布マスク。 福井県内で布マスクを製造している企業を紹介します

布マスクの作り方【型紙ダウンロード(原寸サイズ)有り】

布マスク

朝日新聞が4月2日に公開した「」との記事が物議をかもしています。 具体的にはタイトルでは「どんな状況でも勧めない」とあるのに対し、記事末では専門家が「他人にうつさないという目的を考えれば、『つけない』という選択肢はない」と話しておわっているためです。 おそらく記事を書いた人と見出しをつけた人が別々のためこのようなタイトルになっているのだと思われますが、そもそもの話として見出しになっているWHOの案内は一般人に向けたものではありません。 WHOの案内は専門家や医療従事者向け WHOが「布マスクはどんな状況でも勧めない」と案内しているのは、以下のページです。 Cloth e. cotton or gauze masks are not recommended under any circumstances. クロス 例えば綿やガーゼ マスクはどんな状況でもお勧めしません。 出典: ただ、概要に書いてあるようにこの案内は「公衆衛生および感染予防および管理 IPC の専門家、医療管理者、医療従事者、および地域の医療従事者を対象」としています。 つまり私たちのような一般人向けのものではありません。 これをもって「布マスクはどんな状況でも勧めない」と一般論のように取り上げるのは不適切ではないでしょうか。 布マスクの感染率が高い論文は医療用マスクとの比較 この「布マスクは効果がない」論を補強するものとして、ネット上では医療用マスクと布マスクの効果を比較したがよく取り上げられています。 この論文はベトナムの病院において、医療従事者を勤務中はつねに医療用マスクをつけるグループ・同布マスクのグループ・マスクのつけ外し自由の3つのグループにわけ、呼吸器疾患・インフルエンザ・ウイルス性呼吸器感染症にどれだけ感染したかを調べたものです。 その結果、つねに布マスクをつけていたグループの感染率が有意に高いことがわかったとまとめられています。 また、マスクのつけ外し自由のグループ内で医療用マスクのみをつける人、布マスクのみをつける人にわけて比較したところ、やはり布マスクのみをつけるグループの感染率が高かったとのことです。 この結果をもって「布マスクは効果がない」とされているのですが、この論文は医療従事者における医療用マスクと布マスクの効果を調べたものであって、布マスクとマスクをまったくつけない人を調べたものではありません。 ちなみにマスクのつけ外し自由のグループでは、そもそもマスクの着用率が非常に高かったとのことです。 WHOタイ「具合が悪い場合は、布か紙のマスクを着用してください」 このほか「布マスクはどんな状況でも勧めない」の反論として、WHOタイが2020年3月26日に発表したレポートもよく引き合いに出されています。 WHOタイのレポートでは「公衆への勧告と助言」として「具合が悪い場合は、布か紙のマスクを着用してください」と案内されています。 If unwell, wear a cloth or paper mask. Do not use N95 respirators as supplies are limited and they are critically needed for healthcare workers. 具合が悪い場合は、布か紙のマスクを着用してください。 N95レスピレーターは、供給が限られており、医療従事者にとって非常に必要であるため、使用しないでください。 出典: 他人にうつさないために、布マスクをつけましょう さまざまな情報が流れており混乱しそうですが、簡単にまとめるとこうです。 WHOが布マスクを勧めないのは医療従事者• 医療用マスクと比較して布マスクの感染リスクは高い• 布マスクはきちんと洗浄・乾燥しないと汚染される• 最近のWHOレポートでは具合が悪い人に布・紙マスクを勧めている• 布マスクは手についたウイルスが口や鼻に触れるのを防げる• 布マスクは他人にうつさない効果を期待できる というわけで布マスクの効果は医療用マスクと比較すると低くなりますが、他人にうつさないためにも布マスクをつけましょう! 4月3日12時16分追記 布マスクの効果について本文に書いていないとの指摘があったため、朝日新聞の記事から紹介しておきます(簡略化された内容は上段で紹介した記事にも掲載されています)。 大西さんによると、マスクには三つの役割があります。 ウイルスがフィルター部を通過しない。 手についたウイルスが口や鼻に接触するのを防ぐ。 顔に密着させ、マスクの間からウイルスが侵入するのを防ぐ。 「布マスクは、2. については効果がありますが、1. については全く効果がありません」と大西さん。 コロナウイルスの直径は0. 1マイクロメートル。 布マスクを容易に通過してしまいます。 (中略) 「つけない」という選択肢はない では、布マスクにはまったく効果がないのでしょうか。 大西さんは「他人にうつさないという目的を考えれば、『つけない』という選択肢はない」と言います。 たとえばせきやくしゃみをした瞬間、ウイルスの何割かはマスクの外に出ますが、大きな飛沫をせきとめてくれる可能性があります。 つまり、自分の感染予防ではなく、他人への感染予防につながるアイテムだ、という意味です。 また、保湿効果によりマスクに覆われた部分をウイルスの増殖しにくい環境にする、のどの保湿によりウイルスの侵入を防ぐ、などの効果が期待できるそうです。 出典: このほか朝日新聞はも案内しています。 なお、この記事の本意は「布マスクをつけましょう(布マスク効果なしの記事に誘導されて感染者が布マスクなしで出歩くのは勘弁して欲しい)」であり、安倍政権による布マスク2枚配布の政策を擁護するものではありません。 布マスク配布発表時の筆者の反応は以下です。 ようは「マスクじゃなくてお金配れ」と批判しています。 こちらからは以上です。

