かこう の ふたり。 火口のふたりの予告編・動画「幻の予告映像」

火口のふたり 劇場情報

かこう の ふたり

映画『火口のふたり』の公開記念舞台挨拶が8月24日に新宿武蔵野館で行われ、キャストの柄本佑と瀧内公美、監督の荒井晴彦が登壇した。 荒井晴彦監督 満席となった劇場を目にした荒井監督は、「昨日、(アップリンク)吉祥寺を覗きに行ったんですけど、観客が20人ぐらいで。 今日はこんなに入ってて……。 今日だけじゃなきゃいいんですけども(笑)」と登場早々に皮肉を交えたコメント。 さらに客席を見回しながら、「おじさん多いよね。 キャストが賢治役の柄本と直子役の瀧内の2人だけということも話題になっている本作。 「実験的」だと言われていることについて、荒井監督が「単純に予算がないだけです」と話すと、会場からは笑いがこぼれる。 続けて、映画監督の青山真治から「傑作」とメールをもらったことを明かし、「『本当?』と返したら、『嘘でも忖度でもありません。 佑がいれば百人力かよ、とは思います』と。 瀧内入れて二百人力です。 2人のおかげです」と、柄本と瀧内の力量を絶賛した。 MCの奥浜レイラが「本当に『役者の2人がよかった』という声もたくさん聞かれていると思うんですけど……」と口を開くと、荒井監督は「そればっかりですよ」と反応。 すると、柄本がすかさず「そんなことないですよ!」とツッコミ、「青山監督が『70過ぎの高齢者にこんな若い映画を作られてはたまらない』とおっしゃってましたから」と反論すると、荒井監督が「若葉マークから急にもみじマークになっちゃって(笑)」と話し、会場は再び笑いに包まれた。 瀧内公美 そんな柄本との撮影について、瀧内が「現場でそんなに会話をすることもなく、最終日かその前日ぐらいにやっと喋ったという感じでした。 『あそこで風車が回ってるのすごいよね』っていう話を(笑)」と振り返ると、頷きながら柄本も「『あれ風の力なんだぜ』みたいな」と、撮影中の2人のやり取りを明かした。 本作では、10日後に結婚式を控えた直子が、故郷の秋田に帰省し、昔の恋人・賢治と久しぶりの再会を果たす中で、身体を重ねていく模様が描かれていく。 そんな直子の行動について、柄本は「『結婚前に一回昔の男に戻りたいという直子の気持ちに共感できる』という声を試写で結構聞いて、そこに驚愕しました。 そうなの? 怖い』って(笑)」と女性の共感度が高いことを明かす。 瀧内も「初日に観に行ってくれた友達がいて、『エモくて泣いた』って言ってました。 その子は結婚前で、直子と同じ状況なんですよ。 みんなそういう思いをしてるんだなって感じがしました。 伝わってるんだなって嬉しかったです」と友人とのエピソードを披露した。

