クリス リード。 クリスリード現在は結婚で村元哉中とペア解消?引退理由やペア解散理由は?

クリス・リード、村元かなさんはどうしてコンビ解消したのですか?方向性...

クリス リード

クリス・リードが心臓突然死により急逝 フィギュアスケートのアイスダンスで日本代表として冬季五輪に3大会連続で出場した男子のクリス・リードさんが日本時間15日午前0時20分、心臓突然死のため米デトロイトで死去したことが17日、分かった。 30歳だった。 日本スケート連盟が同日に発表。 リードさんは今月11日のブログで「日本へ」と題し、近く来日するプランがあることを明かしたばかりだった。 日本連盟によるとリードさんは心臓突然死で、米デトロイトで亡くなったという。 「はやくコロナウィルスがなくなってほしいな…みんな きをつけてね」(原文ママ、以下同じ)。 リードさんは11日朝にブログを更新。 かつてペアで冬季五輪に出場した姉のキャシーさん(32)とともに、大阪を拠点としてアイスダンスの後進の指導などをスタートさせる予定を明かしていた。 11日時点で前週に荷物を日本に送ったが、新型コロナウイルス感染拡大のため「日本にいくのがおくれます」と報告。 それでも、今後の活動について「あたらしい むずかしい ジャーニー(旅)のはじまりです たのしみだよ!」とつづっていた。 病などに苦しんでいる様子はうかがえず、ブログ更新からわずか4日後に急逝したとみられる。 父が米国人、母が日本人。 キャシーさんと組み2010年バンクーバー、14年ソチ両冬季五輪に出場した。 アイスダンスは音楽に合わせたステップやリフトで表現力や同調性を争う。 185センチ、75キロの大柄な体で華麗に操り、優雅に舞った。 15年に姉が引退。 新たにシングルから転向していた村元哉中(かな、27)と組み、18年平昌五輪にも出場。 4度の右膝手術を乗り越えて立った銀盤で坂本龍一の曲を使った演目の世界観を氷上に描き、日本勢過去最高に並ぶ15位に入った。 18年夏にペアを解消し、昨年現役を引退。 「氷の上で演技できないのはとてもさびしい」と話していた。 享年30。 あまりに早く旅立ったアイスダンサーは、間もなく開花を迎える春の風物詩のように天国で咲き誇る。 yahoo. 心臓突然死には、心筋梗塞や心筋症、弁膜症、心不全などなどが含まれ、発症から24時間以内に死亡した場合を突然死というそうです。 つまり、前日までは全く健康状態に異常がなかったということですね。 なぜクリスがこのような事にならないといけなかったのか。 神様がいるのならば非情すぎます。 この動画にはリード姉弟の未来が詰め込まれていて、私もこれからの二人の活躍を楽しみにしていたところでした。 残されたキャシーさんをはじめご家族のことを思うと言葉もありません。 ただただ胸が痛いです。 クリス・リードさんにはスケート仲間から多くのコメントが寄せられています。 突然のことに信じられず言葉も見つかりません。 日本のアイスダンス界を繋げて引っ張っていてくれたクリス。 とにかくいつも暖かくて優しい素敵な選手でした。 心よりご冥福をお祈りいたします。 どうか安らかに。 — Misato Komatsubara miichan728 「君が生きた今日は、昨日死んでいった人たちが、どうしても生きたかった大切な明日だ。 」 踏ん張って生きよう — Misato Komatsubara miichan728 ティム・コレト クリス… 言葉出ない… 寝れない. So much love to the Reed family. Thank you for all the moments we shared together in the quiet moments between performances. — Tim Koleto ティム コレト Timkoleto 「ショックを受けています。 僕の悲しみの大きさを表す言葉が見つかりません。 リードファミリーにたくさんの愛を贈ります。 パフォーマンスの間に共有した静かな瞬間、その全てに感謝します。 あなたの優しい笑顔を決して忘れません。 」 さらに翌日 昨日の夜信じたくなかったけど、今朝目覚めて窓前で泣いた。 人生早すぎ。 若すぎ。 一緒に練習して大会出ていろいろな経験した良かったと思うてしまいますが、それもセルフィッシュだよね。 でも、ありがとうクリス。 ありがとう。 — Tim Koleto ティム コレト Timkoleto 無良崇人 え、、クリス。。 何かの間違いだよね?? — 無良 崇人 takahito3211 村主章枝 クリスが…信じられないです。 選手時代、アメリカ、ニュージャージーのリンクで練習してきた日の事は、今でもずっと心に残っています。 ご冥福をお祈りしています。 — 村主 章枝 Fumie Suguri fumiesuguri 荒川静香 クリス…突然のことで信じられず、言葉も見つかりません… 心よりご冥福お祈りいたします — Shizuka Arakawa tiramisu11 織田信成 クリスの訃報に、とてもショックで未だ信じられません。 アメリカで一緒に練習していた時、クリスはスケーティングやトレーニング方法についていつも優しくアドバイスをくれました。 一緒にオリンピックに行く事が出来たのは僕の誇りです。 安らかな眠りにつかれますよう心よりお祈りいたします。 — 織田信成 nobunari oda nobutaro1001 村上大介 クリス。。。 信じられない — 村上大介 DaisukeMurakami クリスとアメリカで一緒に練習した時、ルームメートとしていつもアドバイスをくれました。 突然で、言葉が見つかりません。 RIP Chris — 村上大介 DaisukeMurakami 鍵山優真 突然すぎてまだ言葉が見つかりません。。 心よりご冥福をお祈りします。 — Yuma Kagiyama yuuuma1555 樋口新葉 信じられません。 早すぎます。 デトロイトに振り付けに行った時や試合で一緒になった時にいつも声をかけてくれてとても楽しい記憶が沢山あります。 ご冥福をお祈りします。 — 樋口新葉 Wakaba Higuchi wakawakaskate 木原龍一 クリス。 心よりご冥福をお祈りいたします。 Chris was our long time friend and contemporary. Prayers for Cathy, Allison, and their parents. So saddened. クリスは私たちの長年の友人であり同じ時代の人でした。 キャシー、アリソン、ご家族に祈りを捧げます。 とても悲しいです。 」 カムデン・プルキネン Chris, I remember getting the opportunity to meet you in 2017. You and Kana were training for the Olympics that season. You were supportive, kind, and had an infectious laugh. you can hear in this video of me attempting to dance terribly Rest easy, my friend. 君とカナはオリンピックシーズンのトレーニングをしていましたね。 君は協力的で、親切で、伝染する笑いを持っていました(このビデオでも僕のひどいダンスの試みに対する笑い声が聞こえます)。 I had the pleasure of performing many times with Chris, he was a very kind man. クリスと何度も共演できたことを嬉しく思います。 彼はとても優しい人でした。 」 マーヴィン・トラン A unique experience that I share with a great guy along with many laughs. Chris Reed, a positive force in this world. No sympathy responses needed, simply needed to share this. クリス・リード、この世界のポジティブな力。 同情的な反応は不要です。 単純にこれ(画像)をシェアしたかった。 My thoughts go out to all who knew and admired him. A caring brother, a hard-working and accomplished athlete, and an all-around great human being. — Alex Shibutani AlexShibutani 「クリス、僕たちは寂しくなるよ。 