グレイシア 育成 論。 【ポケモン剣盾】グレイシアの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

【ポケモン剣盾】グレイシアの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

グレイシア 育成 論

グレイシアの歴史 第四世代 高いから繰り出される一致で、たとえでダメージを軽減してもがのポケモンを1撃で倒せるため、やのメタとしては最適であった。 後手で行動するための最低限の耐久力を持っているのも旨味であった。 当時はとして覚えるみずのはどうがサブウエポンとして存在していたのでにもそこまで苦労せず、さらにシグナルビームをプラチナの教え技で覚えたため技範囲はそれほど狭くなかった。 実際ポケモンリーグ2007中学生以上の部福岡地区準優勝のパーティにエントリーされるなど、使用実績を残しており、WCS2008静岡県予選優勝という実績も残した。 WCS2009日本大会グループBのFINALステージでは8人中1人が使用しており、そのプレイヤーが準優勝を果たしていた。 ダブルバトルでは後出ししたが受け切れないほどの火力を発揮した。 例として、を持たせたグレイシアのてだすけ込みのは、による威力分散込みであってもにを全振りしてに4振りしたいじっぱりメタグロスに最低乱数で54. 第五世代 、などの既存のドラゴンポケモンが第四世代と変わらず勢いを保っていた他、やといった新規のドラゴンも台頭し、メタを張る相手が増えた。 一方、、、などの強力なのアタッカーが増え、後手から強力な一致れいとうビームを打つというグレイシアの強みを発揮することがしづらい場面が増えた。 としてを獲得するが、より耐性と種族値配分が優秀なに及ばなかったのが難点。 この世代のダブルバトルは霰パ全盛期であったため、相手のにただ乗りしてやを活かすのもアリであった。 因みにBW期にはシグナルビーム、みずのはどうといったサブウエポンは過去作限定となったため、育成面ではやや苦労するようになった。 だが、のおかげで好きなタイプで最大威力のめざめるパワーを搭載することは容易であったため、そこまで苦労はしなかったか。 尤も、アタッカーにするなられいとうビームorふぶき、こおりのつぶて、めざめるパワー(ほのお)が確定レベルで採用され、あくびの採用も無理が無いグレイシアにとってその手のサブウエポンは根本から必要性が高くはないとも言える。 BW2でシグナルビームは教え技として復活したが、流石にその頃になるとシグナルビームの不採用がざらになっていった。 第六世代 の仕様変更により、アイスボディによるは実質上消滅。 また、の威力下方修正によっても弱体化。 何よりや、に上から叩かれるケースが激増したのが痛い。 そうでなくとも素早さの種族値65というのはこちらが先手を取られるとでを撒かれるよりも低く、こちらが先手を取るとで受けてくるよりも高い、という環境的に絶妙に恵まれないライン。 その2体には抜群を取られるのでなおさらキツかった。 この世代になるとメガシンカの登場などもあって、相対的に見てもグレイシアの一致れいとうビーム程度では弱点を突ける対面でもなければ大きなアドバンテージとは言えなくなり、単純なところではを獲得したにドラゴンメタとしては見劣りした。 一方、で見ると、そのや隠れ特性のなどが登場していることで、を作ることは第五世代よりも自由になった。 弱点が多く鈍足なグレイシアに適したも登場しており、特にでは上を取った相手の攻撃を耐えてから、上がった特攻で下からを打って大ダメージを与えることができるようになった。 PGLレーティングバトル統計データからは、XYリーグシングルバトル前半シーズンだと、、、が主流技構成であり、後半はミラーコートがに代わった構成がメインであったとうかがえる。 ORASリーグシングルバトルでは概ねXYリーグシングルバトル前半シーズンの技構成が踏襲されていた。 は違和感なくフルアタック構成にできることからが好まれ、性格は火力が出るが最大母数となった。 との同時採用もざらであった。 でも単体では微妙だが、相性補完要因となるやがORASでを獲得しており、バシャーモのメガシンカも一般解禁された。 このように、サイクル目線で言うと強化されている。 第七世代 の登場やへの通常特性ゆきふらし追加などから、ゆきふらし自体がゆきふらし持ち自身へのサポートとして利用される風潮が漂い、自体が時代遅れになっていった。 さらにやの登場などの普及によりドラゴンメタとしても顧みられなくなった他、何よりフェアリーによる技の需要増加と登場により役割破壊されるケースがさらに増加したことで、防御面がますます悪化した。 種族値、特性、単体構成などグレイシア自身どれを取っても後手に回りやすいこともあって、第六世代よりも立場は悪くなった。 