チゲ 速。 アキロゼのPCパーツ構成の相談役を請け負ったフリーランスのおっさん、凄すぎる

キムチ速報

チゲ 速

概要 [ ] 来歴 [ ] モンリク・エチゲはコンゴタン氏の首長チャラカ・エブゲンの息子として生まれた。 コンゴタン氏はテムジン 後のチンギス・カン を輩出した氏に仕える「譜代の隷臣」で、尚且つ巫者 としての伝統を持つ特殊な家柄であり、チャラカ・エブゲンとモンリク・エチゲの父子もまたテムジンの家老的存在として尊重されていた。 実際に、モンリク・エチゲはテムジンの父のことを「イェスゲイ兄 アカ 」と呼び、テムジンはモンリクを「エチゲ 父 」、チャラカを「エブゲン 祖父 」と呼ぶなどテムジンとモンリク・エチゲは親しい関係にあった。 イェスゲイ・バートルが宿敵のの謀略によって毒を盛られた時、イェスゲイ・バートルの近くに居たモンリク・エチゲはイェスゲイの遺族の面倒を見ること、妻 を娶るために部に滞在していたテムジンを連れ戻すことを頼まれ、イェスゲイの死を看取った。 イェスゲイとの約束通りモンリク・エチゲはテムジンを連れてキヤト氏の遊牧地に戻ったものの、イェスゲイという有力な指導者を失ったキヤト氏を多くの者は見限り、を中心としてテムジンの一家を見捨てて移住しようとした。 タイチウト氏がキヤト氏を見限るだけでなくその部民を奪おうとさえするのを見て、チャラカ・エブゲンはこれを押しとどめようとしたが、タイチウト人のトドエン・ギルテによって後ろから槍で刺されてしまった。 重傷のチャラカ・エブゲンを見舞ったテムジンは事の次第を聞いて、泣きながら立ち去ったという。 チンギス・カンへの再帰参 [ ] この後、モンリク・エチゲもまた一時テムジンの下を離れての勢力に身を寄せていたが、「」の後に七人の息子を引き連れて再びテムジンの陣営に帰参した。 同時期に部のや部にもテムジンの傘下に入っており、喜んだテムジンは酒宴を開いている。 『元史』や『集史』が一致して伝えるモンリク・エチゲの功績に、部によるテムジン謀殺の計略を未然に防いだ一件がある。 テムジンはケレイト部のと同盟関係にあった頃、「交換婚」によってオン・カン家と姻戚関係を結ぼうとしたが、テムジンを見下すオン・カンの息子セングンの反対によって中止になったことがあった。 後にケレイトとモンゴルの対立が深まってくると、セングンは立ち消えとなった婚姻話をもう一度持ち出し、テムジンをおびき寄せて謀殺する計画を立てた。 ケレイト部の下に旅立とうとするテムジンは一度モンリク・エチゲの家に泊まったが、モンリク・エチゲは態度を豹変させたセングンの事を怪しみ、理由をつけて辞退するよう忠告した。 この後、の密告によってケレイト部の謀略が明らかになり、テムジンは謀殺されることなくケレイトとの戦いに臨むことが出来た。 モンゴル帝国建国後 [ ] 以上の功績や、父祖の代からの忠勤によってモンリク・エチゲは1206年のモンゴル帝国建国に際して功臣 千人隊長 の第一位に列せられ、3人の息子 、、 も千人隊長に任ぜられた。 しかし、この後モンリク・エチゲの息子たち 特に長男の は増長するようになり、チンギス・カンの一族に屡々無礼をはたらくようになった。 末弟のがココチュらに侮辱されるに至ってチンギス・カンもモンリク・エチゲの一族の増長を見過ごせなくなり、テムゲ・オッチギンがチンギス・カンの下に参上したココチュを殺すのを黙認した。 ココチュが殺された後、チンギス・カンはモンリク・エチゲが息子たちの教育を誤ったことを叱責したものの、「度を超えたる性を引き締めておりさえすれば、父モンリクの子孫と何人がひとしなみであり得ようぞ」と語り、モンリク・エチゲの高い地位を奪うようなことはしなかった。 これ以後モンリク・エチゲは史料に現れなくなるが、没年は不詳である。 コンゴタン氏モンリク家 [ ]• 村上1970,103頁• 村上1970,90-91頁• この記述は『モンゴル秘史』に基づく 村上1970,99-102頁。 『集史』ではやや記述が異なり、移住しようとするタイチウトとこれを連れ戻そうとするキヤトとの間で戦闘が起こり、その戦闘の最中にチャラカ・エブゲンは背中に矢を受けたと記されている 志茂2013,596頁。 村上1970,278-279頁• 『元史』巻193伯八伝「伯八、晃合丹氏。 祖明里也赤哥、嘗隸太祖帳下。 初、怯列王可罕与太祖為隣国、誓相親好、既而敗盟、与其子先髠潜謀、欲襲太祖、因遣使通問、許以女妻太祖弟合撒児。 至期、太祖欲往、明里也赤哥疑其詐、諫止之。 王可罕知謀泄、遂謀入寇、後為太祖所滅」• 『聖武親征録』「上率麾下十騎往赴之、宿於蔑力也赤哥帳中。 越明日、与蔑力也赤哥謀…」• 志茂2013,592頁• ココチュ・テプテングリとも呼ばれる。 村上1976,110-123頁 参考文献 [ ]• 志茂碩敏『モンゴル帝国史研究 正篇』東京大学出版会、2013年• 杉山正明『モンゴル帝国と大元ウルス』京都大学学術出版会、2 004年• 村上正二訳注『モンゴル秘史 1巻』平凡社、1970年• 村上正二訳注『モンゴル秘史 2巻』平凡社、1972年• 村上正二訳注『モンゴル秘史 3巻』平凡社、1976年• 『』巻193列伝80• 『』巻125列伝22.

