あんしん スキャン 終了。 ドコモあんしんスキャンとは?必要の判断といらない場合の停止方法

ドコモのあんしんスキャンでスマホのセキュリティ対策!機能と使い方を解説

あんしん スキャン 終了

まずは無料のウイルス検出機能から さまざまなルートから侵入するウイルスを検出します。 セキュリティスキャンのみをご利用中の方は、より強固なセキュリティ対策をおすすめします 無料のセキュリティスキャンに加え、以下機能も有料でご用意しています。 多様化するインターネットの脅威からスマートフォンを守るため、ぜひご利用ください。 頻出する危険サイトの被害に備えて フィッシングサイトなど危険なサイトへのアクセスを警告し、ブロックします。 ご参考: 個人データを送信するアプリを知りたいときに インストールしているアプリが、位置情報などの個人データを外部送信する可能性があるかどうかを確認することができます。 Wi-Fiで安全な通信をするために 通信内容の盗み見や個人情報の漏えいが疑われるWi-Fiスポットへの接続を警告し、ブロックします。 新着情報 2020年4月21日(火曜)アプリアップデート実施 【更新内容】• 軽微な修正(品質向上のための修正) 本アプリは2020年6月(予定)に、提供終了を予定しております。 今後は新アプリ(あんしんセキュリティ)のご利用をお勧めしています。 あんしんセキュリティの最新バージョンはからダウンロードできます。 【アプリバージョン】 Ver. 1376 【配信方法】 ドコモアプリ配信基盤(docomo Application Manager) 【アップデート対象】 Android TM 5. 1以上のドコモ スマートフォン・タブレット お知らせ あんしんセキュリティアプリ(Android)との機能統合について あんしんセキュリティアプリのご利用には、別途あんしんスキャンアプリとあんしんナンバーチェックアプリのインストールが必要でしたが、2019年10月16日以降、あんしんセキュリティアプリのみでご利用いただけるようになりました。 リニューアル後のあんしんセキュリティアプリをご利用いただくにあたり、インストール済みのあんしんスキャンアプリ・あんしんナンバーチェックアプリがある場合は、両アプリの削除(アンインストール)が必要となります。 2020年6月(予定)より、「あんしんスキャン(Android版)」「あんしんナンバーチェック(Android版)」は両アプリの提供を終了し、サポート・動作保障対象外となります。 詳細については、「」をご確認ください。 Android TM 9をご利用のお客さまへ あんしんスキャンアプリが最新でない場合、アプリ起動後に「USBデバッグが接続されているためご利用できません。 USBデバッグを解除して、あんしんスキャンを起動してください。 (Code:0201)」という画面が表示される場合があります。

次の

安心できない “あんしんスキャン” の代替スマホアプリ

あんしん スキャン 終了

ウイルス感染での被害 まずは、スマホがウイルスに感染したときにどのような被害を受ける可能性があるのかということを解説していきます。 個人情報の流出 スマホがウイルスに感染した際に最も避けたいことは、個人情報の流出です。 ウイルスの感染によって、スマホでログインしたオンラインショッピングなどのアカウント情報が、盗まれる可能性があります。 また、本人しか知りえないIDやパスワードなどの情報だけでなく、クレジットカードの番号や暗証番号なども流出する恐れがあるため、ウイルス感染には細心の注意が必要です。 スマホは、プライベートな情報がたくさん詰まったツールであるため、スマホ内に登録した連絡先を通じて、家族や友人にまで感染を拡大される可能性が高くなります。 金銭的な被害 電話による「オレオレ詐欺」や「アポ電詐欺」など、詐欺に関するニュースがかなりの頻度で報道されています。 スマホのウイルス感染では、ほかの詐欺と同様に金銭的な被害が生じます。 ウイルスによっては、指定したアプリをインストールするように誘導し、高額な金銭的被害を受ける可能性があります。 これらのアプリは、いわゆる「不正アプリ」と呼ばれるもので、インストールするとクレジットカード情報などを盗まれ、後日、高額な料金が請求される恐れがあります。 