住 信 sbi ネット 銀行 デビット カード。 海外利用におすすめの「デビットカード」は、住信SBI?ソニー?

ネットバンク最強「住信SBIネット銀行」のメリット・デメリット。

住 信 sbi ネット 銀行 デビット カード

住信SBIネット銀行Visaデビット付キャッシュカードはそんな住信SBIネット銀行の預金残高の範囲でクレジットカードのようにお買い物ができるカードとなっています。 ミライノ デビット(VISA) 年会費 無料 利用申し込み 15歳以上 カード審査 なし カードブランド VISA ポイント還元 0. 6% ポンイント スマプロポイント タッチ決済 Visaのタッチ決済(Visa payWave) ETCカード なし 盗難補償 紛失や盗難に遭われてカードの不正利用を被った場合、お届けいただいた日から30日前にさかのぼり被害を補償します(個人は年100万円まで、法人は年1000万円まで) 海外ATM 対応ATMで引き出し可能です その他特典 米ドルによるお買物または海外ATMご利用の際は、外貨普通預金口座 米ドル から直接お支払いができます 海外での決済に強みがあるデビットカード 全体的な特徴としては、海外利用に強みがあるデビットカードと言えます。 特性的には「」に近い感じです。 海外決済における特徴は大きく「外貨預金(米ドル)で直接決済可能」という点と「海外で主流となっているタッチ型決済システムVisa payWaveへの対応」という2点があります。 外貨預金(米ドル)で決済可能 住信SBIネット銀行の外貨預金口座に米ドル残高があれば、ドル決済時に米ドル預金からそのまま決済することが可能です。 住信SBIネット銀行は為替手数料も銀行の中では相当安い水準なので通常のクレジットカードなどで外貨決済をするよりも為替コスト(両替コスト)を安くすることができるはずです。 海外事務手数料2. 5%がかかりますが、年間30回までは同額のポイントが還元されるようになっているので、ゼロコストで外貨決済を利用可能です。 タッチ型決済システムVisa payWaveへの対応 海外版のSuicaや楽天Edy、iDのようなものだと思ってください。 Visa payWaveは海外旅行に行った時に上記のタッチ型の電子マネー(Visaのシステムを使うので仕組み的にはiDに近い)として利用できます。 カードを渡す必要がないのでスキミングなどの被害にあうリスクも減らせます。 海外旅行によくいく方にはメリットがある決済システムだと思います。 なお、Visa payWaveについては「」の記事で詳しく紹介しているので気になる方はご一読ください。 海外での利用における大きな特徴としてはこの二つが挙げられます。 利用でポイントもたまる ポイント制度は用意されています。 月間の利用金額の 0. 3%0. 6%(2016年10月よりポイント還元率がアップ)となります。 一般的なクレジットカードのポイント還元率が0. 5%程度ということを考えると比較的魅力があるといえそうです。 一方で「」の場合は常時1. 0%ポイント還元、「」は0. 6%~1. 5%の現金キャッシュバックとなっています。 もちろん、決してスペック的に悪いというわけではありません。 Visa payWaveが使えるカードは数少ないですし、海外利用を考えている方には最低コストで運用可能なデビットカードです。 住信SBIネット銀行を利用するのであれば持っていて損はないカードです。 >> 以上、海外での利用に強い? 住信SBIネット銀行Visaデビット付キャッシュカードの紹介でした。

