目の下 たるみ とり。 『目の下の切らないたるみ取り』私の口コミをブログにまとめてみる

目の下たるみ取り|アンチエイジング(若返り)|加藤クリニック麻布【東京・大阪】

目の下 たるみ とり

いつからか、目の下の『たるみ』が発生してしまい、それはそれは悩んでいました。 そんなあるとき、「 目の下の切らないたるみ取り」というものがある、と聞いて、もうこれしかない!しかも、湘南ならお値段も10万以下らしい、という噂を聞き、もう、その場で申し込む勢いで最寄りの湘南美容外科へ。 ワクワクで話を聞いてみたところ、 思っていたよりもかなり制約があった&値段が高かった&失敗が怖くなって、やめてしまいました>< 新しいメニュー?なのか、あまり口コミも見つからず、サイトではわからない事も多かったので、「目の下の切らないたるみ取り」をうけるかどうかで悩んでいる方の参考になればと思い、ブログにまとめてみました。 目の下の切らないたるみ取りのダウンタイム 「切らない」ということで、勝手に、ダウンタイムが少ないのかな?なんて思ってしまっていたのですが、 結構、生活に影響がありそうな感じだったので、まとめてみます。 「目の下の切らないたるみ取り」手術を受ける前の注意 ・アイプチ、アイテープ、メザイク、つけまつげ等で、瞼がかぶれている場合は、手術ができないことがある。 ・マツエクは外さないとダメ。 手術の前日 ・アルコール類は絶対に飲んではダメ。 ・下剤も絶対に飲んではダメ。 手術の当日 ・6時間前からコーヒー、ジュース、乳製品、ジュース、食事などは禁止。 ・手術の3時間前からは、お水・お茶などの飲み物も禁止。 ・目元に麻酔をする為、車やバイク運転は、翌日まで禁止。 ・ヒールはNG。 スニーカーやローヒールで来院する。 目元のダウンタイム ・瞼の腫れや内出血が出て、1~2週間で落ち着く。 ・脂肪を抜くため、皮膚の厚みなどにもよるがボコボコした感じがでて、なじむのに1か月程度。 術後の生活 シャワー・洗顔・お化粧 翌日から可能。 ただし、目元を強くこすらないこと。 入浴・運動・飲酒 3日~1週間後から再開可能。 エステ・フェイスマッサージ・マツエク 1か月後以降になります!!! 私はこれが辛くて断念してしまいました…。 「目の下の切らないたるみ取り」の口コミまとめ 私が目の下のたるみ取りを受けるかどうか、調べたときに、これはチェックしておいた方が良いかもと思った口コミを、まとめてみます。 36歳 女性 小顔矯正やレーザーなども試したが、目の下のたるみが解消できず、どんどんふくらみが大きくなってしまった。 なので、常に伊達メガネで隠す生活に。 「目の下のたるみ取り」の施術はあっていたようで、たるみが解消されてうれしい。 46歳 女性 手術には不安があったが、麻酔がよく聞いて爆睡しているうちに終わった。 起きたら、顔がボクサーのように腫れていたが、手術前に言われていたマスクとサングラスで隠して家に帰った。 1週間後くらいで、腫れがひいてきた。 1~2週間はマスクが必要だったが、2週間過ぎたころから化粧だけで隠せるかな?という感じになった。 45歳 女性 思った以上に、ダウンタイムがあった。 仕事も予定より長く休むことになった。 47歳 女性 ダウンタイムが、少し大変だったが、目の下のたるみが改善することを楽しみに乗り切った。 42歳 女性 手術やその直後も痛かった。 2~3日で、腫れは落ち着いた。 洗顔時もしばらく痛かったが、1週間程度で痛みはなくなった。 47歳 女性 手術自体は全く痛くなかった。 腫れ、脂肪を抜いた足の内出血と腫れ、痛みが想像以上にあり、2か月くらいかかったが、目の下のたるみがなくなったことについては大満足。 49歳 女性 ダウンタイムは2週間くらい。 腫れがなかなかひかなかった。 内出血はほぼなかった。 手術は痛みがなく、会話をしながら進めて頂いた。 目の下の切らないたるみ取りをした後のコンタクト コンタクトは3日~1週間の間から、復活してよいそうです。 目の下の切らないたるみ取りの腫れ 腫れは、さほど起きないようなのですが、目の周りの「内出血」で、赤くなったり黄色くなったり、というのがどうしても出てしまうっぽいのは何度も説明してくださいました。 目の下の切らないたるみ取りの価格 目の下の脂肪を抜いて、たるみを取るだけであれば、約10万円程度らしいのですが、 抜いただけだと凹みすぎたり、なじまなかったりするらしく、 ほぼ必須で、目の下に、自分の太ももなどから抜いた脂肪を入れる必要があるそうです。 そうすると、そちらの価格が上乗せになり、合計で約35~40万近くなります。 さらに、これは個人的な印象ですが、太ももから脂肪を抜くのも結構怖そうで、、、 抜いた後に、1万5千円くらいする着圧ガードルで、脂肪を抜いた方の足を保護してあげる必要があったり、 1か月スポーツ禁止だったりするようです。 イメージでは、目の下の裏側から、チュッと脂肪を抜いて終わり、という感じだったのですが、 この、「脂肪を抜く」というのがどうしても恐ろしくなってしまい、 悩んだ結果、『目の下の切らないたるみ取り』を受けるのを断念してしまいました…。 再生医療も考えた で、とはいえなんとか方法がないのかと探しまくっていた時に見つけたのが「再生医療」。 脂肪ではなく、自分の血液(?)から細胞を培養して・・・みたいに書いてありました。 結果 やっぱり、そんなに簡単じゃないんだな~・・・というのを勉強できてよかったです。 更に、結局は知人が実際に施術をしたのですが、 ・とにかくとにかく痛かった ・やはり目の下にくぼみができてしまった ・ダウンタイムが長かった(1か月) と、なかなか大変そうです。。。 私は、予算の問題もあるので、できる限り自分でやってみようと思い、目袋用のコスメと目の下の筋トレで頑張ってみたところ、3か月くらいはかかってしまいましたが、ちゃんと目袋消失しましたよ! こちらのページにまとめています。 参考:• 涙袋を作る方法は、とにかくいろいろやってきたので、決め手になった方法をはじめ、このページにまとめていきたいと思います。... 目の下が変に赤っぽく、腫れたようになって、目袋特有の、いやーな「ぷっくり」があったんですが、…• 雑誌なんかでもたまに拝見することのある、某美容整形クリニックの先生に話を聞く機会があり、 本当に効果のある「目を大きくする方法」について... 爪水虫。 人に言えない悩みランキングの中でも、常に上位にいるらしいです。 特に女性!! しかも、最近は女性のほうが爪水虫にかかりやすいシーンが多いらし... キャビスパRFコアEXとは 脂肪を溶かすと言われている、あの「キャビテーション」が、自宅でできる! 「キャビスパRFコア」は、ヤーマンの大ヒットシリーズ「キ...

