アントニオ シウバ。 【格闘技】アントニオ・シウバ、ドラゴの挑戦を受ける

MMA通信 : アントニオ・シウバ、ストライクフォースの試合について語る

アントニオ シウバ

元世界王者。 元世界ヘビー級王者。 足のサイズが33cmと巨大であることからニックネームは「 PEZAO( ペザオン)」(で"デカ足")、ではそれを英訳した「 ビッグフット」。 背中には「PEZAO」の文字と足形をあしらったを入れ、右腕には「BIGFOOT」の文字と両親が35歳の時の顔のタトゥーを入れている。 そのいかつい風貌と巨体に加えて、に初参戦した際の試合前の煽りVのインタビューで「俺はだ!ゴリラが日本のリングで暴れるぜ!」と発言したことにより、日本での呼び名は「 ザ・ハイパーゴリラ」。 来歴 [ ] 4歳からを始め、ホジェリオ・カモエスの下でを学んだ。 3月6日、プロデビュー戦となったUKMMAC 10でと対戦し、開始48秒でTKO勝ち。 2005年7月2日、世界ヘビー級王座決定でハファエル・カリーノと対戦し、1RTKO勝ちを収め王座獲得に成功した。 5月3日、スーパーバイザーのの推薦でHERO'Sに参戦。 と対戦し、マウントパンチでTKO勝ちを収めた。 2006年10月9日、HERO'Sでカイシノフ・ゲオルギーと対戦し、1R1分8秒、KO勝ち。 2006年12月2日、でエリック・ペレと対戦、でTKO負け。 キャリア8戦目で初黒星を喫した。 2月10日、でと対戦し、パウンドでTKO勝ち。 2007年6月2日、でジョナサン・ウィゾレックと対戦予定であったが、脳下垂体の腫瘍が原因でカリフォルニア州アスレチック・コミッションの許可が出ず欠場した。 当日開会セレモニーで行なわれた聖火リレーに参加した。 2007年11月10日、EliteXC: Renegadeでジョナサン・ウィゾレックと対戦し、で一本勝ち。 2月16日、EliteXC: Street Certifiedでと対戦し、2-1の判定勝ち。 EliteXCのヘビー級(約120kg未満)での参戦のため、大幅な減量を行っての参戦となった。 2008年7月26日、EliteXC: Unfinished Businessの世界ヘビー級王座決定戦でと対戦し、パウンドでTKO勝ちを収め王座獲得に成功した。 試合後の薬物検査での陽性反応が検出されたため、カリフォルニア州アスレチック・コミッションから1年間の出場停止処分および2,500ドルの罰金処分を受けた。 1月4日、初参戦となったでと対戦。 中尾の左膝負傷によりTKO勝ちを収めた。 この試合は、アメリカでの出場停止期間中の出場となった。 Strikeforce [ ] 2009年11月7日、初参戦となったでと対戦し、0-3の判定負け。 5月15日、でと対戦し、3-0の判定勝ち。 2010年5月、を円満離脱し、フリーとなる。 離脱理由については「所属選手が増え過ぎてコーチの集中的な指導を受けるのが難しいから。 ATTを辞めたけど、チームと何の問題も抱えてないし、今でもATTが大好きだ」と語っており 、その後の試合でもATTのコーチと選手がセコンドに就いている。 2010年12月4日、ではと対戦予定だったが、ヴァレンタインの負傷欠場によって試合の5日前にマイク・カイルとの対戦が決定。 を主戦場としているカイルとは大きな体格差があるため、シウバ有利とされたが、1Rに右ストレートを浴びてダウンを奪われ、その後もパウンドを浴び続けるなど危機に陥るが、2Rにしてを極めかけた後、最後はで逆転KO勝ち。 2月12日、のワールドグランプリ1回戦でと対戦。 1Rから右ストレートをクリーンヒットさせ、2R開始早々にテイクダウンしてマウントパンチの連打を浴びせ、を極めかけるなど圧倒。 終始試合を優位に進め、2R終了後ヒョードルの右目負傷によるドクターストップによりTKO勝ちを収めた。 2011年9月10日、のワールドグランプリ準決勝でと対戦し、スタンドパンチ連打でKO負けを喫した。 UFC [ ] 5月26日、初参戦となったでと対戦し、グラウンドので大流血に追い込まれ、パウンドでTKO負けを喫した。 2月2日、のヘビー級王座挑戦者決定戦でと対戦。 序盤こそ劣勢だったが、最終3Rにパンチで攻勢をかけて逆転KO勝ち。 ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。 