吉野家 レシピ。 簡単!美味しい!忙しい女性のための「吉野家風牛丼」レシピ 【download.pocketinformant.comI】

牛丼レシピ【人気1位はつくれぽ10000以上】絶品の殿堂入りと簡単な作り方!

吉野家 レシピ

牛肉は牛薄切り肉を使っています。 一度冷ますと味がしみておいしくなります。 牛丼の人気検索で1位になったレシピです。 牛肉と玉ねぎを炒めてから5分煮て完成!牛肉は牛薄切り肉を使用。 玉ねぎと調味料を入れて火にかけ、しょうがと牛肉を加えて5~10分煮込んで完成。 約1分のレシピ動画があるので作り方がわかりやすいです。 牛肉は牛肉こま切れを使っていますが、牛バラでもOKです。 牛肉は牛バラ肉薄切りを使います。 先に調味料をひと煮立ちさせてから作ります。 レンジで簡単に作れるレシピもあってびっくりでした。

次の

自宅で「吉野家の牛丼」を作る方法! サイゲン大介の再現レシピが凄すぎるので試してみたほうがいい

吉野家 レシピ

こんにちは。 検証の鬼・リリーです。 今日は無性に吉野家の牛丼が食べたくなったのですが、田舎住みなので近くに店舗がありません。 なので、自宅で再現できないものか?検索をかけてみると、思いのほか沢山の再現レシピがヒットしたんです。 みんな、意外と再現して作ってるんだ!すごい! ブログやyoutubeで沢山のレシピがヒットしました。 でも作り手さんによって、それぞれ使う調味料が微妙に違うのです。 どのレシピが本家に近いのか?悩んでも答えが出ないので、直感でコレだ!と思った参考動画をみつけて作ってみました。 結果、 本家を超える美味しさになってしまいました。 やってしまった…。 この動画、お笑い芸人のザキヤマさんがテレビで紹介された事でも有名なんだそうです。 調味料をすべて入れます。 アルコールが気になる方は「白ワイン」や「みりん」は煮切ってから、その他の調味料を混ぜるといいです。 玉ねぎを入れます 好きなだけ入れました。 牛バラ肉を入れて煮ます (ちなみに玉ねぎの後に好みでしらたきを入れていますが、手順にはあえて載せていません。 食べてみた感想ですが、 お肉はもっとペラペラに薄くて安い外国産でいい! 国産牛を買ったことで、本格的な味になってしまいました。 もちろん悪いことじゃないのですが、吉野家の味を想定して食べると、美味しいはずの国産牛が「違和感」になるという現象が… というわけで、あくまでも再現を意識するなら薄切りの外国産牛バラ肉で十分です! 今回は本家を逸した味に仕上がりましたが、美味しくいただけたので結果オーライです。 特に、白ワインとリンゴジュースが相まると、こんなにすっきりとした甘みになるんだ! と、感動しました。 ここが今回作ってみた中で、1番の勉強にもなりました。 これだけ吉野家の味を語っておいて、実は全くの的外れなレシピかもしれないという事に気付いたので、今日はこの辺りで失礼します。

次の

【吉野家の牛丼レシピ】家にあるもので簡単に再現!コツはたったの3つ

吉野家 レシピ

こんにちは。 検証の鬼・リリーです。 今日は無性に吉野家の牛丼が食べたくなったのですが、田舎住みなので近くに店舗がありません。 なので、自宅で再現できないものか?検索をかけてみると、思いのほか沢山の再現レシピがヒットしたんです。 みんな、意外と再現して作ってるんだ!すごい! ブログやyoutubeで沢山のレシピがヒットしました。 でも作り手さんによって、それぞれ使う調味料が微妙に違うのです。 どのレシピが本家に近いのか?悩んでも答えが出ないので、直感でコレだ!と思った参考動画をみつけて作ってみました。 結果、 本家を超える美味しさになってしまいました。 やってしまった…。 この動画、お笑い芸人のザキヤマさんがテレビで紹介された事でも有名なんだそうです。 調味料をすべて入れます。 アルコールが気になる方は「白ワイン」や「みりん」は煮切ってから、その他の調味料を混ぜるといいです。 玉ねぎを入れます 好きなだけ入れました。 牛バラ肉を入れて煮ます (ちなみに玉ねぎの後に好みでしらたきを入れていますが、手順にはあえて載せていません。 食べてみた感想ですが、 お肉はもっとペラペラに薄くて安い外国産でいい! 国産牛を買ったことで、本格的な味になってしまいました。 もちろん悪いことじゃないのですが、吉野家の味を想定して食べると、美味しいはずの国産牛が「違和感」になるという現象が… というわけで、あくまでも再現を意識するなら薄切りの外国産牛バラ肉で十分です! 今回は本家を逸した味に仕上がりましたが、美味しくいただけたので結果オーライです。 特に、白ワインとリンゴジュースが相まると、こんなにすっきりとした甘みになるんだ! と、感動しました。 ここが今回作ってみた中で、1番の勉強にもなりました。 これだけ吉野家の味を語っておいて、実は全くの的外れなレシピかもしれないという事に気付いたので、今日はこの辺りで失礼します。

次の