その際には、スマホ代の請求が高額になるため、月々のスマホ料金をきちんとチェックすることをルーティンにして、ウイルス感染の被害に遭っていないことを確認するとよいでしょう。 ウイルス感染でのスマホの変化 次に、スマホがウイルスに感染したときに、スマホにどのような変化があるのかということを解説していきます。 これを知っておくことでウイルスに感染したときに早期発見ができるようになります。 被害を最小限に抑えるために、ぜひ覚えておいてください。 スマホの動作が遅くなる スマホを利用する場所の通信環境によっては、WEBサイトが開きにくいなど、動作が遅くなる場合もあります。 また、スマホがウイルスに感染した際も、動作が遅くなるという症状が現れます。 スマホの動作が遅いときは、複数のソフトやプログラムが、本人の操作とは無関係に起動している証拠です。 そのため、ネットやアプリを起動していないにもかかわらず、データ通信を多く消費している場合は要注意です。 このほかに、インストールした覚えのないアプリがインストールされている場合は、ウイルスに関連したアプリの可能性が考えられます。 電源が勝手に切れる Androidでは、OSのバージョンアップの際に、電源が勝手に落ちるという現象が起こる場合があります。 これは、電池パックの寿命やデータ容量の不足が、原因として挙げられます。 このような場合は原因がはっきりしており、ウイルスによる感染ではないことが確認できます。 ただし、操作をしていないのに電源が落ちたり、勝手に再起動したりするようであれば、ウイルスに感染している疑いがあります。 さらに、故障や劣化でも同様の症状が起こる可能性もあるため、キャッシュを削除したり、電池パックを交換したりしても症状が消えない場合は、ウイルス感染を疑ってみましょう。 ドコモ あんしんスキャンとは 2018年に、メディア環境研究所が公表した「」では、スマホ所有率が79. このような状況の中、ドコモでは「あんしんスキャン」というサービスを提供し、安心で安全なスマホライフに向けた対策をしています。 ドコモ あんしんスキャンの詳細 あんしんスキャンとは、スマホを安全に使用するための機能です。 月額料金はかかりますが、専用のアプリをインストールするだけで使用できます。 あんしんスキャンの主な機能は、以下の通りです。 ウイルス検出機能• 危険サイト対策機能• 個人データ確認支援機能• 危険WiFi対策機能 セキュリティスキャンで危険なウイルスを検出し、ユーザーに通知します。 危険サイト対策機能として、セーフブラウジングを行い、危険なWEBサイトを検出してユーザーに通知します。 スマホの普及とともに、企業や個人が開発した数多くのアプリが出まわっているため、プライバシーチェックでアプリの個人データ確認します。 さらに、誰でも自由に使用できるフリーWiFiが各所に設置されている中、セーフWiFiで危険なWiFi対策を行います。 このうち、セキュリティスキャンの「ウイルス検出機能」については、申し込みは不要で無料で利用できます。 その他の機能については、「あんしんセキュリティ」に加入し、月額200円 税別 で利用できますが、初回の31日間は無料となっているため、お試しで利用してみるのもよいでしょう。 お試しであんしんスキャンを利用したい場合は、月額350円 税別 で利用できる「あんしんセキュリティ 30日コース 」をアップルストアで購入できます。 従来は、ウイルス検出機能、危険サイト対策機能のみに対応していました。 しかし、2012年10月に個人データ確認支援機能を追加し、2017年12月に危険WiFi対策機能の追加を経て、現在の形となっており、ネットセキュリティ対策がより一層強化されています。 ドコモ あんしんスキャンの機能 あんしんスキャンは、ドコモのスマホユーザーにとっては、心強いネットセキュリティ対策だといえます。 危険なウイルスを検出する機能など、主に4つの機能が働きますが、機能によっては無料と有料のものがあります。 ウィルス対策のセキュリティスキャン あんしんスキャンには、ネット上の危険なウイルス対策として、セキュリティスキャンという機能があります。 