フラク トゥール。 ギリシャ文字, ドイツ文字, 花文字, 筆記体の TeX 表記をまとめておいた

参考記事: ドイツ文字(フラクトゥーア)とドイツ語の筆記体: ta meta ta phonetika

フラク トゥール

古典語と現代語の文字の名まえと文字のよみかた、ラテン文字(ローマ字)との関係、アクセント記号と気息記号、句読点、数字用の文字、など• 古典ギリシャ語の発音をあらわす IPA (International Phonetic Alphabet)、アクセント、母音、子音、例文「北風と太陽」• a table of the symbols, an example "The North Wind and the Sun"• 単語のアクセント、文章のなかのアクセント、重アクセント• アクセントを制限する規則、コントネーションをつかった説明、まえより語(enclitic)のアクセントの規則• 韻律の単位のながさ、ヘクサメトロス、エレゲイオン、イアンボス・トリメトロス、アナクレオーン風• 古典ギリシャ語の名まえを大文字と小文字と発音記号で(もくじページ)• 古典ギリシャ語とラテン語の名まえの英語よみの法則• 七十人訳(セプトゥアギンタ)と新約聖書の原文にでてくる名まえを大文字と小文字と発音記号で• ギリシャ文字の名まえのそれぞれの言語でのつづりと発音(カナ表記)• 日本の辞書や理科の本などでつかわれているギリシャ文字の名まえについて• 古典ギリシャ語をローマ字(ラテン文字)でかきあらわすやりかた、ギリシャ文字とローマ字の対応表• Windows XP 「ギリシャ語 Polytonic」のキーボード配列図と説明(古典ギリシャ語用)• パソコンのギリシャ語キーボードのもとになったタイプライターのキーボード配列• 「ギリシャ文字拡張(Greek Extended)」がふくまれている Windows 用の無料のユニコード・フォントのサンプル画像と入手先• 現代語のアクセント記号と古典語(polytonic)の鋭アクセント記号、フォントによるちがい• ウェブサイトによってちがいがあるコロンとアポストロフィー• アルファベットを数字としてつかうギリシャ数字• アルファベット式よりふるい かしら文字式(acrophonic)の数字• ユニコードの「古代ギリシャ数字」「古代ギリシャ音符記号」「ビザンチン音楽記号」「その他の技術用記号」、表示できるフォント• ギリシャ文字の数値計算による単語や文章の解釈(イソプセーピアー)• 基数詞、序数詞、数副詞の一覧と説明(もくじページ)• 古典式発音がきけるウェブサイト、ほとんどはあんまりオススメできないけど参考までに [ 数学記号のフラクトゥーアを手がきするときは、ここでしめした筆記体をつかうよりも、活字体をそのまま手がきしたほうがわかりやすいのではないかとおもいます。 活字体のかきかたはつぎのページを参照してください。 くわしくは以下を参照] ドイツ語では、ラテン文字(ローマン体)を Antiqua [アンティークヴァ]、ドイツ文字を Fraktur [フラクトゥーア/フラクトゥール]といいます。 フラクトゥーアは日本では「ドイツ文字」のほかに「亀の甲文字」ともいわれています。 ドイツ文字、ラテン文字といっても、べつの文字というわけではなくて、ラテン文字(ローマ字)の書体のちがいです。 その点からいえば、ドイツ書体、ラテン書体(ローマン書体)とでもいうほうが正確です。 フラクトゥーアはゴシック体の一種ですが、よくみかけるゴシック体とはちがうものです。 一般的なゴシック体はブラックレターともいい、またテクストゥーラ(テクストゥーア/テクストゥール)ともいいます。 ここでいうゴシック体とは、パソコンなどのフォントの書体でいうゴシックつまりサンセリフの書体のことではなくて、カリグラフィーなどでいう本来のゴシック体のことです。 ゴシック体で印刷された英語の画像が「」のページにあります。 小文字ではフラクトゥーアとのちがいがわかりにくいかもしれませんが、大文字のちがいははっきりしています。 ゴシック体の大文字には、かざりのほそい線がはいっています。 このちがいがわからないまま、このページにリンクしているものが「Yahoo! 知恵袋」にあります。 「」と「」に対する返答で、ベストアンサーになっていますが、どっちもまちがいです。 「ゴシック体(ブラックレター/テクストゥーラ)」がこたえのはずです。 どういう用語をつかうかはともかくとしても、問題の文字はこのページで説明しているフラクトゥーアとはちがうものです。 そもそもドイツ語ではないのにドイツ文字ということに疑問をもたなかったのでしょうか。 