次の

布マスクの作り方【型紙ダウンロード(原寸サイズ)有り】

布マスク

朝日新聞が4月2日に公開した「」との記事が物議をかもしています。 具体的にはタイトルでは「どんな状況でも勧めない」とあるのに対し、記事末では専門家が「他人にうつさないという目的を考えれば、『つけない』という選択肢はない」と話しておわっているためです。 おそらく記事を書いた人と見出しをつけた人が別々のためこのようなタイトルになっているのだと思われますが、そもそもの話として見出しになっているWHOの案内は一般人に向けたものではありません。 WHOの案内は専門家や医療従事者向け WHOが「布マスクはどんな状況でも勧めない」と案内しているのは、以下のページです。 Cloth e. cotton or gauze masks are not recommended under any circumstances. クロス 例えば綿やガーゼ マスクはどんな状況でもお勧めしません。 出典: ただ、概要に書いてあるようにこの案内は「公衆衛生および感染予防および管理 IPC の専門家、医療管理者、医療従事者、および地域の医療従事者を対象」としています。 つまり私たちのような一般人向けのものではありません。 これをもって「布マスクはどんな状況でも勧めない」と一般論のように取り上げるのは不適切ではないでしょうか。 布マスクの感染率が高い論文は医療用マスクとの比較 この「布マスクは効果がない」論を補強するものとして、ネット上では医療用マスクと布マスクの効果を比較したがよく取り上げられています。 この論文はベトナムの病院において、医療従事者を勤務中はつねに医療用マスクをつけるグループ・同布マスクのグループ・マスクのつけ外し自由の3つのグループにわけ、呼吸器疾患・インフルエンザ・ウイルス性呼吸器感染症にどれだけ感染したかを調べたものです。 その結果、つねに布マスクをつけていたグループの感染率が有意に高いことがわかったとまとめられています。 また、マスクのつけ外し自由のグループ内で医療用マスクのみをつける人、布マスクのみをつける人にわけて比較したところ、やはり布マスクのみをつけるグループの感染率が高かったとのことです。 この結果をもって「布マスクは効果がない」とされているのですが、この論文は医療従事者における医療用マスクと布マスクの効果を調べたものであって、布マスクとマスクをまったくつけない人を調べたものではありません。 ちなみにマスクのつけ外し自由のグループでは、そもそもマスクの着用率が非常に高かったとのことです。 WHOタイ「具合が悪い場合は、布か紙のマスクを着用してください」 このほか「布マスクはどんな状況でも勧めない」の反論として、WHOタイが2020年3月26日に発表したレポートもよく引き合いに出されています。 WHOタイのレポートでは「公衆への勧告と助言」として「具合が悪い場合は、布か紙のマスクを着用してください」と案内されています。 If unwell, wear a cloth or paper mask. Do not use N95 respirators as supplies are limited and they are critically needed for healthcare workers. 具合が悪い場合は、布か紙のマスクを着用してください。 N95レスピレーターは、供給が限られており、医療従事者にとって非常に必要であるため、使用しないでください。 