ご清聴ありがとうございました イラスト。 ご清聴とは? ご静聴とどう違う? 意味と使い方を解説

綺麗なパワーポイント ご 清聴 ありがとう ご ざいました イラスト 無料

ご清聴ありがとうございました イラスト

講演 最近、人前で話をするときに「コナン君のモノマネをしまーす」と言って、「おい、コナーン」と元太くんの真似をしてみるのですがウケません。 話をするときのツカミって大事だと思うのですが、難しいですね。 次は蘭ねーちゃんの練習をしてみましょうか・・・。 ご静聴とご清聴は、実はよく間違われる言葉 今日は「ご静聴」と「ご清聴」の使い分けについて説明します。 人前で話をしている人が、その締めくくりに「ごせいちょう、ありがとうございました」という言葉を使うのですが、この場合は、ご清聴とご静聴、どちらを使う方が正しいかわかりますでしょうか? 清聴とは、相手が聞いてくれることを敬う言葉 静聴とは、話を静かに聞くこと スピーチや講演、プレゼンの最後に言うべきは「私の話を聞いてくれて、ありがとう」の意味である「ご清聴ありがとうございました」が正解なんですね。 「ご静聴」は、ただ、静かに聞く意味を表します。 「ご静聴ありがとうございました」と書いてしまうと、「最後までうるさくしないで、上手にきけまちたねーよちよち」なんてニュアンスになってしまうかも? 感謝は相手に対する敬意。 注意して使い分けたい表現です。 では「ご静聴」はどんなときに使うのか? 使う場面はいくつかありますが、 講演をした人が「ご清聴ありがとうございました」、その横で講演会の司会をしている人が「ご静聴願います」を使うことをイメージしておけば、使い分けのイメージがしやすいのではないでしょうか? 今から講演が始まりますので、皆さん、どうぞ静かに聞いてくださいね、というニュアンスですね。 書き言葉ではほとんど意識しない2つの表現 ご清聴もご静聴も、書き言葉としてはあまり使う機会はないかもしれません。 ただ、スピーチの原稿などをチェックしていますと、この書き間違いがよく見受けられます。 講演やスピーチなどで話した内容は、そのまま主催者やプレスに渡って、原文で紹介されることがあります。 ツカミでスベルのも辛いですが、締まらない終わり方になってしまっても勿体ないので意識しておくようにしたいですね。 飲食店や土産屋さんで「どうぞご賞味ください」と言いながらお客様に商品や試食品を提供している場面を見か 誰でも応援したくなるような人には共通して、教科書も計算機もなく、自分の身近な人がこうなってほしいとい 「時間の関係もあるし、話のさわりの部分だけでも聞かせてよ」という風に頼まれて、伝えるのはどの部分でし 成功しているように見える誰かは、そこに至るまで、きっといろんな失敗をしてきたと思うのです。 本当に何の 幽霊とお化けの違いってご存知ですか? 幽霊は亡くなった人の霊魂 お化けは人以外の物や 昨日はブロック会にお集まりいただいて、ありがとうございました。

次の

【2020年の最高】 ありがとうございました イラスト 無料

ご清聴ありがとうございました イラスト

1548より引用 このように、「清聴」とは自分の話を聞いてくれた聴衆への尊敬を込めた言葉です。 つまり「清聴」は「聞く」の尊敬語で、聴衆のみなさんを敬って使われます。 ですので、「ご清聴ありがとうございました」は「自分の話を聞いてくださった皆さんの姿勢・態度に感謝いたします」という意味です。 自分の発表を聞いてくれた御礼に、締めの言葉として言いましょう。 ちなみに漢字違いで「静聴」という言葉もありますが、こちらは「人の話を静かに聞くこと」です。 例えば講演会などで、メーンの話者が登壇する前に、司会者が聴衆に対して「ご静聴をお願いいたします」と言う、などの使い方がされます。 1548より引用 となっています。 「ご静聴願います」と言う場合には、話者でない人が聴衆を敬っています。 また、「静聴に値する話をする」という意味で話者を敬う気持ちも入っているといえます。 話者が聴衆を敬って使うのが「ご清聴」、話者でない人が聴衆を敬って使うのが「ご静聴」という違いがあるのです。 発音すると同じ「ごせいちょう」ですが、文字で書くときには間違えないようにしましょう。

次の

「ご清聴」と「ご静聴」の違いと適切な使い方

ご清聴ありがとうございました イラスト

「ご清聴ありがとうございました」は目上には使えないのですか? 私が無知なだけかもしれませんが上記のようなことを言われ、困惑しました。 近々、スライドを使ったプレゼンテーションをすることになっております。 練習を見てもらったのですが、その際に 「最後に言った『ご清聴ありがとうございました』は目上に対しては使ってはいけない言葉だから、本番では言わないように」 と、注意を受けました。 「静かに聴いてくださってありがとうございます」という意味と今まで思っていました。 そして今まで自分が聞いたことがあるプレゼンテーションはたいてい、上記文言で締めくくられることが多かったのですが、通常言わないものなのでしょうか? ネットで調べてみましたが、目上には使えないというような文言は見つけらませんでした。 同僚も、会社に来る業者も同じようなことを最後につけていますが、どうなのでしょう。 ちなみに自分は役職はなし、平社員。 プレゼンの会場に来られる聞き手側の方は明らかなる目上、理事長やらよその部署の役職つきです。 会場においては、自分が一番下っ端で、一番年下のはずです。 注意された以上、既に文言自体変更していますので本番では使いません。 「ご清聴ありがとうございました」は、自分の(拙い)発表を聞いて下さったことに対する感謝の気持ちを表明する、謂わば常套句ですから、貴方への指摘はとんでもない的外れと考えて差し支えありません。 聴衆のレベルが低く、ざわついているときなどに「ご静聴願います。 」と注意喚起することがあるので、そうした場合に使われる「静聴」と、聞くの尊敬表現である「清聴」とを混同したものと思います。 折角の「ご指導」ですが、発音が同じだけの全くの別物です。 馬齢を重ねただけの先輩・上司も沢山周りに居る訳ですから、今後とも自分なりに是非を判断し、惑わされないようにする姿勢は必要です。 」で締めるべきでしょうね。 発表に付き合わせておいて、きちんとした挨拶も知らないのかと、貴方が顰蹙を買う惧れもあると云うことです。 多くの聴衆はプレゼン内容のみならず、貴方の発表態度にも注目しています。 良ければ当たり前ですが、悪ければ目立つ、これは貴方ご自身も経験していることではないでしょうか。 貴方がどう評価されるか、常識の無いオジサンに気を遣っている場合ではありません。 なお、指摘した人間対策ですが、事後にまたクレームを付けて来るようであれば、これはもう救いようが無い御仁です、放っておきましょう。 余程迂闊な人間でない限り、「もしや」とこっそり調べるなどして自分の非に気が付いている筈です。 さすがに後から間違っていたと釈明するのは沽券にかかわると、知らぬ顔をしているでしょうがね。

次の