これが安室奈美恵のタトゥーなのですが、ここには大文字で HARUTO という名まえがきざまれています(この写真では H はよくみえません)。 この文字のゴシック体とフラクトゥーアをつぎにしめせばこうなります。 これをみても、問題の文字がフラクトゥーアではなくてゴシック体であることがわかるとおもいます。 第二次大戦後、ドイツ文字はほとんどつかわれなくなりました(戦前に出版された本などにはのこっていたり、かざりとしてつかわれることはあります)。 したがって、ドイツ文字の筆記体も一般にはつかわれていませんが、筆記体のドイツ語をみると、ドイツ文字の筆記体がまじっていることがあります。 ラテン文字の筆記体は英語とだいたいおなじですが、いくつかちがうものがあります。 ただし英語式にかいても問題はありません。 『クラウン独和辞典 第3版』(三省堂)によると、「最近ドイツの小学校では従来のいわゆる『ラテン書体』に代わって, 渦巻・斜線など装飾性を少なくした新しい書体 die Vereinfachte Ausgangsschrift 簡易基礎書記体; VA を教えている」とのことです。 ドイツ文字の筆記体にも簡易書体といえるものがあります。 ドイツ書体(deutsche Schrift [ドイチェ・シュリフト])ともいいます(ラテン文字にもジュターリーン書体があるようです)。 1915年に標準書体として採用されて、1940年まで学校でおしえられていました。 つぎに、ドイツ文字とその筆記体を、ラテン文字の筆記体とともにあげておきます。 どちらも簡易書体ではない、ふるいほうの(従来の)書体です。 したがってジュターリーン書体ではありません。 オーストリアではドイツ文字の筆記体を Kurrentschrift [クレント・シュリフト]といいます。 ドイツ文字の大文字の I と J はもともとまったくおなじ文字ですが、筆記体はちがっています。 フォントによっては J のほうがすこしながくなっているものもあります。 ドイツ文字の小文字の s はふたつあって、「みじかい s」は音節のおわりだけにつかわれます。 ドイツ文字にはいくつか結合文字があります。 大文字はありません。 以下、ドイツ文字の筆記体について説明します。 大文字の C と小文字の c の上のカギはあとからつけます。 大文字の E のまんなかのカギはあとからかきます。 小文字の e はタテの棒のあいだを小文字の n よりせまくして、中間のつなぎの線は左の棒のまんなかより上からでます。 このつなぎの線がないかきかたもあります。 大文字の F の上のカギとまんなかのヨコ棒はあとからつけます。 小文字の f のカギもあとからかきます。 大文字の H には3とおりのかきかたがあります。 大文字の K の上のカギはあとからつけます。 小文字の p にはふたとおりのかきかたがあります。 大文字の T の右肩は、むすび目のかわりに、とがらすこともあります。 小文字の u の上の半月形はあとからかきます。 大文字の X は2本のタテの線がはなれています。 小文字の x にはふたとおりのかきかたがあります。 ch と ck の c にはふつうカギをつけません。 関連記事 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 2007. 22 kakikomi; 2012. 12 kakitasi• 服部四郎「附属語と附属形式」による 日本語の単語式わかちがきのための単語をみわける原則• 日本語をわかちがきした語句のローマ字による実例• 古文の単語式わかちがき• このサイトでつかっている「新日本式」をもとにしたつづりを中心に、訓令式やヘボン式のつづりについても• ヘンなローマ字、「つ、ち、ちゃ、ちゅ、ちょ、ん」、のばす母音• デーバナーガリー文字と梵字とローマ字がき(KH方式も)の対応表と発音の説明• Windows XP 「デバナガリ - INSCRIPT」キーボードの配列図と説明• サンスクリット語、ヒンディー語、ネパール語などでつかわれるデーバナーガリー文字のかき順• 如来、ボサツ、明王、天などのサンスクリット語の名まえのつづりと発音• 百字真言の功徳、もともとのかたち、輪のイメージ、本文の解釈、翻訳、ラップ、百字真言とにてる真言• ブロック体と筆記体のかき順、文字の名まえと発音• 「亀の甲文字」ともいわれるドイツ文字(Fraktur)とその筆記体、ドイツ語のラテン文字の筆記体• ドイツ文字(Fraktur)の活字体の かき順• ラテン語の古典式発音とローマ式(教会式)発音• 学名のラテン語の発音について.

