帝国 ホテル スコーン レシピ。 帝国ホテル伝統のシャリアピン・ステーキ

帝国ホテル 総料理長 田中健一郎氏

帝国 ホテル スコーン レシピ

先進の技術と柔軟なアイデアで、厨房設計やエネルギー利用などをフルサポート。 設備導入やエネルギー選択に関して、経営上有益な機器やプランをご提案します。 お悩み・ニーズに応じた解決策を提供し、選ばれる福祉施設づくりに貢献します。 お客さま目線をもって、省エネ、コスト削減、業務効率化をサポート。 宿泊者の満足度やBCPの向上など、ホテルの課題を多彩なサービスでサポート。 エネルギーを通じた学校運営への貢献とともに、ブランド価値向上をお手伝いします。 平常時も非常時対策も。 変化する環境や多様なニーズにオーダーメイドで対応。 日々の施設管理からエネルギービジョンの構築まで、多様な業務をサポート。 設備導入から維持管理までサポートし、BCP・防災機能強化に貢献します。 工場の皆さまに東京ガスのオーダーメイドのご提案。 空調設備更新でビルの資産価値をアップ。 《サラダ》• ロメインレタス 1個• トレヴィス 3枚• サニーレタス 3枚• アンディブ 1個• 塩・胡椒 少々• 塩漬け豚バラ肉 200g• マッシュルーム 7個• 卵 5個• サラダオイル 適量• ガーリッククルトン 15g• ソースヴィネグレット 適量 作り方• サラダはそれぞれよく洗い、食べやすい大きさに切り、混ぜ合わせ水気をきる。 塩漬け豚バラ肉は長さ3cm、幅1cm角の拍子切りにする。 マッシュルームは5mmの厚さにスライスする。 酢を加えた湯の中に卵を落としポーチドエッグを作り、保温する。 サラダオイル少量を加えたフライパンの中に、 2の塩漬け豚バラ肉を入れ、ゆっくり弱火で表面に焼き色が付くように炒める。 5を取り出し、残った油で 3のマッシュルームを炒め、 5の塩漬け豚バラ肉と合わせ、保温する。 サラダにソースヴィネグレットを和え、塩・胡椒で味を調える。 温めた皿の中央に 7のサラダを盛り、その上に 6を散らし、 4のポーチドエッグをのせる。 仕上げにガーリッククルトンをふり完成。 牡蠣のビスク フローレンス風 材料(5人分)• 牡蠣 (おとし牡蠣) 500g• 人参 (薄切り) 50g• 玉ネギ (せん切り) 50g• セロリ (せん切り) 50g• ホウレン草 (茹で上がり) 120g• 白ワイン 100cc• 水 200cc• 鶏のブイヨン (固形スープでも可) 600cc• 生クリーム (35%) 180cc• シェリー酒 36cc• バター 60g• 小麦粉 15g• 塩・胡椒 少々 作り方• 牡蠣はボールに入れた薄い塩水で軽く洗い表面のぬめりや汚れを除き、軽く水洗いしてザルにとる。 玉ネギは薄切りにする。 人参、セロリは長さ5cm位の太めのせん切りにする。 ホウレン草は葉だけを塩茹でにし、冷水にとり、水分を充分に絞って粗めに刻む。 鍋に牡蠣を入れ、白ワイン、水を注ぎ火にかけ、火を通す。 浮き身用にする牡蠣を残して、適宜の大きさに切る。 粗熱をとり、残りの牡蠣と煮汁をミキサーに入れてなめらかになるまで回し、ピュレにする。 別鍋にバター(30g)を熱し、玉ネギ、人参、セロリを焦がさないように弱火で炒める。 7がしんなりしたら小麦粉を振りいれ、しばらく弱火で炒め、ブイヨンを加えて、アクをひきながら野菜が柔らかくなるまで煮る。 8に 6の牡蠣、生クリームを加えて混ぜ、塩・胡椒、シェリー酒で味付けし、 5の浮き身用牡蠣をいれる。 仕上げに 3のホウレン草を入れる。 