次の

アキロゼのPCパーツ構成の相談役を請け負ったフリーランスのおっさん、凄すぎる

チゲ 速

2013年12月05日 13時41分 熱々の鍋で出される吉野家の「牛すき鍋膳」と「牛チゲ鍋膳」を食べてきた 吉野家で12月5日 木 から「牛すき鍋膳」と「牛チゲ鍋膳」という2つの新メニューが食べられるようになりました。 価格は牛丼の2倍以上というかなり強気の税込580円。 この価格にするからには牛丼とは別物になっているはずだと、期待を込めてお店に行って食べてきました。 PDFファイル 吉野家の『牛すき鍋膳』『牛チゲ鍋膳』新登場のお知らせ 吉野家に到着。 店頭には新商品2種類をアピールするバナーがかけられていました。 このメニューは一部店舗限定で出されているもののようです。 店内には同じ内容のポスターが貼られており…… 手元のシールでもゴリゴリとアピールしてきます。 注文してから5分ぐらいで完成。 「牛すき鍋膳」はごはん・漬け物・生卵がセットになっていて、すき鍋はコンロで加熱されたアツアツの状態で出てきます。 コンロの土台はプラスチック製のようです。 固形燃料を使っていて、しばらくはアツアツの状態が保たれます。 牛肉は、牛丼の具よりも脂身が少なめのものが使われているとのこと。 具材は長ねぎや白菜…… 豆腐・平打ち麺など。 最初からうどん入りなので、すでにすき焼き終盤といった感じがします。 割下の味付けは牛丼よりもやや甘めで、砂糖やみりんの味が強い、まさに「すき鍋 すき焼き 」っぽい味。 肉や野菜のうまみも溶け出して、混然一体となっています。 そのまますき鍋として、溶き卵をつけて食べるもよし。 甘く味のついた牛肉をごはんに載せて牛丼っぽく食べるもよし。 牛丼で使われている脂身が苦手な人には、この赤身肉が特にオススメ。 平打ち麺はあまりコシはないものの、割下がしっかり染み込んでいます。 ねぎも煮込まれることにより甘さが引き出されており、割下とも好相性。 絹の豆腐も柔らかな食感がグッド。 「牛チゲ鍋膳」も「牛すき鍋膳」と同様に、コンロに載った状態で出てきます。 ごま油の香りが鍋から漂っており、食欲をそそります。 「牛チゲ鍋膳」には生卵が付いていません。 「牛すき鍋膳」と同じく、10分ぐらいはアツアツの状態が続きます。 牛肉は唐辛子の入ったスープで煮込まれています。 具材は白菜・長ねぎのほか、牛すき鍋には入っていないたまねぎが入っています。 豆腐・平打ち麺は牛すき鍋膳と同じもの。 チゲのスープは真っ赤で唐辛子がたっぷり使われているように見えるのですが、牛肉を食べてみるとそれほど辛さはなく、辛いものが苦手でなければ気にならないぐらいの辛さです。 ガッツリ系の濃い味付けではないものの、ごはんがすすむ味です。 平打ち麺はキムチ味のうどんのような感覚で食べることができます。 長ねぎも唐辛子の辛味とネギの甘味の相性がグッド。 たまねぎにもチゲの味がしっかり染みこんでいて、スープと良く合っています。 豆腐もチゲ風のスープとの相性が良く、大豆の旨味と辛いスープが好相性。 牛丼が税込280円で食べられるお店にある税込580円のメニューだと考えるとかなり高く感じますが、すき焼きがメインの定食・御膳ものとして考えると、和食レストランなら1000円以上はするはずなので手頃感もあります。 中身としては、ランチとしてよりも、夕食として食べるのに向いている感じがしました。