次の

古い数学の書籍では、フラクトゥール(ドイツ文字)が使われていますが...

フラク トゥール

改名提案 [ ] この記事を「ドイツ文字」に改名してはどうでしょうか? 個人的には亀甲文字という記述を見たことがないですし、手元の独和辞典の「Fraktur」の項目にも亀甲文字とは書いていませんでした。 なお、Google検索結果ではドイツ文字853件、亀甲文字629件でした。 -- 2006年11月22日 水 07:56 UTC ドイツ文字とは誤解を生じやすい呼び方ではないでしょうか。 ドイツだけで使われるわけではありませんし、ドイツでは現在(通常は)使われていません。 -- 2006年11月22日 水 08:39 UTC むしろ亀甲文字は甲骨文字とややこしいかなと思うのですが…。 また、だってローマで使われているものではないですし。 フラクトゥールは、ドイツ、とりわけナチス・ドイツで政策の一環として使用されたことが最も有名であり特筆すべき点ですし。 ただ、そういう事よりも、どちらがより一般的か、より学問的に正しい表記か、という観点で考えるべきと思うのですが。 (正しさ、という点ではフラクトゥールにでもするべきなのでしょうが…)ちなみに、GoogleでPDFに限定して検索したところ、ドイツ文字68件、亀甲文字4件でした。 -- 2006年11月22日 水 09:08 UTC わかりやすさから言ったらドイツ文字にかなわないでしょう。 しかし、ドイツ文字は間違い、というイメージが私にはあります(出典を出せと言われると困りますが)。 フラクトゥールに相当する日本語が亀甲文字です。 あの、亀甲文字と甲骨文字は確かに似ていなくないですが、全く違うものですから、、、、(東京と京都が似ていると言われてもこまるでしょう?) ローマ字には、一応彼の国の公文書で使われているというお墨付きがあります。 -- 2006年11月22日 水 09:22 UTC 甲骨文字の件はすみません、私が一瞬そう見間違え、「誤解を生じやすい」と書かれたので思いついて書いてしまっただけです。 でも「イメージが私にはあります」なんて言われても困るんですが…。 それを言ったら、私だって亀甲文字という記事名にかなり違和感を感じますし。 ドイツ文字が間違い、ならどういう認識なのでしょうか? Fraktur(=亀甲文字)の一種がドイツ文字、という感じですか?-- 2006年11月22日 水 09:58 UTC 項目本文を読んでいたら、「フラクトゥール」がいいような気がしてきました。 どうですか?-- 2006年11月22日 水 13:54 UTC 賛成です。 このまま延々とそれぞれの持論を主張するより現実的で良いと思います。 -- 2006年11月24日 金 01:19 UTC 「フラクトゥール」に移動しました。 -- 2006年11月25日 土 17:20 UTC ありがとうございました。 -- 2006年11月26日 日 15:00 UTC.

