高級 食パン の が み。 【大田原市】高級食パン専門店 記憶に刻め│2020年7月上旬にOPEN予定!場所やメニュー、予約可否は?岸本拓也さんプロデュース

【人気の高級食パン専門店ランキング7選】おすすめの食パンや味と食感についてもご紹介します♡

高級 食パン の が み

2020年オープンの「高級食パン専門店」8選!牛乳食パンや、東京初進出も【関東近郊】 2020. 26 2020年も、高級食パン専門店が続々とオープンしています。 牛乳食パン専門店から、東京初上陸のお店、二度見しそうなユニークなネーミングのお店など、多彩な顔ぶれです。 今回は2020年、関東近郊にオープンした「高級食パンの専門店」を8つご紹介します。 ぜひ好みのお店を見つけてくださいね。 牛乳食パン専門店 みるく【1月18日オープン・東京】 「牛乳食パン専門店 みるく」は、東京都足立区の老舗の牛乳屋がオープンする、食パン専門店。 水を使わず、こだわりの牛乳のみで焼き上げた「東京みるく食パン」がおすすめです。 甘み・コクのある香りと味わいに、もっちりふわふわのパンの耳までおいしいリッチな口どけが特徴的です。 そのまま食べるもよし、ミルクと相性のよいバターやジャム、クリームチーズなどを乗せて食べるのもよし。 様々な組み合わせで食パンの違った美味しさを体験することができます。 だきしめたくなるほど愛情が詰まったパンの提供がコンセプトで、商品や店舗のエキゾチックさが特徴です。 ココナッツシュガーの優しい甘みがクセになる、毎日食べたい新感覚のデイリーブレッド「口どけタイ」、生のバナナと卵、バターを贅沢に使用したふわふわ生地に、サンマスカットレーズンのほどよい酸味がバナナ甘みを引き立てる「バナナとブドウ」などのパンが揃っています。 でき上がった当日はもちろん、2日目は味が落ち着いて、より美味しく食べることができるそうです。 また、3月から販売される「だし巻き玉子サンド」は、東京・築地の玉子焼き専門店「つきぢ松露」とのコラボ。 さらに、世界最先端技術で作られた超高級贅沢水「特水528Hz水」を使用した、プレミアムな最高級食パン「特水 極美-きわみ-」にも注目です。 マチダベッカリーのパンは、北海道十勝産高級品種の超強力粉「ゆめちから」を使用しています。 単一品種では取り扱いが難しいとされているところを、3年かけて製品化に成功したそうです。 その他、どこを切ってもレーズンがたっぷり詰まった贅沢な生食パン「レーズン生食パン」も季節限定で登場。 ゆめちから100%で焼き上げた生食パンのもちもち食感と、レーズンの旨味が同時に楽しめます。 地域の方が「ゾッコン」になって「迷わず」一直線に来店してもらえるようなお店をめざしているそうです。 食パンは、乳酸菌の効果でしっとりキメ細かい生地が特徴です。 プレーンタイプが「迷わず口づけ」、レーズン入りが「プリンセスレーズン」で、パンのネーミングもユニークですね。 com 情報提供元/株式会社SUZU PR COMPANY 高級食パン専門店 嵜本【2月19日オープン・東京】 新宿の小田急百貨店「ハルク地下2階食料品売場(ハルクフード)」にオープンしたのは、百貨店初出店の「高級パン専門店 嵜本」。 卵・乳不使用ながら、風味たっぷりのコクのある食パンが特徴です。 「極葡萄食パン」は、関東エリアでは小田急でのみ販売となっています。 どちらも、2斤サイズのほかに1枚入りのパッケージがあり、ちょっと試してみたいときにぴったりです。 また、嵜本の食パンにあわせるのにおすすめな、こだわりの「ジュエルジャム」が16種類販売されています。 宝石の名前が付けられた色鮮やかなジャムは、大切な方へのギフトにもぴったりです。 com 情報提供元/株式会社小田急百貨店 高級食パン専門店 なま剛力スタジアム【2月15日オープン・群馬】 柔らかさ・力強さ・ライブ感を表現したインパクト抜群な店名を持つ「なま剛力スタジアム」2号店が群馬県にオープンしました。 ラインナップはプレーンの「剛力デラックス」とレーズン入りの「剛力プリンセス」。 こだわりの食材と製法にこだわった食パンは、食べた瞬間口の中に小麦の風味と甘みがひろがります。 また、併設されたイートインコーナーでは、プレーン食パンとジャムのセットが、ドリンク付きで楽しめます。 namagoriki. com 情報提供元/株式会社SUZU PR COMPANY 高級食パン専門店 生とサザンと完熟ボディ【2月22日オープン・神奈川】 神奈川県・茅ヶ崎にオープンしたのは、湘南のイメージと茅ヶ崎へのリスペクトが店名に込められた「生とサザンと完熟ボディ」。 発酵バターや、麺専用に開発された「46億年」の塩など高級食材を使用することで、キメが細かく口どけの良い食感とコクのある奥深い甘みを楽しめる食パンが完成。 「完熟ボディ」は水分たっぷりで発酵バター由来の芳醇な香り、「禁断の果実」はレーズンの甘みが口いっぱいに広がるそうです。

