さいたま 市 うどん。 大宮で見つけた!何度でも足を運びたくなるうどん屋6選

駕籠休み (かごやすみ)

さいたま 市 うどん

第二のうどん県?埼玉はうどんが大好きな県だった! 埼玉県は、実は古くからうどんが主食として食べられてきた県です。 その理由の一つに、埼玉県の土壌が小麦栽培に適していて麦が豊富に栽培されていた地域が多かったことが挙げられます。 農林水産省から出ている「米麦加工食品生産動向」では、埼玉県はうどん生産量で全国第2位にランクインしています。 このように、普段からうどんを食べることが多く、うどん好きな人が大変多い県としても知られるようになりました。 香川県が「うどん県」として全国的に知られているように、埼玉県も美味しいうどんのお店が多数ある県、として日本一を目指そうという活動が活発になっています。 埼玉県のうどんは、とても種類が多くユニークなものもあります。 食べるときに口に入りきらないような幅の広いうどんや、紫色やオレンジ色のうどんなどもあります。 また、香川県の讃岐うどんの流れをくんでいるお店もあり、実に多彩なお店があるというところも特徴的です。 なぜ埼玉ではうどんが人気?歴史は? 埼玉県では昔から多くの地域でうどんに適した小麦が栽培されてきました。 主に、麺づくりに向いている小麦の品種の「農林61号」などが栽培されています。 作付け地域は主に、熊谷市や加須市、鴻巣市などの埼玉県北部が多く、この地域では昔からうどんをたくさん食べる文化が根付いてきました。 また、うどん以外にも小麦粉を使った食べ物が好まれていて、「朝まんじゅうに昼うどん」という言葉があるほどです。 埼玉県のうどんと蕎麦の店舗数は全国で2位を誇っています。 その中でも、加須市は江戸時代からうどんの文化を継承してきた町として有名です。 加須市のうどんの特徴は手打ち麺で、冠婚葬祭などでは一般家庭でも手打ちうどんを打つ風習が、今も残っています。 また6月25日は市の条例で「うどんの日」として定められています。 加須市などの県北部地域は、独自のうどん文化を培ってきている場所です。 来客をもてなしたり特別な日のごちそうメニューとしても、長年親しまれてきました。 川幅うどんやおっきりこみ!埼玉県はうどんの種類が豊富! 香川県では讃岐うどんが中心で食べられていますが、埼玉県のうどんは地域によってさまざまなうどんの種類や食べ方があります。 その一つの「おっきりこみうどん」は、埼玉県の秩父地方で昔から食べられてきいた郷土料理です。 うどんを煮込んだ煮込み麺料理の一種で、「おっ切り込み」とも表記されます。 おっきりこみうどんは、うどんは幅が広いタイプで生麺のまま野菜や他の具材と一緒に煮込みます。 具は根菜類が多く使われ、つゆの味は味噌と醤油ベースのものがあります。 また、鴻巣市の「川幅うどん」も埼玉県では有名です。 うどんの幅は5センチ以上と決められていて、広いものは幅が10センチほどのものまであります。 現在、埼玉県では10店舗ほどで川幅うどんを提供しています。 「すったてうどん」は、埼玉県川島町で長い間受け継がれてきたうどんです。 入間川や荒川に囲まれた地形のこの地域では、独自のうどん文化が育まれてきました。 「すったて」は味噌やキュウリ、ミョウガ、シソ、ゴマなどをすり鉢ですり、冷たい汁にうどんを入れて食べるうどん料理です。 すり鉢でする「すりたて」が変化して「すったて」になったと言う言い伝えがあります。 「すったて」は農作業の合間に、近くの畑の野菜を使ってすぐに食べられる昼食として、農家の間で広まったうどんなのです。 さいたま市西区にある「藤店うどん」は、カウンター席やテーブル席、座敷など計75席もの座席がある大型店です。 カップルだけでなく、ファミリーにも人気があるお店です。 「藤店うどん」でオススメのメニューは「肉汁うどん」。 ツルツルしこしこのうどんを、熱いつけ汁につけて食べるスタイルのうどんです。 うどんは少し細めですがコシがあり、のど越しのよい麺ですよ。 つけ汁はネギや肉がゴロゴロとたくさん入っていて、甘めの醤油ベースのスープです。 定休日は日曜日で、営業時間は朝10時~15時までですので早めの時間帯に行くことをおすすめします。 JR川越線の西大宮駅で下車し、歩いて約25分の場所にあります。 元プロ野球選手の條辺剛さんが経営するお店として知られています。 條辺さんは、本格的に讃岐で修行をした後でこのお店をオープンしました。 うどんは、コシがとても強くて丸みがある形で、のど越しが非常によい特徴があります。 お店の中は、カウンター席とテーブル席があり、それぞれ22席用意されています。 とても広々とした店内で、落ち着いた雰囲気でうどんが頂けます。 「讃岐うどん 條辺」のおすすめメニューは、「かけうどん」です。 シンプルながらも小麦の味がしっかりと味わえます。 つゆはいりこ出汁が効いていて、具材はネギのみというシンプルさがより美味しさを引き立てています。 