いっちゃねっと。 メールオーダーサービスご利用のご案内|宮崎銀行

児童手当とは?いつまでもらえる?気になる金額や申請方法を紹介

いっちゃねっと

19~11歳までの子どもが4人いる家庭の 児童手当の支給例 順番 年齢 支給額 ー 19歳 ー 第1子 16歳 ー 第2子 14歳 10,000円 第3子 11歳 15,000円 19歳の子は「高校卒業に相当する年齢までの子ども」に当てはまらず、子どもの数としてカウントされません。 この家庭の場合、子どもの数は16歳の子から11歳の子までの3人と数えられます。 そのため本来第4子となる11歳の子は、第3子として児童手当が支給されるのです。 児童手当の所得制限とは?所得が多い人は支給額が減るしくみ 児童手当には「所得制限」が設けられています。 親の収入や扶養親族の数によって、もらえる児童手当の額が減給される、というものです。 所得制限の対象になると、子どもの数や年齢にかかわらず、児童手当は「子ども1人あたり月額5,000円」に。 児童手当の所得制限に引っかかる「扶養親族の数」「所得額」は、次のとおり。 「自分はいくらもらえるのか」など、児童手当の詳細は近くの役所で確認できますよ。 児童手当申請の時期や手続きに必要なものをチェック! 児童手当の申請は、子どもが産まれてからすぐにおこなう必要があります。 この章では、児童手当の手続きにベストなタイミングや、申請に必要な持ちものを紹介。 子どもが産まれたあと、余裕を持って手続きできるよう、事前にチェックしておきましょう。 児童手当の申請はなるべく早めに!里帰り出産はとくに気をつけて 児童手当の申請期限は「子どもが産まれた日の翌日から15日以内」。 もし申請が遅れてしまった場合、原則として遅れた月分の手当は受けられません。 また引越しして、住所が変わったときも「転入した日の翌日から15日以内」に申請が必要です。 申請のタイミングとして、子どもが産まれたときは「出生届」と一緒に、役所で手続きするのがおすすめ。 第1子の出生後だけでなく、第2子以降も産まれた日の翌日から15日以内に、役所で申請をおこないましょう。 公務員の場合は「公務員になったとき」「公務員でなくなったとき」に、勤務先で児童手当の手続きをします。 児童手当とは、子どもが0~15歳までの期間にもらえるお金のことです。 子どもの年齢や数によって、もらえる金額が異なります。 第3子以降であれば「3歳~小学校卒業」までの期間は、通常よりも月5,000円多くもらえることに。 ただ年収800万円以上の高所得者になると、もらえる児童手当が減ってしまうかもしれません。 また申請期限を過ぎた場合も、遅れた月分の手当を受けられなくなり、トータルでもらえる金額が減ってしまいます。 あとになって後悔しないためにも、児童手当のしくみや申請方法を、事前に確認しておくことが大切です。 児童手当以外にもらえるお金もあわせてチェックし、余裕を持って産後の手続きができるよう、備えておきましょう。

次の

宮崎銀行のATMで現金振込できる?ネットバンキングの振込手数料が安い?