次の

【画像有】目の下の切らないたるみとり(経結膜脱脂手術)体験記<当日・帰宅後編>【たるみ戦記

目の下 たるみ とり

目の下のたるみ取り手術で起こりうる失敗とは? どんな手術も、リスクがゼロの手術はありません。 手術を受けるその前に、起こりうる失敗をしっかりと心得ておかなければなりません。 目の下のたるみ取り手術であれば、まず切開する手術の場合、下眼瞼を切開することにより外傷ができてしまい、下眼瞼の外反が発生する恐れがあります。 また、人気の施術法である経結膜脱脂術の場合には、一部分から余剰脂肪を過剰に摘出するような不適切な脱脂術を受けてしまうと、皮膚のアンバランスが生じて目の下のシワ、凹みなどが起きてしまいます。 リスクが少ないと思われている注入系の施術でも、たとえば脂肪を注入する際に空気に触れてしまうと、感染症を引き起こす可能性が指摘されています。 美容外科で使用される薬剤は身体に安全なものが前提ではありますが、中には体質に合わず、アレルギーや炎症を起こす方もいます。 いずれの場合も医師の経験不足や技術力不足、知識のなさなどからくる失敗であり、医師の腕が優れていること、綿密な診察などがあればほとんどのリスクは避けられるものです。 手術を受ける前に担当医の実績を確認し、カウンセリングではメリットだけでなくリスクについても必ず説明してもらうようにしましょう。 眼球が傷つく?顔に傷跡が残る?麻酔の失敗は…?? 目の下のたるみ取りで、眼球に傷がつく可能性に恐怖を感じている人もいるかもしれません。 しかし、目の下のたるみ取り手術において、眼球に傷がつく危険性はほぼないといわれています。 目の下のたるみ取りで主流の脱脂術では、治療部位は一般的に眼球から10mm以上離れた位置を選択しています。 意図的でもない限り、眼球に傷がつく恐れはありません。 とはいえ、安全面をおざなりにしているクリニックなどではリスクも否定できないので、カウンセリング時に質問し、手術時の安全面について確認しておくのも良いでしょう。 麻酔時のリスクとしては、麻酔自体の強い痛みと、麻酔を行うことでのアレルギー反応の2点があげられますが、たとえば局所麻酔を行う前に点眼による麻酔等を行う場合は、インフルエンザの予防接種並みの痛みだけで済むとされています。 そのほかにも笑気麻酔など、麻酔にもタイプが色々あり、オプションで効果が強めの麻酔を付けることができるクリニックも多いです。 カウンセリング時には、医師から提案された手術ではどんな麻酔を使用するか確認しましょう。 痛みに弱い方は、その不安を事前に医師につたえておいた方がいいでしょう。 また、麻酔や薬剤によるアレルギーがある方は、カウンセリングの際に必ず相談するようにしましょう。