営業時間は、朝7時から15時までで、定休日は火曜日です。 アクセスは、東武東上線の上福岡駅を下車して1分ほど歩いた場所にあります。 店内はカウンターとテーブル席が用意されていて、一人でも気軽に入りやすい雰囲気です。 こちらのお店のおすすめメニューは、「かま玉うどん」です。 つゆはいりこの出汁が効いた旨味たっぷりで、つやつやしたコシのあるうどんは食べ応えがあります。 玉子をかき混ぜながら食べる讃岐うどんスタイル。 お店までのアクセスは、西武新宿線の本川越駅で下車し、そこから歩いてすぐの場所にあります。 定休日は水曜日で、営業時間は11時30分か~15時、夜の部門は17時30分~21時までとなっています。 どのメニューもボリューム満点で並のサイズから2kgまであり、選ぶことができます。 並サイズでも、このお店のサイズは規格外の大きさです。 並400gでこれだけでもかなりの量ですので、注文の際には考慮しておきましょう。 どのメニューも美味しく、素朴な田舎風のうどんを食べたい人にオススメのお店です。 定休日は金曜日で、営業時間は10時30分~15時までと早めに閉店しますので、時間に余裕を持って行くことをお薦めします。 こちらでは鴻巣名物の川幅うどんが頂けます。 「手打ちそば 馬力屋」に行ったときに食べたい人気のメニューは、「川幅田舎汁うどん」です。 1本1本が幅広く迫力がある麺は、食感がモチモチで、食べ応えと噛み応えが抜群です。 川幅うどんの由来は、鴻巣市と吉見町を流れる荒川の川の幅にちなんで作られました。 テレビなどでもよく特集されていて、鴻巣市の名物になっています。 店内の座席は、テーブル席と座敷があり、合計で48席。 定休日は木曜日の夜で、営業時間は11時30分~14時30分まで、夜が17時~20時30分までとなっています。 アクセスは、JR高崎線の鴻巣駅を下車し、徒歩13分の場所です。 こちらのお店のオススメは「肉ねぎつけ汁うどん」。 コシが強い平打ちのうどんで、太さは中細タイプです。 つけ汁は濃い関東風出汁の醤油ベースで、一緒にサービスされる玉子を混ぜながら食べるスタイルです。 うどんは小麦の香りが豊かで、濃いつけ汁に負けない風味が感じられますよ。 店内の座席はカウンターのみで11席あります。 定休日はなく、営業時間は10時30分~20時までとなっています。 アクセスは、JR高崎線の熊谷駅を下車して徒歩1分という便利な場所です。 武蔵野うどんは、コシの強さがある太麺のうどんが特徴です。 「手打ちうどん さわいち」のおすすめメニューは、「肉なす汁うどん」。 つけ汁は豚肉、ナス、エノキ、ネギなどの具がゴロゴロとトッピングされています。 店内の座席はカウンター席とテーブル席、子上がり席があり合計31席。 定休日は月曜日で、営業時間は11時~15時までで早めに閉店します。 お店へのアクセスは、東武野田線の大和田駅で下車し、約10分歩いた場所にあります。 埼玉県南部の朝霞市にお店を構えています。 こちらのお店のおすすめメニューは「ざるうどん」。 うどんは口に入れた瞬間は、表面が柔らい食感なのですが、噛むほどにうどん独特のコシが出てくるという不思議な食感のうどんです。 うどんは食感だけでなくのど越しもよく、関東風の濃い醤油ベースの出汁にとてもマッチした味付けになっています。 店内の座席は、カウンター席とテーブル席があり合計44席。 定休日は木曜日で、営業時間は11時~14時、夜が17時~23時30分までとなっています。 お店までのアクセスは、東武東上線の朝霞台駅で下車し徒歩約3分の場所にあります。 とても便利な場所にあり観光客も行きやすいですね。 このお店では絶品の手打ち田舎うどんを製麺していて、テイクアウトが可能です。 このお店のおすすめメニューは、「純地粉手打うどん」です。 このうどんの特徴は、これぞ正に田舎うどん!と言えるインパクト大の強いコシです。 こちらのうどんは、小麦の香りが強いタイプですので、テイクアウトした際のおすすめしたいのが、煮込みうどんや鍋のシメの食べ方です。 「林製麺所 本店」へのアクセスは、東武東上線の朝霞駅を下車し徒歩15分の場所にあります。 定休日は日曜午後で、営業時間は8時~17時までとなっています。 ファミリー層やグループなど大人数でも入りやすいお店です。 「うどん家一」に行ったときにぜひ注文したいメニューが「肉汁うどん」。 やや甘めの出汁が特徴的で、シャキシャキとした食感のネギがアクセントとなっています。 うどんは、コシがかなり強くしっかりとしていて、食感はツルツルとしています。 店内の座席は、テーブル席と個室があり合計で24席となっています。 定休日は月曜日で、営業時間は11時~15時までですので、早い時間帯に訪れましょう。 アクセスは、西武池袋線の小手指駅で下車し、歩いて8分の場所にあります。 