僕は一緒に笑いあったことをいつまでも覚えています。 彼のことを知り、称賛したすべての人たちのことを思っています。 優しいブラザー、勤勉で優秀なアスリート、そして全てにおいて素晴らしい人間。 」 三浦璃来 クリス、、 トルン杯、DOIでご一緒した時、声をかけて下さったり、明るく接して下さった事、絶対に忘れません。 心からご冥福をお祈りいたします。 — Riku Miura 三浦璃来 miurariku1217 ハビエル・フェルナンデス javierfernandezskater がシェアした投稿 — 2020年 3月月17日午前7時31分PDT 「君はどこにいてもそのジョークと笑いと笑顔で、いい人でいつづけるんだろうね。 でも僕らは寂しくなるよ、クレイジーマン!」 ジョニー・ウィアー 「クリスは才能とカリスマ性のあるポジティブな人でした。 彼とともにスケートをしていた期間、世界各地のアリーナの廊下ですれ違うたび、彼は一度も僕に笑いながら挨拶をすることはありませんでした。 彼のご家族やご友人にお悔やみ申し上げます。 そして彼のご冥福をお祈りします。 」 ガブリエラ・パパダキス 「クリス、安らかに。 私の心はリードファミリーと共にあります。 クリスは素晴らしい友人であり、この世界でとても惜しまれる輝かしい光でした。 」 ニコーレ・デラ・モニカ 「このニュースで起きました。 クリス、私はいつだってあなたのビッグスマイルを忘れない。 」 須崎海羽 「まだ信じられないし信じたくないです。 本当にショック。。 一緒にオリンピックに行けて チームジャパンとして戦えてよかった… R. P Chris」 安藤美姫 「人生には何が起こるか分からない…私たちはまたスケートファミリーを一人失いました。 優しくて、面白くて、本当にかっこいい人。 私たちはとてもさみしい…ですが、同じ空の下にいます。 安らかにお眠りください。 (以下日本語)仕事中にクリスの事を知りました…まだ信じられない…今は安らかに…」 マイア・シブタニ 「クリスはフィギュアスケートに情熱を傾けており、努力家であり、協力的なトレーニング仲間でした。 彼は優しく、笑い上戸で、いつもジョークを言っていました。 私にはたくさんの思い出があります。 公演の合間に私たちのグループはラウンジでマリオカートをしました。 クリス、ハビ、エルビス、エフゲニア、カナ、エフゲニー、アレックスそして私は何度もみんなで遊びました。 それは国際的で競争心の強いメンバーの集まりでしたがとっても楽しかったのを覚えています。 たくさんの笑いが起こり、中でもクリスの笑い声は一番大きかったです。 私の気持ちはリードファミリーと共にあります。 クリス、あなたが恋しいです。 」 フィギュアスケートLite アイスダンス日本代表として、バンクーバー五輪、ソチ五輪、平昌五輪に出場したクリス・リードさんが3月15日に亡くなられました。 これから姉のキャシーさんとともに日本のアイスダンスの育成に貢献される予定でした。 ご家族の皆様に哀悼の意を捧げるとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 心よりご冥福をお祈りします。 — Yuma Kagiyama yuuuma1555 鈴木大地 クリス リードさん。 信じられないです。 この間、元気にお話ししたばかりでした。 謹んでお悔やみ申し上げます。 RIP — 鈴木大地 Daichi Suzuki daichi55 クリス・リードさん、お疲れさまでした。 新しいスタートラインに立ち、希望に満ち溢れていたときに突然の旅立ちを迎え、さぞ心残りだと思います。 あなたが三度のオリンピックに出場し、日本で初めて四大陸選手権でメダルを獲得したという快挙はこれからもずっと語り継がれるでしょうし、あなたは確実に日本アイスダンス史のキーパーソンとしてフィギュアスケート界に名を残しました。 あなたの活躍に刺激され、日々鍛錬を積んでいる後輩たちもいます。 教え子をオリンピックに送る夢は叶いませんでしたが、あなたはすでに日本アイスダンス界に種を蒔いているんですよ。 日本のために全てを注いでいただきありがとうございました。 あなたが蒔いた種がいつか花開く日を夢見ています。 心からありがとう。

次の

クリス・リード 死因の心臓突然死になった原因!死去(急逝)の理由について!