この機能は無料で利用でき、スマホ本体やSDカードなど、外部メモリ内のファイルやSMSをスキャンし、ウィルスを自動検知します。 この機能は、アメリカのコンピュータセキュリティ会社が開発した「McAfee」と連携しており、安全性の高いセキュリティ対策だといえるでしょう。 セキュリティスキャンを利用するためには、専用のアプリをインストールする必要があり、さまざまなアプリをインストールする際にも、自動でスキャンするので安心です。 危険サイトを防ぐセーフブラウジング ネット上には安心なWEBサイトだけでなく、個人情報を奪うことを目的としたフィッシングサイトや、ウイルス配布サイトのような、危険なWEBサイトが存在することが現状です。 最近でも、大手宅配業者を装ったメールが送信され、促されるままにURLにアクセスすると、スマホ内の情報を奪われたり、遠隔操作されたりするなどの被害が報道されています。 しかし、セーフブラウジング機能を利用すると、危険なWEBサイトをチェックするため、このような被害を未然に防げます。 ただしこの機能は有料で、「あんしんセキュリティ」への申し込みが必要です。 あんしんセキュリティとは、ネット上の脅威からスマホの情報を守るために、ウイルス対策や危険サイトの検出など、4つの機能を網羅したセキュリティサービスのことを指しています。 これらの機能に加えて、「迷惑メールだと判断したアドレスから送信されるメールを、自動でブロックする機能」や「危険性の高い電話番号や個別に迷惑電話として登録した電話番号からの着信に対し、自動でブロックする機能」が利用できるなど、あらゆるセキュリティを網羅したオプションです。 個人データを守るプライバシーチェック オンラインショッピングは、WEBサイトからも利用できますが、アプリから利用できるECサイトやショッピングサイトもあり、商品の閲覧や購入に便利です。 しかし、ダウンロードしたアプリの中に危険なアプリが入っている可能性も0ではありません。 プライバシーチェックは、ここ数年で飛躍的に利用頻度が増えている、アプリに対するセキュリティ機能です。 この機能は、個人データを送信する可能性があるアプリを検知し、危険の有無をユーザーに通知します。 プライバシーチェックの利用には、有料の「あんしんセキュリティ」への申し込みが必要です。 WiFiを安全に利用するためのセーフWiFi 近年は、データ通信量を気にすることなく利用できる「ホームWiFi」や、主要駅などに設置された「フリーのWiFiスポット」が普及し、ネット環境が整備されています。 あんしんスキャンのセーフWiFiは、WiFiを安全に利用するために、2017年12月から新たに追加された機能です。 フリーWiFiは、アクセスポイントを設定すれば誰でも自由に使用できるため、通信内容の改ざんや盗み見の可能性もあります。 セーフWiFiは、危険な可能性のあるWiFiスポットに接続すると、警告画面でユーザーに知らせます。 ただし、セーフWiFiを利用するためには、プライバシーチェックやセーフブランジングと同様に、有料の「あんしんセキュリティ」への申し込みが必要です。 ドコモのスマホやタブレットに対応 あんしんスキャンは、危険なネット環境から大切な情報を守ってくれる心強いサービスです。 対応機種は、ドコモのスマホ、タブレット、ケータイ、らくらくホンと幅広く対応しています。 スマホに関しては、2015-2016冬春モデル以降に発売された機種に対応しており、よほど古い機種でない限りは、対応しているので安心です。 スマホの普及や時代と共に、新たなウイルスが確認されており、いつどこで個人情報を奪われるかわからないことが現状です。 ウイルスに感染すると、自分だけでなく家族や友人にまで影響を及ぼす可能性もあるため、確固たる対策が求められるといえるでしょう。 なお、あんしんスキャンの申し込みは、お手持ちのパソコンやスマホから簡単にできますが、電話やドコモショップなどでの申し込みも受け付けています。 ドコモ あんしんスキャンの利用方法 あんしんスキャンの機能を全て利用するためには、申し込みをして月額料金を支払わなければなりません。 利用にはアプリのインストールが必要ですが、スマホとケータイで設定方法が異なります。 