次の

寒い日にあったまる! レンジで簡単レシピ「スンドゥブチゲ風」が話題に

チゲ 速

24日に記者会見を開き、立候補を表明する。 日本政府による韓国向け半導体材料3品目の輸出管理厳格化をめぐり、韓国政府は今月、WTOの紛争解決手続きの再開を発表。 深刻な日韓対立が依然続く中、韓国高官が次期WTOトップに挑戦することで日本政府の対応が注目される。 net 韓国セメント業界が日本産石炭灰の使用を縮小した中で、韓国産石炭灰の使用拡大に必要な技術開発を始めた。 韓国セメント協会は、セメント原料として韓国産石炭灰をリサイクルする設備確保と工程技術の開発事業を始めると25日、明らかにした。 今回の事業は、従来の工程技術と設備ではリサイクルが難しい埋立て石炭灰までセメントの原料として使える技術開発を目指している。 韓国産業通商資源部の支援を受け、三票(サムピョ)セメント、双龍(サンヨン)セメント、アセアセメントなど韓国のセメント業界と韓国セラミック技術院、韓国建設生活環境試験研究院、石灰石新素材研究所、寧越(ヨンウォル)産業振興院など関連研究機関が今回の事業に参加する。 韓国に輸入される石炭灰はほとんど日本産で、東日本大震災が発生した2011年以降にも日本産石炭灰が着実に輸入されセメント原料として活用されてきた。 昨年、韓国政府や発電会社・セメント会社が官民協議体を発足し、日本産石炭灰の輸入依存度を引き下げるために取り組んできた。 中央日報日本語版 2020. 同様の決議は13年連続となった。 北朝鮮代表団は採決を前に発言し 「決議は中傷に満ち、事実誤認だらけだ」 などと不快感を表明。 日本を含む47理事国のうちベネズエラ、エリトリアが反対を表明した。 決議は 「長年にわたり、かつ現在も進行中の組織的で、 広範囲にわたる、言語道断の人権侵害」 を強く非難。 北朝鮮での人権侵害は 「多くの場合、人道に対する罪を構成しているが、 加害者は免責されている」 と深刻な懸念を示した。 net. レスラー所長は同日、京郷新聞とのインタビューで「韓国政府は日本が世界遺産委員会の決定を遵守したかどうかについて検討するよう要請してきた」として上記のように述べたという。 韓国政府は22日、ユネスコに書簡を送り、「『明治日本の産業革命遺産』の世界文化遺産登録時の約束が守られていない」として登録取り消しを求めていた。 レスラー所長の回答について、記事は「登録取り消しの権限がユネスコ事務局ではなく、世界遺産条約の履行の最高意思決定機関である世界遺産員会にあるということを明確にしつつも、韓国政府が取り消しの事由として提示した『約束の未履行』は登録取り消しの基準に該当していないということを遠回しに伝えたもの」と分析している。 レスラー所長は、日本が登録時の約束を履行しているかどうかを問う質問では、2018年の第42回世界遺産委員会の決定文に「日本側に全体の歴史解釈においてさまざまな国際模範事例を考慮することを強く促した」と明記されたことに言及したという。 記事は「日本に国際社会との約束を守るよう促したものとみられる」と説明している。 この記事に、韓国のネットユーザーからは 「それならなぜ『条件付き』で登録した?」 「条件付きで登録したら、その条件が満たされなければ取り消すべきだ」 「今のまま放置したら人類の卓越した普遍的価値が毀損されてしまう」 「日本からお金をもらったのでは?」 「ユネスコの世界遺産登録はお金の力だということが証明された…」 など不満の声が続出している。 その他 「日本は一度登録されれば何をしても取り消されないと知っていたんだ。 条件付きで登録を認めた韓国政府に問題がある」 「今回の日韓対決は完全に韓国政府の負けだ」 などの声も見られた。 ムン大統領は前日、城南(ソンナム)空港で開かれた記念式で韓国戦争の傷痕とこれを克服してきた大韓民国の底力を取り上げながら「私たち民族が戦争の痛みを体験する間、かえって戦争特需を享受した国々もあった」と話した。 それと共に「私たちに戦後経済の再建は植民支配から抜け出すことぐらい険しい道だった」とした。 