クリス リード

野球選手については「」をご覧ください。 クリス・リード Chris REED 基本情報 生年月日 1989-07-07 没年月日 2020-03-15 (30歳没) 出生地 姉 妹 185 cm 78kg 選手情報 元パートナー 元コーチ オレグ・エプスタイン ジョニー・ジョンズ タイラー・マイルズ アンドリュー・ストラウコフ スーザン・ケリー イネセ・ブツェヴィツァ 元振付師 マリナ・ズエワ マッシモ・スカリ オレグ・エスプタイン イーゴリ・シュピリバンド パティ・ウィルコックス ガリト・チャイト イネセ・ブツェヴィツァ アレクセイ・ゴルシュコフ 所属クラブ 木下グループ 引退 2019年12月31日 ISU パーソナルベストスコア 164. 38 65. 65 2018 世界選手権 98. 73 2018 世界選手権 目次• 人物 [ ] 出身。 母が日本人であり、出生時の国籍留保手続きにより、および国籍選択期限年齢に達するまでは日米両国の国籍を持っていた。 特技は演奏。 2014-2015シーズンまでのパートナーでもあった姉のキャシー・リードはを演奏する。 はA型。 2015-2016シーズンから2017-2018シーズンのパートナーは村元哉中。 経歴 [ ] アメリカで姉のとカップルを組みアイスダンス競技を始める。 2005-2006シーズンのノービスクラスで優勝。 コーチであるのすすめで、2006-2007シーズンから日本に所属した。 移籍後、初出場となったでは2位となり、出場を決める。 四大陸選手権ではコンパルソリーダンス7位、オリジナルダンス9位、フリーダンス6位となり総合で7位となる。 2007-2008シーズンからに招待され、、に出場する。 2度目の出場となったでは、アイスダンス競技唯一の競技者となり、との代表となる。 四大陸選手権では前回と同じ7位にとどまったが、自己最高得点を大きく更新する。 で16位に入り、この成績により翌年開催のアイスダンス競技への日本選手の出場枠を獲得。 2009年12月、で優勝し、日本代表に選出されバンクーバーオリンピックに出場する。 なお、妹のも代表でアイスダンスに出場し、姉弟妹3人揃っての出場となる。 続くではコンパルソリーダンスで2人が転倒する大きなミスがあったにも関わらず、15位と自己最高成績を収めた。 2010-2011シーズン、グランプリシリーズでは両方7位という成績を収める。 の後、からにコーチを変更し、練習拠点をロシアからアメリカに戻した。 フリーダンスを新しくして挑んだ全日本選手権では4連覇を果たした。 ではフリーダンスの演技終了直前にクリスが転倒するミスがあったものの、総合で13位となり日本所属カップルの最高順位タイになった。 2011-2012シーズン、初戦となったではフリーダンスの5分間練習中に負傷、そのまま競技に出場したものの7位。 リフトを行なっていたところ、他のカップルと衝突し転倒、負傷した。 演技後に接触相手のブレードが自身の右足のスケート靴を貫通し、小指に四針の怪我を負い、骨折していたことがわかった。 に出場する予定であったが、怪我のため出場を取りやめた。 その後、治療にギプスが必要となりの出場を断念した。 本格復帰後の2012-2013シーズンはで5位、で2位に入るなど好調な成績を記録している。 2013-2014シーズン、の最終予選であるに出場。 右膝の古傷の痛みを再発させた中、リフトの失敗があったものの7位に入り、出場枠5の中で4位の成績となった。 ソチオリンピックはショートダンスで21位でフリーダンスに進出することはできなかった。 後には半月板の治癒を高めるための手術を行った。 5月にはコーチをに変更し、のカントンに練習拠点を移した。 2014-2015シーズン、で7度目の優勝。 ではショートダンスで転倒し、フリーダンスに出場することはできなかった。 には唯一第1回大会から4大会連続で出場した。 4月19日、キャシーが競技からの引退を発表しカップルを解消した。 6月17日、とのカップル結成が発表された。 2015-2016シーズン、で優勝。 では2位となった。 初出場のでは15位に入った。 2016-2017シーズン、で銀メダルを獲得。 は、左膝の負傷で大会直前に棄権を発表した。 では自身9度目の優勝。 のSDでは、シークエンシャルツイズルのミスが響き、FD進出を逃した。 2017-2018シーズン、で2位に入り日本のアイスダンスでの出場権を獲得。 で3連覇を達成し平昌オリンピック代表に選ばれる。 で日本勢初となる銅メダルを獲得。 平昌オリンピックでは日本勢最高タイとなる15位に入る。 では日本勢・アジア勢歴代最高となる11位を記録した。 2018年8月9日、村元とのカップルを解消したことが日本スケート連盟により発表された。 