あんしんスキャンの使い方 あんしんスキャンの申し込みが完了したら、専用のアプリをインストールし、初期設定をします。 ここでは、スマホであんしんスキャンを利用する際の方法について、順に解説していきます。 アプリをインストール まず、スマホ画面にある「GooglePlay」のアイコンをタップして開きます。 右上にある検索窓に「ドコモ あんしんスキャン」と入力し、該当のアプリを検索します。 検索結果一覧で、ドコモのあんしんスキャンであることを確認できたら、アプリのインストールを開始します。 ちなみに、アップルストアでは、「あんしんセキュリティ」という名前になっているため、それをインストールしましょう。 初期設定をする アプリをインストールしたら、スマホ画面にインストールされた「あんしんスキャン」のアイコンをタップし、初期設定に進みます。 起動画面に続いて、「アプリケーション・プライバシーポリシー」の画面に移り、内容を確認します。 その後、「同意する」にチェックを入れ、「利用開始」をタップします。 ここからは、「次の画面へ」「OK」「許可」の順にタップして初期設定は完了です。 スキャン設定でウィルス感染を調べる 初期設定が完了したら、スキャン設定でスキャンの頻度や、時間を細かく設定していきます。 まずは、あんしんスキャンを起動して「設定」「セキュリティスキャン」の順にタップして進みます。 自動スキャンの設定画面に移ったら、「スケジュールスキャン」をタップして無効から有効に設定します。 次の画面では、スキャンの「間隔」「曜日」「時間」がそれぞれ設定できます。 手動でもスキャン可能 あんしんスキャンは、アプリを利用すると設定した頻度で自動で実行されますが、自分が思いついたときに手動で実行もできます。 手動の場合、まずはあんしんスキャンのアプリを起動し、「セキュリティスキャン」をタップします。 次の画面では、「今すぐスキャン」と「今すぐ更新」という選択肢が表示されるので、「今すぐスキャン」をタップして手動で実行します。 スキャンが終了すると、スキャンされた項目とスキャンに要した時間が、画面に表示されます。 セーフブラウジングの設定方法 あんしんスキャンでは、フィッシングサイトやウイルス配布サイトのような、危険なWEBサイトを検出してユーザーに知らせるセーフブランジング機能があります。 この機能の設定は、アプリ上にある「ユーザー補助」の設定画面から行います。 まずは、「設定を開始する」をタップして、ユーザー補助に進みます。 ユーザー補助では、パスワードの音声出力やテキストの読み上げなどが設定でき、「あんしんスキャン」をタップしてオンに設定します。 ただし、セーフブランジングの設定は、有料の「あんしんセキュリティ」契約者のみが対象になっています。 ドコモ あんしんスキャンの解約方法 あんしんスキャンに申し込んだ場合、大事なスマホをネットウイルスからの脅威から守るためにも、継続しての利用がおすすめです。 ただし、所定の手続きを踏めばいつでも解約できます。 通常の手続き あんしんスキャンの解約は、最寄りのドコモショップやdメニューから、簡単に手続きできます。 手続きする場所によって、以下のように方法が異なります。 ドコモショップで手続きをする あんしんスキャンを解約する際には、最寄りのドコモショップで手続きできます。 ただし、近年はスマホの普及率に伴い、ドコモショップでの待ち時間が長期間に及ぶケースが発生しています。 そのため、手続きするまでの待ち時間がかかることを避けるために、来店予約の利用をおすすめします。 来店予約は、希望した日時と時間にドコモショップに行けば、スムーズに手続きに進めます。 来店予約の方法は、ドコモマイショップサイトやMy docomoから手続きでき、変更やキャンセルも受け付けています。 dメニューで手続きをする dメニューを利用して解約する場合、スマホの画面上にあるdメニューの「お客様サポート」から「各種お申込・お手続き」に進みます。 ページ内にある「ドコモ あんしんスキャン 追加機能 を解約する」にチェックを入れ、確認メールの送信先を選択します。 9ページの下部にある「お手続きを完了する」をタップすると、解約手続きが完了します。 