この 世界 の さらに いくつ もの 片隅 に 感想。 この世界の(さらにいくつもの)片隅に|カシマエスヒロ|note

「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」に関する感想・評価 / coco 映画レビュー

この 世界 の さらに いくつ もの 片隅 に 感想

もちろん、 「目を背けてはいけない事実」ではあるのですが、物語として映像を観ると感情移入しすぎて辛くなってしまうのです…。 ゆき そんな、お豆腐メンタルである私のことをよく知る友人に 「ギリ観れると思う!」と背中を押され、先日 『この世界の片隅に』という映画を観てみました。 そして…、 観て良かったです…!!(でも確かにギリだった…) しかも現在、 『この世界の片隅に』の本編に、約40分の新しいストーリーを付け足した、映画 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』が絶賛公開中です。 今回は、 『この世界の片隅に』また 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』について、あらすじやキャスト、私なりの感想から、新作を観た人の感想なんかも集めてみました! 上映後すぐに大ヒットし、多くの映画賞を受賞。 日本国外では世界60以上の国と地域で上映されました。 あらすじ 18歳のすずさんに、突然縁談がもちあがる。 良いも悪いも決められないまま話は進み、1944(昭和19)年2月、すずさんは呉へとお嫁にやって来る。 呉はそのころ日本海軍の一大拠点で、軍港の街として栄え、世界最大の戦艦と謳われた「大和」も呉を母港としていた。 見知らぬ土地で、海軍勤務の文官・北條周作の妻となったすずさんの日々が始まった。 夫の両親は優しく、義姉の径子は厳しく、その娘の晴美はおっとりしてかわいらしい。 隣保班の知多さん、刈谷さん、堂本さんも個性的だ。 配給物資がだんだん減っていく中でも、すずさんは工夫を凝らして食卓をにぎわせ、衣服を作り直し、時には好きな絵を描き、毎日のくらしを積み重ねていく。 ある時、道に迷い遊郭に迷い込んだすずさんは、遊女のリンと出会う。 またある時は、重巡洋艦「青葉」の水兵となった小学校の同級生・水原哲が現れ、すずさんも夫の周作も複雑な想いを抱える。 1945(昭和20)年3月。 呉は、空を埋め尽くすほどの数の艦載機による空襲にさらされ、すずさんが大切にしていたものが失われていく。 それでも毎日は続く。 キャスト 主人公のすずさんは、あの 『あまちゃん』の、 のん(能年玲奈)ちゃんです。 だから…、もしかしたら本当の意味でリアルな作品なのかもしれません。 ゆき 戦争中でも結婚したり、デートをしたり、ご飯を炊いたり、小姑がいたり、恥ずかしかったり、面白かったり、悲しかったり…と、 知っていたはずなのに実感がわかなかった 「当時の人々の当たり前の暮らし」が泣けてくるほど身にしみました。 ラストの部分では、 「誰かが死のうが爆弾が落ちようが焼け野原になろうが、そこで生きてきた人達がいる」という事実に心がズシッと重くなります。 本日8月15日、74回目の終戦の日を迎えました。 この世界のあちこちで灯るたくさんの人々の笑顔。 そしてかけがえのない暮らしを想い、深く平和を祈ります。 2019年12月20日から現在大ヒット上映中! あらすじ 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』予告編 広島県呉に嫁いだすずは、夫・周作とその家族に囲まれて、新たな生活を始める。 昭和19年、日本が戦争のただ中にあった頃だ。 戦況が悪化し、生活は困難を極めるが、すずは工夫を重ね日々の暮らしを紡いでいく。 ある日、迷い込んだ遊郭でリンと出会う。 境遇は異なるが呉で初めて出会った同世代の女性に心通わせていくすず。 しかしその中で、夫・周作とリンとのつながりに気づいてしまう。 だがすずは、それをそっと胸にしまい込む……。 昭和20年3月、軍港のあった呉は大規模な空襲に見舞われる。 その日から空襲はたび重なり、すずも大切なものを失ってしまう。 天覧試写会ではわからなかった詳細を見逃さないように、時間を忘れて食い入るように観ていました。 終わってみると、なんとも言えない気持ちに…内容を思い出すと、こみ上げてくるものが湧いてきます。 — 紅 三十郎 MacSanjuro 鑑賞。 泣かされました。 3年前にも泣かされたが、更に泣かされた。 りんさんとテルちゃんのエピソードが入って更に物語に深みと厚みが増した。 観客は年配の方が多め。 60代くらいの女性が「アニメだからどうか?と思ったけど、観てよかった」がなんか嬉しかった。 — 不知火40 sirasira36 まずは『この世界の片隅に』が観たいあなたへ! 2016年11月12日の公開から今日で3年が経ちました。 長いようで短いような1096日間。 皆さんと共に積み重ねてきた日々に感謝しながら、これからやってくる『 』への興奮を胸に、今日という日を過ごしたいと思います。