民家のようなつくりのお店で、田舎の雰囲気があるうどん屋です。 深谷市の名産品としても有名な「深谷ねぎ」や地元の野菜がたっぷり使われたメニューが豊富です。 鍋に入れていただくスタイルは、寒い冬にぴったりですよ。 こちらのうどんは胃にも優しく、食欲がないときや熱い夏でもスルスルを食べられます。 店内の席は、カウンター席と座敷というレイアウトでこぢんまりとしたお店です。 定休日は月曜日で、営業時間は11時~14時までと短いので、開店してすぐに来店することをお薦めします。 お店の入口には、販売用のうどんがドンと大胆に置かれています。 このお店のうどんは、つけ汁の中に肉がたっぷりと入っているのことから、肉汁うどんとも呼ばれ、人気があります。 「元祖武蔵野うどん めんこや本店」のおすすめメニューは、「肉汁うどん(並)」です。 並サイズでも500gというボリューム満点のメニュー。 また、月曜日~木曜日までは、大盛りが無料になりますので、たくさん食べることに自信がある人は、ぜひチャレンジしてみたいですね。 肉汁うどんは、つけ汁が鰹出汁の醤油味が基本ですが、それ以外にも塩味やカレー味などのアレンジしたつけ汁もあります。 定休日は金曜日で、営業時間は10時~15時までとなっています。 こちらのうどんは、クラシック音楽を聴かせて熟成をさせているという、大変珍しい製法が特徴的。 店頭の張り紙には「花嫁さん大募集中」と大きく書かれているユニークなお店です。 おすすめのメニューは、県内産の彩の国黒豚を使っている「肉きのこ汁うどん 並」です。 その他の食材も地元産にこだわっていて、椎茸やシメジ、ネギ、醤油までもが熊谷産です! 乱切りでゴツゴツした具がたくさん入っていて、とてもどっしりとした印象のうどんです。 うどんの量は、並サイズでも400gとかなりボリュームがあります。 うどんは、注文毎にその都度茹でていますので、注文してからの待ち時間は15分以上かかります。 ぜひ時間に余裕を持って行きたいですね。 月曜日が定休日で、営業時間が11時~18時までです。 うどんが売り切れ次第閉店しますので、休日などは注意して行きたいところですね。 名物の「桶川うどん」は正に目を見張ります。 うどんには太麺と細麺があり自分で選べます。 細麺でもかなり太めで、通常の太麺以上の太さがあります! 太麺はきしめんよりもさらに太く食感は固いです。 どちらかと言うと、うどんよりもすいとんに近い味わいかもしれません。 一度食べると病みつきになり、リピーターも多くいます。 付け合せで出てくる油揚げもとても美味しいですよ。 定休日は火曜日と第4日曜日で、11時30分からの営業でうどんがなくなり次第閉店します。 休日などは早めに行くことをお薦めします。 また、埼玉B級グルメ選手権でも優勝をしたことがあります。 このお店が発祥と言われている「すったて」は、昔からこの地方で農作業の合間に食べられていた冷たいうどんです。 すったては、ゴマや味噌などの材料や、大葉や野菜などの薬味も一緒にすって作った冷たいつけ汁です。 暑い時期の草刈りや農作業のときに好んで食べられていました。 また、この「冷やし汁うどん」の他にも、「肉味噌うどん」も人気です。 ジャージャー麺に似た味で、うどんの上に温玉も乗せてあるメニュー。 定休日は木曜日で、営業時間は昼が11時~15時、夜が17時~20時までとなっています。 子亀 住所: 電話番号:0480-62-2876 営業時間:11:00~15:00、17:00~20:00 定休日:木曜日 URL: 埼玉の人気チェーン店と言えば山田うどん! 埼玉県を中心に主に関東地区に多くの店舗がある「山田うどん」は、うどんのチェーン店として長年愛されてきました。 くるくると回転する黄色い看板に描かれた「笑顔の赤いかかし」が目印のお店です。 関東地区の店舗数は約170店舗あり、コンセプトは「早い、安い、うまい、腹いっぱい」です。 2018年7月に従来の名前の「山田うどん」から「ファミリー食堂 山田うどん食堂」に正式名称が変更になりました。 山田うどん食堂の特徴は、その素朴な味わいといい意味での田舎くささです。 昔からの若者を中心に根強いファンが多く「山田者」と呼ばれる熱烈なファンもいました。 現在は、女性客やファミリー層も徐々に多くなってきています。 うどんメニューが多くなっていますが、そばやラーメン、定食、丼ものなどのメニューもあります。 山田うどん食堂のうどんは、とてもフワフワしてやわらかいという特徴があります。 お年寄りや子供でも食べやすく、朝食としても消化がよいのでオススメですよ。 全体的に料理の量に対するコスパが非常に良いことでも人気があります。 うどんとカレーのセットメニューなどは、両方ともがフルサイズの大きさで620円で提供されています。 山田うどん食堂 大門店 住所: 電話番号:048-878-2231 営業時間:6:00 ~ 23:00 定休日:なし URL:.