この世代になるとの超火力に対処できるように型が増え、奇襲性を上げるために型を使用するケースも多く見られるようになった。 代わりには採用率に陰りが見えている。 その他の単体構成は特に変わっていない。 第八世代 がから削除された代わりに、念願の対策であるを獲得。 これによって天敵であるやに4倍弱点をつけられるようになった。 更にダイマックスを用いてメインウェポンを使用すれば、攻撃しつつあられ状態を作れるため、どちらの特性も天候役なしで生かすことが出来る。 天候の上書きに注意は必要だが、環境にが多いこともあって総じて大きく強化されたと言える。 主流技構成としては、、、というものがあり、第七世代で廃れかけていた型が勢いを取り戻した。 環境で流行するヌオー、には強い。 また、ミラーコートの枠をこごえるかぜに替えて火力のみの構成にするケースも珍しくなく、そのような技構成とシナジーの強いとけないこおり型もこの世代では有用。 これらの技以外にも、シャドーボールを用いるケースもある。 単に安定した技であり、攻撃範囲が広がるからという理由もあるが、ダイマックスして使えば、防御を下げることが出来る。 これを利用して、耐久型のポケモンの耐久力を削いで場から追い出したり、3ターン耐え切られても後続の物理型ポケモンのためのサポートになるなど、何かと役に立つ。 を考慮するなら型が推奨。 耐久ベースののにを合わせて受けを崩すという運用法も存在する。 この場合、無振りアーマーガア抜きの素早さ実数値88以上には調整したいところ。 シリーズ3シーズン4でが解禁されると、ラプラス対策として候補に挙がった。 回復手段のある高耐久のポケモンでラプラスを受け、しびれを切らしたラプラスがを放ってきたところにぜったいれいどに無効耐性を持つグレイシアを合わせるというのが、この頃のグレイシアの使い方。 何なら半減耐性を活かしてを回復ソースにラプラスの前で居座るのもアリ。 シリーズ4シーズン7でが解禁されると、所謂「HS」振りの最速じゃくてんほけん 型が、対面で両者した場合に殴り勝てることが判明。 一般的な育成論 種族値に優れており、タイプの中では禁止伝説やメガシンカを含めても(170)、(132)に次いで3番目に高いとされる。 それらを除けば初登場して以来現在もが最も高いポケモンである。 ・種族値も高めなものの、が低いために物理耐久&特殊耐久は高くなく、こおり単体故に耐性が少ないなど基本ステータスは余り良くない。 覚える特殊技もそれほど多くなく、高い特攻をあまり活かしきれないのも難点か。 や及びその進化形のみで構成されたパーティでの採用が普通。 霰パの場合はが上がる特性のを有効活用できる。 それ以外のパーティに入れるなら、、、タイプなど、タイプに弱いポケモンをカバーする形で採用したい。 第七世代まで 攻撃技はかがメイン。 鋼タイプに有効なの炎・地面も有効。 ふぶきをメインにする場合これだけで十分なことも多い。 技スペースが余れば・が採用されるくらいか。 他には、、先制技のや相手の素早さを下げて先手を取りやすくするなど。 グレイシアは攻撃がかなり低いので、こおりのつぶては基本的に相手の潰し。 補助技は・・・・・等候補は多い。 特性のゆきがくれとの相性が良いも有効。 の場合は火力を追求したが性格のメインだが、、にして耐久面を充実させるのもアリ。 努力値は素早さが低いので、耐久力を底上げかつ高い特攻で攻めるために基本HPと特攻に極振りするパターンが多い。 耐久型にする場合は、HPに極振りして物理面か特殊面のどちらかに対応するかに応じて調整すると良いだろう。 性格をにして、最速にするパターンもある。 その場合のはLv50で128で、を持たせると192まで跳ね上がる。 性格をすばやさに振っていない相手ならほぼ追い抜けるので、意表をつける。 ただし、ふぶきを使うなら、あられによるサポートを他のポケモンにお願いしなければならない。 ダブルバトルなら込みで上から動けるおくびょう、比較的遅い素早さを活用してによって下から動けるれいせいが性格としては二番手クラスの地位にある。 第八世代以降 念願のを獲得したことでみずタイプの弱点をつけるようになり、動きやすくなった。 さらにこれによってやに4倍弱点をつけられるようになったのも大きい。 メインウェポンは、、のうち2つを選ぶ。 この理由は後に解説する。 サブウェポンは、を没収されたため、実用性があるのはのみとなってしまった。 そのためメインウェポンを2つ選ぶ理由がこれである。 ただし、ダイマックスを使用する場合は意外にもも採用候補になる。 ダイマックス時の威力は90とそれほど高いとは言えないものの、弱点であるほのお、はがね、いわタイプに対抗できるため、採用の余地がある。 のを剥がす目的で尚且つ前提であれば、も候補に入る。 ののダウンの効果だけでも使えればよいためである。

次の

ポケモンXY 最強グレイシア 育成論まとめ ブイズパをつくってみよう!