韓国戦争の最大受恵者が日本であったことには異論がない。 1945年崩壊後、絶体絶命の危機に陥った日本は韓国戦争特需を国家再建の機会に活用した。 ムン大統領が70周年記念式で「韓国戦争特需」と「植民支配」に別々に言及したのは、最近の韓日関係とボルトン前ホワイトハウス安保補佐官の回顧録が影響を及ぼしたのではないか、との観測を産んでいる。 日本は昨年2月、ハノイ第二次米・北朝鮮首脳会談が決裂して6月、第三次首脳会談まで得ることなしに終わると、すぐに7月、電撃的に韓国に対する3大核心素材部品の輸出制限措置に出た。 南北米中心の韓半島平和プロセスが構造的困難に直面した時点を巧妙に狙った、という指摘が出た。 最近、公開されたボルトン前補佐官の回顧録は安倍政府が絶えず韓半島非核化交渉の「妨害屋」の役割をしてきた事を傍証している。 ボルトンは自分の強硬主張をヤチ・ショウタロウ(谷内正太郎)当時の日本国家安保局長に伝え、安倍総理がこれを日本の立場のようにドナルド・トランプ米国大統領に注入するいわゆる「スリークッション」外交を展開した。 「ボルトン-ヤチ-アベ」がワンチームとして動き、非核化交渉に否定的雰囲気を作った情況がボルトン回顧録にそっくりあらわれる。 ボルトン前補佐官は「米・北朝鮮首脳会談に対する日本の見解は韓国と180度違ったし、要約すれば私の見解と似ていた」と紹介した。 ヤチ局長は「北朝鮮の核兵器保有意志は固定されたものであり、平和的解決のための機会はほとんど最後で、日本は6者会談で合意した『行動対行動』方式を信じない。 北朝鮮の非核化措置は2年内に仕上げされなければならない」と主張した。 これに対しボルトン前補佐官はリビアの非核化経験をはじめ、より強硬な立場を日本にコーチした。 彼は2年間と予定した日本に「北朝鮮の非核化は6~9ヶ月内に終わることができる」と肯定的返事をした。 2018年4月、フロリダ・マララゴで開かれた米日首脳会談で安倍総理は「6~9ヶ月内に北朝鮮の非核化が完了しなければならない」としてボルトンの主張を自身の意見のようにトランプ大統領に伝達した。 シンガポール首脳会談を控えて行われた米日首脳間通話 2018 5. 28 で安倍総理はマララゴで提起したすべての要素を再度提起して「キム・ジョンウンを信じず、トランプ大統領がオバマ大統領よりより一層強く出なければならない」と繰り返し要請した、とボルトンは伝えた。 ムン大統領が6・25記念演説で直接言及はしなかったが、「韓国戦争特需を享受した国」と称したのは、このように韓半島の分裂と対立構図を機会にするような日本に対する不快感を反映したのではという分析が出ている。 特に人口対比での検査の比率はケニアやモーリタニア、ザンビアなど、防疫体系が劣悪なアフリカの発展途上国と同等の0. 26日、グローバル統計サイトであるWorldometerの資料を基に分析した結果、25日現在で日本は総人口約1億2,648万人のうち、約43万人だけがコロナ19診断検査を受けている。 人口1,000人当り3人が検診を受けていて、診断検査の進行率はG7の中で最下位である。 米国は約3億3,097万人のうち、9. 続いてイタリア(8. 日本の人口対比のコロナ19診断検査の割合は、G7の平均値である6. 実際に日本の診断検査の進行率は、アフリカのセネガルやウガンダよりも低く、ケニアやモーリタニア、ザンビアなどと同じレベルである。 このように、日本の診断検査の進行率が主要先進国に比べて著しく低い理由を巡り、安倍政権が感染者を縮小するため、検査を十分に行っていないのではないかという疑惑が起きている。 先立って日本は5月にも、経済協力開発機構(OECD)の加盟国のうち、人口1,000人当りのコロナ19診断検査件数が1. 8人で、36の加盟国のうち35位を記録した。 実際に日本の現地では、診断検査の拡大について否定的な流れも強い。 在日僑胞3世の孫正義(ソン・ジョンウィ)ソフトバンク会長がPCR検査(患者の唾や痰などの検体からリボ核酸を採取して、・・・・・・・・・・判定する検査方法 を無償で提供すると明らかにしたが、批判を受けて撤回した。 