香典 郵送 手紙 例文。 香典を郵送する時のマナーや、一緒に添える手紙の例文|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

香典返し 辞退》書き方/例文/文例/金額/失礼/お礼状/住所/連名

香典 郵送 手紙 例文

・直接伺えない事をお詫びする ・香典を郵送することを伝える ・お悔やみの気持ちを伝える ・喪主(香典を送る相手)と面識がない場合、自分と個人の関係を知らせる 以上の内容を相手の方に伝えるために手紙を書き同封します。 本来なら直接お悔やみに伺うべき所を、手紙もなく香典を送るだけでは失礼にあたる、というのも理由の一つです。 また、最近では四十九日で行う香典のお返しを通夜や告別式で「即返し」する所も多いので、手間をかける可能性もあります。 想像してみてください、あなたが喪主だったとして、 「現金書留が送られてきて、空けたら「香典袋」が入っている。 でも、名前を見ても誰なのか見当がつかない。 」 どうでしょう。。 香典袋だけが届くのはなんだか微妙な気持ちになりませんか? 中には、香典が送ってきた相手が誰なのか、どんな関係の人だったのか分からないまま、ただお返しを送るというのも微妙な感じがしますね。 受け取る側の気持ちを考えると、やはり手紙を一緒に送るとるのがベストに思えますね。 「手紙を書く」というとハードルが上がりますが、次の章で例文を紹介していきますので参考にしてくださいね。 また、手紙と書いていますが、一筆箋に書いて入れる方もいるそうですので、あまり難しく考えすぎなくて良いかもしれません。 お悔やみの手紙を書く際のマナーは? お悔やみの手紙を書く際、気をつけておかなければならない点、マナーがいくつかあります。 お悔やみの手紙を書く前におさえておきましょう。 悩むのであれば真っ白な物を選ぶと無難です。 また、便箋は1枚のみ、封筒も一重の物を使用します。 「重ね重ね」という意味になるので便箋を2枚使用したり、二重の封筒も避けましょう。 お悔やみ用の便せんや封筒もあり、文房具屋などで購入できますよ。 ネットでも購入可能です。 以下を参考にしてくださいね。 ペンや万年筆の場合は黒で書きましょう。 色付きは避けましょう。 また、筆で書く場合には「薄墨」を使用しましょう。 すぐに伝えたい内容を書き始めて大丈夫です。 忌み言葉はお悔やみの手紙には使用しないよう、十分注意をしましょう。 このような場合は便箋のみで入れても大丈夫です。 また、一筆箋に簡素に伝えたい事だけを書いて入れる方もいるようですから、状況を見て判断しましょう。 入らないかも、と考えると現金書留の専用封筒は「大きいサイズ」を購入しとくと良いですが、料金が高くなることを覚えておいてくださいね。 お悔やみの手紙の例文は? それでは、早速例文を見てみましょう。 すぐにでも直接弔問に伺いたいのですが、遠路(やむを得ない事情)のためままならず、本当に申し訳ございません。 ご家族様は心を痛めていらっしゃると思いますが、どうかお力を落とされませんようご自愛ください。 こころばかりですが香典を同封しています。 御霊前(御仏前)へお供えしていただければ幸いです。 ご冥福を心よりお祈り申し上げます。 このような文章で問題ないと思います。 ここでもポイントがいくつかありますのでご覧ください。 ポイント ・弔問に伺えない理由は詳しく書かなくて良い。 特に結婚式など祝い事などは書かないよう気をつけましょう。 具体的な内容には触れず「遠路のため」「やむを得ない事情」程度でよいと思います。 ・御霊前は49日になるまで、御仏前は49日以降で使い分けます。 ・喪主と面識がない場合は、故人との関係・自分について簡素に書いておくと良いです。 ・文章をきちんと書くのも大事ですが、気持ちがこもっていることが一番大切な事です。 丁寧な言葉であれば、必ずしも形にとらわれすぎなくてもよいかもしれません。 但し、仕事関係であったり、面識のない方であれば失礼にあたらないよう例文などをしっかり参考にされた方が間違いないと思います。 まとめ 今回は、香典を郵送する際に「お悔やみの手紙」は必要か?、また、お悔やみの手紙を書く際の「マナー」や「例文」について書きましたが、いかがでしたか? 「手紙を書く」というのは正直面倒に感じてしまいますが、簡素でもいいので「お悔やみの言葉」など相手の気持ちや立場を思いやった手紙を同封するのが、やはりいいのではないでしょうか? 少しでも参考になれば嬉しいです。 また、他にも同じテーマの記事を書いていますので、参考にしてくださいね。