次の

真打ち登場

高級 食パン の が み

現場で奮闘する人たちの姿を通して、さまざまな経済ニュースの裏側を伝えるドキュメンタリー番組「」(毎週火曜夜10時)。 5月7日(火)は「膨らむ!"食パン"戦国時代」を放送する。 食パンブームと言われる昨今。 高級食パン専門店には連日大行列ができ、1本1000円近い商品でも飛ぶように売れている。 膨らみ続ける食パン市場... その知られざる戦いの現場を取材する。 繁盛する高級食パン店の仕掛人 朝8時半、東京・清瀬駅前の店には、開店前から行列ができていた。 そして、開店と同時に次々とお目当ての品を買っていく。 ここは、今大ブームを巻き起こしている高級食パン専門店で、その名も「考えた人すごいわ」。 お客から「今までの食パンと全然感覚が違う」と評判で、1本800円以上もする食パンが飛ぶように売れていく。 ほんのりとした甘さが特徴のこのパン、秘密は厳選された素材にある。 小麦粉はカナダ産の最高級品、バターは上質な国産品を使用しているが、一番のこだわりは岩手県産の自然海水塩を使っていること。 雑味のないパンの味に仕上がるという。 このこだわりと奇抜な店名で客の心をつかみ、昨年6月のオープン以来、毎日500本完売している。 この人気の裏には、ある仕掛け人の存在が。 群馬県・太田市にある新しい食パン専門店「なま剛力スタジアム」も、先程の店と同じ人物がプロデュースした。 レトロな少女漫画風のイラストが客を迎えるこの店は、パンの作り方も一風変わっている。 竹で叩くことで生地のガスが抜け、柔らかさと力強さが出るという。 口どけの良さにこだわった「剛力デラックス」(1本864円)は、開店から1時間すると初回の分が完売に。 2月のオープン以来、今も変わらず大盛況が続いている。 これらの人気店を手掛けたのは、ジャパン・ベーカリー・マーケティングの岸本拓也社長。 店のオーナーのために売れるパン屋をプロデュースしている。 「何だろうと思わせた方が、そこから楽しさが展開していく」と話す岸本さん。 例えば、「でぶぱん」と名づけた店はコッペパンの専門店。 その他、クリームパン専門店など、進行中のものを加えると約100店をプロデュースし、そのすべてが大人気になっている。 ジャパン・ベーカリー・マーケティングでは、今年は新たに40店ほどを手掛ける予定だが、その半数が食パン専門店だという。 「パン屋の商品の中で一番売れるのは食パン。 間違いなく食パンに関しては繁盛店を作ることができる。 そこは絶対的な自信がある」と岸本さん。 和総菜に合う食パンをどう作る!? 実は岸本さん、ある意外な店から食パン専門店のプロデュースを依頼されていた。 それは、手作り和総菜の店「佃浅(つくあさ)」。 明治17年創業の老舗で、都内百貨店を中心に14店舗を展開。 佃煮から和総菜に手を広げ、職人が丁寧に手作りすることで、伝統の味を受け継いできた。 しかし昨年、3店舗が閉店に追い込まれ、売り上げもピーク時の8億円から1億円も減少。 その背景の一つが、国内で進む米離れだという。 2年前に会社を引き継いだ7代目の杉原健司社長は危機感を深めていた。 そこで杉原さんは岸本さんに、新規事業として食パン専門店のプロデュースを依頼したのだ。 それを受け岸本さんが考えたコンセプトは「総菜と合わせるパン」。 和総菜と一緒に食べても美味しい食パンなら、総菜の売り上げアップも狙えると考えたのだ。 店舗は総菜工場の一角を改装し、4月下旬のオープンを目指すことになった。 岸本さんのコンセプトを具体的な形にするのが、パン職人歴8年でメニュー開発の責任者、今井美希さんだ。 商品開発を進める中、今井さんは、総菜ならではの"和の味"をパンに取り入れるアイデアを思いつく。 そこで今井さんが選んだのは、佃浅の総菜に使われている「江戸味噌」。 米こうじを使った江戸味噌はさっぱりした甘さで、クセがないのが特徴。 しかし、食パン専門店が和の調味料をパン生地に練りこんで作るというのは、極めて珍しい試み。 和と洋をうまく融合し、これまでにない食パンを生み出すことができるのか。 今井さんの試行錯誤が始まった。 誰でも絶品食パンが作れる!?その秘密 こちらは昨年9月、東京・銀座にオープンした「銀座に志かわ」。 メニューは1本864円の食パンのみ。 アルカリイオン水を使うことで、他にはない柔らかさと甘味を引き出している。 パンには通常、発酵に適した酸性の水を使うが、素材のうまみを引き出すというアルカリイオン水を使用。 その特性を生かすため2年をかけて食パンを開発した。 そんな「銀座に志かわ」は半年で6店舗出店し、3年で100店を目標としている。 愛知・名古屋市でオープン間近の「銀座に志かわ」新店舗。 メインスタッフは3人で、全員これまでパンの製造経験がなかったが、わずか1ヵ月の研修ですべての工程を手際よくこなせるようになっていた。 しかし、パンの仕込みや焼き加減などは、本来熟練の技が必要とされるはず。 実は「銀座に志かわ」には、未経験者でも絶品パンを作ることができる驚きの仕組みがあった。 「銀座に志かわ」髙橋仁志社長は、「いつ誰がどこで作っても同じパンを提供できるか... ここがポイントになる」と話す。 この独自の仕組みをさらに推進していく方針を打ち出した上で、「3年で日本一の食パンブランドを作りたい」と壮大な野望を語る。 パン業界の風雲児たちが挑む新戦略。 食パン戦国時代の勢力図はどうなっていくのか。 その最前線を密着取材で捉えた「ガイアの夜明け」は、今晩10時から放送。 どうぞお見逃しなく! 方は、へ!.

