろう。 社民党 前回かろうじて1議席を獲得した社民党。 2017年衆院選では比例票が100万票を割り込み、いよいよ危ない状況にある。 ただ定数2増の恩恵もあり、今回もギリギリ1議席獲得はできると予想する。 れいわ新選組 山本太郎氏が新党を立ち上げたれいわ新選組。 山本太郎氏が比例に回ったが、特定枠に障碍者候補を二人立てるという異例の戦略を取った。 つまり山本太郎氏が当選するには比例で3議席取るしかない。 これは戦略ミスだろう。 投票しても山本太郎氏の当選はほぼ絶望ということになると、固くない支持層は離れていくのではないか。 議席獲得は厳しいと予想する。 比例代表予想まとめ 以上をまとめると 自民党:19 公明党:6 立憲民主党:13 共産党:5 国民民主党&自由党:3 社民党:1 日本維新の会:3 以上が現時点での予想である。 選挙・政治関連のオススメブログです 関連ページ 2019年参院選。 まず定数増が増えたことで、改憲ラインは164議席。 そのうち非改選の改憲派議員は自民党が56議席、公明党が14議席、日本維新の会・希望の党が6議席で76議席。 今まで地域ごとに予想してきた参院選選挙区の情勢予想まとめです。 北海道3:自、自、立青森1:自岩手1:無宮城1:自秋田1:自山形1:無福島1:無 2019参院選九州ブロックの当落予想です。 基本的に保守が強い九州。 沖縄を除けば唯一接戦になりそうなのが大分。 ここを与党が取るか野党が取るかが最大の注目ポイントになる。 2016参院選中国四国ブロックの当落予想です。 前回は自民党が完勝。 今回は前回接戦に持ち込んだ愛媛で野党が勝てるかどうかが注目か。 2019参院選近畿ブロックの当落予想です。 前回はおおさか維新の会の力が強かったが、最近は衰退気味か。 おおさか維新が議席を守れるか、それとも自民や立憲民主が議席を伸ばすかに注目。 2019参院選東海ブロックの当落予想です。 前回野党が勝った三重が注目区。 また愛知も野党の力が強く、愛知の4議席目争いも注目される。 2019参院選北陸甲信越ブロックの予想です。 北陸3県は与党有利だが、長野と新潟は前回野党が制した。 前回野党が制した2県は今回も接戦が予想される。 2019年参院選南関東ブロックの予想です。 人口が多く複数区が多い南関東。 複数区の最後の一枠争いに注目。 2019年参院選の予想です。 本日は北関東ブロックの予想。 自民党が強い地域で北関東は全ての県で自民党が議席を獲得するだろう。 野党は複数区で議席を拾うことが目標になる。 定数増で4議席になる埼玉、そして自民党が2人擁立する可能性もある茨城に注目か。 2019年参院選の予想です。 まずは北海道・東北ブロックから。 赤の大地と言われる北海道は前回民進党が上手い票割りを見せて2議席を獲得。 自民党は得票数では民進党を上回るものの、票割りに失敗して1議席に終わった。

次の