2019年12月31日、競技からの引退を発表した。 2020年3月15日、午前0時20分 日本時間 、アメリカ・デトロイトにて心臓突然死で死去。 30歳没。 1月から姉のキャシーとともに関空アイスアリーナで指導者として活動をはじめており 、3月11日のブログにて、日本に帰国するため荷物を全て日本に送ったと報告した矢先のことであった。 告別式は同月21日にのシュレーダーハウェル葬儀場で営まれ、葬儀場のサイトやFacebook、Instagramでライブ配信された。 また姉キャシーが発起人となり、新しい世代の選手育成を目的としたメモリアル基金が設立された。 主な戦績 [ ]• Nはノービスクラス 詳細 [ ] 2017-2018 シーズン 開催日 大会名 SD FD 結果 2018年3月21日-24日 () 10 65. 65 11 98. 73 11 164. 38 2018年2月19日-20日 () 15 63. 41 13 97. 22 15 160. 63 2018年2月9日-12日 団体戦() 5 62. 05 5 87. 88 5 団体 2018年1月22日-28日 () 2 65. 27 3 98. 59 3 163. 86 2017年12月21日-24日 () 1 65. 71 1 100. 74 1 166. 45 2017年11月24日-26日 () 6 62. 30 8 93. 50 7 155. 80 2017年11月10日-12日 () 9 61. 82 8 94. 59 9 156. 41 2017年9月27日-30日 () 2 62. 67 2 96. 63 2 159. 30 2017年9月13日-17日 () 2 60. 00 3 91. 45 3 151. 45 2016-2017 シーズン 開催日 大会名 SD FD 結果 2017年4月20日-23日 () 5 63. 77 6 92. 68 1 団体 (156. 45) 2017年3月27日-4月2日 () 23 54. 68 - 23 2017年2月23日-25日 () 2 64. 64 2 94. 40 2 159. 14 2017年2月14日-19日 () 9 57. 80 9 82. 58 9 140. 38 2016年12月22日-25日 () 1 62. 04 1 96. 32 1 158. 36 2016年11月25日-27日 () - - 棄権 2016年10月21日-23日 () 10 56. 19 7 91. 18 8 147. 37 2016年9月14日-17日 () 2 61. 10 2 90. 08 2 151. 18 2015-2016 シーズン 開催日 大会名 SD FD 結果 2016年3月26日-4月3日 () 16 59. 00 14 88. 90 15 147. 90 2016年2月16日-21日 () 7 57. 13 6 88. 70 7 145. 83 2016年1月6日-10日 () 2 58. 64 2 91. 27 2 149. 91 2015年12月24日-27日 () 1 58. 36 1 88. 72 1 147. 08 2015年11月27日-29日 () 7 53. 44 7 81. 53 7 134. 97 2014-2015 シーズン 開催日 大会名 SD FD 結果 2015年4月16日-19日 () 6 49. 99 6 73. 24 3 団体 2015年3月23日-29日 () 22 48. 32 - 22 2015年1月7日-10日 () 2 57. 53 4 81. 53 4 139. 06 2014年12月25日-28日 () 1 57. 18 1 89. 62 1 146. 80 2014年11月28日-30日 () 7 50. 55 5 80. 33 6 130. 88 2013-2014 シーズン 開催日 大会名 SD FD 結果 2014年3月24日-30日 () 14 55. 18 18 80. 95 18 136. 13 2014年2月6日-22日 () 21 52. 29 - 21 2014年2月6日-22日 団体戦() 8 52. 00 5 76. 34 5 団体 2013年12月20日-23日 () 1 55. 51 1 87. 36 1 142. 87 2013年11月8日-10日 () 7 51. 91 6 81. 85 6 133. 76 2013年10月18日-20日 () 6 54. 28 5 81. 85 5 136. 13 2013年9月25日-28日 () 8 48. 41 5 78. 56 7 126. 97 2012-2013 シーズン 開催日 大会名 SD FD 結果 2013年4月11日-14日 () 4 56. 35 4 85. 40 4 141. 