転職エージェント お礼。 【例文あり】転職エージェントからのメールに返信【5つのマナー】

内定が決まったとき転職エージェントの担当者にお礼は必要?|初めての転職エージェントFAQ|求人・転職エージェントはマイナビエージェント

転職エージェント お礼

転職活動でお礼状は必要? 先に結論ですが、 転職活動では基本的にお礼状を必要としません。 「送るのがマナー違反」という事でもないのですが、お礼状を送らないのが一般的となっているのです。 というのも、転職では一斉に面接を受けるわけではないので、 面接を受けた段階で、合否がある程度確定しており、それはお礼状を受け取ったからといって変わるものではないのです。 むしろ、お礼状を受け取ったら、 読む手間が増えるだけなので心象を悪くしてしまう事もしばしば。 時には、 『媚びている』ように受け取られる事もあります。 感謝の気持ちを伝えているつもりが、媚びていると思われる…。 これは最悪の結末ですね…。 ただ、 時には、合否に迷っている時に、お礼状が決め手となり次の面接に進める事もあるとされます。 転職活動ではお礼状を送らないのが一般的なので、その中で、お礼状が届くと目立ちますからね。 どちらに転ぶかは、面接官次第なので、結論が出ないのが実情です。 ただ、もし送るのであれば合否が微妙なラインの時の方が良さそうですね。 自信があれば下手に悪影響を与えるリスクを負う必要はありません。 もし、お礼状を送る場合は、マナーとして 面接当日に送るようにして下さい。 転職活動の合否は早い段階に決まるので、数日後に送っていては意味を成しません。 また、 ハガキや封筒が基本ですが、メールで済ませても問題ありません。 結論 基本的にお礼状を必要としません。 お礼状を送らないのが無難な判断となるでしょう。 ただ、合否に自信がない場合や合否ギリギリのラインにいると考えている場合は、お礼状を送るのも有効な手段となる場合があります。 面接官によって受け取り方が異なるので、判断が難しいのですが、面接での印象などからも考えてみて下さい。 転職エージェント経由で面接を受けた場合のお礼状は? 転職エージェント経由で面接を受けた場合は、同じ転職活動でも少し状況が異なってきます。 というのも、基本的に転職エージェントを経由した場合は、面接の日程調節など、交渉事は全て転職エージェントが間に入り進めていく事になるので、企業と求職者が直接やり取りをする機会はほとんどないのです。 このような事情から、 お礼状も企業の人事部に直接送り届けるという事はしません。 そして、お礼に関しては、転職エージェントの担当者が面接官へと伝えてくれているので、失礼になるような心配もありません。 ただ、どうしても直接面接のお礼をしたいという場合は、その旨を転職エージェントに伝えてみましょう。 基本的には、「必要ないですよ」と言われてしまいますが、 時には融通を効かせて転職エージェントを通してお礼状を届けてもらえる事もあります。 そこで、今回は、最初に利用するべき2つの転職エージェントを紹介します。 この組み合わせが最も効率のいい転職活動に繋がりますよ! 在職中も退職後でも転職エージェントのサポートが転職成功のカギを握ります! リクルートエージェント 業界最多8万件の未公開求人があり、多方面の業界に強いのが特徴です。 「こんな職種で、こういった希望がある」など、事細かな要望にも応えてくれるでしょう。 まずは、登録しておきたい転職エージェントです。 マイナビエージェント 転職エージェントとしての歴史が長く 企業とのパイプが強いという特徴を持っています。 また、職種別に特化したサービスを展開しているというのも一つの特徴で、きめ細やかなサービスを受けられます。 最終的に転職エージェントのプッシュで内定が決まる事もありますので、是非とも登録して求人を確認してみましょう。

次の

転職エージェントからのメールは返信するべき?ケース別に例文も紹介!