次の

住信SBIネット銀行で米ドルの外貨預金~デビットカードで手数料ポイントバック

住 信 sbi ネット 銀行 デビット カード

ミライノシリーズ 住信SBIネット銀行のクレジットカードとデビットカードは、どちらも「ミライノ(miraino)」という名前が付いていてシリーズ化されている。 ミライノカードJCB• ミライノカードGOLD• ミライノカードPLATINUM• ミライノカードMaster Card• ミライノカードTravelers Gold• ミライノデビットMaster Card• ミライノデビットPLATINUM• ミライノデビットVisa クレジットカードは合計5枚、デビットカードは合計3枚ある。 それぞれを見ていこう。 クレジットカード「ミライノカード」 住信SBIネット銀行のクレジットカードは「ミライノカード」というシリーズ。 【JCB】ミライノカードJCB(一般)• 【JCB】ミライノカードGOLD(ゴールド)• 【JCB】ミライノカードPLATINUM(プラチナ)• 【Master Card】ミライノカードMaster Card(一般)• 【Master Card】ミライノカードTravelers Gold(ゴールド) 国際ブランドが「JCB」と「Master Card」に分かれており、JCBは「ミライノポイント」でMaster Cardは「スマプロポイント」が搭載されている。 住信SBIネット銀行の「カードローン金利年0. 1%引き下げ」の特典はJCBだけに共通で付帯しており、Master Cardにこの特典はない。 また、プラチナカードはJCBのみで、Master Cardはない。 【JCB】ミライノカードJCB ミライノカードJCB JCB 18歳以上 (学生可能) 初年度年会費無料 (通常、税込990円) 10万円以上で次年度無料 ポイント還元率1. 0% コスパとデザインが魅力! ミライノカードJCBの申込条件は、以下の3つ。 18歳以上• 大学生や専門学生など学生も申込可能• 高校生は不可 ミライノカードはMaster Cardだけ「住信SBIネット銀行の口座開設が必要」となっている。 そのため、年会費や審査も含めて、すべての人にとって最も作りやすい住信SBIネット銀行のクレジットカードはミライノカードJCBだ。 カードローン金利年0. 1%引き下げの特典 あり ミライノカードJCBは安い年会費に対してポイント還元率や付帯保険などスペックが充実しているのが強み。 このカードの対になるのは「ミライノカードMaster Card」だが、ポイント還元率も特典もミライノカードJCBのほうがややお得。 そのため、Master Cardに強いこだわりがない限りは、ミライノカードの一般カードはミライノカードJCBがおすすめ。 【JCB】ミライノカードGOLD ミライノカードGOLD JCB 20歳以上 (学生不可) 年会費3,300円(税込) (年間100万円以上の利用で無料) ポイント還元率1. 0% デザインも含めてミライノシリーズでコスパ最強! ミライノカードGOLDは、大学生や専門学生など20歳以上の学生は申し込むことができない。 20歳以上• 安定した収入のある方• 学生は申し込めない 職業や雇用形態を問わず、社会人として収入を得ている人におすすめ。 国内旅行保険 最高5,000万円 海外旅行保険 最高5,000万円 空港ラウンジ 国内の約30の主要空港のラウンジが無料 スマプロランク2になる特典 あり カードローン金利年0. 1%引き下げの特典 あり ミライノカードGOLDは、合計5枚のミライノカードの中で最もコスパがいい。 年会費は3,300円(税込)と安い上に国内海外の旅行保険がしっかり搭載されており、さらにポイント還元率も常時1. 年間100万円以上カードを使うと年会費を無料にできるが、これを無視して年会費を払っても十分にコスパの良さを感じられるのがミライノカードGOLDの凄いところ。 【JCB】ミライノカードPLATINUM ミライノカードPLATINUM JCB 20歳以上 (学生不可) 年会費27,500円(税込) ポイント還元率1. 2% 年収700万円以上の高所得者向け! ミライノカードPLATINUMは、年収700万円以上ある方のみ発行できる。 20歳以上• 年収700万円以上• 学生は申し込めない 他のプラチナカードだと年収700万円以下でも発行できるカードがあるので、条件が厳しすぎる感は否めない。 2% ポイント有効期限 3年間 ショッピングガード保険 年間100万円 国内旅行保険 最高1億円 海外旅行保険 最高1億円 空港ラウンジ 国内約30の主要空港のラウンジが無料、プライオリティパスも付帯 スマプロランク2になる特典 あり カードローン金利年0. 