75 2013年3月10日-17日 () 19 53. 95 20 75. 99 20 129. 94 2013年2月6日-11日 () 6 53. 97 7 77. 07 7 131. 04 2013年1月10日-13日 () 1 58. 01 2 78. 28 2 136. 29 2012年12月20日-24日 () 1 53. 41 1 80. 51 1 133. 92 2012年12月13日-16日 () 7 55. 29 10 75. 54 9 130. 83 2012年11月23日-25日 () 5 48. 33 5 76. 13 5 124. 46 2012年11月2日-4日 () 2 55. 88 2 84. 95 2 140. 83 2011-2012 シーズン 開催日 大会名 SD FD 結果 2012年4月19日-22日 () 6 49. 47 6 70. 08 6 119. 55 2012年3月26日-4月1日 () 24 44. 19 - 24 2011年11月11日-13日 () 8 49. 36 7 73. 86 7 123. 22 2011年9月21日-24日 () 5 47. 90 4 77. 64 4 125. 54 2010-2011 シーズン 開催日 大会名 SD FD 結果 2011年4月24日-5月1日 () 13 54. 86 13 78. 47 13 133. 33 2011年1月30日-2月6日 第7回() 2 50. 97 1 77. 31 2 128. 28 2010年12月24日-27日 () 1 51. 77 1 75. 94 1 127. 71 2010年11月12日-14日 () 8 44. 40 7 68. 99 7 113. 39 2010年10月22日-24日 () 7 44. 90 7 69. 62 7 114. 52 2009-2010 シーズン 開催日 大会名 CD OD FD 結果 2010年3月22日-28日 () 23 24. 78 14 50. 41 13 79. 74 15 154. 93 2010年2月12日-28日 () 18 29. 49 14 50. 81 16 79. 30 17 159. 60 2009年12月25日-27日 () 1 31. 17 1 49. 58 1 82. 62 1 163. 37 2009年12月10日-12日 () 6 28. 31 5 45. 51 5 72. 94 5 146. 76 2009年11月27日-30日 () 7 28. 58 7 46. 36 8 72. 59 7 147. 53 2008-2009 シーズン 開催日 大会名 CD OD FD 結果 2009年4月16日-19日 () - 5 44. 80 5 75. 43 5 120. 23 2009年3月23日-29日 () 18 27. 24 15 49. 58 16 74. 22 16 151. 04 2008年12月25日-27日 () 1 31. 91 1 47. 47 1 76. 97 1 156. 35 2008年11月27日-30日 () 8 27. 17 10 39. 87 8 68. 79 8 135. 83 2007-2008 シーズン 開催日 大会名 CD OD FD 結果 2008年3月17日-23日 () 18 28. 16 18 47. 70 16 79. 29 16 155. 15 2008年2月11日-17日 () 7 27. 06 7 49. 64 7 81. 77 7 158. 47 2007年12月26日-28日 () 1 30. 13 1 51. 22 1 85. 06 1 166. 41 2007年11月29日-12月2日 () 10 25. 45 8 44. 28 7 74. 12 8 143. 85 2007年10月25日-28日 () 9 26. 47 9 43. 79 9 72. 37 9 142. 63 2006-2007 シーズン 開催日 大会名 CD OD FD 結果 2007年2月5日-11日 () 7 27. 42 9 40. 88 6 75. 87 7 144. 17 2006年12月27日-29日 () 2 26. 74 2 46. 30 2 77. 00 2 150. 04 2006年11月16日-19日 () 4 25. 90 4 41. 51 4 72. 17 4 139. 58 2005-2006 シーズン 開催日 大会名 CD1 CD2 FD 結果 2006年1月7日-15日 ノービスクラス() 2 19. 23 2 19. 21 1 59. 71 1 98. 