次の

Mとラトビア語

フラク トゥール

Q XPHe使用。 先日当欄でドイツ語のインストール及び打鍵等2件の質問に教えをいただきました。 私をご指導下さった専門家と思われる同じお方の過去の回答も多く拝見しました。 理解不足かと思いますが、まだ上手く行かないところがあります。 以下よろしくご指導お願いします。 1・IME切換後、フォント欄をArialやCenturyとして入力しましたが[ue]としてもuウムラウト、[ss]としてもエスツエットなどの打鍵が出来ません?。 2・コントロールからフォントの順で最近インストールしたフォント日付を確認しましたが見当たりません。? 3・O・Eの書式ーエンコードの言語欄にはドイツ語の表示がありません。 来年から子供がドイツ語をPCで打鍵したいようなので素人の私がお尋ねしています。 理解不測の点もご指摘いただければ幸いです。 XPHe使用。 先日当欄でドイツ語のインストール及び打鍵等2件の質問に教えをいただきました。 私をご指導下さった専門家と思われる同じお方の過去の回答も多く拝見しました。 理解不足かと思いますが、まだ上手く行かないところがあります。 以下よろしくご指導お願いします。 1・IME切換後、フォント欄をArialやCenturyとして入力しましたが[ue]としてもuウムラ... A ベストアンサー 2です。 「お礼」拝見しました。 少し追記したいのですが、その前に、私の回答で出した疑問 「@」の表示法 について、アドバイスをくださった 5のUKY様にお礼申しあげます。 「参考になった」に1点入れさせていただきました。 ドイツ人も当然「@」を入力する必要があるわけで、そのために平素使っているドイツ語入力を、別の言語に切り替えているとは到底考えられず、かと言って「Shift」キーを使ったりしても「@」を入力できず、疑問が生じたのでした。 ありがとうございました。 UKY様は、以前、私の質問に対しても2回、貴重な情報をご提供くださった方です。 さて、フォントにこだわっておられますが、 繰り返しますが ドイツ語専用フォントは存在しませんし、そのようなものは必要ないと考えられます。 SimSunなど中国語対応フォントはたしかにありますが、これとても中国語『専用』とは言い切れません。 SimSunで日本語にも使えます。 平仮名も片仮名も完備しています。 ただ、中国語対応なので、「骨、写、角」などの字形がMS明朝などとは異なりますし、ウカンムリの上の「ヽ」の部分も形が違います。 漢字はそのように国によって異なりますが、ラテン文字は基本的に共通なので、ドイツ語専用フォントの必要はないと考えられます。 Century その他 で、ドイツ語もフランス語も、「l」 エル に斜線の入ったポーランド語も、さらにはピンインや日本のローマ字で使う母音の上に「-」の付いた文字も使えます。 IMEパッドの「文字一覧」で左上を「Unicode」にして確認してください。 なお、 6のご回答で、この「文字一覧」からの入力を勧めておられますが、WORDでドイツ語をお使いになるのでしたら、便法があります。 言語バーは「JP」のままで、直接入力で使えます。 「DE」をインストールする必要はありません。 実は私は、平素この方法でドイツ語を入力しています。 効率はいいと思います。 ただ、当初のご質問が「追加言語のインストール」で、ここから出発したため、これには触れませんでした。 php3? php3? php3? php3? 「お礼」拝見しました。 少し追記したいのですが、その前に、私の回答で出した疑問 「@」の表示法 について、アドバイスをくださった 5のUKY様にお礼申しあげます。 「参考になった」に1点入れさせていただきました。 ドイツ人も当然「@」を入力する必要があるわけで、そのために平素使っているドイツ語入力を、別の言語に切り替えているとは到底考えられず、かと言って「Shift」キーを使ったりしても「@」を入力できず、疑問が生じたのでした。 ありがとうございました。 UKY様は、以前、私の質問に対...

次の