1%引き下げの特典 あり 付帯サービスはさすがのプラチナカードといった感じで、プライオリティパスやコンシェルジュサービスなど豪華特典が満載。 旅行保険も国内海外に対して最高1億円が補償され、ポイント還元率も1. 2%と高い。 本当に申込条件だけが悩み。 【Master Card】ミライノカードMaster Card ミライノカード Master Card Master Card 18歳以上 (学生可能) 初年度年会費無料 (通常900円) 年10万円の利用で翌年度も無料 ポイント還元率0. 6%~1. 2% 海外に強い! ミライノカードMaster Cardの申込条件は、以下の4つ。 住信SBIネット銀行の口座開設が必要• 18歳以上• 大学生や専門学生など学生も申込可能• 高校生は不可 同じ一般カードの「ミライノカードJCB」と比較して、住信SBIネット銀行の口座を開設しなければならない点が大きく異なる。 6%、海外1. 2% ポイント有効期限 ポイント付与月の翌々年度3月末 ショッピングガード保険 年間50万円 国内旅行保険 最高2,000万円 海外旅行保険 最高2,000万円 空港ラウンジ なし スマプロランク2になる特典 なし カードローン金利年0. 1%引き下げの特典 なし ミライノカードMaster Cardは、国内と海外でポイント還元率が違う。 海外では1. 2%と高還元率だが、国内では0. 6%と半分の還元率。 そのため、海外用としてはメリットを感じやすいが、国内メインで使うなら「ミライノカードJCB」のほうがおすすめだ。 【Master Card】ミライノカードTravelers Gold ミライノカードTravelers Gold Master Card 18歳以上 (学生可能) 年会費11,000円(税込) ポイント還元率1. 2% 高還元率が魅力! ミライノカードTravelers Goldは、高校生を除く18歳以上の学生も申込対象。 住信SBIネット銀行の口座開設が必要• 安定した収入のある方• 18歳以上• 大学生や専門学生など学生も申込可能• 高校生は不可 対になる「ミライノカードGOLD」は学生不可に対して、こちらは学生も申し込める点が大きな違い。 2% ポイント有効期限 ポイント付与月の翌々年度3月末 ショッピングガード保険 年間50万円 国内旅行保険 最高5,000万円 海外旅行保険 最高5,000万円 空港ラウンジ 国内約30の主要空港のラウンジが無料、ラウンジキーも付帯で年6回まで無料 スマプロランク2になる特典 あり カードローン金利年0. 1%引き下げの特典 なし スペックは「ミライノカードGOLD」とほぼ同じだが、年会費が大きく異なる。 ミライノカードTravelers Goldのスペックは年会費11,000円(税込)に相応した内容だが、対の「ミライノカードGOLD」もほぼ同じスペックで年会費3,300円(税込)と格安になっているため、どうしても年会費が高く感じてしまう。 主な特典の違いは「Master Card」VS「JCB」の特典だが、これもJCB特典のほうがボリュームが全体的に多いので、ミライノカードGOLDは本当にコスパが良い。 デビットカード「ミライノデビット」 住信SBIネット銀行のデビットカードは「ミライノデビット」というシリーズ。 【Master Card】ミライノデビットMaster Card(一般)• 【Master Card】ミライノデビットPLATINUM(プラチナ)• 【VISA】ミライノデビットVisa(一般) こちらは「Master Card」と「VISA」に分かれており、プラチナカードはMaster Cardのみ。 住信SBIネット銀行の「カードローン金利年0. 1%引き下げ」の特典はJCBだけに付帯しているので、ミライノデビットは3券種ともこの特典は付いていない。 ただし、「スマプロランク2になる特典」は一部の条件を達成可能になることも含めて付いているので、住信SBIネット銀行の手数料無料回数を条件達成次第で増やせるメリットは考慮しておこう。 【Master Card】ミライノデビットMaster Card ミライノデビットMaster Card Master Card 15歳以上 年会費無料 ポイント還元率0. 8% ミライノデビットは3券種ともデビットカードなので、住信SBIネット銀行の口座開設が必要だ。 