クレジットカード 現金化 安全。 クレジットカード現金化は安全?【これで怖くない】

クレジットカード現金化を安全に使う方法

クレジットカード 現金化 安全

一昔前までは現金以外の決済方法と言えばクレジットカード払いしかありませんでしたが、現在はスマホ決済を筆頭に電子マネーやデビットカードなど多様な決済方法があります。 その中でも特にシェアを伸ばしているのが2018年10月に登場したQRコード決済の「PayPay(ペイペイ)」です。 スマホのみで手軽に買い物ができる「PayPay(ペイペイ)」ですが、現金化の手段にすることは可能なのでしょうか? もし「PayPay(ペイペイ)」で現金化することが可能ならばどのようなメリットがあるのでしょう。 ということで今回は「PayPay(ペイペイ)」と現金化の関係性について解説していきます。 「PayPay(ペイペイ)」を使っていない人でもわかりやすく解説していきますので、どうぞ最後までお付き合いください。 この記事でわかること• PayPay(ペイペイ)で現金化はできる? 結論から先に申し上げますとPayPay(ペイペイ)を使って現金化をすることは可能ですが、一度に利用できる金額に制限があるので大きなお金を現金化したい人は向いていないと言えます。 PayPay(ペイペイ)で現金化するやり方ですが「換金性の高い商品をペイペイで購入しリサイクルショップなどに売るだけ」とシンプルなので、現金化が初めての人でも容易にできることでしょう。 これからPayPay(ペイペイ)の現金化について詳しく解説していきますが、ペイペイを使った現金化は多くても3万~4万円程度の現金しか手に入れることができませんので、それ以上の金額が必要な人は現金化業者を利用するなど他の方法で現金化をしてください。 PayPay(ペイペイ)とは PayPay(ペイペイ)とは、2018年10月からサービスを開始したソフトバンク株式会社とヤフー株式会社が共同で設立したPayPay株式会社のQRコード決済サービスです。 同年12月に開始した第1弾100億円還元キャンペーンがわずか9日間で上限に達するなど世間で話題になることが多いスマホ決済アプリで、それ以降も不定期で何かしらのキャンペーンを行った結果、2019年11月には登録ユーザー数が2000万人を超えました。 メルカリが運営する「メルペイ」の登録ユーザー数500万人、auが運営する「au PAY」の登録ユーザー数600万人と比較するとPayPay(ペイペイ)の登録ユーザー数がいかに多いかわかりますよね。 PayPay(ペイペイ)の仕組み PayPay(ペイペイ)はクレジットカードや現金を電子マネー化して使うことができるアプリサービスで、チャージした電子マネーのことを「PayPay残高」と呼びます。 PayPay残高には4種類あり、それぞれ有効期限や使える機能が異なります。 PayPayマネー:銀行口座、セブン銀行ATM、ヤフオク! ・PayPayフリマの売上金を利用してPayPay残高にチャージした残高 PayPayマネーライト:Yahoo! JAPANカード、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いを利用してPayPay残高にチャージした残高 PayPayボーナス:特典やキャンペーン等の適用に伴い、PayPay残高に進呈された残高 PayPayボーナスライト:特典やキャンペーン等の適用に伴い、PayPay残高に進呈された有効期間のある残高 ちなみに、Yahoo! JAPANカード以外のクレジットカードを使う場合はPayPay残高にチャージする形ではなく直接支払う形となり、その場合は利用特典が付与されることはありません。 一部のPayPay残高は出金可能 本人確認が終わった状態であればPayPayマネーのみ出金することができます。 出金は100円から可能となっており振込み先がジャパンネット銀行であれば手数料無料で振込みしてくれます。 PayPayマネーライトが出金できれば画期的な現金化の方法なのですが、現在はPayPayマネーしか対応していません・・。 PayPay(ペイペイ)を使うメリット PayPay(ペイペイ)を使うメリットは利用特典とキャンペーンにあります。 まず利用特典ですが、PayPay(ペイペイ)を使うと最大1. 還元されるのはお金ではなくPayPayボーナスとしてですが、コンビニなどで普通に利用できるのでシンプルに嬉しいですよね。 そしてもう1つのメリットであるキャンペーンですが、第1弾のキャンペーンはネットで「ペイペイ祭り」と呼ばれるほど衝撃的でした。 簡単に第1弾のキャンペーンの概要をまとめると以下の通りになります。 PayPayアプリをダウンロードして初登録すると500円分チャージ• PayPayに5,000円チャージすると5,000円+1,000円分チャージ• PayPayで店頭支払いをすると「20%チャージ分」がもどってくる• さらに毎回抽選で全額チャージバックがもどってくる 改めてまとめてみると物凄いキャンペーンだったことがわかると思います。 