15 プログラム使用曲 [ ] シーズン SD FD EX 2017-2018 チャチャ:I Like It Like That ルンバ:Mondo Bongo サンバ:Batucada de Sambrasil 振付: 作曲: 振付: Unsteady 曲: 振付:ランディ・ストロング 2016-2017 ブルース:The Sun's Gonna Shine Again ジャイブ:I've Got a Woman スウィング: Mess Around 演奏: Poeta en el Puerto Amor Dulce Muert Nada Puede Dormir Poeta en el Viento 作曲: All I Need is That Girl ミュージカル『ジプシー』より 作曲: 2015-2016 ワルツ:Wiener Cafe マーチ:Olympiamarsch マーチ:UNO March 作曲: 振付:、 作曲:アーサー・ジョンストン Jubilee Stomp 作曲: The Reel Chaplin: A Symphonic Adventure 指揮: 映画『』より 作曲: 演奏:トーマス・ベックマン 振付:マリナ・ズエワ、マッシモ・スカリ Everything Has Changed 曲: feat. 2014-2015 El Cid - Farruca by Thomas Hickstein、Elva La Guardia Gato Montes by Hugo Montenegro 振付:、オレグ・エスプタイン、 Mr. Lucky The Big Blow Out 作曲: 振付:マリナ・ズエワ、オレグ・エスプタイン、マッシモ・スカリ River Flows In You 作曲:イルマ 2013-2014 踊るリッツの夜 作曲: ハーレム・ノクターン 作曲:アール・ヘイゲン、ディック・ロジャーズ 振付: Ona Hei ゲーム『』サウンドトラックより 作曲:ジェフ・ヴァン・ダイク テレビアニメ『』サウンドトラックより 作曲:水谷広実 Good Death ゲーム『トータルウォー:ショーグン2』サウンドトラックより 作曲:ジェフ・ヴァン・ダイク 振付: 映画『』より 作曲: 2012-2013 映画『』サウンドトラックより 6月の花嫁 納屋の踊り 作曲:ジーン・デ・ポール、 振付:イーゴリ・シュピリバンド 曲: 振付: The Prayer ボーカル:、 2011-2012 チャチャ:La Llama ボーカル:Chris Ice ルンバ:Whatever Happens 曲: サンバ:The Drums 演奏:Basic J 映画『』サウンドトラックより Chale Chalo 作曲: Mon Amour ボーカル:デヴィッド・ヴィサン Lady Grinning Soul 演奏:ルチア・ミカレリィ 2010-2011 映画『』より ワルツ:A Party For Me? タンゴ:The Tango 作曲: So She Dances ボーカル: Just for a Little While by Smokin' Joe Kubek Band Ain't No Sunshine ボーカル: 映画『』より Think ボーカル: 作曲: シーズン OD FD EX 2009-2010 日本古謡 Lion 演奏: より 作曲: 2008-2009 Money, Money 『キャバレー』サウンドトラックより 梅と薔薇 作曲:アレッサンドロ・サフィナ 脚注 [ ] []• 2017年2月22日, at the. 2017年2月22日, at the. [ ]• 2015年4月19日, at the. 2015年6月17日, at the. 時事通信 2016年11月25日. 2016年11月26日時点の [ ]よりアーカイブ。 2017年4月10日閲覧。 スポニチアネックス 2018年8月9日. 2018年9月5日閲覧。 産経新聞 2019年12月31日. 2020年3月17日閲覧。 日刊スポーツ 2020年3月17日. 2020年3月17日閲覧。 OlympicTalk 2020年3月17日. OlympicTalk NBC Sports. 2020年3月18日閲覧。 日本語 , 2020年3月17日閲覧。 2020年1月12日• キャシー・リード&クリス・リードのオフィシャルブログ「華麗なるアイスダンス」Powered by Ameba. 2020年3月17日閲覧。 朝日新聞デジタル 2020年3月17日. 2020年3月17日閲覧。 スポニチAnnex 2020年3月21日. 2020年3月21日閲覧。 Instagram. 2020年3月21日閲覧。 GoFundMe. 2020年3月21日閲覧。 関連項目 [ ]• - クリス・リードと同じ国籍留保中のフィギュアスケート選手。 アメリカに所属。 外部リンク [ ]• (英語)• (英語)• アイスダンス.