2013年5月25日、の世界ヘビー級タイトルマッチでケイン・ヴェラスケスと再戦し、1RTKO負けを喫し王座獲得に失敗した。 2013年12月7日、でと対戦。 両者流血の壮絶な殴り合いとなり、0-1の判定ドロー。 ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。 しかし、試合後の薬物検査で規定を超えた高濃度のが検出され、9か月間の出場停止処分を受けた。 この試合も、シウバ側の戦績はノーコンテスト 無効試合 に変更された。 これについてシウバは、「試合の数ヶ月前にテストステロン補充療法の認可を受けるためにブラジルのUFC公認ドクターと接触し、補充療法を受けて、試合の2週間前にはUFCから必要な検査を全て受けている。 ドクターから補充量を増やすことを勧められるくらい俺のテストステロン濃度は低下していたが、不幸なことに数値が上がり過ぎて出場停止処分を受けてしまった。 俺はこの件に関して精通している人から勧められたことをしただけなので俺のミスじゃない。 」とコメントしている。 9月13日、でヘビー級ランキング14位のと再戦し、1RKO負けを喫した。 2014年9月23日、を手術で摘出した。 2月22日、でヘビー級ランキング13位のと対戦し、KO負けを喫した。 2015年11月14日、でヘビー級ランキング8位のと再戦し、TKO負けを喫した。 9月24日、でヘビー級ランキング11位のと対戦し、KO負けを喫した。 この試合を最後に、UFCをリリースされた。 UFC離脱後 [ ] UFC離脱後の同年11月18日にロシアで開催されたTitov Boxing Promotion: Shtyrkov vs. Silvaでと対戦。 序盤こそ劣勢だったものの、最終3RでシュトルコフをKO寸前まで追い込んだが不可解なブレイクが続きフルマーク判定負けを楔した。 試合後判定でシュトルコフの勝利が告げられた際、地元選手であるにも関わらずシュトルコフにはブーイングが浴びせられたのに対して、ブラジル人選手のシウバがセコンドに担がれた際には大歓声が巻き起こった。 キックボクシング [ ] 10月14日にキックボクシング初参戦となったGLORY 46 ChinaでGLORY世界ヘビー級王者と対戦。 キック初参戦ながらパンチで試合を優勢に進めるも、1R中盤にリコのが偶発的にシウバの下腹部に入り失速。 2Rにパンチ連打でレフェリーストップTKO負けを楔した。 Bare Knuckle Fighting Championship [ ] 10月9日に開催されたボクシングを素手で行うBKFC 8: Silva vs. Gonzagaで同じく元ランカーであったと対戦。 2RにKO負けを楔した。 人物・エピソード [ ]• の定める統一階級制度においてヘビー級の上限は265ポンド 120. 2kg 以下がにおけるヘビー級と定められているが、シウバはアメリカン・トップチーム独自の増減量計画によって、前日計量終了後から試合当日までに9kg以上も増量した状態で試合を戦っている。 脳下垂体の腫瘍が原因で、カリフォルニア州アスレチック・コミッション(CSAC)の判断により、カリフォルニア州で戦うことができない。 祖国愛が強く、がサンパウロの観客を「ブラジルはゴミ溜めだ」「お前ら全員汚い動物だ」等と罵った際にSNSでコビントンを非難した。 又、がでコビントンに勝利を納めた際、彼を称賛するコメントを残した。 HERO'S公式サイト 2006年5月1日• バウトレビュー• SHERDOG 2008年8月21日• MMAPLANET 2009年11月8日• MMAPLANET 2010年5月16日• TATAME. com 2010年5月22日• MMAPLANET 2010年12月5日• MMAPLANET 2011年2月13日• MMA JUNKIE 2013年12月17日• MMAjunkie 2013年12月17日• MMA Fighting 2015年10月20日• 2010年2月12日 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• BigfootSilva -• - のプロフィール (英語) 空位 前タイトル獲得者 第3代世界王者 2005年7月2日 - 2008年10月20日 次王者 王座廃止 前王者 王座新設 初代世界王者 2008年7月26日 - 2008年10月20日 次王者 王座廃止.