出典: 他人にうつさないために、布マスクをつけましょう さまざまな情報が流れており混乱しそうですが、簡単にまとめるとこうです。 WHOが布マスクを勧めないのは医療従事者• 医療用マスクと比較して布マスクの感染リスクは高い• 布マスクはきちんと洗浄・乾燥しないと汚染される• 最近のWHOレポートでは具合が悪い人に布・紙マスクを勧めている• 布マスクは手についたウイルスが口や鼻に触れるのを防げる• 布マスクは他人にうつさない効果を期待できる というわけで布マスクの効果は医療用マスクと比較すると低くなりますが、他人にうつさないためにも布マスクをつけましょう! 4月3日12時16分追記 布マスクの効果について本文に書いていないとの指摘があったため、朝日新聞の記事から紹介しておきます(簡略化された内容は上段で紹介した記事にも掲載されています)。 大西さんによると、マスクには三つの役割があります。 ウイルスがフィルター部を通過しない。 手についたウイルスが口や鼻に接触するのを防ぐ。 顔に密着させ、マスクの間からウイルスが侵入するのを防ぐ。 「布マスクは、2. については効果がありますが、1. については全く効果がありません」と大西さん。 コロナウイルスの直径は0. 1マイクロメートル。 布マスクを容易に通過してしまいます。 (中略) 「つけない」という選択肢はない では、布マスクにはまったく効果がないのでしょうか。 大西さんは「他人にうつさないという目的を考えれば、『つけない』という選択肢はない」と言います。 たとえばせきやくしゃみをした瞬間、ウイルスの何割かはマスクの外に出ますが、大きな飛沫をせきとめてくれる可能性があります。 つまり、自分の感染予防ではなく、他人への感染予防につながるアイテムだ、という意味です。 また、保湿効果によりマスクに覆われた部分をウイルスの増殖しにくい環境にする、のどの保湿によりウイルスの侵入を防ぐ、などの効果が期待できるそうです。 出典: このほか朝日新聞はも案内しています。 なお、この記事の本意は「布マスクをつけましょう(布マスク効果なしの記事に誘導されて感染者が布マスクなしで出歩くのは勘弁して欲しい)」であり、安倍政権による布マスク2枚配布の政策を擁護するものではありません。 布マスク配布発表時の筆者の反応は以下です。 ようは「マスクじゃなくてお金配れ」と批判しています。 こちらからは以上です。

次の

【アツギ公式】青森県むつ市の自社工場で生産した布マスクをご紹介。:

布マスク

日本では新型コロナウイルス感染症の影響でマスクが不足。 政府は、2020年4月7日に再利用可能な布マスクの配布を決定しました。 同月17日から、東京都内でも感染者数が多い世田谷区と港区にマスクの配布が始まっています。 今後は、感染者の多い都市部から優先的に配布し、全国へ順次広げる予定です。 1枚の布マスクから最大2枚作れる立体マスク そんな中、介護施設に勤めるwankoさんの元には、一足早くマスクが届いたといいます。 ハンドメイドが得意なwankoさんは、「小さい」という声も上がっている布マスクを立体マスクにリメイク。 誰もが使いやすい形に仕上げ、称賛の声が寄せられています。 作り方を紹介 配布された布マスクを見て「無地のダブルガーゼは貴重」と考えたwankoさん。 立体マスクを作る方法がこちらです。 まずは、布マスクをすべて解体。

次の