さすがに第1弾キャンペーンと比べると見劣りするキャンペーンが多いですが、いつも何かしらのキャンペーンを行っているのがPayPay(ペイペイ)の特徴でありメリットです。 PayPay(ペイペイ)を使うデメリット PayPay(ペイペイ)を使うデメリットはありません。 登録者が急増していた初期の頃は「通信エラーが出てアプリが開けない」や「バーコードが表示されない」など、技術的なトラブルが度々ありましたが現在は目立ったトラブルは起きることがなくなりました。 それとこれはPayPay(ペイペイ)のせいではありませんが、PayPayに似せた詐欺アプリがありPayPayだと思って個人情報などを登録すると、入力した個人情報を盗まれるといった被害があるようなので登録の際は注意しましょう。 PayPay(ペイペイ)の登録方法 PayPay(ペイペイ)の登録は1分もかかりません。 まずはPayPay(ペイペイ)の公式サイトからPayPay(ペイペイ)のアプリをダウンロードしましょう。 ダウンロードが終わりましたら、電話番号とパスワードを入力します。 入力が終わるとSMS(ショートメッセージサービス)で4桁の認証コードが送られてくるので、その4桁の認証コードを入力するだけで登録は終わりです。 支払い方法を選択 登録が終わりましたら決済に使う支払い方法を選択します。 以下の4種類の支払い方法がありますが今回は現金化を目的としているので、クレジットカードを登録しましょう。 スキャン払い:レジにあるQRコードを読み込み、支払い金額を入力し、店員に確認してもらう方法。 小規模店で導入していることが多い。 コード支払い:バーコードを表示させ、店員に読み込んでもらう方法。 大手で導入していることが多い。 文字で見ると「難しそう・・」と感じるかもしれませんが、やってみるととても簡単なのでスマホに慣れていない人でも絶対に利用できるはずです。 PayPay(ペイペイ)で現金化する方法 PayPay(ペイペイ)で現金化する方法はペイペイで換金性の高い商品を購入し売却するというやり方とお伝えしましたが、ここからはもっと具体的にやり方を解説します。 まずはPayPay(ペイペイ)で購入する商品を決めましょう。 換金性の高い物と言えばブランド品やゲーム機、iPhoneなどですがクレジットカード払いのPayPay(ペイペイ)は基本的に24時間2万円まで、30日間で合計5万円の買い物しかできません。 Yahoo! JAPANカードを利用する場合は条件が揃うと24時間25万円まで買い物することができるようですが、それも登録してすぐにとはいかないようです。 24時間で2万円しか利用できないということなので、現実的に考えると新発売されているゲームソフトを複数購入し買取店で売却し現金化するのが一番良い方法と言えますね。 ちなみにPayPay(ペイペイ)は実店舗だけではなくヤフーショッピングや、ヤフオクなどでも利用することが可能なので「時間がない」という人はネットで購入しましょう。 PayPay(ペイペイ)で購入できないもの 全てのものがPayPay(ペイペイ)で購入できるかと言えばそうではありません。 まず、ペイペイの加盟店以外ではペイペイを使うことはできないので注意が必要です。 換金性の高い商品でペイペイで購入できないものは以下の通りになります。 裏ワザっぽいPayPay(ペイペイ)で現金化する方法 PayPay(ペイペイ)には普通に自分で決済する使い方の他に「PayPay残高を送る・受け取る」機能と「PayPayを使ってわりかんする」機能があります。 PayPay残高を送る・受け取る機能:PayPayユーザーに自分のPayPay残高を送ったり、逆に受け取ったりする機能でPayPayマネーライトも利用可能。 PayPayを使ってわりかんする機能:飲食などの支払いをPayPay残高を使いわりかんにする機能でPayPayマネーライトも利用可能。 これらの機能を使えば、家族や友人に協力してもらい現金を調達することが物理的に可能と言えますよね。 まとめ PayPay(ペイペイ)を使った現金化について解説してきました。 少額ではありますがPayPay(ペイペイ)で現金化することは可能です。 しかし、クレジットカードを使った現金化と比較すると利用金額の制限や使える店が限定されているなど、まだまだ劣る部分が多いのが現状です。 PayPay(ペイペイ)の現金化が勝っている点と言えば「カード会社に現金化がバレずらそう」ぐらいではないでしょうか。 とは言っても優良店の現金化業者であればカード会社に現金化がバレることは滅多にないので、その部分においてもある意味引き分けと言えます。 今回の記事を参考にして頂き、ぜひ自分に合ったを見つけてみてください。 自分で現金化する方法一覧.