転職エージェント お礼

面談前の準備 履歴書・職務経歴書を提出する 面談に行く前に履歴書や職務経歴書の作成をしておきましょう。 これまでの職務経歴や自分の強みを転職エージェントにわかりやすく伝えることができます。 また、メールで履歴書や職務経歴書のデータを面談前までに送ってください。 データで送れば今後の履歴書や職務経歴書作成を省略することも可能となります。 転職エージェントのサイト上でデータ入力をする場合は、履歴書や職務経歴書に書いている内容をベースにしっかりとデータ入力をしてください。 「」「」も参考にしてください。 転職の希望条件を伝えておく 転職の希望条件も面談前までに伝えておきましょう。 面談前に伝えることで面談時に希望条件に合った求人を紹介してもらいやすくなります。 また、面談のときに希望条件を考えると全ての条件が出てこないこともあります。 後悔のない転職をするために、希望条件を明確にしておきましょう。 面談に必要な持ち物を準備する• 履歴書・職務経歴書• 筆記用具• A4用紙の入るカバン 面談に必要な持ち物は上記となります。 自分用の履歴書・職務経歴書も準備しておきましょう。 添削時に役立ちます。 また、面談中にメモをすることもあるので筆記用具は忘れないようにしてください。 さらに、面談中に求人票や資料を渡されることも多いのでA4用紙が入るカバンも忘れないでください。 服装はスーツ?私服? 服装はスーツでも私服でも構わないという転職エージェントが多いです。 そのため、会社がスーツ着用ならスーツでいいですし、私服着用なら私服でいいのです。 あまりスーツか私服か悩まないようにしましょう。 ただし、スーツを着用する場合はシワや汚れがないかチェックしましょう。 ノーネクタイでも構いませんが、ネクタイをすると好印象となります。 また、私服の場合は、あまり派手すぎない格好がよいです。 オフィスカジュアルに準じた服装にすると好印象となります。 「」も参考にしてください。 面談場所はどこ? 面談場所は基本的に転職エージェントのオフィス内の面談室となります。 大手転職エージェントはオフィスも立派なので基本的にオフィス内の面談室で行います。 また、中小転職エージェントやヘッドハンターであれば、転職希望者が面談しやすいようにカフェやホテルのラウンジなどで面談を行うことも多いです。 電話面談はできる? 転職エージェントに面談を受けに行く時間がない人や地方に住んでいる場合は、電話面談ができるケースがあります。 ただし、全ての転職エージェントが電話面談できるわけではないので注意しましょう。 「」も参考にしてください。 おすすめの面談時間帯は? 転職エージェントを利用する人は仕事をしていることがほとんどなので、あなたの時間に合わせてくれます。 平日であれば21時まで面談してくれる転職エージェントが多いです。 また、土日祝日も面談可能な転職エージェントも多いですし、営業時間外や自分が休みの日でも面談をしてくれる担当者もいます。 どこまで対応できるのかは面談日程を調整するときに確認してください。 「」も参考にしてください。 面談時間はどれくらい? 初回のキャリア面談は60~90分程度となることが多いです。 職務経歴や希望条件などを丁寧にヒアリングするのでそれなりに面談時間がかかります。 面談時間が90分以上になることも多いので、面談後にスケジュールは入れないようにしましょう。 また、面談時間があまりに短い場合だとこちらの希望条件が伝わっていない場合があります。 時間をかけて面談を行ってもらうようにしましょう。 遅刻しない 転職エージェントとの面談だからと甘く考えて遅刻してはいけません。 遅刻してしまうような人にいい求人を紹介する転職エージェントはいません。 仕事の都合などで予定時刻に間に合わないのであれば、電話やメールで遅刻してしまうことを必ず連絡してください。 人としての礼儀を守ることが重要です。 転職エージェントとの面談内容 転職エージェントでよくある面談内容の流れをみていきましょう。 自己紹介・サービス概要の説明 転職エージェントのキャリアアドバイザーから自己紹介をすることが多いです。 転職エージェントの会社としてのサービス概要や自分の得意分野などを教えてもらいます。 名刺を受け取ることがありますが、現在の会社の名刺を交換する必要はありません。 ビジネスマナーがないと思われてしまうので注意しましょう。 