グレイシア 育成 論

全国 No. 471 グレイシア 分類 : しんせつポケモン タイプ : こおり 高さ : 0. 8 m 重さ : 25. 25倍になる。 あられによるダメージを受けない。 手持ちの先頭にいると、天気があられのときに野生ポケモンが出現しにくくなる。 あられによるダメージを受けない。 グレイシアのさらに詳細なデータはを参照 覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます。 グレイシアの特徴 【良いところ】• 特攻種族値が高く、タイプ一致の氷技が強力。 特殊エースとして期待したいところです。 素早さが低いため一発受けてから反撃することになりがちですが、そこそこの耐久を持つので一発は攻撃を耐えやすいです。 【悪いところ】• タイプ耐性がほぼなく、耐性を生かした交代出しのチャンスがありません。 バトルに出しにくいため止まりにくくしたいところですが、素早さが低いため全抜きは厳しいです。 バトル序盤~中盤に特定の相手に繰り出すことも難しく、終盤の全抜きエースにもなれません。 安定した活躍を見込みにくいポケモンです。 氷タイプのため、鋼相手を中心に様々なポケモンを呼び寄せます。 グレイシアは覚える攻撃技が少なく、交代読みで使えるのが「めざめるパワー」くらいなのが問題です。 高い特攻を持つとはいえ、相手の交代先にダメージを稼ぎにくいのは特殊エースとして致命的。 BW環境からは、ウルガモスやシャンデラといった強力な炎タイプを呼び寄せてしまうのも逆風です。 BW世代では、夢特性で「アイスボディ」を獲得しました。 「みがわり」を張ることさえ成功すれば、相手はグレイシアに攻撃できずに霰のダメージで倒れます。 特性「アイスボディ」を持つポケモンには、他にやがいます。 トドゼルガは水タイプ複合と高耐久からグレイシアよりも繰り出しやすく、無限まもみがの起点を作りやすいポケモンです。 バイバニラは単氷タイプで繰り出しにくいポケモンですが、グレイシアよりも素早さが高いため無限まもみがをスタートしやすいです。 また、トドゼルガやバイバニラは「ぜったいれいど」を覚えるため、無限まもみが中に手が空いたら一撃必殺技を行動に挟めます。 グレイシアは上記の無限まもみが使いと比べてコンボの始めやすさで劣り、コンボと相性がいい「ぜったいれいど」も覚えません。 「アイスボディ」で無限まもみがに特化するなら、トドゼルガやバイバニラの方が向いています。 氷タイプなのでドラゴンに強いイメージがありますが、ドラゴン技に耐性がないため後出しから勝てるわけではありません。 グレイシアの死に出しからならドラゴンと対峙できますが、相手は警戒して逃げるためドラゴンは狩れません。 火力と攻撃範囲に優れたドラゴンの対策は• ドラゴン技を半減できる鋼タイプをパーティに入れること 以外では無理です。 グレイシアの特性、「ふぶき」の火力、霰ダメージの蓄積を考えると霰状態で使いたくなります。 実際にはユキノオーと組ませると弱点が被りすぎてバランスが悪くなり、技「あられ」で霰を降らせるのはターンのムダなので難しいところです。 ユキノオーと同時使用しないなら関係ありません。 「ゆきがくれ」なら相手の攻撃が外れやすくなり、本来不利な相手に運良く勝てることがあります。 「みがわり」と絡めることもできます。 「アイスボディ」なら「たべのこし」と合わせて回復量を稼げ、「みがわり」を張れる回数も増えます。 バイバニラより高い物理耐久を生かす手もありますが、まもみがのために耐久調整するならトドゼルガの方が向いています。 グレイシアを使うなら高い特攻を生かすことを優先し、まもみがはオマケ程度に考えた方がいいでしょう。 鈍足エースなので一発耐えてから反撃せざるをえないことも多いですが、HPに振るだけで大抵の不一致弱点技を耐えます。 ドラゴン@いのちのたま の「だいもんじ」など、火力UPアイテムを持つ相手には注意。 素早さの調整先は無振りメタグロス抜きなどが挙げられますが、実際のメタグロスは素早さ調整をかけるため抜けません。 無振りメタグロス抜き調整は、同速やバンギラスを抜きやすくするものです。 同速で最メジャーのハッサムやバンギラスも素早さ調整をかけていると抜けるとは限らず、グレイシアが不利です。 素早さ調整をしても抜ける相手が不明確なため、素早さは諦めてHPベースに振った方が汎用性は高まります。 たべのこし : 「ゆきがくれ」「アイスボディ」と相性がいい「みがわり」を出せる回数が増えます。 「アイスボディ」なら無限まもみがもムリではありません。 つららのプレート : メインウェポンの氷技を強める無難アイテム。 「たべのこし」が他のポケモンと重複してしまうときに。 れいとうビーム : メインウェポン。 霰を使わないならこちら。 ふぶき : メインウェポン。 霰前提ならこちら。 グレイシアに加えてユキノオーが必要なのでバランスが悪いですが、火力は高いです。 特にハッサムの4倍弱点を突けます。 エンペルトやヒードランに効果抜群で、炎タイプの弱点も突けます。 ハッサムが狙えなくなることと、鋼ポケモン@ふうせん の無償光臨に注意。 苦手なバンギラスの4倍弱点も突けますが、メジャーな鋼であるハッサムやメタグロスの弱点は突けません。 みがわり : 交代読みで使い、交代先の相手を見てから行動を選択できます。 「ゆきがくれ」「アイスボディ」との相性もよいです。 あくび : 交代読みで様々な相手を牽制できますが、「とんぼがえり」で逃げるハッサムへの効果は薄いです。 牽制できる範囲は広いですが、繰り出しにくいエースのグレイシアが「あくび」だけ使って引っ込む流れは効率が悪いので注意。 本来、繰り出しやすいが火力に欠けるポケモンに向いた技です。 まもる : 特性が「アイスボディ」なら、「みがわり」と組み合わせてまもみができます。 ハッサムに交代読み「あくび」を当て、「とんぼがえり」を「まもる」と相手が眠る効果も。 こおりのつぶて : ガブリアスやボーマンダの4倍弱点を突けます。 体力が減ったドラゴンとのタイマンに。 ミラーコート : 決まれば強力ですが、グレイシアが呼び寄せるのは主に鋼や炎といったタイプの相手。 鋼技は物理攻撃が多く、炎技は耐えられないので使えるチャンスが少ないです。 役割関係.