次の

埼玉の手打ち蕎麦・手打ちうどんなら三次郎[さいたま市見沼区]

さいたま 市 うどん

全国のうどん通が愛してやまないうどんやさん うどんを作るのに使うお水は天然の水を自らくみに行っている 小麦は季節によってちょうど良い産地のものを使用するこだわり 辛味大根を頼むと大根一本が付いてくる 余った大根はお持ち帰り! うどんだけじゃなくうな丼などのご飯ものもとんでもない安い値段で提供! 特選丼は原価2000円以上なのに580円。。。 どうかしてる• 辛味大根(並盛・500g) 880円• 肉汁うどん(並盛・400g) 880円• 肉汁うどん(スーパー特・800g) 1360円• こくまるラオウSpecial 880円• 豪麺(並盛・400g) 880円• ナイアガラ丼(牛カルビ150g) 390円• 鰻丼 580円• 特選丼 580円 住所 埼玉県さいたま市大宮区吉敷町2-108-12 TEL 048-644-1586.

次の

駕籠休み (かごやすみ)

さいたま 市 うどん

冷たいつけ汁• ざるうどん 700円• ざるそば 800円• 山菜きのこおろしそば 1,000円• つけとろろそば 1,000円• 冷汁うどん(夏季限定) 900円• 冷汁うどん(夏季限定) 1000円 温かいつけ汁• しゃもつけ汁うどん 1,000円• しゃもつけ汁そば 1,100円• かもつけ汁うどん 900円• かもつけ汁そば 1,000円• ゆばつけ汁うどん 900円• ゆばつけ汁そば 1,000円• 山菜つけ汁うどん 800円• 山菜つけ汁そば 900円• きのこつけ汁うどん 800円• きのこつけ汁そば 900円• けんちんうどん(冬季限定) 800円• けんちんそば(冬季限定) 900円• ゆばとろろつけ汁そば 1,200円 天ぷら、ご飯、おつまみ• 野菜天 300円• えび・野菜天、舞茸天、湯葉天 500円• ミニエビ天丼 450円• ミニ野菜天丼 300円• 天丼 800円• 玉子かけご飯 300円• 奥久慈産しゃも鳥唐揚げ 500円• 奥久慈産ゆばさしみ 500円• 奥久慈産こんにゃくさしみ、田楽 300円• 奥久慈産ゆばしゅうまい(1つ) 250円• 奥久慈産さつま揚げ(1まい) 300円• なめ茸おろし 200円• なす揚出し 300円• おしんこ盛り合わせ 500円 お飲物は埼玉の地酒「神亀」をはじめ、ビール、焼酎、ソフトドリンク各種取り揃えております。

次の