次の

「クレジットカード現金化」に関するQ&A

クレジットカード 現金化 安全

専用の業者も多く、利用が簡単な事から利用する人も増えています。 クレジットカードには、買い物に利用できるショッピング枠とお金を借りるキャッシング枠がついています。 利用限度額は設定によって違いますが、大体は数十万ほどです。 限度額は自分で上げられるので、1度に高額を現金化もできます。 キャシング枠よりもショッピング枠の方が多い。 仮にキャッシング枠を全て使ってしまっても、ショッピング枠は利用できます。 申し込みは24時間いつでもOKですし、スマホからでも行えるので場所を選びません。 また、 全ての手続をネットで完了するので、家族にバレる心配はナシ! 保証人も必要は必要ありませんし、職場に連絡もありません。 支払いが滞らなければ、誰にも知られずに現金をゲットできますよ。 クレジットカードで買い物をしているだけなので、借金の記録も残らない。 「分割」「一括」「リボ」から方法を選べるので、無理なく支払いができますよ。 カード現金化のデメリット クレジットカードの現金化は、 カード会社の利用規制に違反しています。 「換金目的でカードを利用することは、「クレジットカード会員規約」に違反する行為で、カードの利用ができなくなったり、結局は自分の債務を増やすことになります。 また、犯罪や思わぬトラブルに巻き込まれるケースもあります。 単純な買い物か、現金化なのか判断する方法はほとんどありませんが、 バレてしまえばペナルティが課されます。 悪徳業者によって不当に手数料を取られてしまえば、残るのはほんの少しになってしまいます。 もちろん、あまり利用しすぎてしまえば、返済に困ってしまうでしょう。 ショッピング枠内ならいくらでも借りられるため、ついつい利用しすぎてしまう人も…。 現金化してもその場しのぎですし、手数料もかかるので、返済をできる分だけに留めてください。 クレジットカード現金化のやり方!2つの種類を解説 現金化には「業者の利用」と「自分で行う」の2種類があります。 どちらもクレジットカードで買い物をする所は同じですが、仕組みはかなり違うので注意しましょう。 自分で行う現金化 自分で行う場合は「金券」や「家電」を利用します。 ショッピング枠を使って通販や店頭で商品を購入して、金券ショップや専用の業者に売るだけです。 転売価格が高い商品で行えばより高い還元率が期待できますが、新品でも半額くらいにしかならないケースも…。 実際に店舗に行ったり、価格を比べたり、時間や手間がかかります。 すぐに現金を用意したい!という方には、あまり向かない方法です。 何回も行うとバレる確率が高いので注意。 新品のカードで現金化をしたり、何回も金券を買ったりすると、目をつけられてしまいます。 カード会社から連絡が来る可能性は高く、バレてしまえば利用停止です。 なにより違法なので、あまりおすすめできません。 「」にも詳しくまとめました。 業者による現金化 業者による現金化は全てサイト上で行います。 「 キャッシュバック式」と「 商品買取方式」があります。 商品買取方式とは 指定された商品を購入して、届いた商品を売却する仕組み。 キャッシュバック方式とは 購入代金の一部を戻す事で現金化を行う仕組み。 買い取り方式は商品のやり取りを行うので時間がかかりますし、違法性があるので注意してください。 利用するなら キャッシュバック式がおすすめです。 「携帯会社で端末を購入した時にお金が帰ってきた」という経験がある方は多いでしょう。 指定されたサイトで商品を購入すれば、代金の一部として現金が振り込まれます。 すべてネットで行えるので、業者を比較も簡単です。 必要なのはクレジットカードと身分証明書のみ! 入力フォームに必要事項を入力して、連絡を待つだけです。 手続きはとても簡単ですし、最短で即日に現金が手に入ります。 後日送られてくる商品を受け取れば、それで終わりです。 通販サイトでキャッシュバック付きの商品を購入した事になるため、違法性はありません。 一番バレにくい安全な方法なので、利用するならキャッシュバック方式が良いでしょう。 