濃度を調整しながら最後にバター30gでモンテする。 スープ皿に盛り付け完成。 冬大根と浅蜊の粒マスタード風味 材料(5人分)• 大根 800g• 浅蜊 (殻付き) 1kg• 野沢菜漬け (茎の部分) 200g• 粒マスタード 40g• バター 80g• 塩・胡椒 少々• ラディッシュ (薄切り) 3個 作り方• 浅蜊は砂だしし、よく殻を洗う。 大根は厚めに皮を剥き、一口大の角切りにし、下茹でする。 野沢菜漬けは水洗いし長さ3cmくらいに切る。 鍋に浅蜊が浸るくらいに水を注ぎ、火を通し、殻から身を取り出し保温する。 (浅蜊が固くならない程度) 煮汁は布巾で漉す。 鍋に煮汁を戻し、予め下茹でした大根を入れ、やや歯ごたえが残る程度になるまで弱火で煮る。 よく水気を除いた野沢菜漬けを、フライパンを使ってバターで炒める。 粒マスタードを加え混ぜ合わせる。 大根、浅蜊、野沢菜漬けを鍋で温め、 5のソースを加減しながら加え、味を調える。 皿に盛り、ラディッシュのスライスを飾り完成。 スモークサーモンと春雨のクレープ包み 材料(5人分)• スモークサーモン (スライスしたもの) 15枚• 《クレープ生地》• 薄力粉 100g• 卵 2個• 牛乳 250cc• 溶かしバター 30g• 塩 少々• 春雨 50g (茹で上がり30g)• 《フィリング》• 玉ネギ 50g• アンチョビ 8g• ケッパー 10g• カッテージチーズ 80g• セルフィーユ 10g• オリーブオイル 適量• 塩・胡椒 少々• 粉パルメザンチーズ 50g• バター 20g 作り方• クレープ生地を作る。 卵、溶かしバター、塩をよく混ぜ、粉とあわせる。 牛乳を加えてのばし、冷蔵庫で約1時間休ませる。 春雨はボイルして冷まし、よく水気をきり、バターで炒めて塩・胡椒で味をつける。 フィリングを作る。 玉ネギ、アンチョビ、ケッパー、カッテージチーズ、セルフィーユはそれぞれみじん切りにする。 玉ネギは水にさらし臭みを除く。 ボールで混ぜ合わせ、塩・胡椒で味を調える。 フライパンでクレープ生地を焼く。 クレープ生地全体に春雨を敷き、サーモンを並べ、その上にフィリングをのせ、ロール状に包む。 バターを塗った耐熱皿に、溶かしバターを表面に塗ったクレープ包みを並べ、粉パルメザンチーズをクレープ全体にふりかけ、サラマンダーで焼き色を付ける。 中心が温まる程度にオーブンで温める。 カットし、皿に盛り付け完成。 即席ビーフストロガノフ 材料(5人前)• 牛フィレ肉 (オーストラリア産) 400g• しめじ茸 300g• 生クリーム (30%) 200cc• トマトピュレ 50g• サワークリーム (無糖ヨーグルトも可) 20g• チキンブイヨン (固形スープも可) 適量• パプリカ 大さじ1• バター 80g• ブランデー 適量• 塩・胡椒 適量• サラダオイル 適量• パセリ (みじん切り) 適量• ライスもしくはヌードル 適量 作り方• 牛フィレ肉を薄切りにして塩・胡椒で下味を付ける。 フライパンでバターを熱し、しめじ茸を色付くまで炒め、容器にとる。 同じフライパンに少量の油を加え、強火で牛フィレ肉を炒めブランデーでフランベし、パプリカをふり軽く絡める。 3に炒めたしめじ茸、トマトピュレを加えて混ぜ合わせ、生クリームを加えて弱火で1〜2分煮立てる。 この時濃度が濃ければブイヨンを加え調整する。 塩・胡椒で味を調える。 皿にライスもしくはヌードルを添え、ストロガノフを盛り付ける。 サワークリームとパセリのみじん切りを添え完成。