次の

『火口のふたり』柄本佑、瀧内公美、白石一文が「anan」SEX特集に登場!野村佐紀子撮影の誌面掲載ビジュアルも公開

かこう の ふたり

どーも、スルメ です。 『アルキメデスの大戦』で主役である菅田将暉さんよりも目立っていたと感じた俳優の柄本佑さん。 ご存知の通り柄本明さんのご子息であり、女優・安藤サクラさんの旦那さんでもありますね。 ということで今回は私も激推ししている柄本佑さん主演の映画 『火口のふたり』 のレビューです! ポスター見てわかるとおり、やっぱ坊主が似合うよね。 俺は頭の形悪いから坊主似合わねーんだよなぁ。 楽で良いんだけど夏だと頭皮が日焼けするし。 本作はR-18作品と言うこともありまして、お子様には観られない過激な要素もふんだんに。 Netflixの『全裸監督』を観ても思ったけど、カメラの前で自らを全力で晒せる役者さんって本当にスゲェ! 写真撮られるのも好きじゃない俺じゃ絶対できないな。 あらすじ 東日本大震災から7年目の夏。 離婚、退職、再就職後も会社が倒産し、全てを失った永原賢治は、旧知の女性・佐藤直子の結婚式に出席するため秋田に帰郷する。 久々の再会を果たした賢治と直子は、「今夜だけ、あの頃に戻ってみない?」という直子の言葉をきっかけに、かつてのように身体を重ね合う。 1度だけと約束したはずの2人だったが、身体に刻まれた記憶と理性の狭間で翻弄され、抑えきれない衝動の深みにはまっていく。 俺って。 結婚もしていない、恋愛経験もそれほど多くない。 あるのはバックパッカーとして培ってきた安い宿を見つける能力と僅かな英語力だけ。 あと映画に関するそこそこの知識ね。 この映画も人によっては「それってよくある話よね」ってなるのかもしれんけど、経験の少ない俺は共感もできないし否定もできない曖昧な立場で観るしかない。 そういった意味で本作はどこか他人事であり、ストーリーに関しては賛でも否でもないって言うのが正直な気持ちなのです。 ただ、いつの日か真の意味で大人になって多くの経験をして、この映画に共感できるようになりたい。 そんな日が俺に来るのかわからんけどもw でも、まぁキラキラした学園恋愛ラブコメとかより、こっちの方がリアルなんだよな。 たぶん。 性描写もAVのように見せつけるモノではなくて、ただ自分の欲望を満たすリアリティ溢れるシーンばかり。 エロさよりも美しさ、滑稽さが上回ります。 頭の中でイメージする何よりも現実的な映像の連続。 あぁ、人間って……。 ここから先は『火口のふたり』のネタバレを含みます! まだご覧になっていない方はご注意を!! 感想 人間って 本作には登場人物が二人しか出てきません。 主人公の賢治と直子だけね。 二人はかつての恋人同士で、東京で同棲していた仲。 物語が進むにつれて二人の関係が明らかになっていくんだけど、それは本編でお楽しみを。 直子が自衛隊員と結婚することを機に賢治が実家に戻ってくる。 そして夫が出張に出ている5日間だけ恋人同士に戻ることになると。 要は結婚を前にした直子と、東京で挫折を経験した賢治の5日間限りの逃避行なのです。 その中で自分たちの欲望に溺れ、本来の気持ちと現実との間で身動きが取れなくなっていきます。 「一度死んだ」二人にあるのは生でも死でもない、いびつにも見える愛の形。 あぁ、人間って醜いのね。 平気で嘘をつくし、性に溺れるし、悪いと思っていても欲望を抑えきれない生き物なんですね。 でも、その醜さも含めて「人間」なんだと。 オブラートに包まない人間模様とはたぶんこんな感じなんでしょう。 この映画はそんな二人を覗き見ている気分にさせてくれる。 人に見せるセックスではなくて、見られたら困るものを見てしまったような。 直近だとこんなに裸が出てくる映画は『全裸監督』なんだけど、あれとは対照的だな。 二つとも観ている方からすれば滑稽に映っていることは間違いないんだけど。 「エンターテイメント」にしないからこそ描ける人間の生々しい部分。 もっとダークで嫌な気分にさせる映画にも成り得たハズなのに、それを嫌味なく描ける荒井監督に敬意を表します。 この世界には二人だけ 二人の登場人物に絞ったことで受けている恩恵が大きい。 生と死の間で生きている二人にとっては、世界から切り離されてしまったかのような気持ちだったのでしょう。 富士山の火口に飛び込んだ時、一度死んでいますし。 生きているワケでも、死んでいるワケでもない彼らの孤独感を表現しているのが全編に渡って行われる二人芝居のシーン。 バスに乗っても、買い物に行っても、盆踊りを観ても世界には彼ら二人だけ。 登場人物を絞り、観客に見せる世界を限定することは、こんなにも効果的なんだ……! 登場人物が少ない映画、一人しか出てこない映画なんてのも観たことあるけど、これほどまでキャラクターの心情とリンクする演出として使われるのは初めてかも。 そして他のキャラクターがいなくても場を持たせられて、飽きさせない二人の演技幅の広さが活かされていますね。 ベッドシーンに入った時の情熱さと、行為が終わった後の冷静な表情。 たわいもない話をしていても演技臭くなく自然な会話が成立しているしで、この二人じゃなかったら描ききれなかった部分もあるんじゃないかと。 これで直子のフィアンセである自衛隊が出てきたらね。 場がシラケるというか、やっぱ二人のままでいいやってなりますしね。 パッと見ると楽しい映画とは言えないけど、演出や演技面でかなり勉強になる部分が多い作品でした! 東日本大震災 2011年3月11日に起きた大震災。 あれから8年が経ちましたが、いまだに度々ニュースになるほどです。 本作でも時折震災に関する話題に触れられており、映画の中でも最も印象的なセリフも震災に関するものでした。 震災時、私はまだ中学三年生。 地震がが起きた時は確か震度6弱でして、卒業式の練習の真っ最中だったと思います。 あんなに大きな地震が起きた後ですから練習を続行するわけにもいかず、すぐに下校となって皆盛り上がっていた感じでしたね。 友達の家に集まって『告白』を観ていた記憶が。 事態の大きさを知ったのは家に帰宅してから。 東北の方で原発事故が起きたとニュースになっていて津波が押し寄せる映像が流れ、物心ついて初めて経験する大震災となったのです。 話は戻りまして大震災の後の時代である『火口のふたり』では、さらに大きな事件が起ころうとしていることが明かされます。 正直あまりに突拍子すぎる展開に思っちゃったんですが、中盤に言及されていた東日本大震災のことを踏まえると、予期できる現実的な災害はそれしかないのかと。 命の危機が迫った時に最後に誰といたいのか。 未曾有の大災害でも二人にとっては、自身の気持ちに正直になれるきっかけにも成り得るのかもしれません。 まとめ 性描写だけでなく、ストーリーも含めて大人向け。 難解というよりは、彼ら二人の気持ちに共感できるようになる経験が必要なのかと。 大人になるって難しいなぁ。 私としてはストーリー部分よりも主演二人の演技や演出が好きでしたね。 映画は何もストーリーだけがすべてじゃない。 セリフがなくても語れるのが映画の良いところだよね。 またしても賛否別れそうな映画が来ました。