インフォメーションセンターに電話をして手続きをする 電話を利用して解約する場合、ドコモのスマホからは局番なしの「151」、一般回線からは0120-800-000にダイヤルします。 音声ガイダンスに従って操作し、オペレーターに繋がったら解約を申し出て手続きは完了します。 このインフォメーションセンターは年中無休での対応となっていますが、午前9時から午後8時までと受付時間が決まっています。 解約する際には、ドコモの契約時に設定した「ネットワーク暗証番号」が必要になるため、事前に確認しておくようにしましょう。 また、インフォメーションセンターは、問い合わせが殺到するなどして、繋がりにくいというケースが発生しています。 このような場合、ドコモショップの来店予約のように、インフォメーションセンターに「コール事前予約」できます。 このサービスを利用すると、優先的にオペレーターに繋いでくれるため、手続きを電話で速やかに済ませたい方におすすめです。 コール事前予約には専用ダイヤルが設けられており、局番なしの「 8515」の利用やMy docomoからも事前予約できます。 あんしんスキャン30日コースを解約する方法 アップルストアから購入した「あんしんセキュリティ30日コース」の場合、通常のあんしんスキャンとは解約方法が異なります。 アプリを停止する あんしんスキャン30日コースの解約は、アプリをアンインストールすれば自動的に解約になる訳ではなく、以下のような手順で進めていきます。 Apple Storeを開く• 解約したいアプリを選択し、登録をキャンセルする• 確認 まずは、Apple Storeを開いてアカウント画面に移ります。 ページ下部にある「登録」に続いて「あんしんスキャン」を選択します。 次に「登録をキャンセルする」に進み、「確認」を選択して解約手続きが完了します。 次の請求日の24時間前までに解約する 通常のあんしんスキャンの場合は月額料金制で、解約した際には日割り計算されて請求される仕組みです。 しかし、あんしんスキャン30日コースは、1カ月ごとの自動更新という仕組みなので、当月中に課金を停止したい場合は、次に課金される日の24時間前までに解約しなければなりません。 なお、あんしんスキャン30日コースを月の途中で解約した場合も、日割り計算はされませんが、期間内であれば利用は継続できます。 ドコモ あんしんスキャンに関する注意点 あんしんスキャンを利用する際には、アプリの実行によって、SDカードへの負荷や電池の消費量が著しい場合もあり、以下のような点を心得ておく必要があります。 SDカードに負荷がかかる場合がある スマホの中には、「SDカードスロットル」という機能を備えた機種もあり、スマホ内のデータをSDカードに移せるなど、ストレージ容量を増やせるというメリットがあります。 しかし、あんしんスキャンを利用する際に、SDカード内のデータに過度にアクセスすることが原因で、SDカードの損傷を引き起こしてしまう可能性があります。 SDカードに関連したトラブルが起きた場合、一旦アプリを無効化し、様子を見るようにしましょう。 ただし、SDカードの対応は機種によって異なるため、注意が必要です。 電池消費量に注意 スマホは、音声通話とメール送信をメインに使用する時代は終わり、InstagramなどのSNSや動画配信サイトの視聴など、スマホの利用シーンは格段と増えてきました。 それに伴い、データ通信を長時間使用する機会も増えていますが、使用量に伴って電池の消費も早くなります。 しかし、スマホ未使用時に電池消費が著しい場合は、あんしんスキャンが起動していることが原因の可能性が高いでしょう。 したがって、スマホの使用頻度に比例して電池消費が著しいと感じたら、アプリのスキャン設定にて、スキャンが実行される間隔を変更すると改善が望めます。 なお、アプリをインストールしたままの初期状態では、スキャンの間隔が「毎日」に設定されています。 スマホ通知欄にアイコンが表示される スマホの通知欄には、電波状況や電池残量などの常駐アイコンが表示されています。 あんしんスキャンを利用中は、独自のアイコンが表示されて、煩わしいと感じている方も多いのではないでしょうか。 このアイコンは、専用アプリの設定で通知欄のアイコンを非表示にできます。 まずは、ドコモあんしんスキャンのアプリを起動し、メニューキーに進みます。 次に「アイコン」「表示しない」の順にタップすれば、設定が完了します。 あんしんスキャンのアイコンが表示されていると、ウイルスを検出したのではないかと不安になりがちですが、アプリをインストール後、初期設定と同時に、アイコンの表示有無の設定をしておけば安心です。