次の

【公式】東京ノアレザン

高級 食パン の が み

たかが食パンに1000円近くも払うなんてと思うかもしれない。 だが、人気の高級食パンを食べ比べると、「この値段を払っても食べたい」と思えるものが見つかった。 個性豊かな名品を紹介しよう。 開店1時間半前から行列 「朝8時半から並んで、開店10時に焼き上がる分を買うことができました。 早起きして1時間半、並んだかいがありました」 そう話すのは、銀座の有名食パン店 「セントル ザ・ベーカリー」から出てきた20代の女性だ。 銀座、世田谷を中心に、一本800円以上する高級食パンが飛ぶように売れ、空前の食パンブームが巻き起こっている。 ブームを牽引するのは、前述の「セントル ザ・ベーカリー」。 バゲットが人気な渋谷の有名パン屋「ヴィロン」の食パン専門店として、'13年に開業した。 オープンから6年経ったいまでも、平日でさえ、開店1時間半前から行列ができている。 ブームのもう一つの発端は、大阪府に総本店を構える食パン専門店の 「乃が美」だ。 同じく'13年、耳まで柔らかく、「生」で食べてもおいしいという、常識を覆す食パンを売り出すと、瞬く間に口コミで広がり行列の絶えない人気店へと急成長した。 いまでは全国に134店舗を展開し、日本全国で一日に5万5000本以上売れている。 予約1ヵ月待ちの店舗があるほど、入手困難な逸品となっている。 この2つの火付け役によって、いま全国各地で「高級食パン」を売りに暖簾を掲げる店が急増している。 まさに食パン戦国時代を迎えているが、果たして本当においしいお店はどこなのだろうか。 そこで今回、食パン事情に詳しい専門家3人とパン党の本誌記者の4人で、東京の有名高級食パン20種の食べ比べを行った。 それぞれに点数をつけて、ランキングにしたのが4ページ目からの一覧表だ。

次の