中村 医師 なぜ。 中村哲 (医師)

中村医師殺害が酷すぎる!実は憲法9条を信じてなかった?犯人の画像を調査!

中村 医師 なぜ

中村医師(哲)さんの遺体が帰国に安倍総理はなぜ出迎えなし?その理由とは 8日に無言の帰宅を果たした、中村哲さん。 成田空港には大勢の在日アフガン人が現れる中、政府関係者で来たの副大臣だけでした。 日本在住のアフガンの人たちは成田まで中村医師の死をいたみ出迎えに来ているのに、日本の閣僚は誰一人として来ない。 安倍総理にいたっては、何の予定も無いのに私邸に直帰。 ほんと、美しい国だねえ。 普段から「日本人の技術はすごい」って騒いでるくせに、実際に技術をもって活躍した人に頭を下げることも出来ないの? — 深海発特急シーラカンス 3号 Coelacanth003 真実は分からないにしろ、数々の功績を残した中村哲さんに対して総理大臣としての対応はいかがなものなのでしょうか。 他にも今回の安倍総理が出迎えがなかったことに対する世間の声を見てみましょう。 コレはどうかな。 中村医師の死の原因は、安倍外交の結果だぞ。 原因菌が演出した出迎えで、心底腹を立てていた中村医師が喜ぶわけ無いだろ? むしろ、政治利用されたと憤慨するだろうよ。 安倍首相は中村医師を空港に出迎えるぐらいの事をすべきだ これが、人道支援と国際功績に半世を捧げた中村哲さんの日本国の出迎え方だ。 アフガニスタンでは大統領が棺を担ぎ、日本では総理の出迎えもなく貨物扱い。。 どうして、中村医師こそ日本の英雄なのに、政府の出迎えがないの?アフガニスタンではあんなに盛大に行われたのに。 普段から「日本人の技術はすごい」って騒いでるくせに、実際に技術をもって活躍した人に頭を下げることも出来ないの? — 深海発特急シーラカンス 3号 Coelacanth003 外国で国葬していただけてるんですよ!? それを自国日本で国葬どころか、出迎えして、亡き中村哲医師に敬意を示さないって、よくもまぁ『外交の安倍』なんて言えたもんだ! 最大級の海外貢献者ですよ!中村医師は!.

次の

中村哲医師の経歴・功績がすごすぎる!活動内容や家族についても

中村 医師 なぜ

中村哲医師経歴学歴! 中村哲医師はなぜ狙われた? 内戦続くアフガニスタンで、突然命を奪われた中村哲(なかむらてつ)さん。 事件の一報が伝えられた際には、「亡くなった」という情報と 「命に別状はない」と情報が錯そうしていました。 それだけ現地は混乱していたことが伺えます。 犯人グループは、当初から中村哲さんグループを狙っていたと 現地関係者は考えているようです。 最初の一撃の時点では、中村哲さんは まだ意識があり動けていたようですが、 犯人グループは中村哲さんが生存していることを確認して 続けざまに襲撃したようです。 どうしてこんなに悲しいことが起きてしまうのでしょうか。 犯人グループは未だ確保されていません。 しかしアフガニスタン政府は、政府をあげて 犯人グループの確保に全力をあげると発表しています。 中村哲医師学歴小学校:古賀市立古賀西小学校 中学校:西南学院中学校 高校:福岡県立福岡高等学校 大学:九州大学 小学校、高校、大学と公立(大学は国立)に進学している中村哲医師。 中学校だけは私立の西南学院に進まれたようです。 現在は、共学になっている西南学院中学校ですが 当時は男子校で、キリスト教の学校。 偏差値は53です。 大学まである西南学院ですが、中村哲医師は 内部進学せず、高校は、福岡県で進学校として知られている 福岡高校に進みます。 偏差値は72。 出身有名人は、小松政夫さん(コメディアン)福岡堅樹さん(ラグビー日本代表) などです。 中村哲さんも出身有名人として、にも掲載されています。 経歴 中村哲医師は、福岡市出身。 父親や母親の職業は分かっていませんが、 幼少期は、現在の福岡県北九州市にある若松区で6歳まで過ごしました。 その後、古賀市に移り、大学卒業まで過ごしました。 5)を卒業後、 国内病院に勤務した後、38歳の時にパキスタン・ペシャワールに赴任。 以来、医師として現地のハンセン病を中心とする医療活動をしています。 パキスタン・アフガニスタン地区での活動をしていましたが パキスタンでは政府の圧力などもあり活動が困難に。 それ以降は、アフガニスタンで活動をしていました。 スポンサーリンク 海外の反応やクリスチャン精神や功績 海外の反応 日本人にとっても衝撃的な偉大な医師の死。 海外の反応も高まっています。 アフガニスタンで人道支援中に亡くなった中村哲医師。 肖像画を尾翼に掲げた写真を、現地の航空会社は投稿した。 「いつまでもあなたの貢献に恩義を感じることでしょう」 — ハフポスト日本版 HuffPostJapan 引用:Twitter U2のライブ、アフガニスタンで銃撃で亡くなられた中村哲医師のため、スマホのライトをキャンドルとして灯してとボノ。 祈りの時間。 彼は偉大なピースメーカーだと称え、悼んでいました。 — よーだこ💫Lv. — Min minminzemichan 引用:Twitter 大切なのは生きることです。 皆がご飯を食べられることです。 武器や軍隊ではありません。 これら、数々の功績がアフガニスタン人に広く知られる一方 政府と対立するグループに狙われてしまったことは 本当に悔やまれます。 現地に赴いた妻や娘さんは、気丈にしていた様子が 心を打ちます。 中村哲さんは、用水路建設を始めて5年目の2008年、 同じ「 ペシャワール会」の仲間を 失う悲しい経験をしています。 アフガニスタンでともに活動していた伊藤和也さんが、2008年に銃撃されて亡くなったときに「これからは一切、日本の人は僕以外現地に入れない」「もう一切危険なところに若者を行かせるわけにいかない」と、自分ひとりで体を張っていく決意を示された。 彼のなかで、もう一段階深い決意に突入したときだったでしょうね。 引用:.