次の

【格闘技】アントニオ・シウバ、ドラゴの挑戦を受ける

アントニオ シウバ

「ファイト・オブザセンチュリー」とも賞され、プロ選手もファンも熱狂した UFC Fight Night 33( 2013年 12月 6日)での「マーク・ハント vs. アントニオ・シウバ」。 この試合を米 MMAメディアがどう伝えたか、興味深い戦評などからかいつまんで紹介してみたい。 同じ強さのハートが激突したこの激闘のあとに、恣意的に勝者を決めることなど、むしろ茶番にすら思えた。 2人のジャッジが最終ラウンドをハントの10対8と付けたのは、ロマンチックにすら思えた。 ハントとシウバはかつてトレーニングパートナーだった。 今回2人は頼まれて仕方なく試合をしたのだ。 両選手とも、方向性を失っていたということはある。 シウバは、王者ベラスケスに2度にわたって完敗を喫し、いまではヘビー級で中途半端な位置にいる。 PRIDEの余生にすぎないのかと思いきや、みんなを驚かせ続けているハントにしても、前回ドスサントスに敗戦し、王座戦線的には居場所がない。 多分この試合は一度限りのものとして味わうのがいいのだろう。 再戦をしても、これ以上を望むことは酷だ。 彼らはとっくにみんなの期待を大きく上回っている。 引き分けという結果がこんなに正義に思えることも珍しい。 明日なき戦いをした2人に、明日を押しつけるのは無粋だろう。 その言葉には、楽しいけれどもすぐに忘れてしまうような経験も含まれてしまう。 「ハント vsビッグフット」は、右目から入って左目から出ていくような、つかの間の慰みものではなかった。 感情むき出しのスリラーは、特に最後の13分間、視聴者が人生の厄介事をすべて忘れることができる「体験」そのものだったのだ。 4R途中から、私がかろうじてしがみついていた「ジャーナリスト的中立性」はまるで意味を持たなくなった。 腕の上から下から湧き出してくる鳥肌が止まらない。 これはもはやスポーツの競技ですらなかった。 自己実現を目指す巨大な男たちの、永遠の戦いであった。 ハートと呼んでも意志の強さと呼んでもいいが、両選手が示した勝利への一本気なこだわりが、この試合を特別なものとした。 人間の限界ギリギリまで打ちのめされても、両選手は負けることを拒んだ。 もしあなたが、顔面にパンチを受けたことがなくても、これまでの人生で、それを得られるなら何でもやるというくらいに何かを強く求めたことがあるのなら、両選手がむき出しにした意志の強さを、直感的に理解することができるだろう。 ここには、チャンピオンを目指すことや、エリートファイターだと呼ばれることとは別の種類の偉大さがある。 MMAには、Wikipediaの戦績欄や、FightMetricの統計では計り知れない要素があるということだ。 著名なスポーツライター、グラントランド・ライスがかつてこう書いていたことを思い出した。 「勝ったか負けたかではない。 どんな風に戦ったか、が問題なんだ。 ハントもシウバも、ほとんどジャッジの世話になったことがない選手だ。 試合前の賭けによれば、この試合は1. 5Rで決着するはずだった。 2001年以来のUFCの試合で、引き分けとなった試合はわずか0. ヘビー級では引き分けは過去に前例がない。 また、ヘビー級の試合で5R判定決着となったのは、2007年の「ランディ・クートゥア vsティム・シルビア」以来のことだ。

次の

【ゴリアン】アントニオ・シウバ2【パウンド】

アントニオ シウバ

TATAMEより アントニオ・シウバとドラゴの対戦は徐々に形になり始めたか? Cage Rage17あたりで是非対決を。 Pezao will fight Draggo for heading After reading the interview of Edson Draggo at TATAME. com, the current Heavyweight champion of Cage Rage, Antonio Pezao called our office. During the talk, Draggo showed his interested in the belt of the English event. 'If he wants the heavy belt, he must face me. I'll be ready for this confrontation with Draggo with respect and dignity. I'm sharpening my hand because I want to KO him', said the great fighter of 1,95m and 137kg. After a quick passage by the American Top Team, Pezao went back to England, where he is trained by Mario Sukata in the Wolfslair team. TATAME. comでのエドソン・ドラゴのインタビューを読み、現Cage Rageヘビー級チャンピオン、アントニオ・ペザオン・シウバは我々のオフィスに電話をしてきました。 会話では、ドラゴはイギリスのベルトに興味を持っていると捉えていました。 「もし彼がヘビー級のベルトを欲しいなら、彼は私と戦わなければならない。 彼との対決は望むところだ、最高のリスペクトでもって迎えよう。 彼をKOしたいからね、パンチを磨いているよ」1m95cm、137kgの素晴らしいファイターはそう言います。 ATTに少しだけ所属した後、ペザオンはWolfslairチームのMario Sukataのトレーニングを受ける為英国へと戻りました。 June 2020 selected entries• 726• 480• 24 archives• 5 links• profile• search this site. others• mobile powered sponsored links.

次の