次の

【配信終了】ドコモ あんしんスキャン

あんしん スキャン 終了

あんしんセキュリティって月額いくら!? ドコモのあんしんセキュリティは、あんしんネットセキュリティの頃から特に月額料金は変わっていません。 月額200円です。 ただ、ポータルアプリのダウンロードや一部サービスは無料のままでも利用することができますので、とりあえずダウンロードしておくことをお勧めします。 ちなみにこのあんしんセキュリティを含む あんしんパックは、月額料金が利用機種によって異なるんですね。 これ結構面倒なポイントです。 どうしてそういうことになるのかというと、あんしんパックを構成するサービスの中で、あんしんセキュリティとは利用機種を選ばず料金は共通なんですけど、唯一、 ケータイ補償サービスが利用機種によって料金が大きく変わっちゃうんですね。 なので、ケータイ補償サービスの料金によって、あんしんパックの料金も変わってしまうってこと。 これはちなみに、あんしんパックプラスの場合も全く同じ。 あんしんパックプラスはあんしんパックにネットトータルサポートをさらに追加させたパッケージングサービスです。 当然月額料金はその分高くなります。 その辺りについては、細かくなるので、あんしんパックの記事ででもまた別に解説しますね! スポンサーリンク あんしんセキュリティの代表的6つの機能 あんしんセキュリティは、あんしんネットセキュリティからの名称変更と同時に、ポータルアプリの提供を開始しています。 当初、対応しているのはAndroidスマホだけで、iPhoneでは対応していませんでしたが、2018年11月28日より、「あんしんセキュリティアプリ(iOS版)」の提供が開始されました。 以下、引用します。 2018年11月28日(水曜)より、「ドコモ あんしんスキャン(iOS版)」と「あんしんナンバーチェック(iOS版)」を統合した新アプリ「あんしんセキュリティ(iOS版)」を提供開始いたしました。 これに伴い、あんしんスキャン(iOS版)、あんしんナンバーチェック(iOS版)は提供終了いたします。 今後は「あんしんセキュリティ」アプリ(iOS版)」をご利用ください。 2018年12月11日(火曜)以降「あんしんスキャン(30日コース)」「あんしんナンバーチェック(30日コース)」は新たにご購入いただくことができなくなります。 2019年1月16日(水曜)以降「あんしんスキャン(iOS版)」「あんしんナンバーチェック(iOS版)」はApp Storeからダウンロードできなくなり、サポート・動作保障対象外となります。 あんしんセキュリティで提供される代表的な6つの機能は、上記アプリの画面にある通り、「スキャン」、「危険サイト」、「プライバシー」、「危険Wi-Fi」、「迷惑電話」、「迷惑メール」です。 それぞれ聞いただけでなんとなくイメージは湧くんじゃないかなーと思いますが、具体的なところも解説しておきますね! スキャン-ドコモあんしんスキャンと連携- ドコモあんしんスキャン、というアプリを見たことがある人は、もしかしたらいるかもしれません。 McAfeeとコラボしたセキュリティアプリですが、月額無料で セキュリティスキャンを実施してくれるので、インストールしておくだけでも価値はあります。 セキュリティスキャン機能では、リアルタイムでのウイルス検出機能だけでなく、あらかじめ指定したスケジュールに沿ったチェックも実施してくれ、 スマートフォン本体、microSDなどの外部メモリ内のファイルやメディアファイル、圧縮ファイル、SMSをスキャンしてくれます。 また、アプリインストール時にも自動的にチェックが入るため、安心してアプリを利用できます。 