ただし、現金化業者の中には悪徳業者も存在します。 23年8月、クレジットカード決済による商品売買を装って商品代金の一部をキャッシュバック金として払い戻す方法で実質的に金銭の貸付けを行い、商品代金と払戻金との差額約8,000万円を利息相当分の利益として受領した元貸金業者の男(41)を出資法違反(脱法行為)で逮捕した(警視庁)。 表示していた還元率ではなかったり、手数料を過剰に取られたり…。 中には 個人情報を悪用する業者もあるので、注意しましょう。 信頼できる業者を選ぶためには、重要なチェックポイントがあります。 まずは、サイトに載っている会社の概要を、隅々までチェックしましょう。 代表者の名前や住所が書かれていないなら、あまり信頼できません。 設立の記載も選ぶ上の大事なポイントで、長ければ長いほうが良い。 トラブルや悪質な業者なら、長く運営するのは難しいでしょう。 あまり新しい業者はまだわからない部分が多いため、創業が5 年以上の所を選んでください。 老舗には安全なサービスを提供してきたという、実績があります。 また、電話番号が携帯の場合は注意が必要。 相手の所在地がハッキリしませんし、オフィスさえない可能性があります。 固定電話でないと、いざトラブルがあっても逃げられてしまう…。 電話代がかからない、着信課金電話番号なら安心度 は高いでしょう。 ただし、固定電話にかけても携帯に転送する事は可能なので、対応に問題を感じたらすぐに切ってください。 手数料を書いていない業者は多く、中には還元率がまるっきりウソである可能性はゼロではありません。 実際に利用した人の口コミをチェックすれば、有料業者かどうか確かめられます。 閑吟率はもちろん、対応やトラブルの有無も調べる事!良い口コミはもちろん、悪い口コミも参考になります。 絶賛する口コミばかりだと、逆に怪しい…。 業者による口コミが結構あるので、なるべく多くの口コミを読んでください。 口コミがあまり少ない業者は、避けた方が良いでしょう。 対応の速さはサービスの室に直結しています。 一般の銀行だと取引は15時までですが、郵便局やネット銀行ならその後でもOK。 営業時間以内なら、その日以内に振り込んでくれる業者もあります。 1時間以内に振込がある業者がベストです。 時間を聞いて数日かかるようなら、他の業者に変えた方が良いでしょう。 24時間申し込みができ、ネット銀行なら土日対応OKの業者がおすすめ!いつでも好きなタイミングで、クレジットカードの現金化ができます。 優良現金化業者の場合はほとんど、キャンセル料はかかりません。 しかし、悪質な業者は、逆にキャンセル料を請求してきます。 問い合わせ中にもかかわらず、不審に思ってキャンセルを要求した場合にも、キャンセル料を請求してくる業者もありますので気をつけましょう。 基本的に優良業者はキャンセルに関しては無料で応じてくれます。 色々な観点から徹底的に比べているので、選ぶ時の参考になるでしょう。 悪質な業者を紹介してしまえば、サイトの評判まで悪くなってしまう…。 情報を十分に探したり、実際利用したりした上で、おすすめの業者を紹介しています。 つまり、色々な比較サイトで高評価の業者こそ、良い業者と言えるでしょう。 ある程度筆者の主観が入っているので、複数のサイトをチェックするように。 誰から見ても優良な業者なら、安心して利用できます。 ただし、古い情報だとあまり意味はないので、数年以内のページを参考にしてください。 あわせて読みたい 安易に現金化はするな!経験者の体験談を紹介 これまで説明してきた通り、クレジットカードを使った現金化は、意外と敷居が低いことから誰でも簡単に現金化ができます。 簡単に現金化ができることから、あまり考えずに現金化をしてしまうと後になって後悔することもあります。 それでは、現金化してからどういうことで後悔するのかをお伝えしていきます。 安全な業者を選ばないと換金率が悪かったと後悔することがある クレジットカードの現金化で最も多い後悔が、換金率が悪かったことです。 