次の

オーラル映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』感想文

この 世界 の さらに いくつ もの 片隅 に 感想

「快楽」 これは良かった。 カメラワークが流麗で素晴らしいし、セットの立体的な造形も見事、しかも、映像のテンポも素晴らしい傑作でした。 物語はの短編三本なのですが、別々のようで別々ではなく絡み合わせた脚本も秀逸でした。 監督は。 パリのから第一話が始まります。 ダンスが始まり、飛び込んで見事に踊る仮面をつけたダンサー。 次々と女性たちと絡みながら踊り狂うが、突然倒れてしまう。 医師が駆けつけて、ベッドで仮面を取ってみたら、なんと老人。 そのまま自宅に連れ帰り、そこで妻から、彼の若き日からの物語が語られる。 そして場所はノルマンディのカフェへ。 大勢の女たちが船員たちの相手をして賑やかに過ごしている。 カメラは窓の外、中、坂道を縦横無尽に動きながら賑やかな日々を描くが、ある時、店の看板の火が消えている。 ドアに、田舎の妹のところの子供が初聖体拝領のお祝いがあり出かけるのだという。 汽車で田舎に向かう賑やかな女性たち、田舎で、そのパーティで騒ぐ彼女たちの姿からやがて街に戻り、店を開店して、華やかな日々が戻る。 カメラが斜めに構えたり、リズミカルに動き回るが素晴らしい。 そして第三話、一人の画家がある女性をモデルに選びやがて結婚。 しかしいつの間にか溝ができ、大げんかの末に別れてしまう。 しかし女の方は夫を愛していて夫が再婚するという噂を聞いて夫のところにやってくる。 そしてもう一度一緒になれないなら自殺するという。 売り言葉に買い言葉で、なら死ねばという夫の言葉に女は窓から飛び降りる。 そして両足を骨折。 夫は後悔し、もう一度一緒に暮らすようになる。 浜辺を車椅子を押す姿で映画は終わる。 真ん中のエピソードが一番長く、その前後を手際よくまとめて、全体を一つの作品に仕上げた脚本がなんといっても素晴らしい。 さらに、でどんどん語っていくの見事さと、階段や坂道を多用した美術の見事さ、一方で、広がる草原を見せる大きなシーンも挟んだ映像作りも絶品。 本当に一級品をみた感動を味わうことができました。 「この世界の さらにいくつもの 片隅に」 2016年大ヒットした作品を250カットを追加して再制作した作品で、追加されたこととそれに伴う全体の見直しが行われ、テーマが変わっているので、別作品として見てもいいと思う。 とにかく、素晴らしいほどの傑作に仕上がっていました。 もちろん前作も素晴らしかったのですが、また別の意味で、胸を打つ感動を得ることができました。 正直なところ、細かいところは、どこがどう付け加わったか具体的に書きにくいのですが、すずとリンの出会いのシーン、会話のシーンが増えている気がします。 そのために、一部無くなった部分も見受けられるのですが、気のせいでしょうか。 物語の骨格は同じなので、ストーリーに変更はないですが、リンとすずの触れ合いが増えたこと、のシーンの追加などで登場人物の側面描写が加わり、ドラマだけでなく心の物語が交錯して、切ないほどの仕上がりになったように思います。 本当にいい映画ですね。 考えさせられるに、胸に染み渡ってしまいました。 kurawan.