次の

高級ホテルのアフタヌーンティーを自宅で!一流パティシエ直伝のスコーンレシピ

帝国 ホテル スコーン レシピ

しばらくすると、こんがりときつね色のパンケーキがお皿の真ん中で行儀よく3枚積み重なって登場。 昨今日本に上陸したイケイケなパンケーキと比べると派手さはありませんが、そのクラシカルな佇まいには気品があり心を奪われます。 まずは何もつけずにひと口。 生地はまるで赤ちゃん肌のようにキメが細かくてもっちりやわらか! 続いて口当たりの良いホイップバターとメイプルシロップを付けていただくと、甘いシロップと少し塩気の効いたふわふわのバターが口の中で溶けてたちまち優しさにつつまれるのでした・・・うっとり。 このキメの細かさとしっとりした口当たりの秘密は、3cmもの分厚い鉄板と職人技なのだそう。 膨らまないのも膨らみ過ぎてもダメで、専属の焼き手になるには最低でも3年以上は経験を積まなければならないのだとか。 しかも、帝国ホテルには調理に携わる人間が総勢300~400人いて、選ばれし者のみが店舗の調理をまかされているのです。 うむむ、さすが! パンケーキのほかにもうひとつ、どうしてもご紹介したいメニューがあります。 それは、あのマリリン・モンローが新婚旅行で帝国ホテルに滞在した際にリクエストした朝食。 専用の宿泊プランを利用した人のみが、このパークサイドダイナーでいただけるという裏メニューです。 以前宿泊させていただいた際に体験したのでせっかくなのでご紹介します。 その名も「マリリン・モンローブレックファスト」は、ホットミルク、仔羊のロースト、薄く切ったパンをカリカリになるまで焼き上げた「メルバトースト」、そしてコーヒーor紅茶がセットになっています。 ホットミルク好きの私は、マリリン・モンローも好きだったかと思うとそれだけで嬉しくなり、仔羊のローストを口に入れた時は朝から大女優気分になれました。 そしてなんといっても衝撃的だったのが添えられていたドフィノワーズ(ポテトグラタンのこと)のおいしさ。 ひと口食べれば帝国ホテル伝統のベシャメルソースの偉大さに感動してしまうはずです!.

次の

『帝国ホテルの美味しいスコーン(о´∀`о)』by ねこあし85263 : ガルガンチュワ (Gargantua)

帝国 ホテル スコーン レシピ

しばらくすると、こんがりときつね色のパンケーキがお皿の真ん中で行儀よく3枚積み重なって登場。 昨今日本に上陸したイケイケなパンケーキと比べると派手さはありませんが、そのクラシカルな佇まいには気品があり心を奪われます。 まずは何もつけずにひと口。 生地はまるで赤ちゃん肌のようにキメが細かくてもっちりやわらか! 続いて口当たりの良いホイップバターとメイプルシロップを付けていただくと、甘いシロップと少し塩気の効いたふわふわのバターが口の中で溶けてたちまち優しさにつつまれるのでした・・・うっとり。 このキメの細かさとしっとりした口当たりの秘密は、3cmもの分厚い鉄板と職人技なのだそう。 膨らまないのも膨らみ過ぎてもダメで、専属の焼き手になるには最低でも3年以上は経験を積まなければならないのだとか。 しかも、帝国ホテルには調理に携わる人間が総勢300~400人いて、選ばれし者のみが店舗の調理をまかされているのです。 うむむ、さすが! パンケーキのほかにもうひとつ、どうしてもご紹介したいメニューがあります。 それは、あのマリリン・モンローが新婚旅行で帝国ホテルに滞在した際にリクエストした朝食。 専用の宿泊プランを利用した人のみが、このパークサイドダイナーでいただけるという裏メニューです。 以前宿泊させていただいた際に体験したのでせっかくなのでご紹介します。 その名も「マリリン・モンローブレックファスト」は、ホットミルク、仔羊のロースト、薄く切ったパンをカリカリになるまで焼き上げた「メルバトースト」、そしてコーヒーor紅茶がセットになっています。 ホットミルク好きの私は、マリリン・モンローも好きだったかと思うとそれだけで嬉しくなり、仔羊のローストを口に入れた時は朝から大女優気分になれました。 そしてなんといっても衝撃的だったのが添えられていたドフィノワーズ(ポテトグラタンのこと)のおいしさ。 ひと口食べれば帝国ホテル伝統のベシャメルソースの偉大さに感動してしまうはずです!.

次の