笠井 アナ の ブログ。 悪性リンパ腫闘病の笠井アナ、ブログを開設!今日から抗がん剤治療が開始

笠井信輔アナ ブログはどこ?アメブロURL特定!インスタアカウントについても!

笠井 アナ の ブログ

悪性リンパ腫を公表したフリーの笠井信輔アナウンサーが22日、ブログを開設し、病状について新たに分かったことなどを報告した。 笠井信輔アナウンサー 『笠井TIMES 人生プラマイゼロがちょうどいい』と題したブログで、今回悪性リンパ腫を公表したことで、インスタグラムのフォロワー数が300人から3万人に急増したという笠井アナ。 「足し算の縁と引き算の縁」という考えに基づき、「この3万人もの方たちは、私が『悪性リンパ腫』になったから繋がれた人たちです。 皆さんの応援メッセージにとても励まされています。 中でも『がん』の方、『悪性リンパ腫』の方、さらには私と同じ『びまん性大細胞型B細胞リンパ腫』の方から『治りました!』『私も闘っています』という声が続々と届いているんです」という。 その上で、「『病気になったとたんにフォロワーが増えるとは…』じゃないんです。 病気になって山のような仕事が失われましたが、その代わりに、新たな人たちとの絆が生まれる。 やっぱり、これって素敵なことだと思うんです。 腐ってる場合ではありません」と奮起したようだ。 そしておととい、主治医の先生から家族に対して、細かな治療方針の説明があったことを報告。 「新たに分かったことは、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の中でも、私は『予後の悪いタイプ』だということ。 そのため、『通常より一段階強い抗がん剤治療を行う』ことが明かされました。 右胸にCVポートを手術で埋め込んだのも、強い抗がん剤治療をスムーズに行うためだということもわかりました」とし、「明日、月曜日、ついに抗がん剤治療が始まります。 が・ん・ば・る! 」と決意を新たにした。

次の

笠井信輔アナ ブログはどこ?アメブロURL特定!インスタアカウントについても!

笠井 アナ の ブログ

悪性リンパ腫を公表したフリーの笠井信輔アナウンサーが22日、ブログを開設し、病状について新たに分かったことなどを報告した。 笠井信輔アナウンサー 『笠井TIMES 人生プラマイゼロがちょうどいい』と題したブログで、今回悪性リンパ腫を公表したことで、インスタグラムのフォロワー数が300人から3万人に急増したという笠井アナ。 「足し算の縁と引き算の縁」という考えに基づき、「この3万人もの方たちは、私が『悪性リンパ腫』になったから繋がれた人たちです。 皆さんの応援メッセージにとても励まされています。 中でも『がん』の方、『悪性リンパ腫』の方、さらには私と同じ『びまん性大細胞型B細胞リンパ腫』の方から『治りました!』『私も闘っています』という声が続々と届いているんです」という。 その上で、「『病気になったとたんにフォロワーが増えるとは…』じゃないんです。 病気になって山のような仕事が失われましたが、その代わりに、新たな人たちとの絆が生まれる。 やっぱり、これって素敵なことだと思うんです。 腐ってる場合ではありません」と奮起したようだ。 そしておととい、主治医の先生から家族に対して、細かな治療方針の説明があったことを報告。 「新たに分かったことは、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の中でも、私は『予後の悪いタイプ』だということ。 そのため、『通常より一段階強い抗がん剤治療を行う』ことが明かされました。 右胸にCVポートを手術で埋め込んだのも、強い抗がん剤治療をスムーズに行うためだということもわかりました」とし、「明日、月曜日、ついに抗がん剤治療が始まります。 が・ん・ば・る! 」と決意を新たにした。

次の

笠井アナ、抗がん剤の副作用についてつづる「なめてました……」

笠井 アナ の ブログ

「私、がんなんですが」と電話で聞いたが 笠井さんは9日「生命保険って、ホントに... 」と題してブログを更新した。 投稿では、「保険資料を1冊にまとめて、病院に持ってきました」と切り出し、保険請求の手続きを始めたと語った。 笠井さんは自分が「がん保険」に入っていたか全く記憶になく、悪性リンパ腫に罹患して改めて保険を確認したところ、2つの保険に「がん特約」がついており胸を撫で下ろしたと話す。 ほとんどの保険の請求は退院時に行うらしいが、ただひとつだけ「早めに書類を申請してください」と指示を受けた保険があるという。 そこで保険会社に「私、がんなんですが、どんな保証があるんですか?」と電話したところ、向こうの様子が変わり「... 被保険者の方が亡くなった場合のみ保険金が支払われます」と返されたとのこと。 笠井さんは「あちゃー。 私が死なないと支払われない保険とは。 カスタマーセンターの人も、それを患者本人に伝えなきゃならない。 大変なお仕事です」と書きつづった。 「保険のありがたみをヒシヒシと感じています」 投稿の最後には「がん発覚の2か月前に退社したので、少なくともこれから半年は無給状態。 ですから今回、『がん』になって保険のありがたみをヒシヒシと感じています」と、改めて保険の大切さを説き、 ブログの読者に対し「みなさんも、健康なうちに、一度、保険のチェック。 いかがでしょう」と呼びかけた。 この投稿には、 「病気で手術をしたとき、思った以上にお金が支払われ、入院費全額賄えました。 安くはないけど、保険に入っていて良かったと思います」 「我が家も手術をしたのですが、保険に入っていたおかげで大変助かりました」 など、保険に加入して良かったという実体験が集まっている。

次の