次の

「この世界の (さらにいくつもの)片隅に」を観てきた。

この 世界 の さらに いくつ もの 片隅 に 感想

もちろん、 「目を背けてはいけない事実」ではあるのですが、物語として映像を観ると感情移入しすぎて辛くなってしまうのです…。 ゆき そんな、お豆腐メンタルである私のことをよく知る友人に 「ギリ観れると思う!」と背中を押され、先日 『この世界の片隅に』という映画を観てみました。 そして…、 観て良かったです…!!(でも確かにギリだった…) しかも現在、 『この世界の片隅に』の本編に、約40分の新しいストーリーを付け足した、映画 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』が絶賛公開中です。 今回は、 『この世界の片隅に』また 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』について、あらすじやキャスト、私なりの感想から、新作を観た人の感想なんかも集めてみました! 上映後すぐに大ヒットし、多くの映画賞を受賞。 日本国外では世界60以上の国と地域で上映されました。 あらすじ 18歳のすずさんに、突然縁談がもちあがる。 良いも悪いも決められないまま話は進み、1944(昭和19)年2月、すずさんは呉へとお嫁にやって来る。 呉はそのころ日本海軍の一大拠点で、軍港の街として栄え、世界最大の戦艦と謳われた「大和」も呉を母港としていた。 見知らぬ土地で、海軍勤務の文官・北條周作の妻となったすずさんの日々が始まった。 夫の両親は優しく、義姉の径子は厳しく、その娘の晴美はおっとりしてかわいらしい。 隣保班の知多さん、刈谷さん、堂本さんも個性的だ。 配給物資がだんだん減っていく中でも、すずさんは工夫を凝らして食卓をにぎわせ、衣服を作り直し、時には好きな絵を描き、毎日のくらしを積み重ねていく。 ある時、道に迷い遊郭に迷い込んだすずさんは、遊女のリンと出会う。 またある時は、重巡洋艦「青葉」の水兵となった小学校の同級生・水原哲が現れ、すずさんも夫の周作も複雑な想いを抱える。 1945(昭和20)年3月。 呉は、空を埋め尽くすほどの数の艦載機による空襲にさらされ、すずさんが大切にしていたものが失われていく。 それでも毎日は続く。 キャスト 主人公のすずさんは、あの 『あまちゃん』の、 のん(能年玲奈)ちゃんです。 だから…、もしかしたら本当の意味でリアルな作品なのかもしれません。 ゆき 戦争中でも結婚したり、デートをしたり、ご飯を炊いたり、小姑がいたり、恥ずかしかったり、面白かったり、悲しかったり…と、 知っていたはずなのに実感がわかなかった 「当時の人々の当たり前の暮らし」が泣けてくるほど身にしみました。 ラストの部分では、 「誰かが死のうが爆弾が落ちようが焼け野原になろうが、そこで生きてきた人達がいる」という事実に心がズシッと重くなります。 本日8月15日、74回目の終戦の日を迎えました。 この世界のあちこちで灯るたくさんの人々の笑顔。 そしてかけがえのない暮らしを想い、深く平和を祈ります。 2019年12月20日から現在大ヒット上映中! あらすじ 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』予告編 広島県呉に嫁いだすずは、夫・周作とその家族に囲まれて、新たな生活を始める。 昭和19年、日本が戦争のただ中にあった頃だ。 戦況が悪化し、生活は困難を極めるが、すずは工夫を重ね日々の暮らしを紡いでいく。 ある日、迷い込んだ遊郭でリンと出会う。 境遇は異なるが呉で初めて出会った同世代の女性に心通わせていくすず。 しかしその中で、夫・周作とリンとのつながりに気づいてしまう。 だがすずは、それをそっと胸にしまい込む……。 昭和20年3月、軍港のあった呉は大規模な空襲に見舞われる。 その日から空襲はたび重なり、すずも大切なものを失ってしまう。 天覧試写会ではわからなかった詳細を見逃さないように、時間を忘れて食い入るように観ていました。 終わってみると、なんとも言えない気持ちに…内容を思い出すと、こみ上げてくるものが湧いてきます。 — 紅 三十郎 MacSanjuro 鑑賞。 泣かされました。 3年前にも泣かされたが、更に泣かされた。 りんさんとテルちゃんのエピソードが入って更に物語に深みと厚みが増した。 観客は年配の方が多め。 60代くらいの女性が「アニメだからどうか?と思ったけど、観てよかった」がなんか嬉しかった。 — 不知火40 sirasira36 まずは『この世界の片隅に』が観たいあなたへ! 2016年11月12日の公開から今日で3年が経ちました。 長いようで短いような1096日間。 皆さんと共に積み重ねてきた日々に感謝しながら、これからやってくる『 』への興奮を胸に、今日という日を過ごしたいと思います。

次の