韓国内のある医療系の関係者は、「コロナ19の初期症状がはっきりせず、防疫が難しい。 最終的には診断検査を拡大して対応するしかない」とし、「こうした中、日本が意図的に診断検査を消極的に実施したという疑惑が強まっている」と指摘した。 net 2020年6月22日、韓国・マネートゥデイは、ソウル・鍾路(チョンノ)の日本大使館前に設置されている慰安婦像の前で28年間にわたり行われてきた、元慰安婦支援団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(正義連)」による、いわゆる「水曜集会」が「今週から開催不可能になる見通し」だと伝えた。 鍾路警察署によると、保守団体「自由連帯」が24日から7月15日まで慰安婦像前で集会を行うことを警察に届け出た。 集会は先に届け出をした団体に優先権が与えられる。 届け出は毎日午前0時から可能だが、慰安婦像前での集会を継続するために自由連帯の会員が24時間、鍾路警察署に待機しているため、正義連が優先権を取り戻すのは当面、不可能とみられている。 正義連は、慰安婦像前から1ブロックほど離れた聯合ニュースのビル前で水曜集会を続ける計画だと明かしている。 ただ、記事によると、自由連帯側が「慰安婦像廃棄」を主張してきたことから、像を管理している鍾路区庁は24日からの「施設保護」を管轄署に要請した状態だという。 そのため、記事は「自由連帯も慰安婦像前では集会ができなくなった」と伝えている。 両団体が物理的に衝突する可能性もあるため、警察は慰安婦像の周囲から距離を置いた場所を集会の空間として保障するなど、慰安婦像を「緩衝地帯」として活用する計画だという。 また、どちらの集会も日本大使館から100メートル以内の区域で行われるため、外交機関の機能と安寧を侵害する行為、団体間の衝突が発生しないよう対応する方針だという。 この記事に、韓国のネットユーザーからは 「1人の元慰安婦のせいで、めちゃくちゃになってしまった」 「数十年間続けてきたことが、一瞬で崩れ落ちるなんて」 「李容洙(イ・ヨンス)さん、これがあなたの望んでいたことですか?」 「おばあさん、自分が何をしたのか、よく見るがいい」 「何が保守だ」 「保守を名乗るな。 亡くなった独立運動家たちが泣いているぞ」 など、団体間の衝突のきっかけとなる、正義連をめぐる不正問題の告発をした元慰安婦の李さんに対する怒りの声が殺到している。 その他、 「安倍首相の笑い声が聞こえるようだ」 「これを機に、尹美香(ユン・ミヒャン)前理事長が関わった団体は全て解散にすべき」 などのコメントも見られた。 特に日本は、幼い頃に軍艦島で可愛がられて育ったという一人の在日僑胞のインタビューを掲げ、歴史を歪曲しています。 今は故人となるその在日同胞の証言が、実際にはどのような内容なのかを検証しました。 ペクトゥワイ(FACT WHY)、コ・ハンソク記者です。 <記者> 今月15日に一般に公開された産業遺産情報センター。 日本は2015年に軍艦島などを世界文化遺産、ユネスコに登録した後、過去の帝国主義の暴力についてもこの場を通じて伝えると約束しました。 しかし、言葉だけでした。 産業遺産情報センターが制作した、在日僑胞である鈴木文雄さん映像です。 昨年に86歳で亡くなった彼は、軍艦島で生まれて10歳まで暮らしていましたが、その頃に差別はなく、むしろ可愛がられたと話しています。 しかし、鈴木氏の経験が、強制動員された朝鮮人の苦痛に満ちあふれた軍艦島の真実を否定することはできません。 1937年、日中戦争。 1941年、太平洋戦争。 国家総動員法による徴用が始まったのは1939年で、日帝はこの時から徴用、割り当て、募集など、合法の仮面をつけた暴力によって朝鮮人を強制動員し始めました。 ところが鈴木氏は、これよりも6年前の1933年に軍艦島で生まれました。 彼の親は強制動員ではなく、お金を稼ぐために自ら軍艦島の炭鉱に向かい、早くから定着していたいわゆる『既住朝鮮人』だったのです。

次の