次の

中村哲 (医師)

中村 医師 なぜ

中村哲医師は医者としてアフガニスタンを治療した 1984年からパキスタン・アフガニスタンでハンセン病などの治療に従事していました。 11が起こるはるか前から、中村哲医師はパキスタンやアフガニスタンで活動していたのです。 2003年からは食糧事情、水事情が悪くなっているアフガニスタンで、用水路建設に乗り出します。 中村哲医師は医者として「100の診療所より一本の用水路が必要」だと考えたのです。 彼の業績は途方もありません。 医療活動と並行して2006年までに井戸を1600本、灌漑用の井戸も13本掘る• 2003年からマルワリード用水路を建設。 2010年に完成する• ペシャワール会は、中村哲さんの活動により16500ヘクタール、65万人の生活が救われたとしている 診療所の仕事だけでは限界を感じ、中村哲医師は畑違いの土建業に乗り出したのです。 中でもマルワリード用水路は、福岡県朝倉市の江戸時代の建設物、山田堰をモデルとして建設されました。 なぜ現代の工法を用いなかったのか? というと、現地の人達でもメンテナンスができるようにとの配慮からでした。 中村哲医師の活動によって、ペシャワール会は「アフガニスタンの16500ヘクタールの農地と、65万人の生活が維持された」としています。 中村哲氏は医師として、アフガニスタンそのものを治療しようとしたのです。 2019年12月4日、テロと思われる襲撃で凶弾に倒れる ニュースを見た瞬間に、目の前が真っ暗になるような感覚に襲われました。 ドキュメンタリー映像で見た中村哲医師は、非常に温厚で気さくそうな人物に見えました。 そしてその活動から、強い信念を持っていたことも伺えます。 現代日本で、最も偉大な日本人のうちの1人が殺害されたのです。 残念なのか、それとも悔しいのか。 筆者の胸中は複雑です。 ナンガルハール州で中村哲医師が乗ったトラックが襲撃され、同乗していた運転手や警備員なども含めて殺害されました。 目撃証言によれば犯人は複数人の男性で、自動小銃で武装していたそうです。 ナンガルハール州ではタリバンに加え、IS イスラム国 も活動しており、治安は非常に悪かったようです。 アフガニスタンの情勢の悪化と、中村哲医師の揺るぎなき信念 アフガニスタンの情勢は、2014年以降は好転していませんでした。 ここ数年に至っては、むしろ悪化していたと指摘されます。 特にタリバンの勢力がここ数年、増していたとのことです。 タリバンの支配地域では、識字率や貧困率が著しく悪いのです。 これはタリバンの責任ではなく、むしろアフガニスタン政府の復興への意思と能力の問題だと指摘されています。 つまり政府が放置している地域に、タリバンが住民サービスなどを提供して支配地域としているというのが実情です。 上述したように、アフガニスタンの情勢は極めて危険でありました。 中村哲医師はなぜ、帰国しなかったのでしょうか。 報道によれば中村哲医師の死を悼むアフガン人は「アフガン人として生き、アフガン人として死んだ」と評します。 「アフガン人は彼を守ることができなかった」と悔やむコメントも報じられています。 中村哲医師が信念の人であったからこそ、帰国という選択肢はなかったのではないでしょうか。 中村哲医師は沖縄で公演した際に「照一隅 いちぐうをてらす 」というメッセージを、自著にサインとして残しました。 これは「自身が置かれた場所で、一つのことに最善を尽くす」という意味だそうです。 一所懸命とも似た言葉かと思います。 そして中村哲医師は、アフガニスタンという世界の一隅を見事に照らしたのです。 中村哲医師死亡のニュースを聞いて なぜ、どうして。 そんな感情が胸中を駆け巡りました。 1人の偉大な日本人が、この世を去ったからです。 中村哲氏を襲撃した武装勢力には、強い怒りを感じます。 アフガニスタンのような問題に突き当たったとき、人はどのように行動したら良いのでしょうか。 中村哲医師のように、信念を持って殉じるべきでしょうか。 それともアフガニスタンを自身の世界から切り離し、見なかったことにすればよいでしょうか。 中村哲医師の死は、我々日本人に問いを投げかけているようにも思えます。 誰がどう見ても、どうひいき目に見ても危険地帯であるアフガニスタンにおいて、人の為に従事された中村医師には敬意を表します。 人助けをしたいという言葉は誰しもはける言葉ではありますが、それを本当に命をかけておこなえる人は、本当に本当にごく少数だと思います。 中村医師の信念と、その忠義の人に、敬意と哀悼の意を表します。 アフガンの治安悪化には、米軍の撤退も関係していると聞きます・・。 それは昨今のアメリカのユーラシアからの干渉低下の方針の影響の1つかとも思いますが・・、こうやって世界はどんどんローカルなものとなっていくのに、それでもこうやって影響と言うのはグローバルに関わりあっていくんだなと思いますと、なんとも言えないものを感じますね・・。

次の