すぐに現金を手にすることでその場ではうれしいものの、後から支払いをしないといけなくなります。 たとえば、5万円の現金を手にしても、後から10万円を支払わないといけないことだって起こります。 とんでもなく換金率が悪いと、その場しのぎとはいえ何のために現金化をしているのか分からなくなってしまいます。 現金化をして後悔しないためにも、換金率がどれ位なのかを把握することが大切です。 借金が膨らんでしまった クレジットカードの現金化をする理由の一つに、他にも借金があるからその返済に充てたいという理由があります。 現金化をすることで他の借金を返済ができるかもしれん。 しかし、それは自転車操業の状態になっていることに違いはありません。 他の借金と合わして、さらにクレジットカードの借金が増えてしまった訳ですので、長い目で見たらどうしても苦しくなりますので後悔します。 クレジットカードが利用停止になった クレジットカードで商品券などの金券を買っていると利用停止になることがあります。 カード会社は現金化をすることを認めていませんので、換金性の高い商品を買っているといつ利用停止になるのか分かりません。 クレジットカードが利用停止になってしまうと、ネットショッピングで利用できなくなることや、高速道路のETCでも利用できなくなります。 そう考えると普段の生活でかなり不便になることは間違いありません。 欲を出して金券を買っていると、クレジットカードが利用停止になって後悔することになります。 現金化するのは簡単ですが、使い方を間違ってしまうと取り返しのつかないほど後悔してしまいます。 しっかり返済プランを考えてから利用しましょう。 クレジットカードの現金化はピンチに時に便利 クレジットカードの現金はデメリットもありますが、メリットも大きい!業者を利用すれば、安全に現金が手に入る!金融業者から借金ができない場合でもOK。 支払える金額を超えた利用を続けなければ、とても有用です。 ただし、悪徳業者もあるので、しっかり比較してください。 デメリットを理解して利用すれば、困った時を乗り切る助けになります。 現金化のメリット・デメリットを理解して、返済プラン・自身の状況にあった現金化を選択しましょう。 現金化は違法、危険!合法、安全など現金化につい分からない点がいっぱいあったと思いますが、クレジットカードの現金化は間違いなく多くの方に利用されているサービスです。 現金化で損しないためにも、利用する前にこのサイトの情報を見て、多くの方に役立てればいいなと思います。

次の

「クレジットカード現金化」に関するQ&A

クレジットカード 現金化 安全

一昔前までは現金以外の決済方法と言えばクレジットカード払いしかありませんでしたが、現在はスマホ決済を筆頭に電子マネーやデビットカードなど多様な決済方法があります。 その中でも特にシェアを伸ばしているのが2018年10月に登場したQRコード決済の「PayPay(ペイペイ)」です。 スマホのみで手軽に買い物ができる「PayPay(ペイペイ)」ですが、現金化の手段にすることは可能なのでしょうか? もし「PayPay(ペイペイ)」で現金化することが可能ならばどのようなメリットがあるのでしょう。 ということで今回は「PayPay(ペイペイ)」と現金化の関係性について解説していきます。 「PayPay(ペイペイ)」を使っていない人でもわかりやすく解説していきますので、どうぞ最後までお付き合いください。 この記事でわかること• PayPay(ペイペイ)で現金化はできる? 結論から先に申し上げますとPayPay(ペイペイ)を使って現金化をすることは可能ですが、一度に利用できる金額に制限があるので大きなお金を現金化したい人は向いていないと言えます。 PayPay(ペイペイ)で現金化するやり方ですが「換金性の高い商品をペイペイで購入しリサイクルショップなどに売るだけ」とシンプルなので、現金化が初めての人でも容易にできることでしょう。 これからPayPay(ペイペイ)の現金化について詳しく解説していきますが、ペイペイを使った現金化は多くても3万~4万円程度の現金しか手に入れることができませんので、それ以上の金額が必要な人は現金化業者を利用するなど他の方法で現金化をしてください。 