危険サイト-フィッシング詐欺等を防ぐセーフブラウジング- 大企業の公式サイトそっくりに似せた偽サイトなどが最近増えてきています。 そうした危険サイトをチェックしてくれるのが、セーフブラウジング機能です。 フィッシングサイト、ウイルス配布サイトなど、危険なサイトに迷い込む危険を回避してくれます。 私も最近、例の宅配会社を装ったメール、送られてきたんですよね。 怪しいと思ったのでURLを確認すると明らかに違ったので問題なかったんですが、そういう不正サイトも教えてくれる可能性が高まります。 ただ、100%ではないので、自分で疑う気持ちもしっかり持って、うのみにしてはダメですよ。 プライバシー-個人データ確認支援- あんしんセキュリティにおけるブライバシーチェック機能とは、位置情報や連絡先などの個人データに関与し、外部送信の可能性のあるインストール済みアプリをマカフィーの評価結果をもとにお知らせすることにより、アプリの利用判断をサポートしてくれます。 つまり、関係あるのかないのかよくわからないのに、位置情報や連絡先などの情報に触れにいく怪しいアプリを検知し、お知らせしてくれる、ということです。 その評価判断を元に、利用者はそのアプリを使うべきかやめるべきかを判断できるってことです。 スポンサーリンク 危険Wi-Fi-危険なWi-Fiの対策機能- Wi-Fiの電波は、近くにいる誰もが拾うことができます。 当然セキュリティがかけられているため通常は安心なのですが、中には悪意ある公衆Wi-Fiスポットがあることも。 そんなところにうっかり接続してしまうと、悪意を持って盗み見られたり、内容を改ざんされてしまったりする可能性があります。 そんな時に警告画面を出してくれるのが、この機能です。 迷惑メール-おまかせブロック機能- 迷惑メールおまかせブロックは、申し込みをしておくだけで自動的に迷惑メールを判定し、ブロックしてくれるという非常に便利な機能です。 ドコモ電話帳と連携することで、クラウド上の電話帳に登録されたアドレスからのみ受信をしたりすることもでき、安心です。 迷惑電話-あんしんナンバーチェック- あんしんナンバーチェックは、しつこいセールスなどの迷惑な電話や、詐欺・架空請求などの危険な電話と思われる番号からの発着信を事前にお知らせし、そうした電話を受けてしまう危険を防ぎます。 どんなに怖い電話も、事前にわかれば出なければいいのですから安心ですよね! あんしんセキュリティ・OS対応状況 あんしんセキュリティの各機能における、OSごとの対応状況をまとめておきます。 スマートフォン・タブレット ドコモ ケータイ(spモード) Android iPhone・iPad あんしんセキュリティアプリ 〇 あんしんスキャン セキュリティスキャン プライバシーチェック セーフブラウジング セーフWi-Fi 迷惑メールおまかせブロック データ保管BOXのウイルススキャン あんしんナンバーチェック あんしんセキュリティアプリについては2018年11月28日より提供開始されましたが、iPhoneの性質上、セキュリティスキャンとプライバシーチェック、セーフブラウジングについては非対応となっていますので、注意が必要ですね。 というより、 一番搭載されていて欲しい機能がiPhone版のあんしんセキュリティにはない、という判断もできます。 スポンサーリンク あんしんセキュリティは申し込んだがいい!? 結局あんしんセキュリティって申し込んだがいいの、どうなの!? って話ですが、もしAndroidスマホを利用しているのなら、申し込みをしておいた方が確実に安心なのは間違いないです。 iPhoneの場合はちょっと機能が限定されてしまうので、悩ましいところではありますね。 とりあえず、何も考えずあんしんパックを利用しておけば問題ないという話ではあるので、基本的にはあんしんパックを利用する方向で考えるのがいいのかなーと。 ただ、あんしんパックも最近は本当に高い! 高いんですよ。 最新Androidスマホで720円、最新iPhoneに至っては970円ですからね・・・。 補償とはいえ高い。 長期的にみるとばかりにならない出費です。 万が一故障したら諦めます・・・データも自分で何とかします・・・ってことなら、あえて申し込みしないのもありかもしれないです。

次の