次の

症例写真【目の下のたるみ・目の下のクマ、顔のシワ・たるみ】

目の下 たるみ とり

Contents• 手術翌日(1日後):腫れ具合はこの写真で! 朝の目やにはそれほどではなく、目が開けられないほどの量ではありませんでした。 私は花粉症や結膜炎などで目の調子を極端に悪くすることがあるのですが、そのときは朝になると目やにで目が開けられなくなります。 それほどの目やにではないという意味です。 目の下の腫れは昨日より若干おさまっていましたが、昨日に比べればという意味であり、冷静に見たらすんごく腫れています。 よりも腫れがひどく見えるかもしれませんが、昨日分はデジカメ、この日からはスマホなので、写り方がだいぶ違うのです。 私の記録によると、昨日のほうが腫れがひどく、この日のほうが腫れはマシなのですが、この日の写真のほうが腫れのひどさがよくおわかりいただけると思います。 そして目の部分を隠していますが、充血していました。 頬のボコリ感は平たくなっています。 夜になるにつれて腫れは徐々に引いていきました。 結膜側から切った場合、内出血の際にその切った跡がオモテ側に出るという写真を見たことがあり、心配していたのですが、私の場合はそれはありませんでした。 手術2日後:腫れも目やにもやや鎮静へ 朝起きると、昨日からさらに腫れが引いていました。 目やには少々。 片目だけひどく充血していますが、目薬をさしたらすぐにおさまりました。 夜にはもっと腫れがおさまりました。 このレベルにまで治まれば、必要に迫られている人は、出歩いたり仕事したりするのかもしれないとも思いました。 夜になるとほとんど目やには出なくなりました。 おそれていた「血の涙」はまだ一度もお出ましになっていません。 手術3日後:ダウンタイム折り返し? 明らかにダウンタイムのピークは過ぎたのかなという印象です。 あとはだんだんと腫れが引くのを待つだけでしょうか。 ですが、眼輪筋の丸みの下の曲線に沿って、たるんでいるかのように腫れているのは残っています。 さわるとまだ痛く、力を入れたときに痛みを感じます。 まだ炎症が治りきっていないのだなとわかります。 ヒアルロン酸を注入したときに注射針を刺した跡はまだ片側だけ残っています。 手術4日後:ひょっこり内出血 朝起きると目やにが少し出ていました。 こすらないように注意して拭き取り、目薬をさします。 腫れは昨日同様に徐々に引いているのを実感。 かなりすっきりしてきたのを感じます。 でも引いた視点から全顔を見てみると、顔全体に占める目の割合がやや小さめ。 目の周囲が若干腫れているのだろうと推測できます。 日常生活に問題はないのですが、下を向いて力を入れたりすると、目の周囲が重く、力が響いてくるのを感じます。 まだ内部では傷も癒えていないし炎症も残っているようです。 これまでは主に「腫れ」がダウンタイムの主役でしたが、ここで一転、ウワサの内出血が登場しました。 この写真をご覧いただくとわかるのですが、目の下が黄味を帯びており、内出血が出始めています。 ただし鏡で見る分には気付いていませんでした。 後から写真で冷静に見るとわかるという感じです。 このときは色の変化よりも腫れに注意が向いていたのでしょう。 手術5日後:内出血ピーク 腫れのほうは徐々に引いてきており、日ごとに落ち着いているのがわかります。 しかし目の下にはまだ若干の腫れが残っていて陰影がよく映る場所の鏡で見るとわかります。 これはそのうち治まる腫れなのだろうか?それとも残ってしまうふくらみなのだろうか?残るといやだな・・・という考えがよぎりました。 ですが日に日にその面積が小さくなっているのは事実なので、楽観的にとらえることにしました。 これが内出血!と一目でわかる黄色さです。 