いっちゃねっと

【そもそも控除される項目って】 給与明細書には控除項目として各種税金などが記載されています。 それらは原則控除しなければならないものですが、各種税金以外で控除されているものがある場合、注意が必要です。 というのも、給与明細書からの控除=天引きは就業規則に記載があること、本人との同意が行われていること、が要件となっているからです。 就業規則に記載がない、雇用主と労働者の間に同意がない場合、それらは適法とは言えず、給与からの控除ではなく、支給した上で本人から支払いをさせる等の対応をしなければなりません。 いわゆる「ブラック」と呼ばれた企業、あるいは手渡しで給料を支払っているお仕事などは、この控除=天引きがやたら多い場合があります。 あれも、これも、それも手数料として引きますよーって形で控除されて、手取り額が思った以上に少ない、というケースはまだまだ根絶されてはいません。 とはいえ、ここ十年程でいろんな箇所に法改正が入り、大手企業が摘発され、これまで各種法律をほとんど無視されていた、あるいはグレーな形で運用していた企業は大部分が是正されてきました。 とくにネット社会が大きくなるにつれて、労働環境の改善を行う流れが出来上がっています。 そのぶん労働者側の権利主張ばかりが増え、各企業の中間職は上と下に挟まれて負担ばかりが増えているようにも感じられますが…… 【所得税・源泉徴収税とは】 所得税とは、所得にかかる税金のことです。 では所得とはなにか。 これは、得た収入から必要経費を差し引いたものを指します。 年間の収入額から算出され所得税が確定しますが、毎月一定の規則にそって予め徴収するものが源泉徴収税と呼ばれています。 源泉徴収税は給料計算の仕方によって次のいずれかの方法で算出、控除されます。 給与所得の源泉徴収税額に当てはめて決定 2. 財務書が告示する電算機計算の特例により決定 どちらの場合でも、最終的には年末調整もしくは確定申告により最終決定され、過不足が出た場合はその差額が調整されます。 注意点 会社、店舗に採用されて働くときに「扶養控除申告書」なるものが渡されます。 これは、所得税計算に使用されるもので、自分に扶養する方がいて、所得税の計算時にこの人数を適応してくださいね、といったことを自己申告するための書類となっています。 年末調整をするときに必要にもなる書類なのですが、この書類を提出する、しない場合によって所得税の計算区分が変わります。 昨今の副業押しで、このあたりの問題が徐々に浮き彫りにされているようですが、気になる方は給与担当もしくは経理、総務などに相談されることをおすすめします。 【市県民税(住民税)とは】 市県民税とは、各市区町村ごとに掛け率の異なる税金なのですが、これも所得によって算出され徴収されます。 会社が毎月控除することを「特別徴収」と呼びますが、そもそも市県民税は徴収されるタイミングが1年遅れなので注意が必要となっています。 これは、その年の総収入額が確定してから、税金のかかるお金を算出して、それに対して市県民税用の計算式を当てはめて市県民税額を確定。 確定した税額を次の年の6月頃から徴収、といった流れのためです。 会社からの控除は毎月ですが、個人で納付する場合、年4回払いで市区町村より個人宛に納付書、税額決定通知書が届くようになっています。 副業の話題によって、改めて市県民税について関心が持たれるようになりましたが、この市県民税額は個人の総収入額によって確定されるため、経理もしくは給与担当者が「昨年よりも収入が変わらないのに市県民税額が大きく変わっている」ことを見つけた場合、なにかしらの事情があることがすぐにわかってしまいます。 これが副業がバレる要因と呼ばれる理由ですね。 まとめ 各種税金はだいたいがその収入によって計算、算出されます。 そのため、いわゆる副業で個人の総収入が増えた場合、支払うべき税金もまた増額されることとなります。 発生した税金はきちんと収めておかないと大変なことになりかねないので、不安な方は相談もしくは少しでも学んでおくことをおすすめします。 また副業解禁と謳われてはいますが、経理もしくは給与担当者からしてみれば、それらに伴う各種問題点の対応部分について、まったくもって追いついていないと判断されるような状態です。 標準報酬額、社会保険料の支払い、総労働時間数と残業代の分担処理、各個人の体調、メンタル管理と、上げていけば多々ありますが、これらの点についてはまた改めて。