次の

お悔やみを手紙で伝える際の正しい書き方・送り方

香典 郵送 手紙 例文

香典郵送時の手紙で便箋や封筒のおすすめは? 香典に添える手紙は、 白色の縦書き無地の便せんを使います。 香典袋と一緒に現金書留封筒に入れるため、 封筒は使わず香典袋と一緒に現金書留封筒に直接入れる方法で大丈夫です。 封筒に入れてから香典袋に入れても良いのですが、 その場合には、 不祝儀におけるタブー「二重=不幸が重なる」ことを避けるためにも、 内側に別の紙がついている二重封筒は使わないようにしましょう。 また、現金書留の香典とは別に手紙だけを郵送する方法もありますが、 遺族への分かりやすさを考えると、同封する方が親切とも言えます。 便箋のサイズは、 一般的な便箋(ほぼB5サイズ)を使えば良いのですが、 長い文章を書くのが苦手な場合は 一筆箋もおすすめです。 というのも、香典袋を現金書留封筒に入れると、 サイズがギリギリなので、更にそこに手紙を入れるとなると 入れるのがキツクて取り出す時に大変になる可能性があるのですよね。 また、遺族は葬儀中やその後四十九日を終えるまで慌ただしいものですし、 あまり長い手紙だと煩わせることになりかねません。 ですから、 手短に一筆箋で用件だけを伝えるほうが、相手に負担をかけずに済むのです。 また、便箋の折り方の決まりは特にありませんので、 一般的な便箋(ほぼB5サイズ)の場合は三つ折りに、 一筆箋の場合にはそのまま折らずに入れれば大丈夫です。 取扱商品は2000点以上で、最大20%割引きになる買えば買うほど安くなるお得な割引きシステムの他に挨拶状や熨斗、包装紙も無料でお付けいたします。 香典を郵送する手紙や封筒のデザインは? お悔やみ事の場合、 シンプルで落ち着いたデザインの便せんや封筒を使いましょう。 基本的には便せんは、白無地のものでが良いのでしょう。 色のついた封筒を使うなら、 明るい色は避け、グレー・すみれ色・深緑色などにしてくださいね。 文房具の専門店に行くと、 不祝儀用の送り状や、手紙セットの種類が豊富にあるので、 香典袋を用意するときに一緒に購入しておくのもいいですね。 必要なことは以下の5項目です。 1 お悔やみの言葉(悲しみ、驚きの気持ちを加えてもOK) 2 参列できないお詫びの言葉 3 香典を同封するという言葉 4 冥福を祈る言葉 5 遺族を気遣う言葉 以上を意識して書きましょう。 次に、香典を郵送する際の手紙例文をご紹介します。 葬儀に参列できない場合 〇〇様の突然の訃報に接し、ただ驚いております。 ご尊父様のご逝去に心よりお悔やみ申し上げます。 かねてからご療養中と伺っていたので回復されることを願っておりましたが この度の訃報、ご家族の悲しみはいかばかりかとお察しいたします。 本来であれば弔問に伺うべきところですが、 やむを得ない事情があり(または「遠方にてかなわず」等でも可)、ご葬儀への参列が叶わないため お手紙を差し上げた次第でございます。 なにとぞお許しください。 心ばかりですが、回向のしるしにご香典を同封させていただきます。 ご霊前にお供えくださいますようお願い申し上げます。 ご家族の皆様には、くれぐれもご自愛くださいませ。 略儀ながら書中にて謹んで御冥福お祈り申し上げます。 つい先日になり訃報を知りました故、お悔やみが遅くなりました。 本来なら、すぐにお参りに行きたい所ですが遠方にて叶わず、お手紙を差し上げる次第です。 大変心苦しく存じますが、なにとぞお許しください。 ご家族の皆様にはお力をお落としのことと存じますが、くれぐれもご自愛下さい。 心ばかりを同封させていただきましたのでご霊前にお供えいただきたく存じます。 簡単に済ませたい場合(一筆箋) このたびは突然のことで、心からお悔やみ申し上げます。 本日、心ばかりの香典をお送りしますので、 御霊前にお供えいただきたく存じます。 お返しナビは香典返し、法要引出物、初盆のお返し、盆提灯などを扱う仏事専門のギフトショップです。 取扱商品は2000点以上で、最大20%割引きになる買えば買うほど安くなるお得な割引きシステムの他に挨拶状や熨斗、包装紙も無料でお付けいたします。 生前のお元気な姿が浮かび、実感が湧いてきません。 どうか、お気持ちを強く持たれますよう、心よりお祈り申し上げます。 遠路ままならないゆえ、葬儀に参加できない失礼をお許しください。 ささやかですが、香料を同封いたしました。 ご冥福をお祈り申し上げます。 例えば、 「死んで」 「滅ぶ」「生存」「生きていた」などの、 直接、死を連想してしまうような言葉です。 「お元気な頃」「ご生前は」など、 言葉を間接的な柔らかい言い回しにしましょうね。 他には、 「またまた・次々・重ね重ね・追って」なども使わないよう注意してください。 不幸が重ならないよう、文中でも配慮しましょう。 お返し不要を伝えたい場合は? お香典のお返し不要を相手に気を使わせずに、伝えるにはどう書けばいいのでしょうか。 書く場所は手紙に直接ではなく、 香典の裏側や 封筒の住所の横に記載します。