手術7日後:術後診療でクリニックへ 目の下の脱脂手術から今日で一週間が経ちました。 ちょうどこの日に予約を入れることができたので、クリニックに診察に行きました。 久しぶりのお出かけ。 手術後、近所のスーパー以外に行くのは初めてです。 下記は当日朝の写真です。 内出血はみるみる落ち着き、全く黄色くないといえば言い過ぎですが、ところどころ黄色っぽさが残る程度で、しっかりベースメイクをすればわからないのではと思うレベルに引いていました。 左目です。 2日前と撮影した時間帯が違うので写真全体の色味が違いますが、2日前より黄味がぐんと薄くなっているのがわかります。 でもちょっとまだらな黄味と腫れが残っていますね。 こちらは右目。 左目に比べるとほとんど黄色味もなく、腫れも感じられず、きれいな状態です。 内出血は放置しておいてもなくなるであろうことが予想できたので、このときに気がかりだったのは、目の下のふくらみでした。 クリニックで先生に見ていただいて、目の下に残っていたふくらみはヒアルロン酸によるものだったとわかりました。 「真坂さん、目の下あまり触ったりいじったりはしていないと思うのですが」と言われ、「怖くてしてませんっ!」と答えると、ペンの先のように尖ったものではなく少し丸みと面積のあるもので押してなじませてみるように言われ、先生が実演してくれました。 押すとみるみるうちに平らになったのでびっくりです!! これに気をよくした私は、家に帰ってからも自分で押してみましたが、加減が難しいんです。 あまり頑張って押しすぎたせいか、翌朝、うっすらとですが、オレンジ色の分泌物が出ていました。 これが血の涙の希釈バージョン!?と思いました。 手術後は家でずっとおとなしくして目の下に刺激を与えず大切にしてきたのに、突然ぎゅうぎゅうと押されたので、悲鳴をあげたのでしょうね。 炎症がまだ治まりきっていないのだとわかりました。 ちなみに先生からは「特に問題もないし経過は良好」と言われると同時に「これから数カ月かけて顔が安定していく」という言葉もありました。 私は特に不安を訴えたりもしていないのですけど、小さなことでいちいち悩まないようにという意味なのかなと理解しました。 目の下のヒアルロン酸の状態を見て、落ち着くまでもう少し時間がかかると思われたのでしょうか。 実際にこの後、ヒアルロン酸には、ちょっとばかり悩まされることになります。 手術8日後:ドキドキ!手術後初めて人と会う どうしても断れない約束があったので、外出しました。 近所の人と先生以外には初めて会うことになります。 術後にメイクするのも初めてです。 昨日「もうコンタクトをしてもかまわない」と先生から言われたので、コンタクトレンズを装着するのも久しぶりです! そうそう、書くのを忘れていましたが、家人は出張から戻ってきていたものの、私は家の中では眼鏡をかけているので、朝と夜にちょっと顔を合わせるくらいでは全く気付いていませんでした。 腫れがピークのときに不在だったのもありますが、ニブイというのも気付かない理由でしょうね。 この頃になると、目の下はすごくきれいとはいえないものの、不自然に腫れているわけではなく、人と会っても「最初からこんな顔」と思われそうな程度にはなっていたと思います。 また、内部のひきつれ感が減りつつあり、中から回復しているのだなという感覚もありました。 そしてこの2日後から本格的に社会復帰しました。 薬や目薬はきちんと決められたタイミングで服用・点眼していました。 体験記<1日~8日後>ダウンタイムまとめ 目の下の脱脂手術をやった私による、タウンタウム中の個人的な雑談レベルのまとめです。 あまり参考にならないかもしれませんが、適当にお読みください。

次の