次の

いっちゃねっとにログオン|いっちゃねっと|宮崎銀行

いっちゃねっと

【そもそも控除される項目って】 給与明細書には控除項目として各種税金などが記載されています。 それらは原則控除しなければならないものですが、各種税金以外で控除されているものがある場合、注意が必要です。 というのも、給与明細書からの控除=天引きは就業規則に記載があること、本人との同意が行われていること、が要件となっているからです。 就業規則に記載がない、雇用主と労働者の間に同意がない場合、それらは適法とは言えず、給与からの控除ではなく、支給した上で本人から支払いをさせる等の対応をしなければなりません。 いわゆる「ブラック」と呼ばれた企業、あるいは手渡しで給料を支払っているお仕事などは、この控除=天引きがやたら多い場合があります。 あれも、これも、それも手数料として引きますよーって形で控除されて、手取り額が思った以上に少ない、というケースはまだまだ根絶されてはいません。 とはいえ、ここ十年程でいろんな箇所に法改正が入り、大手企業が摘発され、これまで各種法律をほとんど無視されていた、あるいはグレーな形で運用していた企業は大部分が是正されてきました。 とくにネット社会が大きくなるにつれて、労働環境の改善を行う流れが出来上がっています。 そのぶん労働者側の権利主張ばかりが増え、各企業の中間職は上と下に挟まれて負担ばかりが増えているようにも感じられますが…… 【所得税・源泉徴収税とは】 所得税とは、所得にかかる税金のことです。 では所得とはなにか。 これは、得た収入から必要経費を差し引いたものを指します。 年間の収入額から算出され所得税が確定しますが、毎月一定の規則にそって予め徴収するものが源泉徴収税と呼ばれています。 源泉徴収税は給料計算の仕方によって次のいずれかの方法で算出、控除されます。 給与所得の源泉徴収税額に当てはめて決定 2. 財務書が告示する電算機計算の特例により決定 どちらの場合でも、最終的には年末調整もしくは確定申告により最終決定され、過不足が出た場合はその差額が調整されます。 注意点 会社、店舗に採用されて働くときに「扶養控除申告書」なるものが渡されます。 これは、所得税計算に使用されるもので、自分に扶養する方がいて、所得税の計算時にこの人数を適応してくださいね、といったことを自己申告するための書類となっています。 年末調整をするときに必要にもなる書類なのですが、この書類を提出する、しない場合によって所得税の計算区分が変わります。 昨今の副業押しで、このあたりの問題が徐々に浮き彫りにされているようですが、気になる方は給与担当もしくは経理、総務などに相談されることをおすすめします。 【市県民税(住民税)とは】 市県民税とは、各市区町村ごとに掛け率の異なる税金なのですが、これも所得によって算出され徴収されます。 会社が毎月控除することを「特別徴収」と呼びますが、そもそも市県民税は徴収されるタイミングが1年遅れなので注意が必要となっています。 これは、その年の総収入額が確定してから、税金のかかるお金を算出して、それに対して市県民税用の計算式を当てはめて市県民税額を確定。 確定した税額を次の年の6月頃から徴収、といった流れのためです。 会社からの控除は毎月ですが、個人で納付する場合、年4回払いで市区町村より個人宛に納付書、税額決定通知書が届くようになっています。 副業の話題によって、改めて市県民税について関心が持たれるようになりましたが、この市県民税額は個人の総収入額によって確定されるため、経理もしくは給与担当者が「昨年よりも収入が変わらないのに市県民税額が大きく変わっている」ことを見つけた場合、なにかしらの事情があることがすぐにわかってしまいます。 これが副業がバレる要因と呼ばれる理由ですね。 まとめ 各種税金はだいたいがその収入によって計算、算出されます。 そのため、いわゆる副業で個人の総収入が増えた場合、支払うべき税金もまた増額されることとなります。 発生した税金はきちんと収めておかないと大変なことになりかねないので、不安な方は相談もしくは少しでも学んでおくことをおすすめします。 また副業解禁と謳われてはいますが、経理もしくは給与担当者からしてみれば、それらに伴う各種問題点の対応部分について、まったくもって追いついていないと判断されるような状態です。 標準報酬額、社会保険料の支払い、総労働時間数と残業代の分担処理、各個人の体調、メンタル管理と、上げていけば多々ありますが、これらの点についてはまた改めて。

次の