転職状況の確認 「いつまでに転職したいか」 「転職サイトの利用状況」 「他の転職エージェントの登録状況」 「求人への応募有無や選考状況」 など転職状況を確認することが多いです。 これらの質問を通じて転職の本気度や他社の転職エージェントに採用が決まってしまいそうかなどを確認しています。 また、「いつまでに転職したいのか」と質問されたときは、3ヶ月以内には転職したいと伝えるべきです。 半年や1年というような長いスパンだと転職意志が弱いと判断されてしまいます。 あなたの優先度も低くなってしまうので、できるだけ早く転職したいことを伝えましょう。 また、他の転職エージェントを利用しているなら正直に伝えましょう。 競合の転職エージェントに売上を取られないように必死に転職サポートをしてくれるようになります。 職務経歴や転職理由の確認 事前に提出した履歴書や職務経歴書のデータをもとに職務経歴の確認をしていきます。 どんな業種・職種でのキャリアがあり、どんな強みがあるのかなどをチェックしていきます。 また、転職理由についても確認されます。 本音ベースで答えることが必要ですが、ネガティブな本音はポジティブに言い換えるように注意してください。 「」も参考にしてください。 自分だけではポジティブな転職理由が作れないという人は、キャリアアドバイザーにアドバイスをもらいましょう。 希望条件の確認 「希望業種・職種」 「希望給与」 「残業・休日へのこだわり」 など転職に求める希望条件を確認されます。 具体的に希望条件を伝えることで希望に沿った求人を紹介しやすくなるからです。 求人紹介 希望条件に合致する求人があれば面談時に求人を紹介されます。 キャリアと希望条件次第で紹介数は変わるので、何十社と紹介されることもあれば数社しか紹介してもらえないこともあります。 面接対策や書類添削 面談時に時間の余裕があれば面接対策や書類添削を受けることも可能です。 ただ、実際はそこまで時間がないため、企業との面接実施前に行われることが多いです。 今後の進め方や連絡について 最後に今後の進め方や連絡手段について確認されます。 また、このタイミングで疑問に思っていることを質問することもできます。 これで転職エージェントの面談は終了となることが多いです。 面談の流れは転職エージェントによっても変わってきます。 以下のページも参考にしてください。 面談が終わったらお礼メールを送ろう 面談が終わって家に着いたら担当者にお礼メールを送りましょう。 面談者がお礼メールを送ってくることも少ないですし、お礼メールによるビジネスマナーや気遣いができる人だという印象を与えることができます。 転職エージェントも人間なので好印象を与えることで優先的に優良求人を紹介してもらいやすくなります。 ただ、面談後にお礼メールをしなかったからといって対応が悪くなるわけでもありません。 人間として礼儀を示すためにもお礼メールを送りましょう。 「」も参考にしてください。 面談後のお礼メールの書き方例 以下に書き方例をご紹介します。 転職 太郎でございます。 本日はお忙しい中、面談の機会をいただき 誠にありがとうございました。 今後の転職活動に役立つアドバイスや様々な 求人をご紹介いただき重ねて御礼申し上げます。 引き続き転職支援をいただければと 考えております。 引き続き、何卒よろしくお願い致します。 転職 太郎 転職サイトでは面談は受けられないことに注意 転職サイトに登録したら転職エージェントと同じように面談を受けられると考えている人もいますが、転職サイトに登録しても面談や電話面談を受けることはできません。 「」も参考にしてください。 まとめ 転職エージェントと面談するときに履歴書・職務経歴書のデータを準備し、希望条件を明確にしておきましょう。 また、当日のキャリア面談では早く転職したいことを伝え、転職意志が強いことをアピールしましょう。 さらにネガティブな本音はポジティブに言い換えることで悪印象とならないようにしましょう。 転職エージェントとの面談で好印象を与えることでいい求人を紹介してもらえるようになります。 転職エージェントとの面談は全力で挑みましょう。 おすすめの転職サービス 4. 9 32歳までにおすすめの転職サービス! 転職エージェントランキング1位 4. 8 求人数が豊富な転職エージェント! 転職エージェントランキング2位 4. 5 転職サポートが無期限で手厚い!.