15歳以上• 中学生や高校生などを問わずに「15歳以上」• 審査なし• 住信SBIネット銀行の口座開設が必要 また、3券種とも審査がないので、クレジットカードを作れるかどうか分からない方はデビットカードがおすすめ。 カードローン金利年0. 8%」という点。 ミライノデビットMaster Cardは住信SBIネット銀行のATM手数料と振込手数料の無料回数を増やせるメリットもあるので、これも加味して年会費永年無料はかなり強い。 ・ 2. 【Master Card】ミライノデビットPLATINUM ミライノデビットPLATINUM Master Card 15歳以上 年会費11,000円(税込) ポイント還元率1. 0% ミライノデビットPLATINUMは、プラチナカードのデビットカードだ。 15歳以上• 中学生や高校生などを問わずに「15歳以上」• 審査なし• 住信SBIネット銀行の口座開設が必要 こちらもデビットカードなので審査はなく、15歳以上なら誰でも発行可能。 「ミライノデビットMaster Card」と「ミライノデビットPLATINUM」は、まだまだMaster Cardのデビットカードが少ない現状からして希少価値が高いという特徴がある。 0% ポイント有効期限 ポイント付与月の翌々年度の3月末 ショッピングガード保険 年間100万円 国内旅行保険 最高1億円 海外旅行保険 最高1億円 空港ラウンジ ラウンジキーが年3回まで無料 スマプロランク2になる特典 あり カードローン金利年0. 1%引き下げの特典 なし ポイント還元率は1. 0%と高還元率で、付帯保険はクレジットカードのプラチナクラスの補償額。 無条件で住信SBIネット銀行のスマプロランク2になるので、ATM手数料と振込手数料の無料回数が増えるのもメリット。 また、空港ラウンジは世界の主要空港で利用できるラウンジキーが年3回まで無料になる特典付きなので、海外にも強さがある。 【VISA】ミライノデビットVisa ミライノデビットVisa VISA 15歳以上 年会費無料 ポイント還元率0. 6% ミライノデビットVisaも15歳以上なら誰でも発行可能だ。 15歳以上• 中学生や高校生などを問わずに「15歳以上」• 審査なし• 住信SBIネット銀行の口座開設が必要 こちらは全ミライノシリーズの中で唯一のVISAブランド。 カードローン金利年0. 1%引き下げの特典 なし ミライノデビットVisaの対になるのは「ミライノカードMaster Card」だが、大きな違いはなくスペックはほぼ同じだ。 ポイント還元率の違いは「ミライノデビットVisa(0. 6%)」・「ミライノデビットMaster Card(0. 8%)」なので、VISAにこだわる人以外はミライノデビットMaster Cardがおすすめ。 どれが一番おすすめなの? 住信SBIネット銀行のクレジットカードとデビットカードをすべて比較した上で、おすすめなのは以下の3枚。 ミライノデビットMaster Card• ミライノカードJCB• ミライノカードMaster Card クレジットカードもデビットカードもプラチナカードが欲しいかどうかは個人差がかなり大きいと思う。 プラチナカードを除外して「一般カード」と「ゴールドカード」で選ぶなら、この3枚が年会費とスペックのコスパから最も選びやすい。 ミライノデビットMaster Card ミライノデビットMaster Card Master Card 15歳以上 年会費無料 ポイント還元率0. 8% ミライノデビットMaster Cardは、住信SBIネット銀行でクレジットカードとデビットカードのどちらを検討している方にもおすすめだ。 すでに住信SBIネット銀行を利用している方、あるいはこれから利用する方も、カード選びに迷うならミライノデビットMaster Cardを作っておけば間違いない。 ・ 2位. ミライノカードJCB ミライノカードJCB JCB 18歳以上 (学生可能) 初年度年会費無料 (通常、税込990円) 10万円以上で次年度無料 ポイント還元率1. 0% コスパとデザインが魅力! ミライノカードJCBは住信SBIネット銀行の口座開設が必須ではないため、新たに口座を作りたくない人でも柔軟に検討できる。 また、住信SBIネット銀行の口座を開設するなら、「ミライノカードJCB一般の引落口座を当社に設定かつ当月確定(翌月引落)金額が1万円以上(5万円以上2つにカウント)」の条件を達成できるため、ATM手数料と振込手数料の無料回数を増やせるのもメリットだ。 次年度年会費無料の条件からして実質年会費無料、その上でポイント還元率や旅行保険などスペックが優れているので一般カードとしては十分な活躍に期待できる。