PayPay(ペイペイ)とは PayPay(ペイペイ)とは、2018年10月からサービスを開始したソフトバンク株式会社とヤフー株式会社が共同で設立したPayPay株式会社のQRコード決済サービスです。 同年12月に開始した第1弾100億円還元キャンペーンがわずか9日間で上限に達するなど世間で話題になることが多いスマホ決済アプリで、それ以降も不定期で何かしらのキャンペーンを行った結果、2019年11月には登録ユーザー数が2000万人を超えました。 メルカリが運営する「メルペイ」の登録ユーザー数500万人、auが運営する「au PAY」の登録ユーザー数600万人と比較するとPayPay(ペイペイ)の登録ユーザー数がいかに多いかわかりますよね。 PayPay(ペイペイ)の仕組み PayPay(ペイペイ)はクレジットカードや現金を電子マネー化して使うことができるアプリサービスで、チャージした電子マネーのことを「PayPay残高」と呼びます。 PayPay残高には4種類あり、それぞれ有効期限や使える機能が異なります。 PayPayマネー:銀行口座、セブン銀行ATM、ヤフオク! ・PayPayフリマの売上金を利用してPayPay残高にチャージした残高 PayPayマネーライト:Yahoo! JAPANカード、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いを利用してPayPay残高にチャージした残高 PayPayボーナス:特典やキャンペーン等の適用に伴い、PayPay残高に進呈された残高 PayPayボーナスライト:特典やキャンペーン等の適用に伴い、PayPay残高に進呈された有効期間のある残高 ちなみに、Yahoo! JAPANカード以外のクレジットカードを使う場合はPayPay残高にチャージする形ではなく直接支払う形となり、その場合は利用特典が付与されることはありません。 一部のPayPay残高は出金可能 本人確認が終わった状態であればPayPayマネーのみ出金することができます。 出金は100円から可能となっており振込み先がジャパンネット銀行であれば手数料無料で振込みしてくれます。 PayPayマネーライトが出金できれば画期的な現金化の方法なのですが、現在はPayPayマネーしか対応していません・・。 PayPay(ペイペイ)を使うメリット PayPay(ペイペイ)を使うメリットは利用特典とキャンペーンにあります。 まず利用特典ですが、PayPay(ペイペイ)を使うと最大1. 還元されるのはお金ではなくPayPayボーナスとしてですが、コンビニなどで普通に利用できるのでシンプルに嬉しいですよね。 そしてもう1つのメリットであるキャンペーンですが、第1弾のキャンペーンはネットで「ペイペイ祭り」と呼ばれるほど衝撃的でした。 簡単に第1弾のキャンペーンの概要をまとめると以下の通りになります。 PayPayアプリをダウンロードして初登録すると500円分チャージ• PayPayに5,000円チャージすると5,000円+1,000円分チャージ• PayPayで店頭支払いをすると「20%チャージ分」がもどってくる• さらに毎回抽選で全額チャージバックがもどってくる 改めてまとめてみると物凄いキャンペーンだったことがわかると思います。 さすがに第1弾キャンペーンと比べると見劣りするキャンペーンが多いですが、いつも何かしらのキャンペーンを行っているのがPayPay(ペイペイ)の特徴でありメリットです。 PayPay(ペイペイ)を使うデメリット PayPay(ペイペイ)を使うデメリットはありません。 登録者が急増していた初期の頃は「通信エラーが出てアプリが開けない」や「バーコードが表示されない」など、技術的なトラブルが度々ありましたが現在は目立ったトラブルは起きることがなくなりました。 それとこれはPayPay(ペイペイ)のせいではありませんが、PayPayに似せた詐欺アプリがありPayPayだと思って個人情報などを登録すると、入力した個人情報を盗まれるといった被害があるようなので登録の際は注意しましょう。 