次の

転職エージェントにお礼は必要?面談、面接、内定後にお礼をするべきなのか

転職エージェント お礼

「転職エージェントにお世話になったから、 お礼の気持ちを伝えたい……」 「企業に面接してもらった後に、 お礼って送ったほうが良いのかな……?」 この記事を読んでいるあなた。 こんな疑問をお持ちではありませんか? 少し恥ずかしいかもしれませんが、役に立った転職エージェントや面接してくれた企業には、 素直なお礼の気持ちを伝えましょう。 この記事では、 あなたの転職活動のステップに応じた お礼メールの書き方を、3つの例文も交えて解説。 コピペしてOKなので、あなたなりにアレンジして活用してくださいね。 後半では、 転職エージェントや企業と 良い関係を築くポイントを6つご紹介します。 この記事を読んで、転職エージェントや企業と良い関係を築いていけば、 あなたの転職はきっと上手くいくはずですよ。 なお、 この記事は「キャリアコンサルタント」の国家資格を持ち、実務経験もある専門家の方に監修をしていただいております。 マイナビエージェントの担当者は、転職希望者を無事に内定までサポートするのが「仕事」ですから、 基本的にお礼は必要ありません。 しかし、あなたが転職活動中にお世話になったと強く感じ、 感謝の気持ちを伝えて頂くことは、もちろん問題ありません。 このように、基本的に転職エージェントへの気遣いは必要ありません。 ですが、感謝の気持ちを伝えられると、転職エージェントもやはり嬉しくなるものです。 もしあなたに「転職エージェントにはいろいろお世話になったな……」という気持ちがあるなら、ぜひお礼を伝えてみましょう。 企業へは転職エージェントを通してお礼の気持ちを伝える 一方、転職エージェントを通して あなたと面接をしてくれた企業に対しては、 担当のコンサルタントを通してお礼をしておきましょう。 求人企業とのやり取りはエージェントが一括して行っています。 面接の後にも企業とエージェントとのやり取りが行われるのですが、その際に求職者側からお礼を伝えてもらうことができます。 率直な感謝の気持ちを企業に伝えてもらうことで、あなたに対する企業の印象を良くすることができます。 企業にもよりますが、 選考結果にも良い影響があるかもしれません。 お礼はメールで送ろう 転職エージェントや企業へのお礼は、メールで送るようにしましょう。 メールであれば、 相手の都合の良い時間に確認してもらえるので、相手に迷惑をかけることなくお礼の気持ちを伝えることができます。 逆に、 電話での連絡はおすすめしません。 緊急性の高いことではありませんし、相手の時間をこちらの都合で奪ってしまうことになります。 はがきを書くのも有効 ちなみに、 はがきでお礼状を作って送るのも有効な手段です。 メールと同じように、相手の都合に合わせて見てもらえますし、昨今ははがきでお礼状を書く人は多くないので、転職エージェントや企業に対してより強い印象を残すことができます。 監修者によるワンポイントアドバイス はがきの場合は、到着に時間が掛かります。 面接が終わった当日か、翌日の午前中には投函しましょう。 【例文つき】転職段階別・送ると良いお礼メール 転職エージェントや面接を受けた企業へのお礼をしたほうが良い理由は、お分かりいただけましたか? ここからは「 実践編」として、 あなたの転職活動の段階に応じた お礼の送り方 や 注意すべきポイント をお伝えしていきます。 お礼メールを送ると良い3つのタイミング 転職活動の大まかな流れを図にすると、下のようになります。 あなたはどのステップにいらっしゃいますか? ( をもとに筆者作成) このステップの中で、お礼メールを送ると良いタイミングは、 赤い吹き出しで示した3つです。 あなたの転職活動の段階に応じて上のリンクを押すと、詳しく解説している部分へジャンプできますよ。 転職エージェントとの初回面談後 まずは、転職エージェントとの初回面談を終えた後に、 担当してくれたコンサルタントの方に宛ててメールを送りましょう。 このタイミングでメールを送れば、 コンサルタントの「 この求職者をサポートしよう!」という思いが強くなり、モチベーションが上がります。 また、 「この人はマメで誠実な人だから、 大事な企業を紹介してもうまくやってくれそうだ」と思い、より良い求人を紹介してくれる可能性もあるのです。 簡単な内容でかまいませんので、メールを送るようにしましょう。 伝えるポイント 転職エージェントとの初回面談後に送るメールの内容は、以下の 2つです。 時間を割いて面談してもらったことへの お礼• 面談を通しての 気づき、学び できるだけ、 面談をした当日中に送ることを心がけましょう。 メールをすぐに送信することと、「できるビジネスマンだな」という印象を与えることもできます。 本日面談させていただいたキャリア太郎と申します。 本日はお忙しいところ、面談のお時間をいただきまして誠にありがとうございました。 ~~様との面談を通して、転職にあたって不安な点を解消することができました。 面談にてご指摘いただいた「志望動機が甘い」という点については、 自分なりに考えをまとめ、来週までにご連絡させていただければと思います。 今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。 企業との面接後 企業との面接、お疲れさまでした。 手応えはいかがでしたか? あなたの面接をしてくれた企業の面接官(あるいは人事担当の方)に対して、感謝の気持ちを伝えましょう。 