次の

ポケモンソードシールド【グレイシアのオススメ育成論】弱保ドラゴンキラー型

グレイシア 育成 論

もくじ• 8倍になる。 また、『あられ』によるダメージを受けない。 グレイシアは、 こおりタイプでも随一の特攻値を持ち、耐久性能も高めのポケモンです。 タイプ一致「ふぶき」の威力は凄まじいですね! 特性はどちらも「あられ」で効果がありますが、ダイアイスで簡単に発生させられます。 あられ状態では「ふぶき」が必中になりますし、よりグレイシアが暴れやすい環境になりますね。 今作ではこおり技が通りやすい環境にありますし、グレイシアは前作以上に活躍できます。 ただ、素早さはそこまで無いので、上を取られがちな点は注意が必要です。 5倍」こおり 性格 ひかえめ 努力値振り HP252、特攻252、素早さ6 道具 たつじんのおび 技構成 ふぶき、フリーズドライ、シャドーボール、こおりのつぶて こちらのグレイシアは、 高い特攻値と耐久力を活かした特殊アタッカー型です。 HP極振りで低いHPを引き上げ、両受けが出来るようにしています。 基本的に後攻から殴ることになるので、耐久力を持たせないと簡単に倒されがちです。 持ち物は「たつじんのおび」にし、弱点の付ける範囲を少しでも広げるための技を採用しています。 「ふぶき」は、言わずもがなのグレイシア最大火力の技です。 他に打点の持てる技がない時は、こおり状態を狙って放ちましょう。 命中率は低いので、基本的にはダイアイスで「あられ」にしてから使う方が良いですけどね。 ダイアイスの威力が140になりますし、ダイマックスとの相性はいいですね。 「あられ」であれば、特性で相手の命中率を下げられるのもお得です。 ナットレイでも乱数2発で落とせますが、 HB振りナットレイのジャイロボールで低乱数一発なので注意が必要。 そして、 「フリーズドライ」は、みずタイプにも弱点を突けるこおりタイプの技です。 環境上位の「ドヒドイデ、ギャラドス」などへの対策として超有効ですね。 ダイマギャラドスを高乱数一発、H振りドヒドイデを確定2発で落とせます。 ダイアイスではフリーズドライの効果が乗らないのは注意。 「シャドーボール」は、苦手な鋼やほのおタイプへの打点や、ミミッキュなどのゴースト処理に使えます。 「こおりのつぶて」は、上を取られて確実に落とされる時や、タスキつぶしに使います。 とは言え、ドラパルト・サザンドラ・トゲキッスに4割程度は入るので、後続で倒しやすくなりますね。 「あられ」状態のダメージも乗れば、確定2発ラインに入れるかどうかって感じです。 まとめ 耐久寄りの特殊アタッカーとして活躍できるグレイシア。 ブイズでは最も美人系だと思いますし、個人的にも最も好きな進化系ですね! こおり技の通りはいいと思うので、たまにグレイシアを入れてみるのも面白いですよ。

次の