PayPay(ペイペイ)の登録方法 PayPay(ペイペイ)の登録は1分もかかりません。 まずはPayPay(ペイペイ)の公式サイトからPayPay(ペイペイ)のアプリをダウンロードしましょう。 ダウンロードが終わりましたら、電話番号とパスワードを入力します。 入力が終わるとSMS(ショートメッセージサービス)で4桁の認証コードが送られてくるので、その4桁の認証コードを入力するだけで登録は終わりです。 支払い方法を選択 登録が終わりましたら決済に使う支払い方法を選択します。 以下の4種類の支払い方法がありますが今回は現金化を目的としているので、クレジットカードを登録しましょう。 スキャン払い:レジにあるQRコードを読み込み、支払い金額を入力し、店員に確認してもらう方法。 小規模店で導入していることが多い。 コード支払い:バーコードを表示させ、店員に読み込んでもらう方法。 大手で導入していることが多い。 文字で見ると「難しそう・・」と感じるかもしれませんが、やってみるととても簡単なのでスマホに慣れていない人でも絶対に利用できるはずです。 PayPay(ペイペイ)で現金化する方法 PayPay(ペイペイ)で現金化する方法はペイペイで換金性の高い商品を購入し売却するというやり方とお伝えしましたが、ここからはもっと具体的にやり方を解説します。 まずはPayPay(ペイペイ)で購入する商品を決めましょう。 換金性の高い物と言えばブランド品やゲーム機、iPhoneなどですがクレジットカード払いのPayPay(ペイペイ)は基本的に24時間2万円まで、30日間で合計5万円の買い物しかできません。 Yahoo! JAPANカードを利用する場合は条件が揃うと24時間25万円まで買い物することができるようですが、それも登録してすぐにとはいかないようです。 24時間で2万円しか利用できないということなので、現実的に考えると新発売されているゲームソフトを複数購入し買取店で売却し現金化するのが一番良い方法と言えますね。 ちなみにPayPay(ペイペイ)は実店舗だけではなくヤフーショッピングや、ヤフオクなどでも利用することが可能なので「時間がない」という人はネットで購入しましょう。 PayPay(ペイペイ)で購入できないもの 全てのものがPayPay(ペイペイ)で購入できるかと言えばそうではありません。 まず、ペイペイの加盟店以外ではペイペイを使うことはできないので注意が必要です。 換金性の高い商品でペイペイで購入できないものは以下の通りになります。 裏ワザっぽいPayPay(ペイペイ)で現金化する方法 PayPay(ペイペイ)には普通に自分で決済する使い方の他に「PayPay残高を送る・受け取る」機能と「PayPayを使ってわりかんする」機能があります。 PayPay残高を送る・受け取る機能:PayPayユーザーに自分のPayPay残高を送ったり、逆に受け取ったりする機能でPayPayマネーライトも利用可能。 PayPayを使ってわりかんする機能:飲食などの支払いをPayPay残高を使いわりかんにする機能でPayPayマネーライトも利用可能。 これらの機能を使えば、家族や友人に協力してもらい現金を調達することが物理的に可能と言えますよね。 まとめ PayPay(ペイペイ)を使った現金化について解説してきました。 少額ではありますがPayPay(ペイペイ)で現金化することは可能です。 しかし、クレジットカードを使った現金化と比較すると利用金額の制限や使える店が限定されているなど、まだまだ劣る部分が多いのが現状です。 PayPay(ペイペイ)の現金化が勝っている点と言えば「カード会社に現金化がバレずらそう」ぐらいではないでしょうか。 とは言っても優良店の現金化業者であればカード会社に現金化がバレることは滅多にないので、その部分においてもある意味引き分けと言えます。 今回の記事を参考にして頂き、ぜひ自分に合ったを見つけてみてください。 自分で現金化する方法一覧.

次の