次の

【死去】クリス・リードは彼女と結婚してる?国籍も

クリス リード

— 2020年 1月月13日午前4時48分PST 現在31歳のクリス・リードさんですが果たして結婚相手はいるのでしょうか。 交際を噂されている女性は、 ケルシュティン・フランクさん(31歳)。 ケルシュティン・フランクさんは、オーストリア出身の 女子フィギュアスケート選手です。 実際、クリス・リードさん自身のインスタグラムには、仲睦まじい2人の写真が数多く投稿されています。 また、ケルシュティン・フランクさんのインスタグラムの投稿によると、現在 交際7年目を迎えたようです。 公式には発表されていませんが、交際相手はケルシュティン・フランクさんで間違いないでしょう。 交際7年目、二人とも31歳ということで、 いつ結婚してもおかしくないですよね。 今後、特に問題が起きなければ、クリス・リードさんの結婚相手は彼女であるケルシュティン・フランクさんですね。 ちなみに、カップルを組んでいた 村元哉中さんとの交際の噂もあったようですが、この 噂はデマのようです。 asahi. html クリス・リードさんは アメリカ人の父親と日本人の母親の間に生まれたハーフです。 なぜ日本国籍を持っていて、フィギュアスケート日本代表なのでしょうか? 一説によると、アメリカのアイスダンスの層は厚く、選手として活動するには、日本人選手として活動していく方が有利であることや、 母親が日本人で 日本国籍の取得が簡単であったことがあるようです。 また、姉のキャシー・リードさんとアイスダンスでペアを組んでいた頃、クリス・リードさんはまだ国籍選択期限の年齢には達しておらず、 二重国籍を持つ状態。 一方、 お姉さんはすでに日本国籍を取得していました。 オリンピックのカップル競技では ペアのお互いが同じ国籍でなければならない、という条件もあり、そういった事情もあって日本国籍を選択し、 日本代表として活躍していたのかもしれませんね。 クリス・リードと村元哉中は元パートナー! クリス・リードさんの現役最後のパートナーとなった 村元哉中さん。 解散の理由は一体何だったのでしょうか。 2人は、フィギュアスケートアイスダンスで 3年間にわたりペアを組んでおり、「かなクリ」という愛称で親しまれてきました。 世界選手権では日本勢最高の11位の実績を残した2人ですが、お互いのアイスダンスを続けるにあたっての 方向性の違いによりペアを解消しました。 村元哉中さんは現在、 高橋大輔さんとアイスダンスのカップルを結成、現在も現役として活躍しています。 公式発表でも、クリス・リードさんとの解散の理由については、「方向性の違い」とまでしか明言されておらず、 それ以上の原因は分からないままです。 クリス・リードさんと村元哉中さんの年齢差は4歳。 オリンピックの開催も4年に1度であることから、色々と思うところがあったのかもしれません。 クリス・リードさんは、元パートナーである村元哉中さんとの交際の噂もありましたが、 現在は ケルシュティン・フランクさんとお付き合いしており、結婚ももうすぐなのかもしれません。 ハーフでありながら、 日本国籍を持つ元日本代表選手として、フィギュアスケート界を引っ張っていってくれているクリス・リードさん。 これから育っていく新しい選手にとってはもちろん、ファンにとっても大変喜ばしいことですね。 今後もクリス・リードさんの動向から目が離せません。

次の