サバクトビバッタ 中国。 サバクトビバッタ、中国に危害をもたらす可能性は低い_中国網_日本語

大量発生したバッタは中国から日本に来るのか?影響や被害について考察

サバクトビバッタ 中国

中国当局は2月27日、「中国は、東アフリカで発生しインドやパキスタンに広まった サバクトビバッタの大群の侵入リスクにさらされている」と警告し、各部門に被害拡大防止体制を整備するよう求めた。 サバクトビバッタは、アフリカと中東の乾燥した地域に生息していて、大雨が降って植物が繁茂すると大発生する。 東アフリカとアラビア半島は、過去2年間サイクロンに複数回見舞われるなど異常に雨の多い天気が続いていた。 サバクトビバッタの寿命は約3カ月で、その間に繁殖する。 繁殖の条件がよければ、次の世代のバッタは20倍に増えると言われている。 2018年の2つのサイクロンによってわずか9カ月の間にアラビア半島に生息するバッタは約8000倍に増加した。 その後、2019年10月に東アフリカの広い範囲で激しい雨が降り、2020年1月にケニアで過去70年で最悪の規模の被害が発生している。 国連によれば、ケニアでは最大1200億匹のサバクトビバッタの襲来により8400万人分の食糧が失われるリスクが高まっている。 2月15日付米誌ナショナル・ジオグラフィックは、東アフリカに発生したサバクトビバッタの大量襲来の様子を聖書の「出エジプト記」に書かれた「十の災い」になぞらえている。 増えすぎたサバクトビバッタは移動を始める。 サバクトビバッタは1日当たり約150km移動できるとされており、被害地域はさらに広がっている。 昨年末以降、中国と国境を接するインドやパキスタンでもサバクトビバッタにより甚大な被害が出ていることから、中国メディアは2月中旬に相次いで関連記事を掲載したが、専門家は「サバクトビバッタは中国で生存できないから、大きな脅威にはならない」との見方を示していた。 国連食糧農業機関(FAO)は、「サバクトビバッタの数は今年6月までに現在の500倍になる恐れがある」とする予測を出しており、サバクトビバッタの猛威は一向に収まる気配を見せない。 後手に回った中国当局は、サバクトビバッタの襲来をはたしてコントロールできるのだろうか。 スタグフレーション襲来の懸念も 当局が示したサバクトビバッタの中国への侵入は、(1)インドやパキスタンを経由しチベットに至るルート、(2)ミャンマーから雲南省に至るルート、(3)カザフスタンから新疆ウイグル自治区に至るルートの3つである。

次の

バッタ(サバクトビバッタ)の大群が中国へ。農作物を食い尽くす|気になる調べ隊!

サバクトビバッタ 中国

バッタが生き残っていく本能みたいなものなのかな…。 2020年6月現在、 サバクトビバッタは インドにいます。 今年の頭、コロナのインパクトで忘れてしまってた中東でのバッタ大量発生のニュース。 数兆匹まで増えてそろそろ中国へ襲来するんじゃないかと思ったら 実際はヒマラヤ山脈を越えれないらしい 、中国では別のイナゴが大量発生して食物を食い荒らしてるらしい。 サバクトビバッタは東アフリカからサウジアラビアへ入り、そこからイエメン、オマーン、アラブ首長国連邦へ広がりました。 本来であれば、バッタが入国すると分かれば、軍を動員してバッタを駆除するそうですが、中東は紛争をしているので、軍をそちらにさけなかったそうです。 Sponsored Links サバクトビバッタは日本にくるの? サバクトビバッタは、群れになるとものすごい跳躍力を発揮すると言われています。 しかし、今回大量発生している サバクトビバッタは日本へはやって来ないのではないかと言われています。 その理由として、サバクトビバッタは寒さに弱く、パキスタンやインドと中国の間にそびえる ヒマラヤ山脈を越えるのが難しいと予想されているからです。 またヒマラヤ山脈は、世界一高いエベレスト山 8,850m をはじめ、7,000mを超える山が100以上もあり、群れになると身体能力が向上するサバクトビバッタでもなかなか難しそうです。 そもそも今回のサバクトビバッタの大量発生は、 大雨が降ったことが理由ではないかと言われています。 大雨が降って餌となる草がたくさん生えると、バッタが大量発生すると言われています。 現在、莫大に人口が増えているアフリカですが、常に食料危機と戦っています。 そのなかでサバクトビバッタ2000億匹が、人間の食物を食べていってるのが問題になっています。 ケニアは食料を食い荒らされ、人間の食物はほぼ全滅。 その場所に食料がなくなったら、バッタは次の国へ行きます。 通常であれば、他国が支援の手を差し伸べますが、現在各国はコロナの影響を受けそれどころではありません。 またバッタ駆除には、農薬を撒くのが一番手っ取り早いですが、農薬は土壌が死んでしまうため、食糧危機の地域では得策ではありません。 日本でも明治時代にバッタの大量発生が問題になったことがありました。 1879年 明治12年 に北海道の十勝平野でトノサマバッタが大量発生し、数年間続いて大きな被害が出ました。 その数年のあいだで、バッタの大群は札幌など石狩地方にまで至りました。 バッタの大群が空を覆い、作物を食い尽くす様子は日食のように太陽が陰り、住民はただ茫然とその惨状を見守るしかなかったそうです…。 想像するだけで恐ろしいですね。 このときバッタは、札幌付近止まりで本州へは入って来ませんでした。 その理由として諸説ありますが、 海を飛び越えられなかったんだろうと言われています。 しかし、今回のバッタは海を渡って来たこともあり警戒されていましたが、生態的にヒマラヤ山脈を越えられないだろうと言われているので、ひとまずは安心できそうですね。 中国側が懸念しているのは、コンテナなどに紛れ込んで侵入するのではと言われているそうです。 日本としても完全に安心できる状況ではないかもしれませんね。

次の

アフターコロナの後の危機 サバクトビバッタがついに中国・日本に⁉

サバクトビバッタ 中国

イナゴによる蝗害で、すでに食糧危機が懸念( けねん )されるが、さらに心配になるのが、もしかして日本にも飛んでくるのでは?という一抹( いちまつ )の不安である。 If you are a farmer or work here in agribusiness, here is what you can do to protect 👇 — FAO FAO バッタは中国を横断後に日本に来るの? サバクトビバッタが日本へ飛来する前に、中国大陸を横断する必要がある。 このサイクロンはアラビア半島南部の広大なルブアルハリ砂漠に雨を降らせ、砂丘の間に多くの一時的な湖を出現させた。 こうした場所でサバクトビバッタがさかんに繁殖して最初の大発生が起きたと見られる。 同年10月にはアラビア海中部でサイクロン「 ルバン 」が発生して西に進み、同じ地域のイエメンとオマーンの国境付近に雨を降らせた。 サバクトビバッタの寿命は約3カ月で、その間に繁殖する。 繁殖の条件がよければ、次の世代のバッタは20倍にも増える。 つまり、サバクトビバッタは短期間のうちに急激に増加するのだ。 2018年の2つのサイクロンによって、わずか9カ月の間に大発生が3度起こり、アラビア半島に生息するバッタはざっと8000倍に増えた。 増えすぎたバッタの群れは移動を始めた。 2019年の夏までに、それは紅海とアデン湾を飛び越えてエチオピアとソマリアに渡り、その後、もう一度繁殖したとクレスマン氏は言う。 カテゴリー• 171• 1 最新投稿5記事 アーカイブ•

次の