前半でもご説明したように、転職エージェントを利用している場合、求人企業とのやり取りはエージェントが一括して行っています。 面接の後に企業と転職エージェントとの間でやり取りが行われるので、そこで 企業に対してお礼の気持ちを伝えてもらうよう、コンサルタントの方にお願いしましょう。 伝えるポイント 企業へのお礼メールでおさえておくポイントは次の 3つです。 求人企業に お礼の気持ちを伝えてほしい旨• 面接のために時間を割いていただいたことへの お礼• 面接での 学びや感じたこと こちらも、 面接があった当日中に送ることを徹底します。 くどくどと長くなりすぎないように、シンプルにまとめましょう。 キャリア太郎と申します。 この会社で仕事をしたいという気持ちがよりいっそう強くなった次第です。 お手数をおかけして申し訳ありませんが、何卒よろしくお願いいたします。 内定して転職活動を終えるとき 内定おめでとうございます!転職活動も一区切り、といったところですね。 身内や友人だけでなく、転職活動をサポートしてくれた 転職エージェントの担当コンサルタントに対しても、忘れずに感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。 伝えるポイント 内定後に伝えることは、以下の2つです。 期間中にサポートしてもらったことへの 感謝• 「 この先相談することがあればよろしくお願いします」という旨 そこまで堅い文章を送る必要はありません。 あなたの思いの丈を綴りましょう。 キャリア太郎と申します。 この度は、~~様に御礼をお伝えしたくて、メールさせていただきました。 2ヶ月の間、私の転職活動のサポートをしていただき、誠にありがとうございました。 はじめはキャリア像がぼんやりしていた状態でしたが、~~様の的確な助言のおかげで、目指す方向性を見つけることができました。 これからは、株式会社キャリアの海にて勤務することとなります。 今から、出勤が非常に楽しみです。 今後、キャリアについてまた考える際には、~~様にご相談させてください。 今後とも、よろしくお願い申し上げます。 こまめにお礼をすることで、あなたと転職エージェント・企業との間に良い関係を築くことができますが、 お礼以外にも 良好な関係を築くためにおさえておきたいポイントがあります。 ここでは、大切なものを6つご紹介します。 どれも大切ですので、しっかり頭に入れておいてくださいね。 社会人としての最低限のマナーを守る 企業との面接はもちろんのこと、転職エージェントとの面談のときにも、最低限のマナーはきちんと守りましょう。 企業の面接官も、転職エージェントも、あなたと同じ人間です。 社会人としての基本的なマナーができていない人を「採用しよう」「応援しよう」とは思いません。 転職する時期を明確に伝える 転職エージェントとの初回面談のときに、転職する時期を明確に伝えましょう。 こうすることで、転職エージェントからの優先度は一気に上がります。 転職の希望時期が半年より先になると、転職エージェントからの優先度は低くなり、 対応を後回しにされてしまうこともあります。 経歴やスキルにウソをつかない 転職エージェントとの面談のとき、経歴やスキルのウソはつかないようにしましょう。 経歴詐称は企業の「解雇理由」に該当する内容ですので、せっかく 転職した企業から解雇されてしまうかもしれません。 十分に注意しましょう。 前向きに転職したい意欲を伝える 転職エージェントに対して、転職する意欲を伝えることも大切です。 転職エージェントは、長い間働いてくれる人を企業に紹介することを目的としています。 あなたが入社してすぐに会社を辞めてしまうと、転職エージェントは企業に紹介料を返金しなければならない契約になっています。 ですので、経歴やスキルで少し不足な点があっても、やる気や意欲の強い求職者を優先的にサポートするのです。 コンサルタントに対して意欲や熱意を伝えるために、「 なぜ転職したいか」「 どんなキャリアを歩みたいか」ということを言えるようにしておくと良いですね。 キャリアを考える際に職務経歴書を作ってみよう キャリアを考える際には、一度職務経歴書を書いてみることが効果的です。 下記の記事を読みながら、あなたの考えを整理しておきましょう。 特に、「」の部分をしっかり読んでみてくださいね。 面談に遅刻しない 当たり前ですが、企業の面接や転職エージェントとの面談に遅刻するのはご法度です。 面談に遅刻してしまうと、「この人は日頃から遅刻が多い人なのではないか……?」と思われてしまい、悪い印象を持たれてしまいます。 電車の遅延などで どうしても遅れてしまう場合は、 必ず面接・面談前に電話で連絡するようにしましょう。 自分の名刺は渡さない これは意外とやってしまいがちなミス。 企業との面接や転職エージェントとの初回面談で、自分の現職の名刺を渡すことはおすすめしません。 現職の名刺は現職の会社から業務のために支給されているものです。 転職活動などの業務外で配布すると、 社会人としてのリテラシーが低いと判断されてしまいます。 いつものクセでうっかり渡してしまわないよう、気をつけましょう。 お礼で転職エージェントや企業と良い関係を築こう 転職エージェントも、求人企業も、あなたと同じ人間です。 転職エージェントや求人企業に良い印象を持ってもらい、良好な関係を築いていくことが、転職成功の第一歩と言えます。 「お礼」で、他の転職者と差をつけていきましょう!.

次の