次の

偽造・盗難キャッシュカードによる被害

住 信 sbi ネット 銀行 デビット カード

住信SBIネット銀行Visaデビットカードは、最大1. 0%のキャッシュバックを受けることができる住信SBIネット銀行のデビットカードとなりますが、住信SBIネット銀行Visaデビットカードは、キャッシュカードとデビットカードが一体となった非常に便利なカードです。 また、住信SBIネット銀行Visaデビットカードは、年会費無料でVisaデビットカードを利用することができますので、住信SBIネット銀行Visaデビットカードは、現金で買い物をするよりも何倍もお得なカードなのです。 では、住信SBIネット銀行Visaデビットカードの限度額はいくらなのでしょうか。 住信SBIネット銀行Visaデビットカードの1日に使える金額や1ヶ月に使える金額、限度額の変更方法についてまとめました。 住信SBIネット銀行Visaデビットカードの限度額は? 住信SBIネット銀行Visaデビットカードは、国内・海外のショッピングや海外ATMの現地通貨引出しの際に、「1回あたりの限度額」「1日あたりの限度額」「1ヶ月あたりの限度額」がそれぞれ設定されています。 また、住信SBIネット銀行Visaデビットカードの限度額は、初期設定の限度額として下記の限度額が設定されています。 住信SBIネット銀行Visaデビットカードで買い物をする際には、設定された限度額の範囲内で利用することとなります。 国内ショッピング限度額の初期設定 1回あたり50万円まで 1日あたり50万円まで 1ヶ月あたり100万円まで 海外ショッピング限度額の初期設定 1回あたり50万円まで 1日あたり50万円まで 1ヶ月あたり100万円まで 海外ATMの現地通貨引出し限度額の初期設定 1回あたり10万円まで 1日あたり30万円まで 1ヶ月あたり100万円まで 住信SBIネット銀行Visaデビットカードの限度額の変更方法は? 住信SBIネット銀行Visaデビットカードの限度額は、住信SBIネット銀行のWEBサイト上で、いつでも変更をすることができます。 ただし、「国内ショッピング」「海外ショッピング」「海外ATMの現地通貨引出し」ごとに、変更できる限度額の範囲がありますので、限度額を変更する際には変更範囲内で手続きを進めることとなります。 国内ショッピング限度額の変更範囲 1回:0円~200万円まで変更可能 1日:0円~200万円まで変更可能 1ヶ月:0円~1000万円まで変更可能 海外ショッピング限度額の変更範囲 1回:0円~200万円まで変更可能 1日:0円~200万円まで変更可能 1ヶ月:0円~1000万円まで変更可能 海外ATMの現地通貨引出し限度額の変更範囲 1回:0円~10万円まで変更可能 1日:0円~100万円まで変更可能 1ヶ月:0円~300万円まで変更可能 Visaデビットカードの不正利用を防止するには? 住信SBIネット銀行Visaデビットカードは、紛失や盗難によるカード不正利用などの場合でも、被害を補償する保険が適用されますので、万が一の時でも非常に安心なデビットカードです。 しかし、カード会員の故意や過失による不正利用の場合には、被害額が補償されないこともあります。 そこで、住信SBIネット銀行Visaデビットカードを取得した際には、利用しないショッピングについては、限度額を0円にされることをおすすめします。 たとえば、全く海外旅行をしないという方なら、海外ショッピングの限度額や海外ATMの現地通貨引出し限度額を0円にすることで、カードの不正利用を未然に防ぐことができます。 また、年に何度か海外旅行をするという方でも、旅行期間中のみ海外ショッピングの限度額や海外ATMの現地通貨引出し限度額を設定して、それ以外の期間は限度額を0円にすることで、カードの不正利用を極限まで防止することができるようになります。 住信SBIネット銀行Visaデビットカードの限度額は、住信SBIネット銀行のWEBサイト上からいつでも変更することができますので、利用頻度や利用金額を考慮した上で、1回あたりの限度額や1日あたりの限度額を設定されることをおすすめします。

次の