次の

お香典を送る郵送する時の正しいマナー〜一緒に添える手紙の例文あり〜

香典 郵送 手紙 例文

葬儀、法要などに参加できなかった方から頂いた弔電や供花、供物などに関して、届いたことへの連絡はどうしたらよいか、そして香典・供花・弔電に対するお礼状を送りたいけれど、いつ・どのようにして贈れば良いかや、お礼状の文章の内容を「なんと書けばよいか…」 あまり経験のない事だとわからないことだらけで本当に困ってしまいます。 ここでは葬儀、法要などに参加できなかった方から頂いた弔電や供花、供物などに関して、お礼状を送る時期や書き方、例文などをご紹介したいと思います。 皆さんがスムーズにお礼をいただいた方々へ感謝の気持ちを伝えていただくお手伝いになれば幸いです。 郵送でいただいた香典・供花・弔電は届いたことを連絡するべき? 通常、お通夜・葬儀の際に届いた香典・供花・弔電などに関して、届いたことは連絡したほうが贈ってくれた方々に対しては丁寧とされています。 自身に置き換えても、友人のお父様の葬儀の際に香典を送ったけれど、届いたのかわからないまま後になって、香典返しとお礼のカードが贈られてきてちゃんと届いたことを知った、という経験があります。 喪主・喪家にとっては悲しみの中、バタバタしている時期で特に大きな葬儀などの場合、人数も多くなることから一つ一つ連絡することは難しいとは思いますが、送っているのは個人の方々なので、出来れば喪主より電話で届きましたと言うお礼と挨拶はした方が良いでしょう。 電話が難しい場合などは、まとめて届いたことに対するお礼のカードなどを送るなどすると、お供えを送ってくれた方は届いたことを知って安心されることでしょう。 お礼の礼状はいつまでに出すべきか お供えを郵送でいただいた方には出来るだけ早く届いたことに対するお礼をしましょう。 人数が多く手書きが難しい、忙しくてゆっくりと書く時間がないなどの場合は印刷したもので構いませんので早めにお礼状を送りましょう。 お供えや弔電を送ってくださった方の一番の心配は「無事に届いているか」ですから…。 尚、弔電の他に香典や供花をいただいた方にはお礼の連絡のほかに「香典返し」を四十九日の法要を終えた忌明け(きあけ)後1カ月以内くらいの間にするようにします。 通常、葬儀の際の香典返しは「忌明け返し(後返し)」をします。 香典をいただいた方にはいただいた金額の「半返し」もしくは「三分の一返し」程度の品物をお礼状と共に送ります。 供花のみ送ってくださった方にも香典返しは贈るようにしましょう。 供花も立派な香典と同じ扱いとなります。 職場などの同じ部署の方などから等でしたら、後日皆さんで食べていただけるような菓子折りや葬儀の際に配る「会葬御礼 の品 」などを一人ひとりに差し上げても良いかと思います。 連名での供花とは別に個人でご香典をいただいている場合の香典返しは必要となります。 香典返しに関してはケースバイケースになってしまいますが、基本は「一人ひとりにお渡しする」です。 郵送したくても住所などがわからない場合などはやむを得ない場合もあります。 (連盟で住所が記載されていない場合は、香典返し不要の意思表示として捉えることもあります) 香典・供花・弔電をいただいたことに対するお礼状を書く時の基本• 香典・供花・弔電などのお供え物をいただいたお礼• 書中で挨拶をすることへのお詫び• 差出人喪主の名前を必ずフルネームで入れる。 礼状を出す日付・住所・喪主名(喪主名の後に親族一同などと入れる場合もあります。 」は使いません。 忌明けの香典返しと一緒に送る礼状を書く時の基本• 香典・供花などのお供え物をいただいたお礼• 書中で挨拶をすることへのお詫び• 差出人(喪主・施主)の名前を必ずフルネームで入れる。 礼状を出す日付・住所・喪主名(喪主名の後に親族一同などと入れる場合もあります。 最後に 本来であれば会ってお礼をするべきところですが、参列していただく方も多くなかなかそういう訳にも行かないので、生前故人が特に親しかった方などはできるだけ電話などをして丁寧にお礼をされると良いでしょう。 尚、親しい間柄であってもメールでお礼というのはあまりお勧めできませんが、住所や電話番号がわからないけれど、メールアドレスのみわかる方などは何も連絡できないよりはした方が良いと思うので、住所や電話番号がわからなかったという事をお詫びして丁寧にお礼を述べましょう。 悲しみの中バタバタと葬儀をして一息つく間もないほど忙しいとは思いますが、お礼は大切な事柄の一つですのでしっかりできるようにしたいですね。

次の