次の

柄本佑と瀧内公美が体を重ねる「火口のふたり」劇中未使用写真が公開(コメントあり)

かこう の ふたり

直木賞作家・白石一文による同名小説を原作とした映画『』が新宿武蔵野館ほかにて大ヒット全国公開中だ。 『火口のふたり』は8月23日(金)より全国11館で公開され金〜日3日間で、各地の劇場で満席が続出した。 絶好調のスタートを受けて、この度、公開記念のダブルトークイベントが決定! 『火口のふたり』大ヒット公開中! 結婚前に昔の恋人と再会し、抑えきれない衝動の深みにはまっていく危ういふたりを描いている本作は、未来を見据えて選んだ結婚と、本当に好きな人との恋愛、どちらが正しい選択なのか? という究極の問いを観る者へ投げかける。 さらに、は、この夏の大ヒット映画『アルキメデスの大戦』で、その高い演技力が再評価され、今年の賞レースにも早くも期待がかかり、一方、は、TBSドラマ『凪のお暇』でマウント女子・足立心役を演じ一躍注目を集めている。 キネマ旬報脚本賞に5度輝き、数々の作品で男と女のエロティシズムを表現してきた脚本家・荒井晴彦が、抑えきれない衝動の深みにはまり、どうしても離れられないふたりの姿を描き出し、「世界が終わるとき、誰と何をして過ごすか?」という究極の問いを、観る者へ突きつける本作。 身体の言い分に身を委ねる男と女の<R18>な大人の愛の物語に。 本作の魅力だけじゃなく、男女の甘い恋愛関係についてもきっと聞けるはず! 8. 予めご了承ください。 予めご了承ください。 購入されても男性はご入場いただけません。

次の